header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

新生児に関して多く寄せられる質問への回答

1月 29 2018

クリステン・ブルーノ医学士

子供が産まれた際、質問されたいことがあると思います。この記事では、小児科医に最も多く寄せられた質問にお答えします。

おならをしやすい赤ちゃんには何をすればよいですか?

どの赤ちゃんでもおならはしますし、ほとんどがすぐに緩和されます。乳児のおならは通常、どの乳児でも頻繁に泣くことと同じように、息を吸うことで生じます。大半の乳児はガスの痛みで不快感を感じます。一時もじっとしていなかったり、両足を曲げたり、泣くことはお気づきだと思います。親は、どうすれば赤ちゃんのおならを減らすことができるのか心配します。以下は、おならの多い赤ちゃんを和らげるいくつかの方法です。

  • 自転車をこぐように足を動かす:赤ちゃんを仰向けに寝かせて、自転車をこぐように足を動かします。
  • お腹を撫でる:赤ちゃんを平らな場所でうつ伏せに寝かせ、手でお腹を優しく撫でます。
  • 温める:赤ちゃんのお腹の上に(服の上から)温かいタオルまたは手ぬぐいを置き、包みます。
  • 授乳姿勢:授乳中は、赤ちゃんの頭と首をお腹よりも高い位置に保ちます。哺乳瓶をお使いの場合は、瓶の底を少し上げて乳首の周りに空気が集まらないようにします。
  • げっぷ:授乳中および授乳後は、何度もげっぷをさせるようにします。
  • おならを和らげる薬:おならをしやすい赤ちゃんの親の多くは、プロバイオティクスMyliconドロップ、グライプウォーターがおならによる痛みを和らげることを見つけています。

赤ちゃんがおならで過剰な痛みを感じて上記の薬を与えても効かない場合は、母乳時や乳幼児用のミルクなどの食べ物に関し、かかりつけ医にご相談ください。

どうすれば赤ちゃんを夜に寝つかせられますか?

寝つかせる点において新生児は、夜と昼を区別することがほとんどできません。赤ちゃんは24時間活動するため、早い時期に夜は寝る・食べるということを学ばせる必要があります。また、赤ちゃんを産んだばかりの親にも休息が必要です。赤ちゃんが夜の授乳の間に寝られるよう、夜には普段とは違う行動を示すことが大切です。以下はその方法です。

  • 日中:日が入るようにシェードを上げます。電気を付けます。散歩に行きます。赤ちゃんに話しかけます。赤ちゃんは通常、日中の間に最長で2時間は寝ます。
  • 夜間:部屋を暗いままにします。おむつを替えたり授乳の際に、授乳ライトなどで最小限の光を当てるようにします。授乳のため赤ちゃんが起きた場合は、はじめにおむつを替え、布でしっかりとくるんで授乳します。授乳後は、すぐにまた寝ていた場所に戻します。

赤ちゃんは1日に2~3時間ずつ、最長で16時間寝ることがあります。赤ちゃんによっては、生後24ヵ月になると夜通し寝るようになります。それぞれの赤ちゃんには違いがある点を覚えておくことが大切です。たとえ食べ物を母乳から乳幼児用のミルクに変えたとしても、赤ちゃんが夜通し寝るための助けにはなりません。

赤ちゃんを夜の間に長時間寝させるようにする最良の方法は、早い時期に習慣を身に付けさせ、それを守ることです。赤ちゃんは、たとえ寝なかったとしても、寝させるように床につかせることで、一人で寝ることを学びます。また撫でたり、心地よい音楽をかけたり、音響機器を使うことで、寝る習慣が身に付く場合があります。

新生児頭部皮膚炎はどのように治療しますか?

新生児頭部皮膚炎(年長児や大人ではふけ)は、頭皮、耳の後ろ、眉毛に分厚くて白い、または黄色のうろこのようなものが現れる症状です。研究者は、この症状は皮膚の分泌腺における皮脂の過剰分泌が原因と考えています。新生児頭部皮膚炎は、およそ生後2ヵ月の乳児でとてもよく見られる症状です。赤ちゃんに害を及ぼすことはありませんが、親の気をよく駆り立てます。ほとんどの親にとって、赤ちゃんの頭皮に張り付いた油っぽいうろこをすぐに取り除くことは、決して簡単にはいきません。新生児頭部皮膚炎は、家でも簡単に行える治療法で、対処して和らげられますが、治すことはできません。通常、1歳になるまでになくなりますが、子供によっては幼児期に入ってから再発する場合があります。新生児頭部皮膚炎を一時的に和らげる方法は、以下の通りです。

  • 赤ちゃんの頭皮にミネラルオイルココナッツオイルまたはベビーオイルを塗り、10分おきます。次にシャンプーで洗い、柔らかい歯ブラシや洗面タオルでフケを取り除きます。
  • 種類が豊富な、髪に優しい新生児頭部皮膚炎用のシャンプーを馴染ませ、数分間おいてから洗い流します。
  • 新生児頭部皮膚炎の症状が極端に悪い場合は、かかりつけ医にご相談ください。年長児の新生児頭部皮膚炎には、薬用シャンプーおよびクリームの使用を検討する場合があります。

なぜ赤ちゃんは泣くのですか?

泣くことは、赤ちゃんにとってのコミュニケーション手段です。理由はたくさんあり、ほとんどの赤ちゃんが1日に合計で何時間も泣きます。赤ちゃんが喜んだり、落ちついていてほしいとのみ願う親にとって、泣くことはストレスになります。赤ちゃんが泣いた際、その最も一般的な理由を探し、問題を特定するようにします。

赤ちゃんが泣く最も一般的な理由はおしっこまたはうんち、おなら、お腹が空く、疲れる、寒いまたは暑い時で、これらは通常、簡単に特定できます。とは言え、親が簡単に理由を特定できない場合にも泣くことがあります。赤ちゃんはその場の環境にとても敏感で、生後68週間になると、明らかな理由もなしに泣くことがよくあります。それは照明が明るすぎたり、犬の鳴き声がうるさすぎたり、声が大きすぎたり、室内に置かれた芳香剤のバニラの香りがきつすぎたりなどの理由が掲げられます。赤ちゃんが求めるものをすべて満たし、それでも泣き止まない場合はなだめるようにします。私のお気に入りは、ハーヴェイ・カープ博士が開発した“5つのスイッチ手法、すなわちイライラしやすい赤ちゃんをなだめるお決まりの手法です。その基本とは、おしゃぶり、おくるみ、シーッという合図、横向き、ゆらゆらです。

どれくらいのミルクを飲ませればよいですか?

与える量や食べさせる頻度に関しては、それぞれの赤ちゃんに特徴があります。母乳の場合は1.54時間おきに飲み、特に夜の場合は授乳の直後にまた欲しがるようになります。母乳で育てる新生児は最初の数週間の間、できるだけ何度も、そして長く乳を飲ませるように推奨される一方で、母乳を与える間隔が身に付き、母親と赤ちゃんは共に学べます。乳幼児用のミルクを使用する場合、退院してからは通常、最低1オンス(30ml)のミルクを24時間おきに与えます。乳幼児用のミルクを与える赤ちゃんの大半は、最初の数日間が経った後、24時間おきに23オンス(60-90ml)を飲むようになります。乳幼児用のミルクおよび母乳で育てる赤ちゃんは共に、日々のビタミンDによる栄養補給が必要です。かかりつけの小児科医は、このビタミンDの摂取をいつ止めればよいのか教えてくれますが、およそ46ヵ月は摂取するものとお考えください。

授乳に関するその他のヒント:

  • 赤ちゃんが泣く前に授乳します。赤ちゃんが落ち着いていると、母乳の場合はおっぱいに吸い付きやすく、哺乳瓶の場合はミルクが飲みやすくなります。お腹が空いた際の初期兆候は、ルーティング反射、口に手や拳をあてる、口を開ける、下を出す、頭を左右に動かすなどがあります。お腹が空いていたとしても興奮している赤ちゃんは、授乳がしにくくなります。
  • 成長スパートは生後から10日後、そしてまた、およそ34週間後に起きます。このような時期に赤ちゃんは、食べる量が増えます。
  • 夜の間に長めに寝る赤ちゃんは、この間に取らなかった栄養を補うため、昼の間に食べる量が増えます。かかりつけの小児科医は、夜の授乳の間に赤ちゃんを4時間以上寝かせてもよいか教えてくれます。
  • 授乳が終わった後でも赤ちゃんが満足しない、もしくはお腹が空いていて12時間以内にまた欲しがる場合は、哺乳瓶当たりのミルク量を増やすことを検討します。

どうすればSIDSの危険性を低下できますか?

SIDS(乳幼児突然死症候群)は、子供が産まれたばかりの親であれば誰もが恐れる症状です。アメリカでは2015年におよそ1,600人の幼児がSIDSにより、また900人の幼児が予期しない首への締め付け、またはベッドでの窒息で死亡しました。SIDSによる死亡は生後14ヵ月の幼児の間で最も多く、90%以上が生後6ヵ月前の幼児です。SIDSによる死亡は、仰向け寝キャンペーンの実施後に最大となった50%の低下を含む、ここ25年間で低下し続けています。引き続き行われている研究では、SIDSに関する知識や予防対策において進展が見られています。

SIDSの危険性を低めるには、赤ちゃんが少なくとも生後12ヵ月になるまでは以下の項目に従ってください。

1. 赤ちゃんを必ず安全な睡眠環境で寝かせる

  • 必ず仰向けに寝かせます
  • あなたのベッドでは寝かせないようにします
  • 他の子どもとは寝かせないようにします
  • シーツでぴったり巻いた硬いマットレスを敷いたベビーベッド、Pack N Play、新生児用かご型ベッドを使います。枕、毛布、ベッドバンパー、ぬいぐるみ、ぬいぐるみ付ブランケットは与えません
  • 少なくとも生後6ヵ月になるまで、赤ちゃんのベッドはあなたの部屋に置きます(米国小児科学会は生後1年を推奨)

2. タバコを吸わない

  • 赤ちゃんの周りでは誰にもタバコを吸わせないようにします
  • 赤ちゃんをタバコを吸ったばかりの部屋や車に入れないようにします

3. おしゃぶりを与える

  • 寝かせるためにおしゃぶりを与えます。たとえ夜に吐き出したとしても、替える必要はありません
  • 母乳を与える母親は、赤ちゃんが食べ方を学んだ後におしゃぶりを与えます

4. 母乳はできるだけ長い間与えます

5. 定期健診に毎回赤ちゃんを連れて行き、予防接種をします

6. 温度を監視する

  • 赤ちゃんの体温が上がりすぎないようにします
  • 赤ちゃんが寝る部屋を快適な温度に保ちます
  • あなたが普段着る服よりも1枚多く着させます。スリープサックは効果的です

初めてのお子様を持つ親にとっては戸惑う場合もありますが、かかりつけの小児科医は電話一本で連絡が取れることを忘れないようにしてください。

健康

ペット用の最良のサプリメント

健康

エッセンシャルオイル入りの天然かつ自家製のボディミスト

健康

SAMeの天然作用 — 気分を向上、痛みを和らげ、脳を活性化