header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

コラーゲンを自然に増やす5つの伝統的なハーブ

4月 3 2019

この記事の内容:

コラーゲンは美と健康のための最も重要なタンパク質の一つです。その中でも、I型コラーゲンは皮膚、毛髪、骨、血球、血管、腱に天然に存在するものです。コラーゲンはお肌に弾力を与え、髪にはつやを与えるタンパク質です。実際、お肌や髪の外観を改善するというのは、最もよく知られているコラーゲンのメリットの一つです。お肌にハリを与えて若々しい外観に見せたり、髪の成長を促したりするためにコラーゲンを使う人は少なくありません。

美容上のメリットに加えて、コラーゲンには健康上の用途がいくつかあります。コラーゲンは関節や腱の結合組織の強度と柔軟性において重要な役割を果たします。基本的には、これらの部分を一緒に保持する助けをする”接着剤”として機能します。一旦代謝されると、コラーゲンは消化器系内の栄養素の吸収にも重要な役割を果たします。腸内層のコラーゲン受容体は体が必須ミネラルと栄養素を吸収するのを助けます。コラーゲンにはアミノ酸グリシンも含まれているため、天然のコラーゲン産生で体内の自然なエネルギー成分であるATPの合成に役立つことがあります。そのため、コラーゲンは減量トレーニングやトレーニング後の筋肉回復で重要な役割を果たすことがあります。コラーゲンのメリットを支持する臨床的な証拠はあるため、古代のハーブがコラーゲン産生を自然に増やす最善の方法であるかどうかを概要的に見てみましょう。

コラーゲンが健康にもたらすメリット

コラーゲンには、健康にとって重要なエネルギー的なメリット、そして化学的なメリットもあります。このタンパク質は、シリカカルシウム、その他のビタミンやミネラルを吸収に不可欠です。そのため、コラーゲンは健康な骨、関節、結合組織、歯の維持において主な役割を果たします。コラーゲンが豊富なハーブにはシリカが豊富に含まれるので、髪の成長を促してツヤのある健康的なお肌にする役目をします。コラーゲンは腸の内側を覆う組織の主成分であるため、このタンパク質は食事が消化されている最中の栄養素の吸収にも重要な機能を果たします。

重要なことに、コラーゲン産生を促す多くの伝統的なハーブには収斂性と粘滑性の両方の性質を備えています。収斂性のハーブは体組織を収縮させるので、腫れや有毒な蓄積が減ることになります。収斂性を持つハーブは油や皮脂の過剰分泌と粘液の膜の過剰分泌も減らすことができます。粘滑性のハーブは体組織を拡張させるので、組織の接続性と柔軟性を高めます。粘滑性のあるハーブは粘膜に鎮静効果や保護をするコーティングの役目をすることもあるので、抗炎症効果も生じるのです。コラーゲンが豊富なハーブは二重の収斂性と粘滑性を兼ね備えている場合があるので独特なものです。このため、コラーゲンのタンパク質は体の最も重要な細胞に必須な”構成要素”として作用することができます。

コラーゲン産生を促進するためのハーブのトップ5

古代文化では、昔から民間療法や代替医療で伝統的なハーブが使用されてきました。近年、科学界からはコラーゲンが豊富なハーブに起因する重要な特性の多くに関する証拠を出てきました。例えば、研究では筋肉回復、結合組織、消化に対するコラーゲンのメリットが支持されています。また、研究ではタンパク質の抗炎症作用も支持されています。コラーゲンはお肌と髪をきれいにすると美容専門家は考えているので、コラーゲンパウダーとサプリメントは現代の美容ケアでの主要な要素になりました。似たような製品の数が多すぎるので、何から始めていいかわからない人が多いのも当然です。以下のトップ5の伝統的なハーブと漢方薬のレビューは、体内での天然コラーゲン産生を高めるために役立つ場合があります。

首烏汁:古代のコラーゲンのアダプトゲン

別名:フォーチ、ツルドクダミ、Reynoutria multiflora、Chinese knotweed、tuber fleeceflower

首烏汁はツルドクダミの開花植物の根に由来する中国のハーブです。中国の最高のハーブと考えられているコラーゲンが豊富な根は、アダプトゲンの特性があることが確認されています。そのため、定期的に使用すると、健康的なライフスタイルに不可欠なホルモンを産生する腺である副腎系のサポートする効果が期待できます。副腎ホルモンには、代謝、体重増加、酸化ストレスに対する体の反応を調節するホルモンであるコルチゾールや、血圧に影響を与える可能性があるアルドステロンが含まれます。首烏汁の現代的な主な用途の一つとしては、コラーゲン産生を増加させて副腎系をバランスさせる効果を生み出すことがあります。

中国のハーバリストは3000年以上も前から首烏汁を重宝しながら使用してきました。伝説では、この植物を発見した男性の白髪は若々しい黒色に戻り、生殖能力も高まったと伝えられています。今日に至るまで、中国医学はこのハーブを性的能力の回復、神経系の若返り、肝臓と腎臓の癒し、脆い骨の強化、血液の浄化のための薬として考えています。中国では、首烏汁が”ジン”、または”命のエッセンス”を保存すると考えられています。 ”命のエッセンス”をサポートするので、中国のハーバリストは首烏汁を”命のエリクサー”または”若さの泉”と呼ぶこともあります。

さらに、首烏汁は育毛助剤や回復の強壮剤としても同様に長い歴史があります。このハーブには内分泌系と副腎系をバランスさせる効果があるだけでなく、コラーゲン産生の特性があり亜鉛も豊富に含まれるので、抜け毛予防では人気の代替医療の療法となっています。伝統中国医学を好む方は、このハーブの根は白髪を元の黒い色にすることができる確実な方法であると考えています。昔から最も人気のあるヘアトニックを利用してみたいなら、首烏汁をヘアケアにお使いください。

トクサ:古代のコラーゲン修復成分

別名:Equisetum arvense、蛇の草、puzzlegrass

トクサは古代から治療に使われてきた最古のハーブの一つである上、地球上に存在する最古の植物の一つです。この植物は、種の代わりに胞子を分散させることによって繁殖する植物のグループであるトキクサ科の中では、今でも唯一存在する属です。そのため、トクサは1億年近く生き残った「生きた化石」のような存在になっています。格別なトクサの植物は最も不利な条件にさえ耐える能力を持つことが証明されており、このように強靭にする豊富な抗酸化成分も人体にメリットをもたらす場合があります。馬尾に似ているという名前で命名されたトクサは、カルシウムマグネシウムカリウムが豊富な丈夫な茎と新芽が特徴です。

トクサの最も重要な特徴はシリカ含有量が高いことかもしれません。シリカは体の天然のコラーゲン産生に不可欠な微量ミネラルです。研究によると、シリカは軟骨、腱、腎臓を保護するコラーゲンの再活性化に役立つことが示唆されています。加齢や重い病気により結合組織細胞が分泌するコラーゲンは減ることがあります。シリカは健康な骨や歯を促進するとともに、体の弱い部分を修復する役に立つ場合があります。トクサにはシリカ結晶が豊富に含まれているため、人体はこの種類のシリカをより早く吸収することがあります。そのため、トクサはコラーゲン産生を増加させたい場合に最も勧められる天然ハーブの一つです。トクサにはシリカが豊富に含まれているため、発毛を促すためによく使われる人気の製品でもあります。もう一つの重要なこととして、研究ではシリカが骨折を癒し、リウマチや関節炎に関連する不快感を軽減する役に立つかもしれないことも示唆されています。シリカが豊富なトクサは継続的なコラーゲン産生を促進するので関節の弱い部分の弾力性を改善する可能性があるため、ハーバリストはこのハーブの摂取を競技者に推奨しています。

アマチャヅル:古代のコラーゲン抗酸化物質

別名:Gynostemma pentaphyllum、jiaogulan、奇跡の草、妖精またはゴスペルのハーブ、甘い茶つる、不死のハーブ

古代からの中国のハーブの中でも、アマチャヅルは神または不死の薬草として重宝されてきました。中国伝統医学によれば、アマチャヅルの茎を定期的に摂取していた人々は、昔からより長く生きてより活発な生活を送っていました。研究によると、この評判高い活力の源泉は、アマチャヅルには2つの重要な抗酸化物質(グルタチオンとスーパーオキシドジスムターゼ)が含まれているからだと示唆されています。グルタチオンは、血管細胞を攻撃するフリーラジカルに自然に対処する植物性の抗酸化物質です。National Institutes of Healthに発表されたある研究では、グルタチオンと共にサプリメントを使用するとコラーゲン産生が誘発され、老化防止としわ防止の効果があるかもしれないことを示されました。2番目の臨床試験では、アマチャヅルを使用すると精神的疲労、不眠症、記憶喪失、バランスの不均衡など、加齢による神経学的影響を軽減できる可能性があることが示されました。このため、ハーブをよく摂取する方の多くはアマチャヅルを使用すると老年期まで生活の質を改善できると考えています。

高麗人参はここ数十年で人気が高まっているため知っている人も多いかもしれません。そしてアマチャヅルには、健康製品として高麗人参に匹敵する特性がもっとあるのです。例えば、アマチャヅルには、高麗人参の約3倍のサポニンが含まれています。ジペノシドとしても知られているこれらのサポニンは、臓器に抗炎症作用を及ぼすことがある化合物です。サポニンは細胞膜と相互作用し、生物学的反応に影響を与える能力があるので、これらの化合物はアマチャヅルにもその収斂性と治癒性を与えることがあります。収斂性に加えて、アマチャヅルには腸内のコラーゲン産生を増加させる粘滑性の性質もあります。腸のコラーゲンには腸の内層を覆う能力があり、炎症を軽減しながら栄養素の吸収を助けることもあります。このため、アマチャヅルは減量中にコラーゲン産生を増加させたい人の間で最も人気のある伝統的なハーブの一つなのです。

イラクサ:古代のコラーゲン鉱化剤

別名:Urtica dioica、common nettle、stinging nettle、ネトルの葉

イラクサは、パーソナルケアでは最も古い伝統的なハーブの一つです。イラクサの防腐や修復の特性は世界的に評価されており、シャンプーや石けんなどの製品によく使われる成分です。また、免疫系、心臓と循環器系、消化器系と泌尿器系、気道、神経系と内分泌系を含む、体の主要なシステムのほとんどを活性化するために使われている伝統的な強壮剤でもあります。予備研究では、イラクサが骨の健康と前立腺の健康を促進するかもしれないことも示されています。ハーバリストは、イラクサの葉の有効性をよく知られている高いミネラル含有量と関連付けています。

イラクサにはカルシウムシリカマグネシウムカリウム硫黄が多く含まれています。これらの必須ミネラルと栄養素は体の電解質バランスに重要な役割を果たします。これらの栄養素が十分にあると、組織が自己治癒する能力にも寄与します。さらに、カルシウムやシリカなどのミネラルは細胞膜内でコラーゲン受容体を誘発するのにも役立ちます。この天然イラクサの受容能力により、天然コラーゲン産生を促進したい方に有益なハーブとなります。イラクサには硫黄が豊富に含まれているので、毛包を刺激して頭皮の血行を刺激することもあります。毛根付近が刺激されることにより、毛包がより健康な毛を生み出してもっときれいな髪になります。

重要なミネラルに加えて、イラクサにはビタミンAビタミンKビタミンD、ビタミンEなどの脂溶性ビタミンも含まれています。栄養士や健康志向の方などは、これらの脂溶性ビタミンは眼、肌、骨を健康にすると考えています。脂溶性ビタミンだけでなく、イラクサにはたくさんのB複合体ビタミンとフラボノイド抗酸化物質も含まれています。これらの水溶性ビタミンと植物性抗酸化物質は細胞の健康を促進することがあり、お肌と髪にも栄養効果を及ぼす場合があります。中世の時代では、イラクサは髪を清潔にしてふんわりさせるために使用されていました。イラクサにはさまざまな必須ビタミンだけでなくコラーゲンとしてのメリットもあるため、美容を追求する現代の方はイラクサをクレンジングと栄養補給剤として使用することもできます。

コラーゲン産生を促進する他の伝統的なハーブと同様に、イラクサは収斂性と粘滑性を兼ね備えています。イラクサの収斂性は、育毛剤や頭皮のケアに使用すると特に明らかに見えます。その例として、一般的なイラクサはジヒドロテストステロン(DHT)のブロッカーとして最も人気のあるものの一つです。DHTホルモンは、体がテストステロンの副産物として放出するアンドロゲン性ホルモンです。DHTホルモンは頭皮にある皮脂腺に結合し、髪の成長を阻害する脂の過剰生産を引き起こします。研究者たちは、過剰なDHTとそれに関連するアンドロゲンホルモンは、脱毛と抜け毛を関連付けました。幸いなことに、イラクサはDHT阻害剤なので過剰な皮脂産生の効果を低下させることがあり、収斂性によって皮脂腺が収縮することもあります。そのため、イラクサは抜け毛の治療に最も人気のある伝統的なハーブの一つなのです。

イラクサには頭皮の脂腺を収縮や引き締める収斂性に加えて、顔の毛穴を引き締め、全身のたるんだ皮膚の外観を改善する特性もあります。ハーバリストは、湿疹の治療、切口やアザの穏やかな消毒薬としてイラクサのお茶かトニックを使用していました。イラクサの粘滑性の特性は腸内層や粘膜内のコラーゲン受容体を保護する役に立つことがあり、抗酸化の特性は酸化ストレスに関連するフリーラジカルに対処する効果が期待できます。

マンゴスチン:古代のコラーゲン治癒成分

別名:Garcinia mangostana、パープルマンゴスチン

コラーゲンは結合組織と皮膚をハリのあるしなやかな状態に保つので、古代の文化ではマンゴスチンなどの植物はコラーゲンを自然に高めると考えられていました。このようなハーブには、コラーゲンまたは自然なコラーゲン産生を増加させる栄養素が含まれていました。これらの重宝される植物の一つの良い例はマンゴスチンの皮です。東南アジアのジャングルの奥深くから調達されるマンゴスチンは、自然の中では最高のビタミンCの含有量を誇ります。マンゴスチンのビタミンCはコラーゲン細胞のアミノ酸を刺激し、細胞内の化合物に水素と酸素を加えてコラーゲンを大量に産生させます。体内ではビタミンCが産生されないので、抗酸化物質が豊富な食品からのビタミン補給は不可欠なのです。マンゴスチンの皮はビタミンCの摂取量を増やすだけでなく、他の種類の抗酸化物質のメリットを最も手軽に得ることができる方法の一つです。

ビタミンC含有量の高さで有名なことに加えて、マンゴスチンにはキサントンとして知られている有機ポリフェノールの重要なグループも含まれます。これらのキサントンは、抗炎症性、抗細菌性、抗真菌性の細胞活性を促進するまれな抗酸化物質です。これらのユニークな特性を認識したインドネシアと中国の古代の先住民族たちは、マンゴスチンを”ヒーラー”と呼びました。ライフスタイルの改善と長寿を望んでいる方なら、マンゴスチンは市販されている中で最も人気のあるハーブの一つであることを覚えておきましょう。さらに、抗酸化物質のメリットは葉や植物の根にしかないハーブとは異なり、マンゴスチンには果皮、果実全体、中心部分、葉にキサントンの抗酸化物質があります。このハーブは収穫過程で抗酸化物質の特性を失いません。そのため、消費者が選択できるコラーゲンを自然に増加させる製品はたくさんあるのです。

自然にコラーゲン産生を促進することに加えて、マンゴスチンには天然の美容強壮剤として昔から利用されています。例えば、マンゴスチンの皮の抗炎症特性は、ニキビ、肝硬変、湿疹、発疹に関連する傷を目立たなくすることがあります。マンゴスチンの果実は血管と循環系のコラーゲン産生を増加させることがあるため、果実全体が微小循環を改善し、お肌がより輝かしくなることがあります。マンゴスチンの皮や果皮には、フェノール類または細胞膜を攻撃するフリーラジカルに対処するのに役立つ有機化合物も含まれています。これらの抗酸化のメリットがあるマンゴスチンの皮は、オレンジの皮やレモンの皮の代わりにも使える優れたものです。健康管理の効果を上げたい方は、マンゴスチンの治癒特性から恩恵を受けることができるかもしれません。

健康

バイオハッキングとは?より意識的に選択して、より多くのメリットを得る方法

健康

ショウガ:強力な根

健康

サフラン: 自然な精神神経疾患対策