checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

バランスの均一化

4月 26 2017

天然物で糖尿病による長期合併症を予防して血糖値のバランスを均一化

糖尿病は、血糖値を正しくコントロールしないと長期合併症を引き起こす、深刻かつ慢性的な疾患病です。糖尿病性合併症によって主に影響を受ける4つの部位は、目、腎臓、神経、血管・臓器の内壁です。これらの部位は、肝臓、筋肉、脂肪細胞とは異なり細胞の中でのブドウ糖吸収にインスリンを必要としないため、血糖値が高まると細胞内でブドウ糖が溢れる状態になり、健康を大きく損なわせます。

ブドウ糖が引き起こす問題

糖尿病による深刻な合併症を防ぐための一番大切な要素は、食事やサプリメントを通じて血糖を適切にコントロールすることです。血糖値は、上昇すると健康に大きな被害をもたらす可能性があります。例えば、ブドウ糖が低比重リポタンパク(通称LDL)と結合すると、LDLと受容体との結合部分が防がれ、肝臓でのコレストロール生成が抑制されます。その結果、肝臓は体内のコレストロールが不足していると「認識」するようになり、さらに多く生成するようになります。これは、糖尿病が必ずといってよいほど高コレステロール値と繋がる理由の一つです。

血糖値を測定するためにとても効果の高い臨床検査は、長期にわたる糖化ヘモグロビンテスト(A1Cテスト)です。この検査では、赤血球のヘモグロビンと結合(グリコシル化)するブドウ糖の量を測定します。グリコシル化ヘモグロビン の数値が高ければ高いほど、あらゆる種類の糖尿病を引き起こすリスクが高まります。

赤血球の平均寿命は120日とされており、A1Cテストはこの日数の間の2~4ヵ月の期間における血糖値の平均値を表します。糖尿病患者は、A1Cテストのヘモグロビン値を平均値近く(≤7%)に保つことで、目の病気へのリスクを最大76%、神経損傷へのリスクを最大60%、そして腎臓病へのリスクを最大56%低下させることができます。

その他の合併症

糖尿病による合併症は、酸化ストレスの増加によっても引き起こされます。糖尿病患者は、一般的に体内での活性酸素および酸化化合物が高い人達です。これらの反応性化合物は細胞の化合物と結合して破壊し、その結果、体全体に被害を与えてインスリン抵抗性を高めます。

他にも、栄養不足が糖尿病の慢性合併症を引き起こします。これに対しては、適切な栄養補足が糖尿病患者の血圧を低下させるためにブドウ糖を制御し、糖尿病の慢性合併症防止に役立つことが研究によって示されています。通常、糖尿病による長期合併症は微量栄養素(体内のビタミンおよびミネラルレベル)に反比例します。

天然物による糖尿病予防

血糖コントールは、様々な天然物によって改善します。その主な一例として、ポリグリコプレックス(PGX)といった高粘性かつ食物繊維豊富なサプリメントや、ホウライアオカズラ(Gymnema sylvestre)、シナモン、クワの実、その他の植物を含むハーブエキスがあります。

糖尿病による合併症は、以下の4つの天然物を摂取することでも予防できます。

  1. 強力なマルチビタミン・マルチミネラル。糖尿病患者は、特に水に溶けやすいビタミンやミネラルなど、豊富な栄養素の摂取が必要とされています。研究では、これらの栄養素を含むサプリメントが血糖コントロールを改善、および糖尿病による致命的な合併症の発症を予防または低下させることが示されています。さらには、マルチビタミン・マルチミネラルを含むサプリメントは免疫機能を高め、糖尿病による感染を低下させます。ここで示されている「強力」とは、1日の標準摂取量(RDI)が3倍から5倍の水溶性ビタミン、1日の標準摂取量が最低限の脂溶性ビタミン、および全種類のミネラル(特にクロム)を含む製品を意味します。
  2. マグネシウム。クロムは、インスリンの働きを活性化させる物質としてよく知られていますが、これにはマグネシウムも欠かせません。糖尿病患者は、その半数以上がマグネシウム不足と示されているため、マグネシウムを含むサプリメントの摂取が推奨されています。

臨床試験では、糖尿病患者でマグネシウムを含むサプリメントがインスリンの反応および作用、耐糖能、および赤血球の膜流動性を改善することが示されています。最良の結果を得るには、1日に300~500mgのアスパラギン酸マグネシウムまたはクエン酸マグネシウムなど(どれくらい予備のマグネシウムが必要なのかを算出するには、各種サプリメントに含まれている量を必ず確認)、とても水溶性の高いマグネシウムを摂取します。腎不全を患っている方、または透析治療を行っている方は、マグネシウムを含むサプリメントする前に医師に相談してください。

  1. フラボノイド豊富なエキス。最近の研究では、糖尿病による長期合併症、特に糖尿病性網膜症 の予防において、フラボノイドがとても重要な成分であることが分かりました。その結果、作用機序とフラボノイド豊富なエキスがもたらすメリットには、多くの共通点があることが判明しています。以下は各種エキスの摂取基準量です。
  1. アルファリポ酸。これはビタミンと似ており、「自然界で理想的な抗酸化物質」と呼ばれている成分で、水溶性または脂溶性の活性酸素を細胞の内外で抑制します。アルファリポ酸は、糖尿病性神経障害 の治療においてドイツで30年以上もの間使われています。この酸による糖尿病性神経障害の改善は、主に抗酸化作用によるものとして捉えられてきましたが、他にも血液のブドウ糖代謝や末梢神経内の血流の改善が示されただけでなく、実際には神経線維の再生を促進します。1日の摂取基準量は400~600mgです。

サプリメントのメリットを活用

無論、ここで掲げられた糖尿病予防に役立つオプションは、ごく一部にしかすぎません。多量のサプリメント摂取のようにも思えますが、これには正当な理由があります。最も大切な理由として、ここで推奨されたサプリメントは糖尿病患者の痛みを大きく和らげ、クオリティ・オブ・ライフを改善させます。

症状

天然ハーブと血管性認知症

症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法