header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

食物不耐性を助ける消化酵素

9月 25 2017

食物アレルギーまたは食物不耐性は、体内にとり入れられた食べ物に対し拒絶反応を引き起こした際に発症します。この二つの違いとして、典型的な食物アレルギーでは免疫システムが関与し、確実にアレルギー反応が引き起こされることでより重度な症状となる点に対し、通常、食物不耐性の症状はそれほど深刻ではなく、大概は消化機能の問題に限られています。

典型的な食物アレルギーは、摂取された食べ物の分子が免疫システムと相互に作用し、腫れ・炎症の要因とされる、ヒスタミンやその他のアレルギーを引き起こす化合物が放出された際に生じます。食物不耐性の根本的な原因は、消化酵素不足により特定の食べ物が消化されない点にあります。その一例としておよそ65%の成人は、幼年期を過ぎるとラクトースを消化する能力が低下しています。このラクトースとは牛乳や乳製品で見つかる糖分で、小腸で産生される消化酵素のラクターゼによって分解されます。消化酵素によってラクトースが分解されないと、特にガス、腫脹、痙攣、下痢などの消化管症状が多々見られるようになります。ラクターゼ酵素サプリメントをとることでラクターゼを消化させ、乳糖不耐症を患う方の、食物不耐性の症状を和らげるようにお手伝いする場合があります。ただし乳糖不耐症を患う大半の方は、併せて乳たんぱく質の分解にも問題がある点にご注意ください。そのため、一般的にはラクターゼとたんぱく質を消化する酵素(プロテアーゼ)を組み合わせた製品をとることが、より良いチョイスと言えます。

食物不耐性で消化酵素サプリメントを利用

消化酵素サプリメントは、食物不耐性に対して食べ物によるアプローチが作用しやすくなるだけでなく、大半の場合において酵素サプリメントは、食事を変えるよりもより良い効果が得られます。食物不耐性を患う多くの方は、強力な消化酵素製剤を14日間試すだけでメリットが得られます。理想的なものは、酵素が消化管全体で効果を成すようpHの活性化範囲が異なる主要酵素で、様々な変異性を持つものが含まれている製剤です。大半の消化酵素は効果が高かったり、とても狭いpH範囲で作用しますが、人間の消化管のpHは酸性・アルカリ性と異なるため、ほとんどの酵素サプリメントが消化管全体で効果をもたらすことはありません。よって酵素サプリメントは、消化器官の一部で作用したとしても、別の部分では作用しない場合があります。細心の注意を払い混ぜ合わせられた酵素は、他の一流の酵素製剤よりも3倍の効果があり、6倍も早く効果が得られます。

14日の服用期間では、この間、毎回の食事前に1~2カプセルの酵素サプリメントをとります。通常、食物不耐性を治すには、酵素を補給して消化機能を向上させることが必要とされています。

消化酵素はグルテン不耐性に効きますか?

はい。たんぱく質分解酵素とされるプロテアーゼや、グルテン分解酵素のペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)酵素はとてもよく効きます。以下は素早い効果が得られる、その説明です。グルテンは主に小麦、大麦、スペルト小麦、ライ麦などの穀物で見つかる、主要たんぱく質の複合体です。大半の人はグルテンだけでなく、牛乳に見つかるたんぱく質のカゼインに対し不耐性を持っています。これらのたんぱく質は、このような不耐性を持つ人が取り込むと、特にガスや腫脹といった不快感を胃腸で感じるようになります。

グルテン不耐性・カゼイン不耐性の一般的な治療法は、グルテンフリーやカゼインフリーの食事をとり、不愉快なたんぱく質を取り除くことで不快感はなくなりますが、大抵食べ物には、再び不快感をもたらす隠れたグルテンまたはカゼイン源があります。

大半のグルテンフリー製品は、自然食品店や、さらには大手のスーパーマーケットでも手に入ります。グルテンの代わりに健康をもたらす穀物には、アマランス、キヌア、そしてブラウンライス、赤ライス、黒米、ワイルドライスなどの各種ライスがあります。カゼインは、牛乳や乳製品に見つかります。グルテンやカゼインを避ける場合、食品ラベルを注意深く読む必要があることは言うまでもありません。

栄養を補給する消化酵素製剤は、特にグルテンやカゼインを抑制する初期段階において、グルテンまたはカゼインの少ない吸収量に耐えられるようお手伝いする場合があります。ペプチジルペプチダーゼ-4(DPP-4)が含まれている製品をお探しください。この酵素はグリアジンやカゼインを分解させ、その他の消化酵素に対し耐性があります。DPP-4はこれらのたんぱく質が消化されるように作用し、グルテン感受性・グルテン耐性を患う方の腸粘膜でわずかに見つかる、主要酵素の一つとして捉えられています。実際、DPP-4量とグルテン感受性で腸損傷を患う方の間には、反比例の関係があります。つまりDPP-4量が少ないと、腸粘膜の損傷が大きいことを意味します。DPP-4が含まれる調剤は隠れたグルテン源から守ってくれるため、よくすすめられます。

最後のコメント

消化器官の不快感は、およそ4人に1人が感じています。大半の場合においてその症状は、基礎疾患ではなく消化機能の障害、または食物不耐性となって現れます。機能性胃腸障害には偶発的な消化不良または胸焼け、機能性ディスペプシア、腹部の膨張、過敏性腸症候群(IBS)があります。消化酵素調剤や他の自然的なアプローチで消化を助けることは、これらの、(時として)厄介な症状を改善させる最善策です。

症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症