header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

お肌に現れる兆候を解読する

2月 22 2019

この記事内:

肌質は複雑で分かりにくいように思えるかもしれませんが、実際は簡単に理解できます。

皮膚(表皮)は体で最も大きい臓器で、さまざまな層で構成されています。表皮にはさまざまな種類の細胞、油胞、毛包があり、これらがすべて連携して人の肌色を作り出します。適切なスキンケア製品を使用すると、お肌の外観を改善するのに役立ちます。その一方で、不適切なパーソナルケア製品はお肌を刺激したり、外観が悪く見えたり、発疹が生じる原因となることがあります。

肌質には5つの主なタイプ普通脂性乾燥混合敏感があります。すべての肌質には共通点もいくつかありますが、それぞれの肌質は特別な注意が必要となる特性をもちます。

普通肌

普通肌で健康的な肌色には、油っぽくてベトついた感触やテカリがありません。このような肌の毛穴は普通の大きさで目立たず、乾燥やひび割れなどの問題はほとんどありません。シミや荒れはほぼなく、体の表面は全体的に均一な色調に見えます。

しかし、普通肌にも若々しくて健康的な外観を維持するために適切なメンテナンスが必要です。ホルモンの変化により、人の肌は1ヶ月の間に変化することを必ず覚えておきましょう。また、お肌が日光に当たる日が増える夏の間も変化し続け、妊娠や更年期などの時期には健康的な肌色が劇的に変わることがあります。

普通肌のお手入れ

健康的な肌を保つために最も優れた方法の一つは、適切な栄養素とサプリメントの摂取です。髪・肌・爪用の製品を試して、全体的に向上させましょう。健康的な細胞を成長させるための重要な要素であるコラーゲンの産生をサポートする栄養素が入った製品を見つけましょう。食事からもビタミンCを必ず摂取してください。これはお肌の健康と外観にとって重要な栄養素です。

脂性肌

脂性肌はベタつき感とテカリの原因となり、10代の若者と大人の多くに共通する問題です。脂性肌を示すもう一つの特徴は、にきびのような発疹がよく生じることです。脂性肌は遺伝的素因によって生じることが多いのですが、その他の原因としては、ホルモンまたは不適切な食事(糖分と単純糖質が豊富)だと考えられています。

脂性肌では、腺が過剰な量の皮脂(表皮の内側から外側に徐々に流れる油のような液体)を生成し、その部分を保湿してやわらかさと水分が保持されます。

アンドロゲンなどのホルモンは、生成される皮脂の量を増やすことがあります。過剰に生成されている間、毛穴は余分な皮脂で詰まりやすくなり、毛穴の黒ずみ、にきび、膿疱が形成されることがあります。これにより、皮脂を上に押し上げるために毛穴が拡大するので、通常よりも大きく見えたりすることがあるのです。

脂性肌のお手入れ

過酸化ベンゾイルを含むお肌を乾燥させる製品で皮脂を取り除くのが脂性肌のケアには最適な感じがしますが、実はそうではありません。このような状況では、体は肌を乾燥させる製品に対処するためにより多くの皮脂を産生する場合があるのです。

脂性肌のケアに適切な方法は、お肌の多くの層を皮脂がスムーズに通過できるようにすることです。お肌に閉じ込められた古い皮膚細胞を削除するには、お肌を穏やかに剥離することが不可欠です。浄化のプロセスは、お肌に負担をかけない穏やかな手段を使ってください。荒めのヘチマやスクラブを使っても、顔が赤くなって痛みが生じるだけです。

重度の肌荒れでお困りの方は、顔のクレンジング方法だけでなく普段の食生活も見直す必要があります。ピザ、ハンバーガー、ポテトフライ、アイスクリーム、スイーツ、揚げ物など、脂肪や澱粉、糖分の多い食べ物は避けましょう。毎日8〜10杯の水を飲んで顔にも水分を補給すると、体内の不純物を洗い流す役にも立つのです。

脂性肌におすすめの製品

穏やかなクレンザーは、脂性肌で毛穴が詰まっているお肌におすすめです。お肌に悪い添加物を避けるには、パラベンフリーで無香料の製品を見つけましょう。

乾燥肌

乾燥肌のよくある特徴は、粉を吹いたようなカサカサした肌や赤みです。かなり突っ張っている感じで、シワが目立ちやすいことがあります。この肌質は他の肌質よりも早く老化します。

乾燥肌は脂性肌の逆です。下の表皮層の皮脂が適切な量で産生されていないのです。水分不足のように感じるかもしれませんが、お肌に水分を塗るとさらに乾燥させてしまいます。このタイプの真皮には、乾燥細胞に水分補給するために適切な保湿が必要です。

乾燥肌にとってクレンジングはとても大事です。死んだ薄片状の細胞をやさしく剥離すると、生きている皮膚細胞に必要な潤いが届きます。 普通肌から乾燥肌向けの高品質で穏やかなクレンザーは、お肌の水分バランスを取ることができるので役に立つでしょう。

混合肌

脂性肌と乾燥肌、普通肌と敏感肌、脂性肌と普通肌:人によって肌質は部分的にも異なるので、これらすべての組み合わせ(またはその他)も可能です。ほとんどの人は混合肌を持ち、体の部位によって問題も違います。あご、鼻、おでこの油胞はより活発なので脂性になりがちですが、頬は乾燥してカサカサになることがあります。

天然栄養素が大事

混合肌の人は肌に強い化学物質を使用できず、過酸化ベンゾイルを多く入った製品も避けましょう。ビタミンや果物などの天然成分は簡単に認識でき、持続可能な方法で調達されています。

2種類のモイスチャライザーを使う

顔を完全にクレンジングしたら、問題のある部分に2種類のモイスチャライザーをぬります。敏感な部分には軽めのアーモンドオイルを使って顔色を整え、水分レベルをバランスさせてください。毛穴を詰まらせることがあるパラベンやフタル酸エステルを含まない製品を探すようにしましょう。

皮脂が過剰な部分にはそこだけをケアする製品が必要です。この目的に最適なのはティーツリー入りのローションかモイスチャライザーです。このタイプの穏やかなモイスチャライザーはお肌をべとつかせずに水分を補給するので、お肌に透明感が出てきます。

敏感肌

敏感肌には、乾燥肌、混合肌、または脂性肌がありますが、お肌が赤くなったり荒れたりすることが多いです。使用する美容製品に含まれる複数の成分に対してアレルギー反応が出る場合や、湿疹や酒さのような状態がある場合もあります。このような場合は、染料、香料、添加物や苛酷な化学物質を含まない製品のみを選ぶことが重要です。

皮膚科医は、敏感肌の問題に対処できる治療法を判断するための分類スケールを使用します。科学的研究によると、この肌質は日焼けしやすい傾向にあり、色素沈着の程度によって発疹の頻度が増えることが示されています。

赤み、かぶれ、発疹の兆候:

敏感な部分の発赤や肌荒れに対処するときは、敏感肌向けのフェイシャルスポンジを使用すると役立つ場合があります。

敏感肌の保湿は脂性肌や乾燥肌に水分補給することと同じく重要です。顔や首に使用できるほど穏やかで、1日に何度でも使える無香料の製品を探しましょう。

すべての肌質へのアドバイス

使用するスキンケア製品を選ぶ際には、肌質を必ず把握する必要があります。適切な製品を使用して強い化学物質を避けると、健康で美しいお肌にするのに役立つかもしれません。

美容

ヘアケアなどに不可欠なビオチン

美容

レチノールセラムでお肌を喜ばせる

美容

石けんとボディソープ:石けんの方がベターとされる理由