header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

呼吸

4月 26 2017

鼻づまり気管支炎ぜんそく、性閉塞性肺疾患(COPD)の治療

人間は誰もが当たり前のように呼吸します。慢性副鼻腔炎、ぜんそく、気管支炎、慢性閉塞性肺疾患、その他の気道障害を患う患者にとっては、楽に呼吸することがとても大切です。

これらの症状は、冬場になるとさらに悪化します。現代の世の中で、人々はウイルスにさらされる機会が確実に増えていますが、冬場になると鼻づまりや気道狭窄がより多く発症する主な理由として、室内の乾燥かつ温かい空気に触れる点があります。これによって軌道内の膜が乾き、粘液の効果が得られないことで鼻づまりや、気管支または肺でうっ血および感染を引き起こす可能性が高まります。

幸いにも、安全かつ効果の高い天然物は気道の水分含量や粘液の分泌を高め、その結果、呼吸が楽になります。中でもN-アセチルシステイン(N-acetylcysteine)、ツタエキス、ブロメラインの3つはとても効果的です。これらの成分は個別に摂取、または組み合わせて摂取することで効果が高まります。

N-アセチルシステイン

N-アセチルシステイン(NAC)は、自然に発生するアミノ酸システイン(amino acid cysteine)の派生物です。NACは、肺気腫、気管支炎、ぜんそく、嚢胞性線維症を含む急性・慢性肺疾患の治療に長い間使用されてきました。これは、粘性タンパク質の硫黄で結合した部分を直接的に分離することで、気管支の粘着性や肺からの分泌物を低下させます。その結果、気管支や肺の機能が向上し、咳を緩和させ、血液内の酸素飽和度が高まります。

NACは、特に慢性気管支炎や性閉塞性肺疾患(COPD)など、全ての肺および気道障害に効果があります。39回の実験結果を詳しく分析したところ、慢性気管支炎患者は、プラセボ患者と比較した際にNACの摂取によって症状が高まる(悪化する)可能性が低まり、症状の改善が見られました。

NACは粘液溶解薬としての効果がある以外にも、気道や肺の全ての部分において主要の抗酸化物質とされるグルタチオンの生成を促進します。NACの一般的な1日の摂取基準量は200mg x 3回です。

ツタエキス

ツタの葉は、ぜんそくやCOPDの治療に長い間使用されてきました。最近の臨床試験では気管支けいれんを防止し、呼吸器分泌の促進が証明されています。例えば、10歳~15歳のぜんそくを患う25人の子供たちによる数々の二重盲検試験において、ツタエキス治療を始めてから10日後には肺活量の増加が見られました。ツタエキスの投与から10日目で、投与から3時間後に見られた改善は臨床的に意義があり、統計的にも重要な意味を成すものとして捉えられています。ツタエキスの一般的な1日の摂取基準量は100mg x 1~2回です。

ブロメライン

ブロメラインは硫黄を含む酵素群で、パイナップル(Ananas comusus)から得られるたんぱく質(タンパク分解酵素またはプロテアーゼ)を消化します。これは気道を開かせる、咳を止める、気道の分泌物を低下させるなど、様々な効果が表されています。また、急性副鼻腔炎にも効果があります。呼吸器を改善するブロメラインの1日の摂取基準量は、食事を挟み250~750mg x 3回です。

その他の役に立つ治療法

鼻づまりの方は、ネティポット(小さなティーポットとアラジンの魔法のランプを組み合わせて作ったようなセラミック製のポット)の中に塩水を入れて鼻うがいをお試しください。正しく使うことで塩水が鼻腔全体に行き渡り、症状が和らぎます。急性発症の場合は毎日、慢性的な症状であれば1日おきのうがいがおすすめです。

キシリトールなどの天然成分を含む鼻腔用スプレーや類似療法も、膜の保湿に効果があります。

気管支・肺のうっ血や深部での鼻炎には体位ドレナージをお試しください。これはずっと前から使われている、シンプルながらもとても効果がある治療法です。この治療法では、湿布または温水が入ったボトルを胸に最大20分間当てます。次に体位ドレナージ(この治療法ではうつ伏せの状態でベッドから体の上半身を乗り出し、前腕で支える姿勢)を行います。咳が出たとしてもこの姿勢を15分間保ちます。痰が出る時は床にボウルを置いたり、新聞紙を敷いてください。症状が重い場合は、この治療法を1日に2回行います。

便秘を自然に解消する方法
症状

便秘を自然に解消する方法

関節痛を和らげる自然療法
症状

関節痛を和らげる自然療法

アルファリポ酸と多発性硬化症
症状

アルファリポ酸と多発性硬化症