checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

フェイシャルオイルが水以上にもたらすメリット

9月 19 2017

日々のスキンケアには水ではなく、フェイシャルケアオイルをお使いください!

スキンケアに対するこれまでの常識として、肌に油を塗ることには警告が出されていました。これはおそらく毛穴を詰まらせ、にきび跡を残す原因とされていたからです。ここ何十年の間に市販されたほぼすべてのフェイシャルクレンザーは、肌から油を取り除くように製造されています。

その一方でこれらの製品は肌を削ぎ、刺激することで、体は過剰に油を産生するようになります。多くのスキンケア愛用者はこの事実に気付き、肌を石鹸ではなく油で洗うようになりました。

オイルクレンジングは、溶解と同じ原理に基づいています。毛穴の黒ずみや染みには油が詰まっているため、毛穴を油でマッサージすることは、毛穴洗浄の高い効果が得られます。顔を油で洗うことは、にきびができやすい方にとって理想の洗い方ですが、実際はどの肌質の方にもメリットをもたらします。

またオイルクレンジングは、一日の終わりに化粧を落とすには効果の高い手段です。従来のクレンザーとは異なりオイルクレンジングは、肌から水分を奪うことがありません。また、小ジワの防止にも高い効果があります。

オイルクレンジングの際は、サイズ的におよそ25セントぐらいのオイル量を肌に塗り込みます。そのまま肌に浸透するよう1分ほど待ちます。次に温かい洗面用タオルを使い、油を優しく拭き取ります。大半のケースでは、オイルクレンジングの後に潤いを与える必要がないことが見つかっています。

日常的なスキンケアとしてのオイルクレンジングでは、オイル選びが大切です。通常肌から乾燥肌の方にはシアオイル、アルガンオイルココナッツオイルアーモンドオイルアボカドオイルが適しています。脂性肌の方にはひまし油グレープシードオイルホホバオイルアプリコットシードオイルが適しています。にきびができやすい肌には、ひまし油などのキャリアオイルに抗菌性のティーツリーオイルニームオイルを数滴足すことで、効果が高まります。

美容

簡単な自家製チョコレートトリュフのレシピ3つ

美容

自家製の天然ボディスクラブ

美容

クルエルティフリーのデオドラントと使い方のご紹介