checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

DHEA、テストステロンおよび加齢に伴う認知機能低下と認知症

9月 30 2019

著者:ジェームズ・レイク医学博士

この記事の内容 :

 

デヒドロエピアンドロステロン (DHEA)テストステロンやその他の男性ホルモンの前駆体であり、認知、食欲、性行動の調節など、生理機能において数多くの重要な役割を担うホルモンです。DHEAとその硫酸化型であるDHEA-Sの血清濃度は、加齢と共に徐々に低下し、70代で最低値に達します。血清DHEA濃度が徐々に低下すると、テストステロンの合成が減少し、疲労、体重減少、憂鬱感、神経過敏、記憶障害といったさまざまな身体的、感情的、認知的症状につながります。このような症状は、扁桃体や視床下部など、認知・感情機能を調節する脳のさまざまな部位へのテストステロンの有益効果が低下することで引き起こされます。 

動物研究では、外因性DHEAおよびDHEA-Sが、免疫系と心血管系に有益な効果をもたらすことが実証されています。また、これらのプロホルモンはいずれも、脳内で神経保護作用、抗酸化作用、抗炎症作用を発揮し、神経発生(ニューロン新生)を促進し、カテコールアミン神経伝達物質ノルエピネフリンとドーパミンの合成と放出を増加させます。DHEAは、正常な加齢に伴う認知機能の低下を自己治療する手段として、西洋医学で広く使用されています。 

DHEAと認知機能についての研究でわかったこととは?

多くの研究で、健康な成人の作業記憶、視覚認識、視覚運動の機敏性と注意力がDHEAに反応して改善されたことが報告されています。これらの有益な効果は、視覚的注意力の根底にある神経過程を強化するDHEA誘発性皮質可塑性が媒介するものと考えられます。ただし、健常成人と認知障害のある成人の記憶に対するDHEAの効果についての研究結果には一貫性がありません。DHEAは、正常なDHEA濃度の若年成人よりも、DHEA血清濃度が低い高齢患者の記憶を改善する可能性が高いようです。 

小規模なヒト臨床研究(N=10)では、DHEAを500mg投与された成人男性の入眠直後のレム睡眠に有意な増加が見られました。この結果が示唆するのは、DHEAに誘発された脳内の神経ステロイドの変化がGABA (γ-アミノ酪酸)に影響を及ぼすことです。実際に、DHEAは、γ-アミノ酪酸(GABA)受容体とN-メチル-D-アスパラギン酸(NMDA)受容体の両方に結合するものの、この2つの受容体の親和性が認知機能強化作用に関連するかどうかは定かではありません。 

系統的レビューとメタ解析では、高齢健常者の認知促進剤としてのDHEAを裏付ける結果はありませんでした。3つの研究が選択基準を満たしたに過ぎず、再調査された研究がいずれも3カ月以下という短期間であり、試験された用量がわずか25〜50mgであったことから、これらの研究結果はそれほど重要なものとはいえません。別の系統的レビューとメタ解析では、アルツハイマー病患者は一貫して血清DHEA-S濃度が低い反面、DHEA濃度は正常であることがわかりました。研究著者らが主張する点は、この結果がDHEA-S合成の基質としてのDHEAの役割と一致するものであり、スルファターゼ他、DHEA-Sの生物変換の分子機構の活性がアルツハイマー病患者においては損なわれる可能性があることです。血清DHEA-S濃度が低下すると、さまざまな進行段階や重症度の アルツハイマー病との関連が考えられ、DHEA-S濃度が低いと、重度の認知障害になりやすくなります。DHEA-S濃度によるアルツハイマー病リスクの診断が信頼できる手段であるかどうかを判断するには、さらなる研究が必要です。 

6カ月にわたるランダム化プラセボ対照試験では、服薬していないアルツハイマー病の男性患者を、DHEA単独群(50mgを1日2回投与)とプラセボ群にランダム化しました。 3カ月後、DHEA 群は、研究終了まで持続したプラセボ群と比較して優れた認知能力の傾向を示しました。小規模な4週間の一般研究では、1日200mgのDHEA-Sの静脈内投与を受けた多発梗塞性認知症患者7人のDHEA-Sの血清濃度およびCSF濃度に有意な増加が見られた他、日常生活の活動が改善し、情緒障害の頻度が低下したことが示されました。 両研究の結果は、小規模であるため、それほど重要とはいえません。 

高齢男性の循環テストステロン濃度が低いと、アルツハイマー病を発症するリスクが高くなると考えられます。 6カ月間の二重盲検プラセボ対照試験では、アルツハイマー病の男性患者16人と健康な成人男性22人が、通常の投薬を続けた状態で、テストステロン75mg(皮膚用ジェル剤で)投与群とプラセボ群にランダム化されました。認知症群と健常対照群の両方で、全体的なQOLの改善が見られました。 研究終了時、両群に有意差は見られなかったものの、テストステロンを投与された軽度認知症患者は、視空間能力低下が減少しました。

DHEAとテストステロンの副作用および安全性への懸念

外因性DHEAとテストステロンは、安全性への懸念を伴います。軽度の 不眠症 は、まれに生じるDHEAの副作用で、朝服用する必要があります。前立腺肥大症や前立腺ガンの既往歴がある方には、DHEAの服用をお勧めできません。テストステロン補給により、心血管疾患、脳卒中、前立腺ガンのリスクが高まる可能性があります。DHEAまたはテストステロンを服用する前に、医師に相談することをお勧めします

有望なスタートながらも、さらなる研究が必要

今後、大規模な前向きプラセボ対照研究が実施され、健常者にもアルツハイマー病または多発梗塞性認知症患者においても、潜在的なDHEA の認知機能強化作用の特性がさらに明らかになり、安全かつ最適な投与計画が決定される必要があります。

参考文献 :

  1. Martínez-Mota, L., Relationship between androgen deficiency and memory impairment in aging and Alzheimer’s disease.Actas Esp Psiquiatr, 2017. 45(5): p. 227-47.
  2. Friess, E., et al., DHEA administration increases rapid eye movement sleep and EEG power in the sigma frequency range.American Journal of Physiology-Endocrinology And Metabolism, 1995. 268(1): p.E107-E113.
  3. Nguyen, T.-V., et al., Dehydroepiandrosterone impacts working memory by shaping cortico-hippocampal structural covariance during development.Psychoneuroendocrinology, 2017. 86: p. 110-121.
  4. Evans, J.G., et al., Dehydroepiandrosterone (DHEA) supplementation for cognitive function in healthy elderly people.Cochrane Database of Systematic Reviews, 2006(4).
  5. Pan, X., et al., Dehydroepiandrosterone and dehydroepiandrosterone sulfate in Alzheimer’s disease: a systematic review and meta-analysis.Frontiers in aging neuroscience, 2019. 11: p. 61.
  6. Wolkowitz, O.M., et al., DHEA treatment of Alzheimer’s disease: a randomized, double-blind, placebo-controlled study.Neurology, 2003. 60(7): p. 1071-1076.
  7. Azuma, T., et al., The effect of dehydroepiandrosterone sulfate administration to patients with multi-infarct dementia.Journal of the neurological sciences, 1999. 162(1): p. 69-73.
  8. Lv, W., et al., Low testosterone level and risk of Alzheimer’s disease in the elderly men: a systematic review and meta-analysis.Molecular neurobiology, 2016. 53(4): p. 2679-2684.
  9. Ford, A.H., et al., Sex hormones and incident dementia in older men:The health in men study.Psychoneuroendocrinology, 2018. 98: p. 139-147.
  10. Lu, P.H., et al., Effects of testosterone on cognition and mood in male patients with mild Alzheimer disease and healthy elderly men.Archives of neurology, 2006. 63(2): p. 177-185.
  11. Sheridan, PJ.Androgen receptors in the brain: what are we measuring?Endocr Rev. 1983;4(2):171-8.
症状

9つの自然な不安軽減法

症状

抜け毛対策に自然なアプローチ

症状

天然ハーブと血管性認知症