header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

よくある質問 -膵臓酵素

8月 7 2017

酵素製剤は、入手可能な栄養剤の中でとても有益な製剤の一つとされています。酵素は新しい分子を生成、または結び付いた分子をより小さい群へと分離させることで、化学反応の速度を高める分子です。ほとんどの酵素製品には、ブタの膵臓(パンクレアチン)、菌類、植物源から抽出された消化酵素が含まれています。これらの酵素は、人間の膵臓から分泌された消化酵素とほぼ同じように作用します。酵素製剤は、以下の状況や症状でとても役立つことが示されています。

  • がん患者の消化作用をサポート
  • C型肝炎、ヘルペス、帯状疱疹(シングルズ)
  • 炎症、スポーツ損傷、外傷
  • 膵機能不全
  • 食物アレルギー
  • 多発性硬化症
  • 関節リウマチやその他の自己免疫疾患

膵臓とは?

膵臓は、腹部内で胃の真下にある消化器官です。主な作用は、食べ物の消化と吸収に必要な酵素の生成です。分泌される酵素には脂肪を消化するリパーゼ、たんぱく質を消化するプロテアーゼ、でんぷん分子を消化するアミラーゼがあります。

膵酵素を摂ることで、実際に消化機能は改善されますか?

はい。実際に膵酵素製剤は、膵機能不全や嚢胞性線維症(希少遺伝性疾患)に従来の治療を施す中で、消化機能の正常な作用をサポートします。膵機能不全の特徴は消化不良、吸収不良、栄養失調、腹部不快感です。

膵臓が十分な酵素量を分泌しているのか、どのようにしてわかりますか?

医師は、身体症状と臨床検査の両方を利用して膵臓の機能を評価します。膵機能不全の一般的な症状には腹部の膨満感・不快感、ガス、消化不良、消化されなかった食べ物が便にみられます。栄養学を重視する医師は、検査室診断で包括的に便および消化器官を分析します。膵機能不全を示すその他の指標は、腸内のカンジダアルビカンス菌の異常増殖です。たんぱく質の消化で必要とされるように、プロテアーゼには他にも様々な重要な作用があります。その一例として、プロテアーゼやその他の消化分泌液は、小腸を寄生虫(バクテリア、菌、原虫、腸内寄生虫)から守り続ける大きな役割を果たします。

膵酵素は吸収されるのでしょうか?

体には、消化酵素を再吸収することで、これを保持しようとする多くの臨床結果があります。人間を対象とした数多くの研究では、膵酵素(トリプシンやキモトリプシン)を経口投与によって補充した際、酵素は、血流に完全なまま吸収されることが示されています。

膵酵素は食物アレルギーに対してどのように役立ちますか?

膵酵素は、消化力を高めることで食物アレルギーを抑制できる場合があります。食物分子がアレルギー反応を引き起こすには、かなり大きな分子である必要があります。1930年代や1940年代に行われた研究で膵酵素は、食物アレルギーの予防に多大な効果を発揮しています。多くの開業医は、このような初期の研究を知らない、または覚えていないように思われています。通常、十分な量のプロテアーゼが分泌されない方は、複数の食物アレルギーに悩まされています。

膵酵素は血液内のたんぱく質を吸収しますか?

いいえ!これらは酵素をブロックする血液内の特殊な因子なので、たんぱく質を吸収することはありません。

なぜ膵酵素は天然の抗炎症薬として使われているのですか?

プロテアーゼは、炎症を引き起こした際に組織の損傷やフィブリン血栓の形成を防ぐ大切な酵素です。これはフィブリンの分解(線維素溶解)を早めます。フィブリンは炎症を引き起こした際、炎症部分の周りに壁を形成させることで血液やリンパ液をブロックし、腫れを作ります。またフィブリンは血栓を生成させ、やがて遊離させて脳卒中や心臓発作を引き起こす場合があります。

膵酵素やプロテアーゼ酵素製剤は、スポーツ損傷、腱炎、関節リウマチなど、数多くの急性および慢性炎症性疾患の治療に役立つことが示されています。

膵酵素は、外傷や炎症の抗炎症薬として利用される以外にも、静脈で血栓がたまる静脈血栓症の治療に使われることがよくあります。この症状はやがて炎症を引き起こし、血栓を遊離させて脳卒中や心臓発作を引き起こす場合があります。

膵酵素は関節リウマチなどの自己免疫状態に対してどのように役立ちますか?

特定の炎症状態から得られるメリットは、体が免疫システムによって生成された抗体と、抗原に結合する化合物の間で形成された免疫複合体との分解を手伝う点と関連しているように思われます。血液内の免疫複合体が多いことで見られる症状は「自己免疫疾患」と呼ばれていて、その一例としては関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、強皮症、多発性硬化症などがあります。また潰瘍性大腸炎、クローン病、エイズなどの病気で、多量の血中免疫複合体が見つかっています。

膵酵素はどれくらいの効力のものを摂ればよいでしょうか?

膵酵素製品は、とてもよく知られているサプリです。ほとんどの市販製剤は、ブタの新鮮な膵臓から製造されています。このような製品に対して米国薬局方(USP)は、厳格な活性水準を設定しています。その水準とは、1Xの膵酵素(パンクレアチン)製品であれば、1ミリグラム当たりのアミラーゼ活性が25USP単位以上、リパーゼ活性が2.0USP単位以上、そしてプロテアーゼ活性が25USP単位以上としています。

作用が強いパンクレアチンには、その強度を示すため整数倍が記されています。例えば、作用がUSP水準よりも10倍強く、濃度が高くて薄められていない膵エキスであれば「10X USP」と記されます。高濃度の製品は、作用が弱いパンクレアチン製品よりもすすめられています。その理由として作用が弱い製品は、強さを調整(例:4Xまたは1X)するために塩、ラクトースまたはガラクトースによって薄められている場合があるからです。

膵酵素製品の推奨摂取量はどれくらいですか?

通常、8X USPの膵酵素製品は、消化の促進目的であれば1日3回、200~600mgを食事前に、抗炎症目的であれば同量を食事の10~20分前、または空腹時に摂るようにします。

膵酵素が助けになると思われるその他の症状はありますか?

膵酵素サプリからメリットが得られる症状の一覧は、常に増え続けているように思われます。例えばこのサプリは、C型肝炎や単純ヘルペス感染症など、ウイルス関連の病気を治療するために使用される場合があります。その一例として、帯状疱疹(シングルズ)に治療を施した某研究では、膵酵素製剤を経口投与した場合、標準的な薬物治療(アシクロビル)よりも高い効果が得られています。またC型肝炎患者を対象とした研究で膵酵素は、臨床検査値や症状の改善において、インターフェロンαよりもわずかに高い数値となっています。

「腸溶性コーティング」とは何を意味しますか?

胃からの分泌は膵酵素を破壊または不活性化させる可能性があるため、膵酵素が含まれる錠剤は胃を通過するまで分解されないようにコーティングされています。このような手法は「腸溶性コーティング」と呼ばれています。数多くの膵酵素研究では、腸溶性コーティングされた製剤を使用しています。

膵酵素の代わりとなる植物源の酵素はありますか?

はい。Natural Factors社のMulti Enzyme™には植物や菌類を源とした酵素があり、膵酵素とほぼ同じように作用します。実際、後者よりも効果が高い証拠がいくつか示されています。とは言え、ほとんどの症例においてNatural Factors社のZymactive™がおすすめです。この製品には膵酵素と共に植物源の酵素が含まれています。

膵酵素製剤は安全なのでしょうか?

一般的に膵エキスは耐性が高く、強力な副作用を引き起こすことがありません。膵酵素を摂ることは、膵臓機能が正常だと思われる方であったとしても厄介な副作用を引き起こしたり、自分の体で生成される膵酵素量を減らすことはありませんでした。ただし、わたしの見解としては、これらの製剤は明らかに必要とされる場合のみに服用するようおすすめします。

参考文献

  1. Rubinstein E, et al.: Antibacterial activity of the pancreatic fluid. Gastroenterol 1985;88:927-32.
  2. Ambrus JL, et al.: Absorption of exogenous and endogenous proteolytic enzymes. Clin Pharmacol Therap 1967;8:362-8.
  3. Kabacoff BB, et al.: Absorption of chymotrypsin from the intestinal tract. Nature 1963;199:815-7.
  4. Martin GJ, et al.: Further in vivo observations with radioactive trypsin. Am J Pharm 1964;129:386-92.
  5. Avakian S: Further studies on the absorption of chymotrypsin. Clin Pharmacol Therap 1964;5:712-5.
  6. Liebow C and Rothman SS: Enteropancreatic circulation of digestive enzymes. Science 1975;189:472-4.
  7. Oelgoetz AW, et al.: The treatment of food allergy and indigestion of pancreatic origin with pancreatic enzymes. Am J Dig Dis Nutr 1935;2:422-6.
  8. Carroccio A, et al.: Pancreatic enzyme therapy in childhood celiac disease. A double-blind prospective randomized study. Dig Dis Sci 1995;40:2555-
    2560.
  9. Innerfield I: Enzymes in Clinical Medicine. McGraw Hill, New York, 1960.
  10. Mazurov VI, et al. Beneficial effects of concomitant oral enzymes in the treatment of rheumatoid arthritis. Int J Tiss React 1997;19:91.
  11. Ransberger K: Enzyme treatment of immune complex diseases. Arthritis Rheuma 1986;8:16-9.
  12. Steffen C, et al.: Enzyme therapy in comparison with immune complex determinations in chronic polyarteritis. Rheumatologie 1985;44:51-6.
  13. Ransberger K and van Schaik W: Enzyme therapy in multiple sclerosis. Der Kassenarzt 1986;41:42-5.
  14. Gonzalez NJ and Isaacs LL: Evaluation of pancreatic proteolytic enzyme treatment of adenocarcinoma of the pancreas, with nutrition and detoxification
    support. Nutr Cancer 1999;33:117-24.
  15. Leipner J and Saller R: Systemic enzyme therapy in oncology: effect and mode of action. Drugs. 2000;59:769-80.
  16. Kleine MW, Stauder GM and Beese EW: The intestinal absorption of orally administered hydrolytic enzymes and their effects in the treatment of
    acute herpes zoster as compared with those of oral acyclovir therapy. Phytomedicine 1995;2:7-15.
  17. Kabil SM and Stauder G: Oral enzyme therapy in hepatitis C patients. Int J Tiss React 1997;19:97-8.
  18. Schneider, MU, Knoll-Ruzicka ML, Domschke S, et al: Pancreatic enzyme replacement therapy: Comparative effects of conventional and enteric-coated microspheric pancreatin and acid-stable fungal enzyme preparations on steatorrhea in chronic pancreatitis. Hepatogastroenterol 1985;32:97-102.
  19. Friess H, et al.:Influence of high-dose pancreatic enzyme treatment on pancreatic function in healthy volunteers. Int J Pancreatol 1998;23:115-23.
健康

ペット用の最良のサプリメント

健康

エッセンシャルオイル入りの天然かつ自家製のボディミスト

健康

SAMeの天然作用 — 気分を向上、痛みを和らげ、脳を活性化