header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
栄養

異なる種類の食用油

1月 11 2018

正しい食用油を使用して料理に差をつけよう。

食用油は種類が豊富です。正しい油で調理すると、味、食感と健康に差が出ることがあるのです。オリーブオイルは地中海地域の食事で広く使用されており、サラダ油やキャノーラ油はアメリカの家庭でよく使用されています。

調理に使用することができる他の種類の油は次のとおりです。

アーモンド - アーモンドオイルの香ばしい味は他の油とは違う独特のものです。食材にこんがりとした焼き色をつけるのに適しています。

ココナッツ - バージンココナッツオイルには飽和脂肪が多いので、ほどほどの量を使用してください。善玉・悪玉コレステロールの両方を上昇させるラウリン酸の成分を含みます。

グレープシード - グレープシードオイルはオメガ6を豊富に含みます。また、要冷蔵でもあります。

ゴマ - ゴマ油も要冷蔵で、ナッツの香ばしい豊かな風味があります。

ヒマワリ - ヒマワリ油はマイルドな味で発煙点が高いので多くのレシピに適しており、料理に多価不飽和脂肪酸とオメガ6脂肪酸が吸収されます。

クルミ - クルミ油はオメガ3の優れた供給源として知られています。腐敗しないように冷蔵保存してしてください。

食材を揚げる代わりに少なめの油でフライパンで焼くと、風味が良くなり健康上のメリットも増加します。不飽和脂肪は、野菜、果物、マメ科植物、全粒、種子とナッツと組み合わせて使用することをお勧めします。

油は涼しい湿気の少ない場所に保存してください。時間の経過とともに残った油の味と質が劣化することがあるので、2種類だけを同時に使用することをお勧めします。油の味が苦くなり始めたら新しいものと交換してください。

栄養

このおいしいレシピでペーガンダイエットを試しましょう

栄養

キャッサバ粉とは + 3つのシンプルなグルテンフリーレシピ

栄養

クリーンイーティングとは?