header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

血栓一掃法

4月 26 2017

血管をきれいに保つ自然な方法

心臓発作や脳卒中の主因の一つであるアテローム性動脈硬化症(atherosclerosis)は、プラークの蓄積を原因とする動脈壁の硬化です。通常、動脈はゴム管のように非常に柔軟なものですが、プラークによって血流が詰まるほど固くなります。さらにプラークは血栓の形成を引き起こします。血栓とは、損傷を受けた血管部位に血小板が集まると生じる肥厚した血液の凝集です。

血栓の一部がはがれると、それがやがて血管に流れるものの、血管が細すぎて通過できません。その結果、血流がその部位で止まり、隣接器官や組織が機能を停止することがあります。血栓が大きいほど、血管が大きく重要なほど詰まってしまいます。心臓の血管が詰まると心臓発作(または心筋梗塞)を引き起こします。また、脳で血栓が生じると脳卒中の原因となります。肺の場合は肺塞栓を引き起こします。さらに、このような症状で死に至ることもあります。

善玉脂肪の重要性

過度の血小板凝集はアテローム性動脈硬化のプロセスの一部であり、心臓疾患や脳卒中の独立危険因子です。血小板が凝集すると、プラークまたは血栓の形成を促す強力な化合物を放出します。

血小板の粘性は、主に食事の脂肪タイプや抗酸化物質の摂取量によって左右されます。飽和脂肪とコレステロールが血小板凝集を高める一方で、オメガ3脂肪酸および一価不飽和脂肪には逆の効果があります。血小板凝集の減少にとりわけ有効なのが、フィッシュオイルに含まれる長鎖オメガ3脂肪酸EPA (エイコサペンタエン酸)およびDHA (ドコサヘキサエン酸)です。実際に、高レベルのEPAとDHAを食事に取り入れることで、脳卒中や心臓発作のリスクを50%低下させるという、血小板凝集に対するフィッシュオイルの有益な効果が、主な理由の一つです。

健康維持に、EPAとDHA複合で1日用量の1000 mgを摂取できるフィッシュオイルのサプリメントをお試しください。既に心血管疾患がある方、または高いCRP(C反応性)や高トリグリセリド値の方への推奨用量は1日3000 mgです。

その他の有益なサプリメント

オメガ3脂肪酸以外にも、血小板凝集に作用する多数のサプリメントがあります。最も注目すべき成分は、抗酸化栄養素、フラボノイドやその他のポリフェノール、ナットウキナーゼなどの酵素、ニンニク、ビタミンB6です。

ビタミン B6  は特に重要といえます。ある研究では、24人の健康な男性を対象に、血小板凝集に対するビタミンB6サプリメントの効果およびコレステロール値を測定しました。被験者らは、体重1 kgにつき5 mgのビタミンB6またはプラセボを毎日4週間に渡って摂取しました。その結果、プラセボと比べてビタミンB6が血小板凝集を41〜48%抑制しました。また、ビタミンB6は4週間後に総コレステロール値を大幅に下げることが示されました。

アリイン含有用に標準化されたニンニク製剤も血小板凝集を抑制します。ある研究では、血小板凝集が増加した120人の患者が、1日900 mgの乾燥ニンニク製剤またはプラセボを摂取しました。ニンニク群では、自発的な血小板凝集が4週間後完全に消え、その他の測定でも改善が見られました。

フラボノイドが豊富なエキス: 赤ワインに含まれるフラボノイドは、フランス人の心臓疾患の発生率がアメリカ人と比べて低い一方で、アメリカ人よりも多く飽和脂肪を摂取することができる理由のようです。同様の因果関係が、チョコレート、緑茶などの食物のフラボノイドに見られます。

これらのフラボノイドは、過剰な血小板凝集の予防能力を含む様々な方法で心臓や血管に利益をもたらしています。こういったフラボノイド化合物を十分摂取するため、少なくとも以下のサプリメントのいずれかをお試しください:

  • ブドウ種子エキス(プロシアニジンオリゴマー / procyanidolic oligomers 95%以上): 1日100–150 mg。
  • ピクノジェノール(Pycnogenol)のような松樹皮エキス(プロシアニジンオリゴマー 90%以上): 1日100〜150 mg。
  • 同様のフラボノイドを含有するフラボノイド豊富なエキス、「スーパーグリーン」フォーミュラ、またはORAC(酸素ラジカル吸収能)値表示の植物ベースの抗酸化物質を1日最低3000。

食事の重要性

過剰な血小板凝集予防に最も一般的な方法は、低用量のアスピリン(1日80〜325 mg)服用です。この治療法による初回心臓発作の予防効果は実証済みとはいえ、食生活の変化ほど効果的ではありません。食習慣の改善が、アスピリンよりも心臓発作の再発予防に効果があるだけでなく、動脈血栓の進行を食い止めることもできることが複数の研究でわかっています。

心臓疾患予防のための食事に関する研究では、オメガ3脂肪酸の植物源や魚介類が共に豊富な地中海式ダイエットが最も優秀だという結果が出ています。

フィブリン(線維素/Fibrin)およびナットウキナーゼ(Nattokinase)

血小板は、フィブリノゲン(fibrinogen)と呼ばれる小粒子で構成される繊維状のタンパク質「フィブリン」によってプラークにとどまります。上昇したフィブリノゲンの血中濃度は、心血管系の重要な死因です。実際に、心血管系死亡とフィブリノゲン値には、コレステロール値より密接な関連性があります。フィブリン分解を助ける自然療法には、地中海式ダイエット、運動、オメガ3脂肪酸ナイアシンニンニクナットウキナーゼなどがあります。

ナットウキナーゼに馴染みがない方のためご説明しますと、これは納豆由来の血栓溶解酵素です。ナットウキナーゼの効果は次の通り:

  • 血管内の過剰なフィブリンを分解することで、血液循環を改善、血栓を溶解、重度の血栓形成リスクを低下。
  • LDL(悪玉)コレステロールを低下し、HDL(善玉)コレステロールを上昇。
  • 血液粘度を低下、血流を改善、血圧を低下。

臨床研究では、血液中のフィブリノゲン値を下げるナットウキナーゼの機能が認められました。上昇したフィブリノゲンが心臓発作や脳卒中の明らかな危険因子であることから、これらの結果は極めて有意義なものといえます。ナットウキナーゼ2カプセル(100 mgまたは1カプセルあたり2000線維素溶解単位)を2カ月間毎日飲むことで、フィブリノゲン値を7〜10%下げることができます。

クマジンや(アスピリンの他、特にプラビックス[Plavix ]やチクリッド[Ticlid]といった処方薬を含む)抗血小板薬を服用中は、出血の傾向が高くなるため、ナットウキナーゼの摂取に注意が必要です。

症状

糖尿病の管理に役立つハーブ、スパイス、ナッツ

症状

糖尿病で旅行する際に健康を維持する15の方法

症状

高血圧でも旅行する方法