beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

ココナッツアミノ vs. 醤油

醤油は、世界で最も古い調味料の一つですが、最も健康的な調味料なのでしょうか?健康のことを考えれば、特にソイフリーダイエットを実践中の方にとっては、ココナッツアミノが醤油の代用品になるかもしれません。

醤油は水、発酵させた大豆、焙煎した穀物からできています。発酵の過程では、細菌・かび・酵母が加えられます。また、醤油にはいくつかの種類があり、日本醤油、中国醤油、減塩醤油などに分けられます。

醤油の代用品としてのココナッツアミノ

醤油と同じように、ココナッツアミノも発酵の過程を経ています。違いは、ココナッツアミノはグルテンフリーで、大豆、動物性食品が一切使用されていないことです。ココナッツの花から採れた蜜を材料にして作られています。その他の材料として、17種のアミノ酸や海塩も含まれます。色と粘度は醤油と同じです。

醤油とココナッツアミノの違い

ココナッツアミノは、味が醤油よりも甘くなっているため、マリネやドレッシング、炒め物などに使えます。ココナッツアミノを数滴加えれば、ポップコーンを甘めに仕上げることもできます。

醤油には、ナトリウムが非常に多く含まれます。そのため、ナトリウム関連の感受性が高い方は、醤油は避けた方が良いかもしれません。日本の醤油は、つけダレやマリネを作るのに最適です。中国の醤油は、ソース作りや薄味に仕上げたい時におすすめです。

醤油とココナッツアミノの使い分けはお好みで

健康上のメリットを考えれば、グルテンやナトリウムを含まないココナッツアミノの方が醤油よりも優れています。ココナッツアミノは万能調味料として、さまざまなレシピで使えます。

ただし、醤油の風味の方が好きだという方は、オーガニックでグルテンフリーの醤油もあるので、そちらを検討してみてください。

栄養

キッチンパントリー(食品庫)にお酢を常備しておく8つの理由

栄養

ボーンブロスの6つの効能と使い方

栄養

植物ベースの食事に移行する方法