header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

口内炎をすばやく治すための自然な方法

11月 16 2018

一般的な口内炎とその治療法について学びましょう。今回はユニークな材料を使った自然な治療法をご紹介します。

一般的な口内炎は医学的にはアフタ性口内炎(Aphthous stomatitis)と呼ばれます。これは口や舌の付近の柔らかい組織にならどこでもできてしまう痛い潰瘍です。潰瘍ができる前にヒリヒリ、チクチクとした痛みを感じる人も多くいます。腫れが起こった後は丸く、灰色や白色の口内炎となり、周りには炎症による赤い線ができます。

口内炎ができる理由は様々あると考えられています。口内炎は酸性の食べ物やとがった部分のある食べ物を食べた後、口内の組織が傷つくことでできる場合があります。尖った歯や矯正具で口に傷がつくことで、口内炎になることもあります。口内炎による腫れは免疫力が弱っている人、ミネラルやビタミンが不足している人、胃腸に疾患がある人に起きることが知られています。

口内炎を治療するための自家製の薬

このような潰瘍の治癒と除去を助けるための市販薬が販売されています。一方で、個人でも不快感をなくし、治癒を早めるために自家製の薬を作ることができます。

麻酔スプレーで口内炎を治療

ユーカリとペッパーミントのオイルには抗炎症作用や抗菌作用があり、長い間自家製の薬として使われてきました。これらのオイルは口内炎とその周辺の組織を乾かすための収斂剤としても使われます。口内炎を乾かすことで細胞液の流出や腫れ、荒れを和らげることができます。その上、ユーカリとペッパーミントのオイルは清涼感をもたらしてくれます。清涼感は口内炎がある箇所の神経による痛みの伝達するのを阻害し、不快感を和らげます。

材料:

作り方:

  1. ボトルの中にオイルを入れてください。
  2. 蓋をしっかり閉めてください。
  3. 使用前にしっかり瓶を振ってください。
  4. 口内炎の痛む箇所に直接スプレーしてください。
  5. 不快感を和らげ、治癒を早めるために必要に応じてご使用ください。

カモミールのティーバッグを使って口内炎を抑制

カモミールティーは気分をリラックスさせ、寝つきを良くするためによく使われます。一方で、カモミールティーには消化管の筋肉をリラックスさせて、消化器の不調を和らげる効果もあります。カモミールにはビサボロールやレボメントールなどのたくさんの化学物質が含まれており、抗炎症作用や抗菌作用があります。つまり、カモミールティー・バッグは口内炎の治癒を早め、口内炎の痛みを和らげるために使うことができるのです。

材料:

作り方:

  1. ティーバッグを1〜2分間水に浸してください。
  2. 湿らしたティーバッグを最長10分間口内炎に塗ってください。
  3. 治るまで1日2回ティーバッグを塗ってください。

セージを使った口内炎用の自家製うがい薬

セージは世界中でよく見られるハーブで、何世紀もの間、様々な文化圏で食べ物の調味料として使われてきました。ネイティブアメリカンや他の文化でも口内炎を消毒して直すための天然の特効薬として乾燥セージが使われていました。

材料:

  • 水 120〜230ml

作り方:

  1. お湯を沸かしてください。
  2. 乾燥セージを加えてください。
  3. 10分間浸してください。
  4. そのまま冷やしてください
  5. 約1分間、うがい液を口の中に含み、うがいします。
  6. うがい液を吐き出し、水ですすぎます。
  7. 残りの液は蓋付きのボトルに入れて保存しましょう。

ココナッツオイルで口内炎を治療

ココナッツオイルには抗炎症作用と抗菌作用があります。さらにココナッツオイルは爽やかな味がするので、口内炎の治療にぴったりです。

材料:

作り方:

  1. ココナッツオイルを綿棒かコットンボールにたっぷりと塗ってください。
  2. 口内炎の表面にオイルを直接、厚めに塗ってください。
  3. 必要に応じて塗り直してください。

クローヴオイルで口内炎を抑制

クローヴオイルにはオイゲノールという物質が含まれています。オイゲノールには神経の痛みのレセプターを阻害し、口内炎の不快さを緩和する効果があります。

材料:

作り方:

  1. お湯または塩をいれたお湯で口の中を洗浄してください。
  2. クローブオイルとオリーブオイルを混ぜてください。
  3. コットンボールか綿棒を使い、口内炎にオイルを塗ってください。
  4. 口内炎の周りが麻痺するまで、クローブオイルを塗り続けてください。
  5. 自家製の薬は小さな蓋付きボトルに入れて保存しましょう。

自家製のハチミツ塗り薬で口内炎を治療

ハチミツには天然の抗炎症作用と抗菌作用があり、傷用の塗り薬として広く親しまれてきました。

材料:

作り方:

  1. お湯でうがいして、口をきれいに洗浄してください。
  2. 生で未加工のハチミツを口内炎の上に少し塗ってください。
  3. 毎日2、3回塗布してください。
  4. 一番効果の出やすい時間は就寝時なので、寝る前にも塗るのを忘れないようにしましょう。

ワックスを使って口内炎を予防

口内炎はしばしば歯や矯正器具でこすったりして、荒れてしまいます。しかし、ワックスで保護することでこすることで起きる荒れを予防できます。こうすることで、治癒を早めることができるのです。

材料:

作り方:

  1. ミツロウとココナッツオイルを混ぜ、電子レンジまたは二重鍋で溶かしてください。
  2. 溶かしたものを冷ましてください。
  3. 歯の矯正具にワックスをたっぷりと塗り、口内炎を保護しましょう。

カイエンクリームを使って口内炎を治療

カイエンペッパーに含まれているカプサイシンという物質は、筋肉の痛みを和らげるためによく使われています。

この物質はサブスタンスPと呼ばれる神経伝達物質の働きを阻害し、脳が不快感を認識するのを防ぎます。カイエンはこのように、口内炎にともなう不快感を軽減するのに役立ちます。

材料:

作り方:

  1. カイエンペッパーがペースト状になるまで、一度に数滴ずつ水を加えていきます。
  2. 綿棒を使い、ペーストを口内炎に塗ります。
  3. 毎日2〜3回塗ってください。

アロエのうがい薬で口内炎を抑制

アロエジェルは世界的によく使われている天然の薬草の一つです。 このジェル状の液体には抗炎症作用と鎮痛作用があるため、重宝されています。

材料:

作り方:

  1. 水とアロエジェルを合わせます。
  2. よく混ぜます。
  3. うがい液を口に含んで、口内炎を洗浄し、痛みを和らげましょう。
  4. このうがい液は1日3回まで使えます。

口内炎治療に役立つ知識

ヨーグルトを食べることで、口内炎を治療したり、予防したりできるかもしれません。 ヨーグルトなどの発酵乳製品は長い間、腸内細菌の正常なバランスを保つために使われてきました。ヨーグルトにはスプーン1杯分食べるだけで、口の中のフローラを正常化し、口内炎の治癒を促進できるほどの効果があります。生きた株を含んだプレーンのヨーグルトを使いましょう。1日に大さじ1杯を3回食べましょう。

塩水もまた、昔から自家製の治療薬として使われてきました。塩水を使えば、塩分を中和するために腫れた組織の中の液が外に染み出します。これにより、口内炎の腫れを抑制できるのです。また、塩水には鎮痛作用もあります。スプーン半杯分の海塩水を1/4カップのお湯に入れ、口内炎が治るまで1日最大3回まで口をすすぎましょう。

このような自家製薬を試し、最も効果のあるものを見つけてみてください。治療方法を組み合わせることによって、治癒を早められることもあるかもしれません。さらに、口内炎ができやすい食習慣や生活スタイルをしないようにも気をつけましょう。例えば口内炎の原因がストレスである場合は、リラックスして身体的な緊張を和らげる方法を見つけましょう。口内炎が消えるまでの間は、食事から酸性のものを取り除くようにしましょう。

健康

コーシャビューティーとは?

健康

アレルギーを自然に緩和する方法

健康

バイオハッキングとは?より意識的に選択して、より多くのメリットを得る方法