header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

ヘアカラーリング剤は有害?

10月 12 2017

有害なヘアカラーリング剤を使用せず、代わりに天然のヘアカラーリング剤を使用する方法をご紹介します。

およそ75%の女性が髪の毛をカラーリングすると推定されています。髪の毛のカラーリングは美の一般的な習慣とされていますが、ほとんどの人が髪の毛の様々な色を維持することに伴う健康へのリスクを認識していません。

どこへ行ったとしても有害物質は存在し、人々がこれにさらされる度合いは、日々驚くべき速さで高まっています。従来のヘアカラーリング剤には健康を損なわせたり、がんの発現に関わるたくさんの化学物質が含まれています。残念ながら大半の人々は、体が日々何にさらされているのかという現実を理解していません。危険な化学物質への露出を避ける最初のステップとしては、これらのような製品にはどのような成分が含まれているのか、ご自身で学ぶ必要があります。以下は、日々のヘアカラーリングにおいて潜む可能性がある有害な成分です。

  • アンモニア:家庭用漂白剤やその他の業務用洗剤の主成分です。吸引すると呼吸器系の問題を引き起こします。
  • オイゲノール:ヘアカラーリング剤の香料として使われる有害物質で、免疫システムの毒性、アレルギー、さらにはがんと関連性があります。
  • レゾルシノール:市販のカラーリング剤やカラーリングの専用剤に見つかる物質です。ホルモンの異常作用や性ホルモンの上昇と関連性があります。
  • コールタール:主要の発がん性物質で、ほとんどのカラーリング剤に見つかる成分です。
  • DMDMヒダントイン:抗毒素として知られ、防腐剤として利用される物質です。日本では、この物質が含まれる化粧品の使用は制限されています。
  • p-フェニレンジアミン:PPDとして知られています。一般的にヘアカラーリング剤に使用され、健康にとても大きな危険性を及ぼす物質です。膀胱がんや、腎臓・肺に関わる病気を発現させる場合があります。
  • ホルムアルデヒド:ヘアカラーリング剤の成分としてよく知られている防腐剤で、胎児損傷やがんを引き起こす場合があります。

これらのような有害物質は、とても健康的でない限り、人間の健康に害を与える場合があります。よく食べ、よく運動したとしても健康に問題を抱える方は、有害物質にさらす可能性を持つ美容製品を見直すことをおすすめします。ヘアカラーリング剤は、有害物質に露出させるものとしてよく見と落としがちな、気づかない部分で作用を施す要因となる場合があります。

良い点としてこれらの有害物質は、有害なヘアカラーリング剤を取り換えることで簡単に避けられる場合があります。ヘアカラーリング剤にはいろいろな製品があります。安全なヘアカラーリングやプロが施すカラーリングは、天然のヘアケア製品に精通したスタイリストがいて、害を及ぼさない有機製品を使用するサロンで行えます。別のオプションとして、自宅でも安全にカラーリングできます。ヘンナは天然のハーブを使用した人気の高いパーマネントヘアカラーで、他にも多数ある害を及ぼさないヘアカラーリング剤の一つです。

ヘアカラーリングについて何を避けるのか、そして有害な製品を健康的な製品に取り換える方法の知識を身につけることで、健康的なヘアカラーリングが簡単に行えます。また不要かつ有害な化学物質を使わなくても、髪がより健康的に見えて感じるようになることは言うまでもありません。

カラーリング後は、天然のシャンプーコンディショナーでお手入れを忘れないようにしてください!

美容

ヒアルロン酸でお肌に栄養補給

美容

肌へのローズヒップオイルの8つの効果

美容

毒素からお肌を守るヨーグルトとターメリックのフェイスマスク