header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
運動

有酸素運動に最適なサプリメント

8月 8 2018

執筆者: KwaZ博士

正しい有酸素運動は数多くのメリットをもたらしてくれます。それは血液の循環と代謝を高め、肺と心臓を強化し、身体全体の健康状態を改善します。有酸素運動はどこから見てもいい運動だと判明しています!

日の出前に起き出して階段昇降運動をしている理由が何であれ、脂肪燃焼エネルギー増加、持久力など、目標に達するのに役立つサプリメントをしてはどうでしょう。特定の目標に適したサプリメントを摂取すると、より体力があると感じたり、もう1マイル追加で走ったり、大事な日のために集中力を高めたりするのに役立つかもしれません。

目標1: 持久力とエネルギーを高める

循環器、心臓、呼吸器系の能率は、有酸素運動のセッションに耐えうる身体機能にとって重要な要素です。有酸素運動は、稼働中の筋肉への酸素と血液供給を増加させ、エネルギーと体全体のスタミナを高めるのに役立ちます。

以下の持久力サプリメントと食品を考慮してみましょう。

レッドビートのジュース

レッドビートは栄養価が高く、運動能力を改善する可能性があります。硝酸塩は酸素を筋肉に速やかに運び、持久力を高めます。さらにビートルートサプリメントは、運動中の酸素のコストを減らし、高強度の運動をより長時間持続させてくれます。

β-アラニン

アミノ酸のひとつであるβ-アラニンは筋肉エネルギーを促進します。β-アラニンを補充すると、筋肉中にタンパク質の構成要素であるカルノシンが増加します。高強度運動中には身体的能力が高まり、神経筋疲労の発現を遅らせます。

電解質

エネルギーを最適化し、適切な液体バランスを維持して身体機能を良好に保つには、電解質が必要です。心臓、神経、筋肉は電解質を使って電気インパルスを他の細胞に運び、細胞膜中の電圧を保持します。電解質は激しい運動をすると汗となって失われるため、一定レベルを維持するためには補充する必要があります。

目標2: 脂肪を燃やす

運動中のエネルギー需要を満たすため、骨格筋は脂肪の酸化と炭水化物に頼っています。炭水化物は、運動の強度が増すとより速く使用されます。炭水化物が使用されると、グリコーゲン(貯蔵エネルギー)は枯渇していきます。つまりそれほど長時間強度とスピードを維持することができなくなります。エクササイズ中のエネルギー源として脂肪酸の酸化を利用することで、持久力を向上させることができます。したがって、有酸素運動中は、脂肪酸の代謝を高めるサプリメントを服用しましょう。

以下の脂肪燃焼補助剤を考慮してみましょう。

カフェイン

カフェインは疲労を緩和し、有酸素運動のパフォーマンスを向上させ、脂肪分解を誘発し、精神的活動を刺激し、エネルギー供給源として脂肪を優先するのに役立ちます。

ラズベリーケトン

ラズベリーケトンは、体脂肪減少のサポートに役立つノルエピネフリン誘発脂肪分解(貯蔵脂肪の放出)を増加させることが分かっています。つまり、身体がエネルギーを求めて体脂肪を放出する能力を高める可能性があります。

カブ

野菜であるbrassica campestris(カブ)は、ブラシカ・カンペストリス抽出物を含む高脂肪食を動物に与えた研究で、減量促進作用を有することが分かっています。

L-タウリン

L-タウリンは、抗酸化活性および心臓収縮などの多くの代謝プロセスにおいて役割を果たすアミノ酸です。L-タウリンは、心臓血管の発達、作用、骨格筋機能に必要です。サプリメントの摂取は、運動量を増強し、運動によるDNAダメージを防いで保護してくれます。また、脂肪燃焼特性を有することが分かっています。

目標3: やる気と集中力の改善

脳が適切に機能するためには数多くのビタミン、ホルモン、燃料、化学物質を必要とします。脳が最高のレベルで働かなければ、心臓のパフォーマンスは向上しません。

以下の脳を強化するサプリメントを考慮してみましょう。

酒石酸コリン

水溶性のBビタミンである酒石酸コリンは、アセチルコリンの前駆体です。アセチルコリンは、脳の速度を決定し、筋収縮を制御する重要な脳化学物質です。運動前のコリン補給は、運動後の疲労を軽減し、運動前の活力を高めることが示唆されています。

L-チロシン

「上機嫌ホルモン」とも呼ばれるドーパミンはL-チロシン前駆体です。L-チロシンの補給は、長時間より高温の気候で一定負荷の運動に耐える能力と関連しています。

目標4: 赤筋の保護

有酸素トレーニングに励んでいて、食事制限をしている場合、筋肉量を失う可能性があります。身体が十分な燃料(食品)を得られないとき、エネルギーのためのアミノ酸を放出するためにタンパク質分解が促進されます。体内で起こるタンパク質合成の量はまた、ダイエットによっても減少することがあります。幸い、ダイエット中の筋肉の保護に役立つサプリメントが用意されています。
ウルソール酸の研究は、スポーツ栄養学と体重管理業界に大きく影響する可能性を見せています。ウルソール酸は、腹部脂肪の蓄積防止に役立つことが分かっています。

運動後に最適な炭水化物源は?

運動後の炭水化物に必要なのは以下の3つの条件です。

  1. 高GI値  
  2. 高インスリン指数
  3. 低果糖

あなたがグリコーゲン貯蔵量を補充したい場合は、運動後にインスリンを急上昇させる必要があります。一般的に健康的であると考えられているが、運動後の消費にそれほど適していない食品には、ブドウ、マンゴー、バナナなどがあり、最大4.9%のフルクトースを含んでいます。また、アボカドは脂肪分が高いため不適切な選択となります。 白と並んで、アプリコット、キウイ、パイナップル、イチジクのような果物を取り入れるべきです。乳清やアイソ乳清のような速効型のタンパク質も必要です、これらはグリコーゲン貯蔵量を約32%増加させます。それに関連して、アナボリックウインドウは最近、元々考えられていたよりずっと大きいという研究結果が出ました。ですから、運動後30分以内に炭水化物を摂取しなければ、と心配しすぎないでください。実際には2時間近く時間があります。 

運動

California Gold Nutritionのスーパーフードが入った運動後のスムージー

運動

減量に役立つ10のヒント

運動

ワークアウト後の回復時間を縮める方法