header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
栄養

ダークチョコレート&体重減少

4月 26 2017

International Archives of Medicineでは、ダークチョコレートが体重減少を促進する新しい研究データが発表されました。地球上の全ての食べ物において最も不思議な力を持ち、注目度の高い食べ物はおそらくチョコレートでしょう。この美味しくて癖になってもおかしくない食べ物はカカオ豆から作られます。カカオ豆の正式な学名はテオブロマカカオ(テオブロはギリシャ語で「神の食べ物」)で、昔から愛されてきたチョコレートを表します。

バックグラウンドデータ

2012年にArchives of Internal Medicineが発表した研究によりますと、チョコレートを頻繁に摂ることで、身長と体重の割合から肥満度を計算するボディマス指数(BMI)が低下すると示されています。ただし、チョコレートがもたらすメリットは適度に摂取した場合であり、過剰摂取は間違いなく体重減少とは逆効果となる点に留意する必要があります。1日に推奨されるダークチョコレートの「摂取量」はおよそ30g~60g(70%以上のココアを含むおよそ1~2オンスのチョコレートバー)です。

研究のその他のポイントとして、チョコレートの摂取は心血管疾患脳の健康に良いことが示されています。最近の多くの研究では、以下の点が判明しています。

  • チョコレートには、コレステロールによるダメージや動脈の内膜へのダメージを予防する、抗酸化作用のフラボノイドが豊富に含まれている場合があります。
  • チョコレートに含まれるフラボノイドは、血栓の原因となる血小板の過剰形成を防ぎます。
  • チョコレートに含まれる飽和脂肪は、肉類や乳製品に見つかるものとは異なりコレステロール値を上昇させません。
  • チョコレートの適度な摂取は心臓病のリスクをおよそ40%、脳卒中のリスクをおよそ30%低下させます。
  • チョコレートにはアルギニンが豊富に含まれています。これは一酸化窒素の生成に必要なアミノ酸の一種で、一酸化窒素は血流、炎症、血圧を調節します。
  • チョコレートは、年齢を重ねると共に低下する認知機能や記憶力を改善する場合があります。

新しいデータ

ドイツの食と健康研究所では、19歳~67歳までの男女を3つのグループに分けた新しい研究が行われました。1つ目のグループ(チョコレートグループ)は、低炭水化物ダイエットを行いつつ81%のココアが含まれる1.5オンスのチョコレートを毎日摂取し、2つ目のグループ(低炭水化物グループ)は、チョコレートグループ同様に低炭水化物ダイエットを行ったもののチョコレートを摂取せず、3つ目のグループは制限のないまま自由に食事を取りました。

この研究の開始時と1ヵ月が経過した時点で全ての参加者の血液サンプルを採取し、体重、ボディマス指数、ウエスト対ヒップ率が記録されました。参加者は、研究の期間中でも毎日体重を測定し、快眠度や精神状態を査定するようにすすめられました。

その結果、チョコレートグループが最も簡単かつ多くの体重を落とすことができました。この効果は、3週間目に入ってから統計上の数字で表れ始め、チョコレートグループでは10%以上もの体重減少が示されています。さらに研究の最終週では、低炭水化物グループで体重が増加するリバウンド効果が見られるようになった一方で、チョコレートグループは徐々に体重が減りました。これはケトンの還元によって確認されています。初期段階では、低炭水化物グループよりもチョコレートグループの方がケトンの還元がより低く測定されましたが、数週間後には変化が見られたのです。

コレステロール値、トリグリセリド値、LDL(低比重リポたんぱく)コレステロール値では、チョコレートグループおよび低炭水化物グループ共に同じような数字が計測されています。

身体・精神症状を査定するため詳細的な質問をしたところ、低炭水化物グループに比べてチョコレートグループの方が健康面ではるかに良い結果が得られました。チョコレートグループでは疲労や足がだるいといった点において、はるかに軽い症状が見られています。

この結果に基づき研究者は、ココア量が多いチョコレートの摂取は体重減少を促進し、体重減少ダイエットの成功度を高めると結論付けています。

コメント

この研究で得られた最も重要な成果は、体重が再び増加するリバウンド効果の予防になった点です。ほとんどの人が低炭水化物ダイエットの持続、言い換えれば体重減少の難しさが多数の証拠によって示されています。適度のチョコレートの摂取(本研究では81%のココアを含む1.5オンスのチョコレートバー)は、減量を行う人が道を踏み外さないためのメリットとなるかもしれません。

参考文献

  1. Bohannon J, Koch D, Homm P, Driehaus A. Chocolate with high cocoa content as a weight-loss accelerator. International Archives of Medicine 2015;8(55). doi: 10.3823/1654
栄養

ニュートリショナルイースト:ビーガン代替品はそんなにいいものですか?

栄養

風味豊かなスパイスブレンドで冬を暖かく

栄養

辛い食べ物に含まれるカプサイシンが健康にもたらすメリット