header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
運動

コラーゲンと関節強化、運動について

1月 10 2018

著 ジェイク・ボリー

様々な理由から、サプリメントとしてのコラーゲン の人気が高まっており、いろいろな健康食品が出回っています。コラーゲンは、腱、そして体中の 繊維組織にポジティブな効果をもたらすとされています。私たちの体で、コラーゲンは関節の繊維組織の主な構造タンパク質として機能しています。

コラーゲンは実は体内で一番豊富に存在するタンパク質で、その量は体内全てのタンパク質の25-35%を占めます。さらにコラーゲンは骨や軟骨、腱、歯、目、髪、体のその他の部分にも存在しています。体に補給できるコラーゲンにはいくつかの種類がありますが、最も一般的なのがⅠ型Ⅱ型です。体内で一番よく見られるタイプのコラーゲンはⅠ型で、主に肌、腱、骨などに存在しています。Ⅱ型は軟骨にみられ、よく関節の健康のためのサプリメントに含まれています。

体内にこれだけのコラーゲン があるので、それを補給することで健康の様々な面でポジティブな効果をもたらしてくれるのではないかと言われています。決定的な結論を出すためにはさらなる研究の必要がありますが、いくつかの研究ではその可能性が認められています。

コラーゲンが関節にもたらす効果

コラーゲンがエクササイズ時のサプリメントとして使われる主な理由の一つは関節の健康です。歳を重ね、運動し、習慣的に体をストレスにさらす内に、関節にもストレスがかかり、さらに加齢による摩耗や断裂も起こります。この摩耗や断裂は消耗の結果で、避けられない場合もありますが、それでもその進行を抑える対処法も存在しており、コラーゲンの摂取もその内の一つとして有効かもしれません。

2009年の研究ではII型コラーゲン とグルコサミンとコンドロイチン(こちらも関節用サプリメントとして人気)の摂取による違いに焦点が当てられました。研究者はこの二つが膝の変形性膝関節症にどのような作用をもたらすか、どちらかの効果がより大きいのかどうかということに興味を置いていました。彼らは52人のボランティアを集め、2つのサプリメントグループに分けました。

ボランティアには90日間それぞれのサプリメントを摂取してもらい、最初の検査の後、30日ごとに研究所で評価を行いました。研究者はウェスタンオンタリオとマクマスター大学変形性関節症指数 (WOMAC)を用いて評価を行いました。これは痛みやいくつかの体の動き方を計測ために使われる評価方法です。さらに、彼らはルケーン指数テスト(腰の変形性膝関節症の検査)と痛みの程度を図る指標である視覚アナログスケール(VAS)を使った評価も行いました。

90日が経過した後、どちらのサプリメントグループでも全ての評価方法において改善が見られましたが、未変性II型コラーゲンのグループでは他のグループより全体的に良い結果が出ました。以下は90日後に全ての評価値がどれだけ改善されたかを示す者です。

研究の課題に対し、両サプリメントは共に有効であることが証明されましたが、関節の健康のサポートと変形性膝関節に付随する痛みの抑制に関してはII型コラーゲンの効き目がわずかに勝ったという結果になりました。

歳を重ね、体に負担をかけていくにつれ、関節を補助し、保護することがますます大切になってきます。関節の劣化を防ぎたいという方にはコラーゲンの補給がいい予防手段となるかもしれません。

参考:

  1. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2764342/
運動

California Gold Nutritionのスーパーフードが入った運動後のスムージー

運動

減量に役立つ10のヒント

運動

ワークアウト後の回復時間を縮める方法