近年、ウェルネス分野で脚光を浴びているエルダーベリーは、今や大半の食料品店や健康食品店で販売されているほどで、免疫系の健康をサポートする効果があるとして注目を集めています。

エルダーベリーの果実には、多大な効果が期待できるポリフェノールが豊富に含まれており、季節の変わり目や免疫力の低下を感じた時はもちろん、ストレス対策としても優れた植物と言えるでしょう。とは言うものの、数あるエルダーベリー製品の中から、効果を十分に理解した上で自分に合ったものを選ぶにはどうすれば良いのでしょうか。

エルダーベリーとは

エルダーベリー(セイヨウニワトコ)は、ヨーロッパやアフリカの他、アジアの一部にも自生するニワトコ属の植物です。その果実に含まれる栄養素と免疫促進作用によりエルダーベリーが広く使用されるようになったことから、治療効果があるとしてアメリカで人気が急上昇しています。

エルダーベリー(セイヨウニワトコ、学名 Sambucus nigra)はニワトコ属の植物の中で最も一般的な品種であり、その花と果実には強力な抗酸化物質とアントシアニジン(フラボノイドの一種である色素)に加え、ビタミンCビタミンAビタミンB6鉄分カリウムといった微量栄養素が含まれています。

エルダーベリーの効能

1. 豊富な抗酸化物質

酸化ストレスに対抗しやすくするケルセチン(ポリフェノールの一種)とアントシアニジンという2種類の優れた化合物を含むエルダーベリーは、高い抗酸化作用が特徴です。健康的な食事に特に多く含まれる抗酸化物質とされるケルセチンは、炎症に対する正常な反応を促す強力な化合物であり、皮膚を保護する化合物を有して炎症性マーカー(炎症性指標)を抑制するのに役立ちます。

ブルーベリーやサクランボにも含まれるアントシアニジンは、免疫サポートと強力な抗酸化作用を発揮するため、エルダーベリーに含まれる化合物の中でも特に重要です。研究によると、これらの抗酸化物質は呼吸器系の健康も後押ししているようです。

また、エルダーベリーに含まれるポリフェノール群は心臓の健康にも期待できます。研究は限られていますが、エルダーベリーの化合物の抗酸化作用と抗炎症作用は、正常な血圧と心臓の健康全般を助ける可能性があります。

2. 免疫系の健康をサポート

エルダーベリーは、免疫系をサポートすることで特に知られ、研究されています。同じくこの果実に含まれる抗酸化物質アントシアニン(アントシアニンに結合している糖や有機酸を除いた部分がアントシアニジン)は、全体的に免疫を高める働きがあり、異物が侵入した際に免疫系の自然な防御反応を強化するのに役立ちます。

3. 健やかな肌を促進

エルダーベリーに含まれる抗酸化物質は、健康な皮膚構造を促進し、肌の健康状態を向上させることが予備研究で示唆されています。外用スキンケア製品の中には、ビタミンA含有のエルダーベリーが配合されているものもあります。ビタミンAは、健やかな肌の維持と健康的な加齢のサポートに関与しています。

4. 正常な消化をサポート

限定的なデータではあるものの、エルダーベリーが正常な消化を助けることを示す研究がいくつかあります。穏やかに働きかける緩下(かんげ、すなわち下剤)作用でお通じの改善が期待できるため、便秘にも役立ちます。

エルダーベリーの使用方法

エルダーベリーの効果を最大限に引き出すには、継続して使用することが大切です。例えば、1日1回、都合の良い時間を決めてエルダーベリーのサプリメントを摂取するようにして、根気よく続けてみましょう。なお、エルダーベリーを免疫機能のサポートとして短期間使用し、その後は休止期間を設けてもかまいません。また、季節の変わり目をはじめ、旅行中やストレスを感じている時などに摂取しても良いでしょう。

エルダーベリーの人気が高まっている理由の一つに、入手しやすさがあります。とはいえ、エルダーベリーにはいくつか種類がありますので、特にお勧めの摂取方法をご紹介しましょう。

  • エルダーベリーシロップ:広く使用されているエルダーベリー製品の代表といえばシロップではないでしょうか。このシロップは茹でたエルダーベリーで作られていますが、味と食感を調整するために甘味料や天然の防腐剤が加えられていることもあるため、購入の際は成分表示を確認しましょう。さらに、製品によって効能が異なるため、ラベル表示を読んで摂取量を確かめることも重要です。
  • エルダーベリーカプセル:これは、化合物を分解して吸収を促す発酵プロセスを経たエルダーベリーエキスを使用したもので、特定の用量で調合されているため計量する手間が省け、手軽にエルダーベリーを摂取できる方法と言えるでしょう。
  • エルダーベリーグミ:エルダーベリーを使ったグミは美味しさと便利さで人気が高く、シロップに加えられたゼラチンの粘性により、グミの形と歯ごたえが楽しめる製品です。なお、砂糖などの甘味料や防腐剤などが添加されているグミ製品もあるため、ラベルで原材料を確認しましょう。
  • エルダーベリーティー:このお茶は、リーフ茶(茶葉から淹れるお茶)やティーバッグとして販売されている他、ご家庭でも簡単に作ることができます。作り方は、大さじ1のエルダーベリーの果実と花をお湯で煮出すだけです。香りづけに、ハチミツ、ミントの葉、レモン、シナモンなどを加えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

強力な抗酸化物質や微量栄養素など、エルダーベリーに含まれる優れた栄養成分を考えれば、この果実のエキスがウェルネス分野で話題となっているのも不思議ではありません。おそらく、今後ますます注目されることになるでしょう。