header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

甲状腺の健康への自然なアプローチ

9月 28 2018

エリック・マドリード医学博士

この記事の内容:

甲状腺は人体の中で最も誤解されやすい腺の一つです。首の前方下部に位置する小さな蝶形の腺は、人体のあらゆる細胞と通信するホルモンを産生します。また、甲状腺ホルモンは代謝速度に影響を与えるので、体重にも大きな影響を与える場合があります。異常な甲状腺の結果として起こり得る健康状態は色々ありますが、運動を定期的にしてビタミンA亜鉛を適切に摂取すると、体の細胞がこれらのホルモンに反応する役に立ちます。

甲状腺に起こり得る問題とは?

一部の推定によると、甲状腺の異常はアメリカで何百万人もの人々、そして世界中で何億人もの人々に影響を与えていると言われています。一般的なホルモン関連の問題の2つは、甲状腺機能亢進症と甲状腺機能低下症です。甲状腺が過剰にホルモンを産生する人は、甲状腺機能亢進症または(甲状腺ホルモン異常の10%未満を占める)甲状腺ホルモンに異常があるといわれています。甲状腺が産生するホルモンが少なすぎる人は、甲状腺機能不全である甲状腺機能低下症と呼ばれる状態にあるといわれています。この記事では、世界の人口の最大10%の人々に影響を与えている甲状腺機能不全の治癒と治療について具体的に説明します。

参考の用語

TSH(甲状腺刺激ホルモン):脳に位置する下垂体で産生されます。このホルモンは甲状腺ホルモンを産生するために頚部の甲状腺を刺激します。

T4ホルモン:健康な甲状腺によって産生される主なホルモン。T4はレボチロキシンという医薬品としても製造されています。T4は活性T3ホルモンに変換されなければなりません。この変換は、甲状腺、肝臓、腸、脳、筋肉で起こります。

T3ホルモン:T4ホルモンから生成され、ミネラル、亜鉛セレンを必要とします。T3は細胞に信号を送り、体内の代謝を制御する活性型甲状腺ホルモンです。

リバースT3:T4ホルモンから生成されるリバースT3はT3ホルモンの”逆”ですが、全体的に”不活性”なものです。ストレス、外傷、腎臓病、感染が発生した際に、体は活性T3ホルモンの代わりにこの不活性型リバースT3ホルモンを多く産生します。

甲状腺機能不全の原因

世界的に、甲状腺機能不全(甲状腺機能低下症)の主な原因はヨウ素欠乏症です。世界中で3人に1人がヨウ素摂取量が不十分であると推定されています。多くの場合、甲状腺腫(甲状腺腫大)または甲状腺結節が発生します。『Endocrine Reviews』での研究によると、ヨウ素欠乏はアフリカと南アジアでよく見られる一方、ヨーロッパでは50%の人々も軽度に欠乏しているとことが示されています。

『Nutrients』によるノルウェーの妊婦に対する2018年の研究では、最大55%の女性が食事からのヨウ素摂取量が最適以下であることが示されました。オーストラリア甲状腺疾患財団によると、「オーストラリアに住む妊娠中または授乳中の女性の50%以上がヨウ素欠乏症である」ことが示されています。

さらに、『Thyroid 』での2011年の研究では、アメリカ人のほぼ10%が中度から重度のヨウ素欠乏症を呈していることが示されました。このデータに基づくと、さらに5〜10%の人々が軽度に欠乏していると考えられます。したがって、米国では5人に1人までが欠乏していることになるのです。

日本人はワカメ(ノルマリア)、ノリ(ポルフィラ)、コンブ(ラムマリア)などの海藻を日常的な摂取しているので、他のほとんどの国よりヨウ素摂取量が多い傾向にあります。これは保護的な役割をします。

甲状腺機能不全の第2の主要な原因は甲状腺に対する自己免疫の攻撃によるものです。この状況では(抗TPOおよび抗サイログロブリンと呼ばれる)特定の抗体が甲状腺を攻撃する結果、甲状腺が十分なT4甲状腺ホルモンを産生できなくなるのです。最も一般的な自己免疫性の状態は橋本甲状腺炎と呼ばれ、1912年に橋本博士の名にちなんで命名されました。

機能性医学研究所のダン・ルカッツァー博士によれば、甲状腺の適切な産生を妨げる他の要因にはストレス、外傷、感染症、農薬曝露、フッ化物、セリアック病などがあります。

ほとんどの甲状腺機能不全は、ラボテストでTSH(0.4〜4.0がmIU/L上がっている際に医師によって診断されます。これは、甲状腺を刺激してT4ホルモンが産生されるように脳が余分なTSHホルモンを産生していることを示しています。多くの統合医師は、血液中の最適なTSH範囲は0.4〜2.0mIU/Lであることを示唆しています。

甲状腺機能不全(甲状腺機能低下症)の状態の徴候と症状

  • 簡単にあざができる
  • 便秘
  • うつ病の症状
  • 乾燥肌
  • コレステロールの上昇
  • 眉毛の外側の1/3が薄くなる
  • 疲労
  • 以前より爪が脆くてすぐに折れてしまう
  • 甲状腺腫
  • 抜け毛と薄毛
  • 低い性欲
  • 記憶力の問題と認知機能障害
  • 月経不順
  • 目の周りの腫れ
  • 反射が遅い
  • 甲状腺結節
  • 体重増加

甲状腺機能不全の危険因子

  • 女性は男性よりも甲状腺機能障害を有する可能性が高い。
  • ヨウ素欠乏
  • 自己免疫の状態(橋本甲状腺炎)
  • 過敏性腸症候群
  • 非セリアック・グルテン過敏症
  • リーキーガット症候群

甲状腺機能障害を予防する方法

まず、食事から十分な量のヨウ素 を確保します。米国疾病対策センターによると、「米国における食物からのヨウ素の摂取量の中央値は、男性では1日あたり約240〜300マイクログラム(μg)、女性では190〜210μg」です。医学研究所は2001年に、「1日あたりのヨウ素摂取量は、妊娠していない成人は150μg、妊娠中の女性は220μg、授乳中の女性は290μg」と勧告しました。また、低ヨウ素レベルは小児の学習障害にも関連しています。

ヨウ素含有食品(1食あたり):

  • 豆、ネイビー(32 mcg)
  • タラ(魚の身3グラムあたりヨウ素99 mcg)
  • タマゴ(1個あたりヨウ素24 mcg)
  • ヨウ素添加塩 (71 mcg)
  • ロブスター(100 mcg)
  • 牛乳(56 mcg)
  • パイナップル (45 mcg)
  • ジャガイモ (60 mcg)
  • プルーン(5個あたりヨウ素13 mcg)
  • 海藻(16〜2900 mcg)
  • エビ(約85グラムあたりヨウ素35 mcg)
  • イチゴ (13 mcg)
  • 七面鳥の胸肉 (34 mcg)
  • ヨーグルト(ヨウ素75 mcg)

腸の健康を最適化することも甲状腺の健康に不可欠です。過敏性腸症候群の人々は、リーキーガットの治療に集中するべきです。これはビタミンとミネラルの十分な吸収を確保する役に立ちます。研究ではグルテンに敏感な甲状腺疾患のリスクが高いことが示されています。さらに、健康な消化器系とバランスの取れた微生物は、自己免疫によって引き起こされる甲状腺疾患の予防に役立つ適切な免疫系応答を確保するために重要です。免疫系の80%が腸内にあることを知っている人はほとんどいません。

従来療法

現代医学は前世紀から多くの進歩を遂げました。しかし、甲状腺の拡大を示す甲状腺腫という用語は、何千年も前から使用されてきました。

紀元前40年には、ローマで最高権威であったプライニー、ビトラビウス、ジュベナルは、大量のヨウ素が含まれることが今では知られている海藻を焼いて使用した甲状腺腫の治療法について説明していました。レオナルド・ダ・ヴィンチは、西暦1500年に人体を詳細に描くだけでなく、蝶形の甲状腺を描いた最初の人物となりました。

トーマス・ワートンは、1656年に甲状腺の名前を最初につけた人物です。この言葉はギリシャ語の「thureoeidēs(盾)」に由来します。それから約200年後の1820年に、フランスのジャン・フランソワ・コインデットは新しく発見されたヨウ素で甲状腺腫を治療しました。

1890年代後半には、T4ホルモンとT3ホルモンの両方を含む乾燥甲状腺製剤が初めて甲状腺機能不全や甲状腺機能低下症の治療に使用されました。研究によると、1960年代の甲状腺剤の処方薬の75%は自然薬の組み合わせ(T4/T3)の製品である一方、1988年の処方薬の25%が自然薬でした。その時以来、ほとんどの医師は合成レボチロキシン(T4のみの処方)を処方する傾向にありました。Synthroid(レボチロキシン)のブランドは1955年に市場に出ました。

現在、伝統医学で橋本甲状腺炎の人を治療することはほとんどありません。ほとんどの医師は、単に甲状腺をバーンアウトさせるように教えられています。これが起こると、ラボテストでTSH上昇の異常が示されたときに上記した甲状腺剤が処方されます。統合医師の多くは、橋本甲状腺炎を抑制するには根本的な原因である腸漏れを治療するようにアドバイスしています。

甲状腺薬

レボチロキシン(T4)ホルモン(synthroid) - 1日1回

リオチロニン(T3)ホルモン(Cytomel) - 1日1回

T4/T3混合ホルモン - 1日1回または2回

甲状腺の健康のための栄養素とサプリメント

2017年の研究 によると、果物、野菜、種子を多く消費している人は、自己免疫による甲状腺疾患の発症率が低いことが示されました。この種類の食事は腸内細菌叢の最適化とバランスの維持にも役立ちます。

以下の栄養素は重要なもので、甲状腺ホルモンの産生を助けます。これらはバランスの取れた食事に含まれていることや、適切な場合には高品質のマルチビタミンや個々のサプリメントを摂取することによって消費することもできます。以下の化合物の多くがカプセル1個に含まれる様々な甲状腺サプリメントもあります。

セレン

甲状腺ホルモンの産生を助ける2つの酵素に関与する補因子。『International Journal of Endocrinology』の2014年の研究によれば、自己免疫の攻撃が進行中の場合、セレンはTPO抗体を低下させる可能性があります。さらに、T4をT3(活性ホルモン)の変換を助けるにはセレンが必要です。推奨用量:1日あたり200mcg。

ヨウ素

世界中で、この欠乏は甲状腺腫、甲状腺結節、甲状腺機能不全の主要な原因となっています。ヨウ素が豊富な食事をお勧めします(食物のリストについては上記を参照)世界保健機関(WHO)によると、ヨウ素欠乏症を検査する好ましい方法は無作為に尿サンプルを採取することです(朝に行うと最善です)。

WHOの基準によると、100mcg/L未満のヨウ素を示す結果は欠乏していると考えられています。 推奨用量:少なくとも150 mcgのヨウ素を含むマルチビタミンとミネラルのサプリメントを服用しましょう。また、ヨウ素のサプリメントや海藻を使って健康なヨウ素レベルを維持する人もいます。 ヨウ素の1日あたりの摂取量は500 mcg以下であるべきです。ヨウ素を摂取しすぎると甲状腺の健康が悪化することがあります。

欠乏症は月経中の女性の間でよく見られます。『Thyroid』の2017年の研究によると、鉄欠乏症によって甲状腺代謝が損なわれます。著者らは、臨床医が鉄分濃度を確認して不足分を補充することを推奨しました。50〜75 ng/ml以上のフェリチン濃度を目指すことが目標です。推奨用量:医師の指示またはラベルに記載されている通りに服用。

ビタミン D

世界中で80%の人々がビタミンD欠乏症を患っています。研究によれば、ビタミンD濃度が低い人は、自己免疫性 甲状腺疾患を含む様々なガンや自己免疫疾患のリスクが高いことが示されています。肥満の成人を対象とした2018年の研究では、ビタミンD濃度が低い人は橋本甲状腺炎発症リスクが高いことが示されました。推奨用量:1日あたり1,000IU〜5,000IU。

亜鉛

『Journal of Nutrition 』によれば、アメリカ人の約45%が食事からの亜鉛の摂取量が不十分です。世界中で15%以上の人々が亜鉛欠乏症となっています。この問題はサハラ以南のアフリカと南アジアでは非常に一般的です。

年をとるにつれて、亜鉛のような重要なミネラルの吸収が損なわれることがあります。 さらに、亜鉛含有食物の摂取量の低下またはアルコールの日常的な摂取により、亜鉛濃度が慢性的に低くなることもあります。亜鉛欠乏症は、甲状腺疾患、皮膚、血液の問題と感染のリスク上昇と関連しています。亜鉛は脳の健康にも重要な役割を果たし、脳内の亜鉛濃度は血中よりも10倍高いのです。

亜鉛は、脳や体全体の酵素によって必要とされます。これは300種類を超える生化学反応に関与し、2,000種類を超えるタンパク質の重要な成分です。

推奨用量:1日あたり15〜50 mg。亜鉛はほとんどの高品質のマルチビタミンに含まれています。

上記の重要な栄養素に加えて、健康な甲状腺のための食事には以下も必要となります。

また、ビタミンB群はB複合体サプリメントを摂取することによっても消費することができます。

概要:

よくバランスの取れた食事は甲状腺の健康にとって重要です。また、大腸菌に注意することは多くの人が思うより重要なのです。消化器系の問題の原因となる食品を避けることも重要です。甲状腺の健康を最適化するには、高品質のプロバイオティクスの摂取も考慮する必要があります。栄養に注意し、必要なビタミンとミネラルを食事とサプリメントから確保すると甲状腺の健康を最適化するのに役立ちます。現在行っている甲状腺治療を変更する前に、かかりつけの医師に相談してください。

参考文献:

  1. Endocrine Reviews.2009 Jun;30(4):376-408. doi:10.1210/er.2009-0011.Epub 2009 May 21.
  2. Nutrients.2018 Feb 28;10(3). pii:E280. doi:10.3390/nu10030280.
  3. Site accessed March 3, 2018 regarding iodine deficiency in Australia. https://www.thyroidfoundation.org.au/page/13/iodine-nutrition-iodine-deficiency
  4. Thyroid.2011 Apr;21(4):419-27. doi:10.1089/thy.2010.0077.(Note: Iodine deficiency in the United States is higher than 10% of the population.I suspect upwards towards 20%  using the WHO urinary value of 100 mg/L or less being deficient)
  5. Accessed July 14, 2018   https://www.cdc.gov/nutritionreport/99-02/pdf/nr_ch4a.pdf
  6. Accessed July 14, 2018 https://ods.od.nih.gov/factsheets/Iodine-HealthProfessional/
  7. Losurdo G, Principi M, Iannone A, et al.Extra-intestinal manifestations of non-celiac gluten sensitivity:An expanding paradigm.World Journal of Gastroenterology.2018;24(14):1521-1530. doi:10.3748/wjg.v24.i14.1521.
  8. McAninch EA, Bianco AC.The History and Future of Treatment of Hypothyroidism.Annals of internal medicine.2016;164(1):50-56. doi:10.7326/M15-1799.
  9. McAninch EA, Bianco AC.The History and Future of Treatment of Hypothyroidism.Annals of internal medicine.2016;164(1):50-56. doi:10.7326/M15-1799.
  10. Accessed July 17th, 2018 https://www.nytimes.com/2001/07/24/science/after-46-years-of-sales-thyroid-drug-needs-fda-approval.html
  11. Matana A, Torlak V, Brdar D, et al.Dietary Factors Associated with Plasma Thyroid Peroxidase and Thyroglobulin Antibodies.Nutrients.2017;9(11):1186. doi:10.3390/nu9111186.
  12. Meta Analysis  Data on Selenium Supplementation  on Thyroid Antibodies Fan,   Yaofu , et al. “Selenium Supplementation  for Autoimmune Thyroiditis: A Systematic Review  and Meta Analysis.” International Journal of Endocrinology ,  2014; Dec 11;2014
  13. Thyroid.2017 May;27(5):597-610. doi:10.1089/thy.2016.0635.Epub 2017 Apr 6.
  14. Endocr Metab Immune Disord Drug Targets.2018 Apr 6. doi:10.2174/1871530318666180406163426.
  15. Ciubotariu D, Ghiciuc CM, Lupușoru CE.Zinc involvement in opioid addiction and analgesia – should zinc supplementation be recommended for opioid-treated persons?Substance Abuse Treatment, Prevention, and Policy.2015;10:29. doi:10.1186/s13011-015-0025-2.
  16. Wessells KR, Brown KH.Estimating the Global Prevalence of Zinc Deficiency:Results Based on Zinc Availability in National Food Supplies and the Prevalence of Stunting.Bhutta ZA, ed. PLoS ONE.2012;7(11):e50568. doi:10.1371/journal.pone.0050568.
  17. Mocchegiani, E.; Bertoni-Freddari, C.; Marcellini, F.; Malavolta, M. Brain, aging and neurodegeneration:Role of zinc ion availability.Prog.Neurobiol.2005, 75, 367–390.
  18. Andreini, C.; Banci, L.; Bertini, I.; Rosato, A. Counting the zinc-proteins encoded in the human genome.J. Proteome Res.2006, 5, 196–201.
症状

アルファリポ酸と多発性硬化症

症状

糖尿病の管理に役立つハーブ、スパイス、ナッツ

症状

糖尿病で旅行する際に健康を維持する15の方法