header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

アーユルヴェーダが教える秋の季節に体のバランスを整えるためのヒント

10月 19 2017

アーユルヴェーダは、5000年の歴史を持つインド医学です。主に注射やサプリメントに依存して病気を治癒するアメリカの医療法とは異なり、アーユルヴェーダでは、ハーブ療法、マッサージ療法、ヨガの呼吸法、体のバランスを整える食事療法が用いられます。

アーユルヴェーダの医学体系によれば、人はそれぞれ1つまたは複数のドーシャの組み合わせに支配されています。ドーシャとは、体と心の全ての動きを支配する要素です。ピッタ、カファ、ヴァータという3つのドーシャが存在します。これら3つのドーシャの影響は、私たちの体質と思考パターンの中に見出され、季節によってそれぞれの影響が強まります。秋には、ヴァータドーシャが優勢になることがよくあります。

動性、軽い、不規則、乾燥というのがヴァータの性質で、気温が下がって変動し、風が強くなると同時に、葉っぱが乾燥し脆くなるという外界の様子に、これらの性質を見て取ることができます。これらの変化は、私たちの心と体にも影響を及ぼします。ここでは、ヴァータドーシャが制御不能になろうとしていることを示す兆候をいくつかご紹介します。

  • 肌、唇、鼻孔の乾燥
  • 耳痛や耳鳴り
  • 腹部飽満、便秘、ガスが溜まる
  • 活動亢進(衝動的発言を含む)
  • 不眠症や睡眠障害
  • 手足の冷えや冷え性
  • 脱力感、不穏状態、疲労
  • 物忘れや集中力の低下
  • 神経質、恐れ、不安

以下、秋の季節に体のバランスを整えるための13のヒントをご紹介します。この記事内:

鼻を洗浄し保護する

舌磨きを行う

温かいものを食べる

ペースを落とす

チャイを飲む

就寝前に何か軽く口にする

健康的な脂質で潤いを補給する

オイルマッサージを行う

瞑想を行う

毎日汗をかく

立ち止まって香りを楽しむ

体を暖かく保つ

お酢を垂らす 

1. を洗浄し保護する

高名なアーユルヴェーダの専門家たちは、風邪の治療や予防に、薬効のあるパウダーやオイルを鼻に適用するナーシャや、簡単に鼻洗浄が可能なネティウォッシュを推奨しています。ネティウォッシュは、余分な鼻水やウイルス、バクテリア、ホコリを洗い流すのに効果的です。小さじ1/4杯のヨウ素無添加塩を、予め沸騰、蒸留または濾過した水に混ぜ、ネティポットに入れます。洗面台の上で前かがみになり、頭を少しだけ横に傾けた状態で、ネティの容器の先端を上側の鼻の穴に挿入します。食塩水を鼻孔の中に流し込み、下側の鼻の穴から出します。鼻孔から鼻水を取り除くために優しく鼻をかみながら、鼻の穴ごとにこの手順を3回繰り返します。研究によれば、食塩水による鼻洗浄は風邪、季節性のアレルギー、慢性的な鼻の症状に効果があることが示されています。また、子供のインフルエンザや風邪の再発を予防する効果もあります。

2. 舌磨きを行う

アーユルヴェーダでは、舌の特徴を観察することで、体の中で起きているさまざまなことを理解できるとされています。さらに、一日をどう始めれば良いかを知る手掛かりにもなります。消化管がきれいで内臓が健康な人は、強めのピンク色の舌をしています。ところが、食べ物が未消化の状態で残り、内臓が詰まっている場合は、味蕾以外に薄膜、けば、隆起のある層が確認されます。舌の状態が後者の場合、除去が必要な毒素が体内に存在することを示します。毒素を根絶するには、解毒作用のあるジュースを飲んだり、体内の完全洗浄を行ったり、あるいは資格を有するアーユルヴェーダの専門家に特別な食事療法についてのアドバイスをもらい、解毒を行うことが重要です。ただし、まずは舌に付いた毒素を磨き落として、毒素が消化系に再び取り込まれるのを防ぎましょう。舌磨きを行うには、ステンレス製スプーンの端の部分か、舌クリーナーを利用します。舌クリーナーはオンラインか、多くの健康食品店で購入することができます。ステンレス製のクリーナーは錆が出ないため、この作業に最も適しています。舌を後方から前方に優しくこすって、輝くきれいな舌を手に入れましょう。

3. 温かいものを食べる

秋は食べ物をしっかりと調理して、温かい状態でいただきましょう。ポップコーン、クラッカー、グラノーラバー、果物、ナッツ類などの乾燥した食べ物は避けましょう。また、生のスムージー、サラダ、ジュースなども避けてください。自分の本能に従い、お粥、ブイヨン、スープ、シチューなど、特に根菜類が含まれたものの摂取量を増やすことが大変重要です。また、ウイキョウターメリックシナモンカルダモンなど、体を温める効果のあるスパイスを使うことも有益です。

4. ペースを落とす

ヴァータのバランスが崩れた時には、体をもっとゆっくりと動かすことが必要です。ジムでのワークアウトについても、無理をしないようにしましょう。体力を奪うような苦しい過度のストレッチは避けてください。その代わり、関節周りの安定や強化につながるようなエクササイズを重点的に行います。ヨガ、長時間のウォーキング、自転車などを試してみてください。

5. チャイを飲む

最寄りの健康食品店で、別名トゥルシティーとも呼ばれるホーリーバジルティーを購入します。コーヒーが好きな人は、コーヒーの苦みがヴァータに反するので、ハチミツで甘みを付けたミルク入りのチャイティーを作るのがおすすめです。また、冷やした水や冷たいビールは、食べ物の消化速度を遅らせる傾向があるので避けてください。

6. 就寝前に何か軽く口にする

就寝前にハチミツ入りの温かいミルクを飲むのは、ヴァータ体質の人にとって有効です。体を温める効果のあるスパイスを少し加えると、大地とつながるような感覚が得られ、タンパク質が就寝前の体をリラックスさせてくれます。

7. 健康的な脂質で潤いを補給する

健康的な脂質の摂取量を増やすことは大変重要です。ヴァータの食べ物は乾燥しているため、体に内側から潤いを与える食べ物を摂取するようにしましょう。最もおすすめなのが、ギーココナッツオイルフラックスシード、アボカドです。ビーガンの方には、ココナッツミルクが一番おすすめです。それ以外の方には、乳製品が有効です。

8. オイルマッサージを行う

オイルマッサージは神経系をリラックスさせ、肌や体内組織に栄養を与え、血液中の不純物を取り除きます。機械に油を差すのが必要なように、私たちの体も環境による消耗から保護するため、そしてまた単純に快楽を得るために、オイルを必要としています。ここでは、ドーシャの種類に応じた一番良いオイルをご紹介します。

これらのオイルを体に直接すり込む際には、低温圧搾されたオーガニックオイルを使用しましょう。お風呂場の準備をして、バスタブに入り、マッサージ中に体を暖かく保つために5~10センチのお湯を張ります。この方法で行うことで、家の中を汚さずに済みます。

始める前に、オイルをゆっくりと温めるために、オイル1/4カップをプラスティック製の透明なスクイズボトルに注ぎます。このボトルを沸騰したお湯の中に入れ、温かくなるまでそのままにします。入浴後に体を拭くためのきれいなタオルの準備もお忘れなく。

アーユルヴェーダのマッサージは、指、手のひら、掌底を使って行います。お腹や関節部分は円を描くように、腕や足は上下方向のストロークを使います。終わった後は、体に付いたオイルを拭きとらずに30分間放置し、その後温かいお風呂かシャワーを浴びます。温水は毛穴を緩め、オイルが体のより深層の組織へと浸透するのを助けます。

ただし、自分自身でこの特別なトリートメントを行えない場合は、マッサージを予約し、施術者にセサミオイルかアーモンドオイルを使用するよう依頼してください。

9. 瞑想を行う

瞑想の時間を確保しましょう。ヴァータなマインドが引き起こす内的対話のレベルは、相当耐え難いものになる場合があります。そこで、時として圧倒的な不安の波が押し寄せるのを防止するために、15分間の瞑想セッションで1日をスタートさせましょう。瞑想は、人生において必要不可欠な習慣の一つです。にもかかわらず、最も忘れられがちな習慣でもあります。マインドフルな状態になる時間を毎日確保することで、幸福感を大きく高めることができます。

10. 毎日汗をかく

発汗法はスヴェーダナとも呼ばれ、クレンジング療法の優れた補完療法であり、より大きなスケールで器官系の解毒を助けます。一番良い方法は、ジンジャーバス、スチーム、サウナに入ることです。秋は乾燥が支配します。したがって、脱水状態になるのを避けるため、汗をかく直前と直後にオイルマッサージを行うことが大変重要です。体内洗浄を行う3~7日前は毎日、体内洗浄の実施中は毎日、そして体内洗浄完了後は週3回、上で紹介した発汗法のいずれかを取り入れてみてください。

11. 立ち止まって香りを楽しむ

伝統的に、特定の植物の花、樹皮、根、茎の中にある天然のエッセンシャルオイルは、身体や感情のバランスが崩れた際の治療に利用されてきました。これらの植物がもつ芳香特性には、かなり刺激的なものや、リラックス効果の高いものがあります。パルスポイントに数滴垂らしたり、単純に香りを嗅ぐだけで、高い治療効果が得られる可能性があります。

12. 体を暖かく保つ

体を暖かく保つことは非常に重要です。重ね着をして、バスオイルバスソルト、あるいはシンプルにバブルバスを使ってゆっくりと入浴します。外出の際には、喉は寒さに対して非常に弱いので、首にスカーフを巻くようにしましょう。

13. お酢を垂らす

最適な水分補給を行うために、より多くの液体を飲みましょう。ただし、氷は避けてください。細胞にとって温かい水はより吸収が容易である一方、発泡性の冷たい飲み物は消化を妨げます。朝、最初に口に入れるものとして、すりおろした生姜、レモンに少量のリンゴ酢を入れたお湯を飲んで、水分補給を行って、体をアルカリ性にしましょう。日中は室温の水を飲んで、夜はハーブティーを飲みましょう。

秋は、風邪やインフルエンザ、そしてあらゆるタイプの副鼻腔炎が流行する季節です。それでも、上のアドバイスに従って寒い季節に備えることで、これらの問題を予防し、季節を通して健康に過ごすことができます。それでは、鼻を洗浄・保護し、温かい食事をとって、瞑想とマッサージを行って、健康に過ごしましょう。

健康

肝臓の健康を自然に改善する方法

健康

アミノ酸についての究極のガイド

健康

体のメンテナンス、保護、修復に必須のアセチル-L-カルニチン