多種多様なコラーゲン製品が出回る中、サプリメント選びに迷う方が多いのも無理はないでしょう。

そんな中お勧めしたいコラーゲンペプチドは、加水分解コラーゲンまたはコラーゲン加水分解物とも呼ばれ、粉末状のものが一般的です。このタイプのコラーゲンは、鶏、牛皮、魚(海洋コラーゲン)、卵殻膜コラーゲンといった小単位の動物性タンパク質で構成されています。

人体に最も多く存在するタンパク質であるコラーゲンは、皮膚、筋肉、腱、関節、靭帯、血管などの結合組織の他、腸など一部の器官の内膜を形成するのに役立っています。

コラーゲンは体内で作られていますが、サプリメントで補うことでさまざまな効果が期待できます。その中でも、コラーゲンペプチドのサプリメントは、健康なコラーゲンの生成と維持に必要なアミノ酸を補充しやすくすることで、腸、皮膚、関節の健康に効果を発揮します。

‌‌‌‌コラーゲンペプチドの効能

主なコラーゲンペプチド製品の特長は、タンパク質の構成要素と呼ばれるアミノ酸を供給することです。アミノ酸は結合組織を形成・修復する他、多数の効果があります。

コラーゲンに含まれるアミノ酸は、必須アミノ酸と非必須アミノ酸(条件付き必須アミノ酸とも呼ばれる)が混在しており、いずれも筋肉を増やしたい方の他にも、心臓の健康、認知機能など、多岐にわたる用途および効果があることで知られています。

コラーゲンペプチドには以下のような効果があるとされています。

1. 健康な関節と関節の快適性・可動性をサポート

コラーゲンに含まれるアミノ酸は、軟骨、靭帯、腱などの結合組織の健康維持に不可欠です。

良質なコラーゲンプロテインのサプリメントを日常的に摂取することで、以下のような効果が期待できます。

  • わずか1週間の使用で膝のこわばりを軽減
  • 運動を原因とするこわばりや違和感の軽減
  • 運動後の回復力を最大53%改善
  • わずか1週間で関節の違和感を軽減
  • 30日間の使用後、全体的な膝の機能を改善
  • 健康的な軟骨の代謝をサポート
  • 日常的な摩耗による関節軟骨の損傷を軽減するのに役立つ可能性
  • 運動による関節軟骨の損傷からの保護を促進

2. 健康な皮膚、髪、爪をサポート

コラーゲンは、髪、皮膚、爪の主成分であり、健康な髪、皮膚、爪の成長や維持にはタンパク質が欠かせません。

コラーゲンペプチドパウダーを使い始める人が増えている理由は、肌の弾力性と潤いをサポートすることで、健康な素肌作りの他、爪や髪の成長も促進するという美容効果にあります。

3. 腸の健康をサポート

栄養を吸収する場所であり、免疫系の多くが集中する腸の内壁を形成し、維持するのに役立つのもコラーゲンの役割です。

腸内膜の完全性をサポートすることで、コラーゲンタンパクは正常な排泄機能の他にも、消化器系と免疫機能の健康全般に役立ちます。また、プロバイオティクスと併用すると、たまに起こる下痢や便秘の改善も図れます。

4. 睡眠とエネルギーに有効

コラーゲン製品に含まれるグリシンプロリンアルギニンといったアミノ酸は、安眠をはじめ、健康なエネルギーレベル、精神的な明晰さと集中力、冷静なものの見方と落ち着いた気分、疲労に対するサポートなどを促進します。

‌‌‌‌コラーゲンの種類

コラーゲンペプチドは、加水分解コラーゲン・プロテインパウダーやコラーゲンカプセルなどのサプリメントに含まれています。加水分解プロセスはアミノ酸の吸収を助ける働きがあるため、最も価値ある製品を選ぶなら、純粋な加水分解コラーゲンペプチド使用のものをお勧めします。

特に手軽で多目的に使えるタイプのコラーゲンペプチドは、飲み物などに混ぜたり料理にも使用できるコラーゲンパウダーのサプリメントです。

‌‌‌‌コラーゲンの使用方法

コラーゲンペプチドパウダーなら、食事の有無にかかわらず毎日摂取できます。コラーゲンパウダーには、味付けされていない無香料タイプとチョコレート味やバニラ味などの味付きタイプがあり、用途に合わせて選べます。コーヒー、オートミール、シェイクに混ぜたり、エナジーボール、パンケーキ、マフィンといったお菓子作りなどさまざまなレシピに加えてみてはいかがでしょう。

一般に推奨されているコラーゲンペプチドの摂取量は成人で1日約10g以上です。この用量は2回に分けて摂取しても、コーヒーやスムージーなどに入れて一度に摂取しても良いでしょう。なお、筋肉増強、関節の健康、消化器系のサポートなどの目標がある方は、推奨用量の2~3回分(計20~30g)など、多めに摂取することもできます。

このように高用量のコラーゲンを摂取することで効果が見られる場合もありますが、肌の健康サポートには1日3〜5g程度で十分です。最近の美容液には、肌に塗ることを目的とした局所コラーゲンペプチドが含まれているものもありますが、お肌のケアに必要な構成要素を体に届けるには、やはり経口コラーゲンを摂取するのが最適と考えられています。というのも、コラーゲンペプチドは分子が大きすぎて皮膚の表面から適切に吸収されにくいからです。

コラーゲンパウダーよりもカプセルで摂取したい場合は、特に効力の高い発酵コラーゲンを1日1.5g摂取するだけで効果が期待できるかもしれません。カプセルは、食事の有無にかかわらず1日中いつでも摂取することができます。

最後に、コラーゲンペプチドを補給する際は、コラーゲンを増やすビタミンCマンガン抗酸化物質などを豊富に含む食物を多く取り入れた栄養価の高い食事を摂ることも、最大限の効果を引き出す上で有効です。