ブラダーラックとは

ブラダーラックは、大西洋およびバルト海に生息する海藻であり、食品として摂取できるだけでなく、ヨウ素やミネラルのサプリメントの成分として広く利用されています。ここでは、ブラダーラックの使用に関する科学的エビデンスをまとめてみました。

ブラダーラックの特徴

ブラダーラック(学名 Fucus vesiculosus)は日本でヒバマタと呼ばれており、ビタミン、ミネラル、脂質、アミノ酸、食物繊維、炭水化物などが豊富な植物ですが、その濃度は収穫時期によって異なります。例えば、夏に収穫されたブラダーラックには、この海藻の褐色の元となる色素で、抗酸化作用のあるフロロタンニンが多く含まれています。一方、冬に収穫されたブラダーラックには、脂質の他、カロテノイドやクロロフィルなどの色素が多く含まれています。

ブラダーラックは簡単に収穫できるため、大西洋沿岸地域では身近な薬効食品としてお馴染みの食材です。このように、海藻類は古くから世界各地で食生活の一端を担うもので、その用途は多岐にわたります。

ブラダーラックの効能

ブラダーラックに含まれるフロロタンニン(海藻ポリフェノール)は、抗ウイルス、抗腫瘍、抗糖尿病、抗血小板、抗酸化といった機能を発揮することがわかっています。また、この海藻に含まれる多量のミネラルは、甲状腺疾患の治療に用いられています。他にも、ブラダーラックには粘性の炭水化物が含まれており、皮膚や消化管に栄養を与えると考えられます。

1. 甲状腺に期待できるブラダーラックの効果

ブラダーラックには、甲状腺ホルモンの生成に不可欠なミネラルであるヨウ素が豊富に含まれています。ヨウ素が欠乏すると、甲状腺機能低下症や甲状腺腫の発症リスクが高まり、倦怠感、体重増加、脱毛の他、代謝や免疫力の低下などの症状が出やすくなります。

世界の一部の地域では、土壌や現地特有の食生活におけるヨウ素欠乏が多く見られ、甲状腺疾患の予防と改善にヨウ素の補給が欠かせません。ヨウ素が不足している人が、天然・合成を問わずヨウ素配合のサプリメントを摂取することで、甲状腺機能が正常に戻り、甲状腺腫や甲状腺機能低下症の症状が改善されるケースもよくあります。

現代の甲状腺治療薬が開発される以前は、ブラダーラックが多くの甲状腺機能低下症の治療に用いられていました。現在でも、ヨウ素が不足している人の補給にブラダーラックのサプリメントは役立ちますが、重要なのは賢く使用することです。

2. 皮膚に期待できるブラダーラックの効果

ブラダーラックには抗酸化物質が豊富に含まれており、紫外線や環境による酸化ダメージから肌を守るため、ブラダーラックのローションやボディバターを使うことで、屋外活動の際も肌への栄養補給と保護を促進します。さらに、ブラダーラックに含まれるアルギン酸は、損傷を受けた皮膚の回復を助けることから、肌荒れやかゆみを和らげる効果も期待できます。

また、ブラダーラックはその抗菌作用も研究されており、感染症から肌を守るのにも役立つと考えられます。ブラダーラックの肌への効果を実感するには、ブラダーラックソープをはじめ、化粧水やボディソープなどを使用すると良いでしょう。このように、その効果はもちろんのこと、地球環境を考える上でも、このサステイナブルな薬用植物を毎日の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

3. 消化に期待できるブラダーラックの効果

ブラダーラックには4~59%の食物繊維が含まれており、消化を助ける働きがあります。海藻スナックなどの食品としてブラダーラックを摂ることで、ミネラルや食物繊維の補給に加えて、軽い塩味のパリッとした香ばしさも楽しめます。

ブラダーラックサプリメントの選び方

すべての海藻に同量のヨウ素が含まれているわけではありません。また、ブラダーラックに含まれるヨウ素の量も1株ごとに異なるため、生のブラダーラックは言うまでもなく、サプリメントでも薬用としての使用は難しいでしょう。幸い、多くのブラダーラックサプリメントのラベルには、ヨウ素の含有量がミリグラム(mg)単位で記載されています。そのため、ヨウ素欠乏を補う目的でブラダーラックを使用する場合は、必ずヨウ素の含有量が表示されているサプリメントを選ぶようにしましょう。

なお、ヨウ素が不足していると自己判断せずに、かかりつけ医にヨウ素検査をしてもらった上で、ヨウ素補給中は経過を追って濃度の変化を確認することをお勧めします。ちなみに、ヨウ素の濃度を調べるには、尿中ヨウ素濃度を測定するのが一番です。

ヨウ素の推奨摂取量

ヨウ素の推奨摂取量は、成人で1日約100~300mcg(0.1〜0.3mg)です。これ以上の量を摂取すると健康を損なうおそれがあり、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう。バセドウ病が代表的)を悪化させる可能性がありますので、くれぐれも注意しましょう。一方、ヨウ素添加塩を使用していない方や、海藻・魚介類を日常的に食べる習慣がない方はヨウ素が不足しているかもしれません。検査を受けてヨウ素の濃度を確認してもらい、食品とサプリメントを組み合わせてヨウ素の必要量を満たすように計画を立てると良いでしょう。

ブラダーラック摂取時の注意点

ブラダーラックには抗血小板作用(血小板の凝集を阻害することで血が固まるのを抑え、血液の流れをスムーズにする作用)があるため、血液凝固プロセスを妨げる可能性があります。ワルファリン(商品名クマジン他)のような抗凝固薬を服用中の方はブラダーラックを摂取しないでください。この種の薬剤の活性に悪影響を及ぼし、副作用を引き起こすおそれがあります。特に、甲状腺機能亢進症がある方は、ブラダーラックに含まれるヨウ素が症状を悪化させたり、治療薬の効果を妨げる可能性があるため、摂取しないことが大切です。また、手術を控えている方は、過度の出血を防ぐために、少なくとも手術の2週間前にはブラダーラックの摂取を中止してください。

前述の通り、ブラダーラックはさまざまな用途に使用できる優れた植物です。まずは、この植物が配合されたスキンケア製品を試してみたり、サプリメントとして摂取する上でのメリットについてかかりつけ医に相談してみてはいかがでしょうか。

参考文献:

  1. “BRYONIA: Overview, Uses, Side Effects, Precautions, Interactions, Dosing and Reviews.” Webmd.com, 2011, www.webmd.com/vitamins/ai/ingredientmono-726/bladderwrack. Accessed 21 July 2021.
  2. Derosa, Giuseppe, et al. “Ascophyllum NodosumandFucus Vesiculosuson Glycemic Status and on Endothelial Damage Markers in Dysglicemic Patients.” Phytotherapy Research, vol. 33, no. 3, 3 Feb. 2019, pp. 791–797, pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/30714233/, 10.1002/ptr.6272. Accessed 20 July 2021.
  3. “Fucus Vesiculosus: MedlinePlus Supplements.” Medlineplus.gov, June 2021, medlineplus.gov/druginfo/natural/726.html. Accessed 20 July 2021.
  4. Heavisides, Edwin, et al. “Seasonal Variations in the Metabolome and Bioactivity Profile of Fucus Vesiculosus Extracted by an Optimised, Pressurised Liquid Extraction Protocol.” Marine Drugs, vol. 16, no. 12, 13 Dec. 2018, p. 503, www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6315544/, 10.3390/md16120503. Accessed 20 July 2021.
  5. Higgins Hoare, Annabel, et al. “The Screening and Evaluation of Fucus Serratus and Fucus Vesiculosus Extracts against Current Strains of MRSA Isolated from a Clinical Hospital Setting.” Scientific Reports, vol. 9, no. 1, 29 Nov. 2019, www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6884646/, 10.1038/s41598-019-54326-4. Accessed 21 July 2021.
  6. Mathew, Lata, et al. “Preclinical Evaluation of Safety of Fucoidan Extracts from Undaria Pinnatifida and Fucus Vesiculosus for Use in Cancer Treatment.” Integrative Cancer Therapies, vol. 16, no. 4, 21 Dec. 2016, pp. 572–584, www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5739145/, 10.1177/1534735416680744. Accessed 20 July 2021.
  7. “Office of Dietary Supplements - Iodine.” Nih.gov, 2017, ods.od.nih.gov/factsheets/Iodine-HealthProfessional/. Accessed 21 July 2021.