beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

美味しいゴールデンミルクを飲んで炎症と闘う

この記事の内容:


ゴールデンミルクはアユルヴェーダ医学ですすめられているドリンクで、昔から体に良いと言われている ターメリック が入っています。ターメリックは強力な抗炎症物質が含まれていることで有名なスパイスで、様々な健康問題に役立つと考えられています。バランスの良い食生活には抗炎症作用がある食品が含まれているはずですが、ゴールデンミルクをプラスすれば全般的な健康やウェルビーイングの改善を期待できます。 

昔から飲まれているゴールデンミルク

ゴールデンミルクは今現在注目を集めていますが、実はアジアで古代から飲まれているドリンクです。インドでは昔からハルディ・ドゥードと呼ばれていて、インドだけでなく他のアジア地域でもよく飲まれています。 

ターメリックが入っているので黄金色のミルクです。インド料理の定番スパイスですが、様々な健康効果があるスパイスとしてもよく知られます。インドはターメリックの消費量が一番多い国で、ターメリックの生産量のランキングでも世界の上位に入っています。

炎症の4種類の兆候

炎症は体の防衛メカニズムの一つです。体内で感染症が起こると、体は自然と血流を増加させて炎症が起こっている場所へと血液を運びます。これが原因で感染した個所は腫れて熱くなって炎症を起こし、好中球が集まります。好中球は白血球の一種で、感染の原因である微生物を積極的に貪食します。炎症は慢性疾患の兆候であることが多いので、しっかりと注意を払うことが大事です。 

本当に炎症が起こっていると100%確信できない場合は、以下に挙げられている症状があるかどうかチェックしてみてください。何らかの懸念がある場合は、必ずすぐに医療機関にご相談ください。

  • 間接のこわばり
  • 関節の痛み
  • 熱を持った関節の腫れ
  • 皮膚の赤み

ターメリックの抗炎症作用の仕組み

 ターメリック に含まれている抗炎症作用がある成分の中で代表的なものは、クルクミノイドという名前の物質です。クルクミノイドは数種類あり、それぞれに様々な健康メリットがありますが、ゴールデンミルクやターメリックの中に含まれている最も強力な抗炎症作用があるクルクミノイドは クルクミンです。クルクミンは炎症を抑える働きがあるだけでなく、体内のフリーラジカルと闘う 抗酸化物質 の役割も果たせます。

1日最低500ミリグラム摂取すれば良い効果が期待できると言われているので、クルクミンのサプリを飲む人もいます。幸いにも、ゴールデンミルクを1~2杯飲むだけで1日の推奨量を簡単に摂取できます。

ゴールデンミルクの推奨量

ゴールデンミルクの長所の一つとして、副作用が特に報告されていないことが挙げられます。しかし、子宮内膜に影響を及ぼす可能性があるので、妊娠中の方は多量に飲まないようご注意ください。ゴールデンミルクをはじめとするターメリックを含む食べ物や飲み物で健康効果を得ようと考えている方は、クルクミンを1日あたり最低500ミリグラム摂取することをおすすめします。小さじ1杯のターメリックにはクルクミンがおよそ200グラム含まれているので、はっきりとした抗炎症作用を期待している場合はゴールデンミルクを1日2~3杯飲むことをおすすめします。

ゴールデンミルクで期待できるその他の健康効果

ゴールデンミルクに含まれる クルクミン やその他の材料は、抗炎症作用だけでなくその他の健康効果もあると考えられています。クルクミンには、抗炎症作用や 抗酸化作用だけでなく、脳の機能を助ける働きもあると考えられています。例えば、いくつかの研究では、健康的な脳細胞の成長を促進する脳由来神経栄養因子のレベルを引き上げられると示されています。 

また、ターメリックは体内のコレステロール値を引き下げる働きもあるので、心臓病対策に期待できるとも考えられています。さらに、血管機能の改善と関係しているとも考えられているので、心臓の健康促進が期待できそうです。ゴールデンミルクのその他の材料の シナモン や ショウガもクミンと同じような形で健康に役立つと考えられています。

リン脂質が含まれている牛乳や黒コショウは、 ターメリックやターメリックに含まれているクルクミノイドの体内吸収率の改善に役立ちます。ターメリックは体内吸収されにくいので、牛乳と一緒に飲むと効果が得やすくなります。さらに、食前にゴールデンミルクを飲めば、満腹感が得られやすくなります。

抗炎症ゴールデンミルクの簡単なレシピ

このレシピの作り方は比較的簡単なので、自分でゴールデンミルクを作りたい方におすすめです。材料の牛乳は、アーモンドミルクやココナッツミルクで代用することもできます。他のミルクで作ると違う味に出来上がります。また、植物性のミルクには乳糖でなくグルコースが含まれていることがよくあるので、糖分が増える可能性もあります。生の アーモンド、シナモンスティック、さらには オーツ などを追加することもできます。

材料:

作り方:

  1. まず、すべての材料をボウルや大きなコップに入れてよく混ぜます。ハンドブレンダーやミキサーを使えばダマが出来ずに完全に混ぜられます。
  2. 混ぜ終えたら、鍋に移して15分間弱火にかけます。吹きこぼれの恐れがあるので、沸騰しない程度に温めることが大事です。
  3. 最後に、お気に入りのカップに注いでタイムの葉、生のアーモンド、またはシナモンスティックをトッピングします。このレシピの分量は、大きなカップ1杯分または小さなカップなら2杯分です。
栄養

添加糖類の見分け方および健康に良い代用甘味料4種

栄養

健康のためには、ノンフライヤーを使った方が良いのでしょうか?管理栄養士がアドバイス

栄養

栄養士が承認する、肉を使わないグリル料理レシピ3点