header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

ビタミンはおねしょを防げるでしょうか?

6月 18 2018

筆者:エリック・マドリード医学博士

5歳の子供の約15%が日常的におねしょをしています。多くの子供は成長するにつれ排尿をコントロールできるようになります。しかし、最大5%の子供は10歳になってもおねしょをし、15歳になっても治らない子供は最大2%います。医師はこれらの事象を「夜間尿路症」と呼んでおり、これは文字通り「夜間排尿」を意味します。

おねしょをしてしまう子供はそのことについて恥ずかしく思うことが多いのです。おねしょをすることが友達に知られるのを恐れて友達の家でお泊まりをすることをいやがる子供も多数います。

おねしょで子供の自信に影響が及ぶことがありますが、2018年2月号のJournal of Pediatric Urologyの研究は、非薬物の治療法を求める人々に希望を与えるかもしれません。この研究は180人の子供を4つのグループに分けて行いました。

グループAには1日1,000 IUのビタミンDを投与

グループBには1日1,000 mgのオメガ3フィッシュオイルを投与

グループCには1日1,000 IUのビタミンDと1,000 mgのフィッシュオイルを投与

グループDにはプラセボ(砂糖)錠剤を投与

結果は次のとおりです。

グループA – 44%の子供が治癒

グループB – 28%の学生が治癒

グループC – 45 %の子供が治癒

グループD - 有意な改善は見られなかった

著者たちは、これらの結果に基づいて、ビタミンDオメガ3フィッシュオイルの補給は7〜15歳の子供のおねしょを予防する役に立つ場合があると結論付けました。

従来のアプローチ

おねしょを防ぐために、医師は親御さんや子供たちに次のようなアドバイスを与えることが多いです。

ベッドアラーム - アラームには水分を検知するセンサーがあり、おねしょのし始めに子供の目が覚める。

教育と予防事項の再確認 - 食事の変更、カフェイン入りの飲み物を避ける、また就寝前に水分を取らないようにする。就寝前に必ず子供に排尿させる。

正の強化 – おねしょしなかった夜の次の朝に子供を褒める。

一般的に使用される医薬品:

デスモプレシン – 6歳以上の子供に使用することができ、夜間に少量の水で服用します。Epocrates Drug Databaseに掲載されている一般的な反応には、頭痛、悪心、腹痛、高血圧、まれに発作、呼吸停止、アナフィラキシーのアレルギー反応などがあります。

イミプラミン – この薬剤も6歳以上の子供に使用することができます。Epocratesによると、この薬剤は重症なうつ病の小児、青少年、若年成人の自殺リスクを高める可能性があると示しており、「ブラックボックス警告」をしています。他の一般的な反応としては、眠気、めまい、視力のぼやけなどがあります。

薬物療法の副作用の可能性があるため、第一選択肢にはより自然な選択肢が望まれることがほとんどです。

役に立つことがあるビタミン

ビタミンD – 摂取量は最低1,000 IUですが、医師の指導のもとに1日2,000 IUを摂取する子供も少なくありません。

オメガ3 – 1日1,000 mgで、カプセル、グミ、液状で摂取できます。

参考文献:

  1. Journal of  Pediatric Urology. 2018 Feb 5. pii:S1477-5131(18)30034-2. doi:10.1016/j.jpurol.2018.01.007. [Epub ahead of print]
健康

ルテインとゼアキサンチンの便利なガイド

健康

時差ぼけの最中に健康を維持するためのヒント

健康

愛が込もったエッセンシャルオイルのブレンド