beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
栄養

辛い食べ物に含まれるカプサイシンが健康にもたらすメリット

2月 6 2019

辛い食べ物は、減量、心臓の健康の向上、血圧の低下、痛みの緩和などの効果をもたらす場合があります。カイエンペッパーの活性成分であるカプサイシンは、特に健康に良いことが示されています。

辛い食べ物が苦手な方は、健康に良い代用品としてカプサイシンサプリメントをお試しください。

減量

食べ物に香辛料を足すと新陳代謝が活性化され、減量をサポートする場合があります。研究によると、カプサイシンには熱を生じさせる作用があり、食後にとると、体はより多くのカロリーを消費することがあります。

心臓の健康

一部の研究では、香辛料が豊富な食べ物は、心臓発作を引き起こす危険性と相関関係があることが示されています。なぜ心臓発作の危険性を低めるのか、それを説明できるほど十分な研究は行われていませんが、研究者は、唐辛子が悪玉コレステロールの効果を和らげ、そしてカプサイシンには抗炎症作用があると考えています。

辛い食べ物にはビタミンACが含まれており、これらのビタミンは心臓の壁の筋肉を強くします。研究者は、唐辛子がもたらす辛さは、体全体の血流を良くすると考えています。

痛みの緩和

カプサイシンは、一部の市販の痛み止めクリームにも見つかる活性成分です。このようなクリームはカプサイシンが濃縮されており、関節炎や帯状疱疹による痛みや、特定の頭痛の緩和に効果的であることが示されています。

栄養

子供に野菜をもっと食べてもらうには

栄養

休み明けの学校生活をヘルシーにスタート:さっと作れるランチのレシピ

栄養

インターミッテント・ファスティング超入門