header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

コラーゲンサプリのメリット

10月 27 2017

エリック・マドリード医学士

この記事内:

筋肉、骨、皮膚、腱は主に、体内で最も豊富なたんぱく質の一種とされるコラーゲンで構成されています。具体的に言えばコラーゲンは、体内で見つかるすべてのたんぱく質の30~35%を占めています。コラーゲンタンパク質は結合組織としても知られており、肌を落ち着かせたり、関節運動や柔軟性を保つなどの役割を果たします。さらにコラーゲンは、皮膚に弾力性をもたらします。研究でコラーゲンサプリは、顔のシワをなくしたり、セルライトの除去をお手伝いするなど、多くのメリットがあることが示されています。この文献では、コラーゲンに関する詳細をご説明します。

加齢と共に皮膚は弾力性を失い、シワが増え出します。これにはたくさんの要因があります。例えば、コラーゲンの産生作用の低下によるものとされる一方で、日常生活のストレスや酸化的損傷も大きな要因の一つとされています。皮膚内のメラニンが多い方は、日光に含まれる紫外線やこれによるダメージを受けにくくなります。これを個人的には“メラノプロテクション”と呼んでいます。対照的にメラニンが少ない方は紫外線によるダメージを受ける危険性がより高く、早期老化の危険性が高まります。

コラーゲンサプリは通常、科学者によって以下の3つのカテゴリに分類されたアミノ酸で構成されています。

  • 必須アミノ酸 この種のアミノ酸は体内で産生されず、食事からとる必要があります。この種にはリジン、セリン、トレオニン、ロイシンバリンフェニルアラニンメチオニン、イソロイシン、ヒスチジン 、ヒドロキシリジンがあります。
  • 条件付き必須アミノ酸 通常、この種のアミノ酸は体内で産生されますが、肉体的にストレスの多い環境では十分に産生されず、サプリメントが補助する場合があります。この種にはグリシン、プロリングルタミン(グルタミン酸)、アラニンチロシンがあります。
  • 非必須アミノ酸 これは体にとって重要なアミノ酸ですが、体内で産生されるため“非必須”とされています。このアミン酸を食事からとる必要はありませんが、仮にとったとしても害を及ぼすことはありません。この種にはヒドロキシプロリン、アルギニンアスパラギン酸があります。

コラーゲンサプリを製造する数多くの業者は、各製品でボビン(ウシ)や魚などの異なる供給源を使用します。California Gold Nutrition社では魚以外の肉をとらないペスクタリアンには最適とされる、上質な海洋由来のコラーゲンを使用しています。

コラーゲンサプリには髪の毛や肌を成長させ、腱を発達させ、骨の健康を維持する様々なアミノ酸が含まれています。コラーゲンは適量のアミノ酸をとりたいものの、グルテンフリーならびにデイリーフリーのサプリをとりたい方にとっての良いオプションとされています。重量挙げ選手は筋肉ができるだけ発達するよう、コラーゲンサプリをよく使用しています。また、乳清たんぱく質が含まれるパウダーを使用することもあります。

体内で見つかるコラーゲンの種類

科学者はこれまでに少なくとも28種類のコラーゲンを見つけていますが、体内で見つかる90%のコラーゲンは1型~3型、そして5型です。

  • 1型コラーゲン – 腱、臓器、骨を構成します。体で見つかる80~90%のコラーゲンがこの種類です。
  • 2型コラーゲン – 膝の軟骨、肩、その他の関節を構成します。
  • 3型コラーゲン – 細網繊維の主な軟骨を構成します。1型コラーゲンと共に見つかることがよくあります。
  • 5型コラーゲン – 発毛作用があり、肌の表面で見つかります。

コラーゲンを破壊する要因

コラーゲンは35歳を過ぎると減り始めます。時間は絶えず進みますが、コラーゲンの減少を早めてゆくゆくは老化に繋がる生活習慣があります。中でも喫煙は、コラーゲンを破壊し、減少させる一番の要因です。喫煙者の多くが実際の年齢よりも老けて見えるのは、これが主な原因です。過度の日光照射、度重なる日焼け、抗酸化物質が少なくて糖質が多い食事もまた、コラーゲンを破壊する要因です。

コラーゲンの産生を高める食べ物

サプリメントは十分なコラーゲンが必ずとれるようにお手伝いしますが、コラーゲンを正しく産生させるための食事療法もあります。ホリスティック栄養士のキム・ディオンは、体がより多くのコラーゲンを産生させる以下の食べ物をすすめています。

  • ニンジン、サツマイモ、アンズ、卵などのビタミンAが豊富な食べ物
  • ケール、ホウレン草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜
  • 軟骨の発達に大切とされる硫黄が豊富なタマネギ
  • 同じく、軟骨の発達に大切とされる硫黄が豊富なニンニク
  • 抗酸化物質の減少を抑制するブルーベリー
  • 同じく、抗酸化物質の減少を抑制するラズベリー
  • コラーゲンの産生に必要とされるビタミンCが豊富なオレンジ
  • 同じく、コラーゲンの産生に必要とされるビタミンCが豊富なピーマン
  • 同じく、コラーゲンの産生に必要とされるビタミンCが豊富なイチゴ
  • アーモンドクルミ、マメなどのナッツ類、ならびにアミノ酸が豊富な種子
  • コラーゲンの成分とされるアミノ酸が豊富なボーンブロス

関節と骨の健康

科学研究でコラーゲンサプリは、関節の動きを最適化させ、骨を強くするようにお手伝いする場合があります。また健康的な食事や体をよく動かすことも、関節の健康維持に大切です。

関節炎

変形性関節症は関節内の軟骨が破壊されることで生じ、世界中でおよそ2億5000万の方が影響を受けている症状と推測されています。潜在的な副作用を持つ処方薬を避けつつ、炎症によってもたらされた痛みを和らげるため、多くの方は天然の関節痛サプリメントをとるようにしています。私たちがコラーゲンを再構築させ、軟骨の損失を防ぐようにお手伝いできるのではないでしょうか?

2017年に行われた動物モデルの実験でコラーゲンサプリは、関節内の炎症を和らげるだけでなく軟骨の損失を防ぐことも示されています。

骨粗しょう症

加齢と共に骨は細くなります。骨粗しょう症とは、特定の年齢で正常とされる骨密度よりも低い場合に宣告される症状です。医師は症状が現れているかを判断するため、骨密度検査を行います。骨粗しょう症と診断された方は骨折の危険性が高まっており、中でも最もよく見られるのが不意に倒れることが原因の股関節部骨折です。骨粗しょう症の危険因子には喫煙やビタミンD 不足、ならびに加齢(65歳以上の女性)があります。

動物モデルの研究でコラーゲンは、骨強度を上昇させる場合があることが示されています。2005年に行われた研究では、コラーゲンサプリをとることで骨強度の上昇が示されています。

腱の強度

腱はコラーゲンで構成される太い神経線維です。これは筋肉と骨を繋ぎ、動作させるように作用を施します。怪我の防止には腱の強化が大切です。腱損傷は、アスリートや週末・休日だけスポーツや運動をする人の間でよく見られる怪我です。2005年に行われた研究で、コラーゲンサプリは腱を強化することが示された一方で、2016年に行われた動物モデルの研究では、アキレス腱を太くするようにお手伝いすることが示されています。

皮膚の健康

世界中の女性は、化粧品や美容製品に3820億ドルを費やすと推測されています。大半の製品は、たとえ紫外線によるダメージをある程度防いだとしても、老化の兆候を隠すことはできません。化学物質や有害物質への露出を理由に大半の方は、天然の成分で作られた美容製品や石鹸を使用しています。では一体、どのようにすれば体の内側から皮膚を改善できるのでしょうか?

研究でコラーゲンサプリは、皮膚に多くのメリットをもたらすことが示されています。これを経口摂取した研究では、セルライトやシワの改善だけでなく、発毛や爪の成長に役立つ場合があることが示されています。体内のコラーゲンは、30代半ばから毎年およそ1%の割合で失い始めるとされています。従って、コラーゲンの補給を考慮する必要があります。

セルライトの緩和?

セルライトは何十年もの間、緩和させようとしてきた症状です。2015年に行われた二重盲検・プラセボ対照試験では、「BCP(Bioactive Collagen Peptides)の長期の経口摂取はセルライトを改善させ、皮膚の健康においてポジティブな効果をもたらす」と結論付けています。この研究に参加した女性はコラーゲンを6ヵ月以上とりつづけ、その効果による改善は、早ければ開始から3ヵ月後に見られるようになりました。

顔のシワを除去

2014年にClinical Intervention in Aging誌で発表された研究で、コラーゲンの補充はシワ取りをお手伝いすることが示されています。同年に行われた二重盲検・プラセボ対照試験で、1日2,500mgのコラーゲンを8週間とり続けた被験者は、偽薬をとり続けたグループに比べて肌の弾力性が改善したことが示されています。また2012年に行われた別の研究では、1,000mgのコラーゲンを12週間とり続けたところ、シワや乾燥肌で改善が見られました。

2016年にJournal of Science of Food and Agriculture誌で発表された研究で、コラーゲンの経口摂取は「顔の皮膚の潤い度、弾力性、シワ、肌荒れを含む皮膚状態をさらに改善させる」と結論付けています。

アンチエイジング

2008年の研究では、「得られた結果から、紫外線B波が引き起こした皮膚損傷や紫外線による老化を抑制させるため、コラーゲンペプチドは栄養サプリメントとしてのメリットがあることを示唆する」と結論付けています。また2015年にJournal of Cosmetic Dermatology誌で発表されたコラーゲンの経口摂取の研究では、似たような結果が得られています。ここの研究者は、「コラーゲンペプチドの経口摂取は、皮膚の老化による症状の改善効果がある」と結論付けています。

爪と発毛

硬い爪と健康的な髪の毛は健康全般の指標となります。2017年にJournal of Cosmetic Dermatology誌で発表された研究では、2,500mgのコラーゲンサプリは爪の成長率を12%上昇させ、その一方で破壊率が42%低下したと示されました。また5人中4人の被験者が、爪の全体的な見栄えが良くなったことを承認しました。

その他のメリット

研究でコラーゲンは、消化管の健康を促進させようとする方にも、メリットをもたらすことが示されています。また心臓の健康づくりにも、適している場合があります。

腸管漏出

コラーゲンは腸の健康をサポートします。これの主な効果は、コラーゲンの経口サプリメントに含まれているアミノ酸の一種とされる、大量のグルタミンによってもたらされています。グルタミンは腸内の健康的なバクテリアに「栄養」を与えます。腸管漏出の詳細やこの器官の健康づくりの方法は、ここから学んでください

心臓血管の健康

血管の大部分はコラーゲン、特に4型コラーゲンで構成されています。ビタミンCリジンプロリンは、健康的なコラーゲンを生成させるために必要な主要栄養素です。ノーベル賞を2回受賞したことがあるライナス・ポーリングは1989年に「A Unified Theory of Human Cardiovascular Disease」を公開し、十分な量のビタミンC、リジン、プロリンは動脈を強くし、アテローム性動脈硬化症の予防となる場合があると提唱しました。コラーゲンサプリはこれらの大切な栄養素を補給します。

サプリメント

様々な形状の経口摂取型コラーゲンサプリをオンラインで入手できます。製品によってはボビン(ウシ)、その一方で魚を供給源とするものがあります。1日3,000~5,000mgとることをおすすめします。またコラーゲンの強さや産生を最適化にするビタミンCも、併せて1,000~2,000mgとるようにします。

参考文献

  1.  https://en.wikipedia.org/wiki/Collagen
  2.  Dar Q-A, Schott EM, Catheline SE, et al. Daily oral consumption of hydrolyzed type 1 collagen is chondroprotective and anti-inflammatory in murine posttraumatic osteoarthritis. Agarwal S, ed. PLoS ONE. 2017;12(4):e0174705. doi:10.1371/journal.pone.0174705.
  3.  J Agric Food Chem. 2010 Jan 27;58(2):835-41. doi: 10.1021/jf9031487.
  4.  Nutrition. 2005 Nov-Dec;21(11-12):1120-6.
  5.  J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo). 2005 Jun;51(3):169-74.
  6.  Fusini F, Bisicchia S, Bottegoni C, Gigante A, Zanchini F, Busilacchi A. Nutraceutical supplement in the management of tendinopathies: a systematic review. Muscles, Ligaments and Tendons Journal. 2016;6(1):48-57. doi:10.11138/mltj/2016.6.1.048.
  7.  https://www.self.com/story/amount-of-money-women-spend-on-beauty-products
  8.  Schunck M, Zague V, Oesser S, Proksch E. Dietary Supplementation with Specific Collagen Peptides Has a Body Mass Index-Dependent Beneficial Effect on Cellulite Morphology. Journal of Medicinal Food. 2015;18(12):1340-1348. doi:10.1089/jmf.2015.0022.
  9.  Borumand M, Sibilla S. Daily consumption of the collagen supplement Pure Gold Collagen® reduces visible signs of aging. Clinical Interventions in Aging. 2014;9:1747-1758. doi:10.2147/CIA.S65939.
  10.  Skin Pharmacol Physiol. 2014;27(1):47-55. doi: 10.1159/000351376. Epub 2013 Aug 14.
  11.  Schwartz SR, Park J. Ingestion of BioCell Collagen®, a novel hydrolyzed chicken sternal cartilage extract; enhanced blood microcirculation and reduced facial aging signs. Clinical Interventions in Aging. 2012;7:267-273. doi:10.2147/CIA.S32836.
  12.  Inoue, N., Sugihara, F. and Wang, X. (2016), Ingestion of bioactive collagen hydrolysates enhance facial skin moisture and elasticity and reduce facial ageing signs in a randomised double-blind placebo-controlled clinical study. J. Sci. Food Agric., 96: 4077–4081. doi:10.1002/jsfa.7606
  13.  Midori TANAKA, Yoh-ichi KOYAMA & Yoshihiro NOMURA (2009) Effects of Collagen Peptide Ingestion on UV-B-Induced Skin Damage, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 73:4, 930-932, DOI: 10.1271/bbb.80649
  14.  Asserin, J., Lati, E., Shioya, T. and Prawitt, J. (2015), The effect of oral collagen peptide supplementation on skin moisture and the dermal collagen network: evidence from an ex vivo model and randomized, placebo-controlled clinical trials. J Cosmet Dermatol, 14: 291–301. doi:10.1111/jocd.12174
  15.  https://nutritionreview.org/2013/04/collagen-connection/
健康

愛が込もったエッセンシャルオイルのブレンド

健康

イワベンケイ - エネルギーや脳機能などに役立つアンチエイジングアダプトゲン

健康

天然のペットフードやペット用品がもたらすメリット