beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

レチノールの代わりに使える敏感肌用の製品

8月 9 2019

この記事の内容:

レチノールレチノールは、お肌の老化やにきび肌の軽減に役立つスキンケア製品としてとても人気があります。ビタミンAから抽出されており、酸化ストレスの軽減に役立つ抗酸化物質です。

レチノールはコラーゲンを高め、お肌をふっくらさせ、しわを減らすとも言われています。皮膚細胞から角質を取り除いて古い角質層を落とすのに役立つので、新たな皮膚の成長を促します。お肌の色調を改善する場合もあり、皮膚科医によって高い用量で処方される場合もあります。

レチノールセラムの問題点

体の皮膚や顔にレチノールクリームを塗るとかなりの効果が期待できるかもしれませんが、敏感肌には有害な反応が生じることがあります。

乾燥肌、カサカサな肌、赤い肌、炎症の原因となることがあります。お肌を乾燥してしまう場合が多いので、よく夜間に塗ることが勧められます。このような製品の多くは、朝に顔を洗ってモイスチャライザーを塗ってこの効果に対処することを勧めています。

しかし、日光に当たりすぎると他の悪影響も出るかもしれません。そのため、日焼け止めはレチノール入りをお勧めします。それでも、敏感肌には負担が多すぎるかもしれません。

レチノールのいくつかの副作用は次の通りです。

  • にきびの発生
  • 皮膚のヒリヒリ感と痛み
  • 乾燥肌、かゆみ、カサカサな肌

スキンケアと敏感肌

レチノールは、セラム、ナイトクリーム、デイリーモイスチャライザー製品、またはケミカルピールの成分として使用できます。これらの製品でお肌を爽やかにすることができますが、ヒリヒリしたり赤くなったり、敏感さが増すこともあります。

過酷な化学物質や他の物質にも反応する敏感肌の方には、レチノールは負担がかかりすぎるかもしれません。レチノールによってお肌がヒリヒリしたりにきびが発生したりすると痛みや不快感がもたらされます。幸いなことに、レチノールの代わりに敏感肌に適した植物由来の製品も市販されています。

レチノールの代替品をお勧めする理由

お肌の健康を著しく改善することができる健康・美容製品の種類はたくさんあります。スクラブ、天然オイルモイスチャライザー抗酸化物質を含むものにはきつい副作用がなく、レチノール製品の代用品として優れています。レチノールに敏感な方には、通常のスキンケアの代わりにこれらの優れた製品を勧めします。

レチノールの代用品のメリットには次などがあります。

  • 副作用が少ないか全くない
  • 天然のスキンケア製品
  • 低価格
  • 1日のうちいつでも使える
  • 他の製品と組み合わせてヘルスケアのバランスを取ることができる

ベータカロチン

ベータカロチンは眼の健康に良いことはよく知られていますが、紫外線によるダメージから皮膚を守る効果もあるのです。このため、日焼けによる悪影響が減り、やけどからの回復が早くなります。

また、早期老化の影響を防ぐのに役立つ強力な抗酸化物質でもあります。ベータカロチンは体内でビタミンAに変換されて同じメリットを提供しますが、これはより自然な方法なのです。

ベータカロチンは、ニンジン、カボチャ、バタースカッシュをオレンジ色にする色素です。サプリメントとして、美容製品から、または食品から摂取できます。

ローズヒップオイル

ローズヒップオイルは、開花した後のローズブッシュから収穫されます。この小さな果実は昔から民間医療で多くの目的に使われてきました。一般的には、皮膚の治癒を促進し、お肌の輝きを取り戻すのに必要な栄養素を提供する効果が期待できる抗炎症特性のために利用されています。

抗酸化物質だけでなく、ローズヒップオイルにはお肌の水分補給と修復に役立つ必須脂肪酸が含まれます。これにより、顔や体全体にしわが少なくなり、自然な輝きが生まれます。ローズヒップには収斂性もあるので、そのオイルは毛穴を引き締め、お肌の色合いを均一にして引き締め、傷跡を薄くするのに役立ちます。

アーモンドオイル

アーモンドオイルはサラダに使うものと考える人は多いですが、お肌へのメリットも多いことを知って驚く人も多いのです。天然のマッサージオイルとしても人気があり、毎日のスキンケアにも加えることができます。

アーモンドは健康増進作用があることで知られています。特に、健康な細胞に必要であるミネラルが豊富に含まれるのです。必須の脂肪と抗酸化物質もお肌をより健康でみずみずしくする役目をするのです。また、目のクマや腫れぼったさを軽減する効果もあります。

アーモンドオイルのアンチエイジングの特性はくすんだお肌を元気にするために使われることが多く、紫外線から体を保護するためにも使うことができます。お肌にすっと吸収される軽めのオイルなので、あまり毛穴を詰まらせません。乾燥肌を癒すのに優れた効果を発することがあり、シュガースクラブに加えると美容効果が増強されます。

アルガンオイル

アルガンオイルはスキンケアやヘアケアの製品として人気があります。これはモロッコに自生する木の実から作られています。純粋なオイルを直接お肌に塗るか、摂取してそのメリットを楽しむこともできます。スキンケア製品に追加されることが多く、サプリメントとしても利用できます。

日焼けによるダメージからお肌を守り、日焼けが原因の皮膚病が発症するのを防ぐ効果もあるのです。フリーラジカルによるダメージを防ぐことができるため、色素沈着過剰や火傷の予防にも役立ちます。

また、高級なモイスチャライザーとして使われることも多いです。ビタミンEが入っているので、皮膚の水分保持を改善して慢性的な乾燥を防ぐことができます。抗炎症性があるので、ニキビ、乾癬、酒さなどの症状の治療に使用することができます。

アルガンオイルには刺激、かゆみ、発赤を緩和する能力があるため、敏感肌に最適です。このリストに記された他のオイルよりも高価なことがあるので、DIY美容製品を自分で作りたい方にはお勧めできないかもしれません。しかし、市販製品をお好みの場合は、そのようなクリームやモイスチャライザーの多くに高品質のアルガンオイルが入っています。

ココナッツオイル

ココナッツオイルは、驚くほど健康にメリットをもたらすために最近はかなり人気になっています。スーパーフードとして知られており、用途が多いことで人気の製品となっています。DIYレシピ、ボディケア製品、自然の健康療法やおいしいレシピの多くに使われています。

ココナッツオイルは脳と腸の健康増進に役立つことで知られていますが、この優れたオイルはスキンケアや美容製品にも理想的なのです。有用な脂肪の組み合わせが含まれており、お肌の状態を他に例を見ない独特な方法で改善させます。

美容製品としてココナッツオイルを使うと、お肌のバリア機能と一般的な健康が向上するかもしれません。抗炎症性、抗真菌性、抗細菌性があるので、乾燥や刺激に敏感なお肌のニキビ治療に使うと理想的です。また、ココナッツオイルは日焼け止めとしても作用するので、朝にモイスチャライザーとして使うと顔と体を有害な紫外線から守りたい場合は効果が期待できるかもしれません。

ここで示した他の多くのオイルのように、ココナッツオイルも穏やかなメイク落としとして使うことができます。保湿しながら汚れやメイクの残りを取り除く役目をします。

ビタミンEオイル

一般的に、ビタミンEは単一のビタミンであると考えられていますが、これは間違いです。実際には、いくつかのビタミンがともに働いて強力な抗酸化作用をもたらしているのです。ビタミンEオイルビタミンEオイルは、お肌のシミを取り除き、皮膚細胞を再生するのに役立ちます。

ビタミンEオイルは、お肌に塗ったり摂取したりもできます。内臓と眼の健康にも良いサプリメントとしても利用することができます。紫外線によるダメージを防ぎ、しわを減らし、より若々しく見せる効果も期待できます。

ビタミンEは乾燥肌やカサカサしたお肌の治療に使われ、皮膚細胞が水分とハリを保つサポートをします。かゆみや湿疹を減らすのにも役立ちます。ビタミンEオイルは、保湿性のために傷跡を目立たなくする効果のためにもよく使われています。

お肌に合った選択

敏感肌に適切なスキンケア製品を見つけるのが難しい場合は、自分の肌にとって完璧なバランスの成分を見つけるまで試行錯誤しなければならないかもしれません。植物由来で レチノールの代わりになる製品の多くは穏やかですが、人によって反応は異なります。

始めのうちはアーモンドオイルを試し、ビタミンEなどの成分を徐々に加えるとスキンケアがより効果的になるかもしれません。これらをレチノールの代わりに使用する場合、体の反応を注意深く観察しながら調整するように注意しましょう。

美容

オーガニック美容製品で最高の気分と外観を楽しむ

美容

適切なハンドサニタイザーの選び方

美容

暑い季節にぴったりな毎日のスキンケア