beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

結腸の健康とベルベリン :研究でわかった有望な抗酸化作用

著者:エリック・マドリッド医学博士

ベルベリンとは?

ベルベリン は、常緑植物・落葉植物いずれも含むセイヨウメギ(学名 berberis vulgaris)の低木から抽出されます。セイヨウメギ(バーベリー)は、ヨーロッパ、北アフリカ、中東の他、アジア全域に生息します。セイヨウメギの実は ビタミンCの宝庫で、 免疫、心血管、脳、皮膚の健康増進に役立ちます。 

有効成分であるベルベリンは、ハーブ食品やサプリメントとして摂取できます。ベルベリンのさまざまな健康効果が科学研究で示されています。ベルベリンは、伝統中国医学をはじめ、インドを発祥とするアーユルヴェーダ療法で広く使用されています。 

ベルベリンは何に効果的?

感染性下痢症の治療に効果があることから、ベルベリンの使用は古代の治療師らから連綿と受け継がれてきました。ベルベリンには 抗酸化 作用もあるため、炎症の軽減に役立ち、心疾患の予防および治療に有効であると考えられます。

さらに、 ベルベリン は血糖値の降下や細菌・ウイルス対策に役立つ可能性があるだけでなく、結腸ポリープの発生予防も期待できます。 

ベルベリンと結腸の健康

一部の結腸ポリープは前がん性と考えられ、切除しないと結腸がんのリスクを高めるおそれがあります。がんに発展する可能性のある前がん性ポリープは腺腫と呼ばれます。腺腫の増大や再発を防ぐことは有益であると考えられます。

結腸がんは、全世界で最大20人に1人が発症し、男性で第3位、女性で第2位という高い罹患率のがんです。2018年には、世界中でほぼ200万人が結腸がんと診断されました。 

結腸がんのリスク因子として、高齢、家族歴、食物繊維の少ない食事、座りがちな生活習慣の他、特定の種類の結腸ポリープなどが挙げられます。結腸がんの予防には、健康的な食事、運動習慣、結腸がん検査が重要です。2020年1月の研究で、ベルベリンが結腸ポリープ発症の予防に役立つ可能性が示されました。 

同研究では、800人超の被験者を対象に、プラセボ錠剤と比較した ベルベリン の効果が評価されました。中国全土の7カ所の病院で二重盲検プラセボ対照試験が実施されました。被験者の年齢は18〜75歳です。同被験者らは、前がん性結腸ポリープ(特に管状腺腫)の既往歴があることがわかっていました。 

患者のうち429人にベルベリン300mgを1日2回、462人にプラセボ錠剤を投与しました。研究開始から1〜2年後に結腸内視鏡検査が行われました。研究終了時、ベルベリン摂取群の36%である155人に再発性結腸ポリープが見られました。プラセボ群は、216人(47%)に再発性結腸ポリープが見られました。

この研究では、ベルベリンを摂取した被験者の結腸ポリープ再発率が23%低いという結論に至りました。ベルベリン摂取群の1%が便秘を報告したものの、深刻な副作用は認められませんでした。 

この研究は、 ベルベリン が結腸ポリープの発生リスクを下げるのに役立つ効果的な手段であることを示しています。50歳以上の方は、結腸がん検査についてかかりつけ医に相談することが重要です。なお、家族歴のある方は、50歳以前に検査を受ける必要があるかもしれません。 

参考文献 : 

  1. Berberine and its derivatives: a patent review (2009 - 2012).Singh IP, Mahajan S Expert Opin Ther Pat. 2013 Feb; 23(2):215-31
  2. Drug Metab Rev. 2017 May;49(2):139-157. doi:10.1080/03602532.2017.1306544.Epub 2017 Apr 3.
  3. Lancet Gastroenterol Hepatol. 2020 Jan 8. pii:S2468-1253(19)30409-1. doi:10.1016/S2468-1253(19)30409-1. 
症状

肺の健康をサポートする3種類のサプリメント

症状

自然な白内障予防策10種

症状

甲状腺疾患を引き起こす10種類の根本的な原因