header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

よくある質問集:ビタミンB12注射、 pHバランスの取れた食事、副腎疲労、最適なジューシング

7月 31 2017

ビタミンBを注射する人々が増え続けていると聞くようになりましたが、これはビタミンB不足の方のみに適しているという文献を読みました。これに関してのアドバイスはありますか?

ビタミンB12は、DNAや赤血球、および神経細胞を通る信号の伝導速度を高める髄鞘の合成など、大半の身体過程の中で葉酸と共に作用します。

大量のビタミンB12は動物性食品のみに見つかり、特に肝臓や腎臓、そして卵類、魚類、チーズ、肉類の順に多く含まれる成分です。厳格な菜食主義者であれば、テンペのような発酵食品にビタミンB12が多く含まれていると聞かされることがありますが、これは事実ではありません。従って菜食主義者の方であれば、十分なビタミンB12を補う必要があります。食べ物の中に含まれている少量のビタミンB12からのメリットを得るため、胃は小腸での吸収が高まるよう消化液を分泌します。加齢や、酸をブロックする薬の使用は吸収を低下させる場合があります。

たとえビタミンB12が不足していたとしてもビタミンサプリを経口摂取していれば、注射の必要はありません。

体のpHバランスはどれくらい大切ですか?別の医療専門家は、骨を守り、健康を維持するためにはとても大切と言います。一般の診療医は、体が常に適切なバランスを保つと言います。どちらが正しいのでしょうか?

体の基本的な作用の一つには、血液やその他の体液の中で酸性とアルカリ性のバランスを適切に保つ点があります。骨粗しょう症、関節リウマチ、痛風など、特定の病気が食べ物の酸性・アルカリ性バランスによって大きく影響される数多くの証拠が示されています。その一例として骨粗しょう症は、アルカリ性よりも酸性の食べ物(特にソフトドリンクや肉類)を多く摂ることで悪化する場合があり、余分な酸を中和させるため、骨はアルカリ性ミネラル(カルシウムやマグネシウム)を定期的に失うようになります。

適切なpHバランスを保つための栄養プランはとても簡単で、酸性体質を作る食べ物よりもアルカリ性体質を作る食べ物を摂るようにします。基本的にアルカリ性ダイエットとは、穀類、肉類、乳製品、ヘーゼルナッツを除くほとんどの種実類の過剰摂取を避けつつ、野菜、果物、豆類を摂る点に焦点が置かれています。ただし酸性食品は、酸形成性食品とは同じではない点を忘れないでください。その一例として、レモンやその他のかんきつ類は酸性とされるものの、実際は体にアルカリ性の効果をもたらします。体内に取りこまれた食べ物のpHレベルは、消化を行うための代謝産物によって左右します。その一例として、かんきつ類に含まれるクエン酸は体内でアルカリ性の形態へと代謝され、さらにはアルカリ化合物とされる重炭酸塩へと変換される場合があります。

多くの友達が「副腎疲労」を患っています。これは一つの正規な病気、それともあらゆる病気の総称ですか?

副腎は体の様々な機能を制御し、ストレスの抵抗において大きな役割を果たしています。多くのストレスを抱えた方、または長期間にわたりプレドニゾンのようなコルチコステロイド薬を摂り続けている方であれば、副腎が収縮して適切に作用せず、不安神経症、うつ病、慢性疲労などの症状を引き起こします。このような症状は通称「副腎疲労」と呼ばれていて、正規な病気です。また副腎疲労を患う方は、一般的にアレルギーや感染への抵抗が低くなっています。

副腎をサポートする最良の方法の一つとして、リラクセーション療法・運動を通じてストレスに効率よく対処する方法を学ぶ点があります。他にも、体内で適切なカリウム値を必ず保つようにします。このようにする最良の方法は、カリウムが豊富な食べ物を摂り、ナトリウムが多い食べ物を避けるようにします。大半のアメリカ人はカリウムよりも2倍多くのナトリウムを摂りますが、果物や野菜といった自然食品を多く摂ることでこの数値はひっくり返り、その結果、ナトリウムよりも50倍多くのカリウムを摂ることができます。素早い効果を得たいのであれば、バナナ(カリウムとナトリウム比率が440:1)またはオレンジ(比率が260:1)をお試しください。

毎朝野菜をジューサーにかけて飲んでいましたが、繊維が足りないのではと不安になり、最近になって分離された繊維質をコップに戻してまた飲むように始めました。どれくらいの繊維量が必要でしょうか?

「なぜジュースなのでしょう?繊維を摂るには果物や野菜を丸ごと食べればよいのでは?」と聞かれることがよくあります。これには、「もちろん、その通りですが、ジューシングもおすすめです」と答えます。ジュースに繊維質を戻す必要はないと思います。新鮮な果物や野菜をジューシングするだけでもある程度の繊維質、特にコレステロール値を低下させる水溶性繊維を摂ることができます。繊維とは、植物内で見つかる消化しにくい成分である点を考えてみてください。これは腸が正常に機能するために大切な成分ですが、ジュース自体が栄養を与えてくれます。実際に体は、食べ物が吸収されやすいようジュースに変えます。ジューシングすることで、果物や野菜から得られる栄養のメリットを、最も消化しやすく、かつ濃縮された形で摂ることができます。

健康

時差ぼけの最中に健康を維持するためのヒント

健康

愛が込もったエッセンシャルオイルのブレンド

健康

イワベンケイ - エネルギーや脳機能などに役立つアンチエイジングアダプトゲン