beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

セルフケア専門家の毎日のルーティン

ニキア・フェニックス

この記事の内容:

日常生活の中で、自分の状態をチェックしていますか?自分自身に愛情を持って接していますか?ちょっと休憩するための時間と空間を自分に与えていますか?これらの質問はあなたを自己嫌悪に至らせるためのものではなく  日頃気に留めていない部分に注意してもらうためのものです。これが、セルフケアの目的です。自分が愛されていて、自分自身は愛する価値がある人間だということを思い出させてくれます。スパに行くために仕事を休む、などは名案に聞こえますが、そういう話ではありません。ここでお話しするのは、ストレスで健康に害が及ぶことを防ぐために毎日できる、ちょっとした予防策のことです。

今私が飲んでいる暖かい ラベンダー のモーニング ティー の香りが部屋を満たしています。外の天気は曇りですが、私の内面は輝きに満ちています。それはなぜでしょう?私の心は、朝目覚める時に安らかだからです。目覚ましのうるさい音で起きたり、急いで支度したりしなかったからです。いつも自分に対する愛を感じながら目覚めることにしています。私が日常的に行っているちょっとしたセルフケアとは、自分に愛情を持って接して敬意を示すことです。 

朝のセルフケアのルーティン

ずいぶん前のことですが、朝起きてベッドから起き上がる時にいつもする”あること”によって気分が惨めになっていることに気づきました。このために1日が台無しになっていました。そう、あのおなじみのルーティン、アラームのことです。スヌーズを押し続け、やっとベッドから起き上がった後にもう遅れていることに気づきます。おいしいコーヒーやお茶を飲む時間もありません。渋滞に巻き込まれて、仕事にもちょっと遅れて到着。もちろんん上司にもバレています。遅刻したことに気後れしているあなたは、いつも以上にがんばろうとします。ランチはデスクで食べ、プロジェクトを片付けるために残業をしてしまいました。帰宅した後には、ものすごく疲れて最悪の気分になっています。長い1日を終えて眠りにつきながら「なんでこうなったの?」と思いを巡らします。一番最悪なのは、次の日も朝起きて同じことをする、という点です。 

私は朝型なので、朝一番にセルフケアのルーティンをすることが最も効果的だと思っています。私の母から最近聞いたのですが、急いだりストレスを溜めることがないように、私が子供の頃は余裕を持って起こしてくれていたそうです。大人になった今でも余裕を持って起きるようにしています。びっくりするような音のアラームは使いません。スヌーズすればするほど音量がだんだん大きくなる穏やかな音を使っています。実際には、起きる時間になると体内時計が起こしてくれるのです。アラームはそのバックアップのようなものです。 

私が毎日必ずすることの一つに、感謝の心を示す、ということがあります。呼吸をしていて人生を満喫するための新たな日を生きれることを、お祈りするように声に出して感謝します。それから、床で私の足を温めてくれる飼い猫に向かって愛を示します。ふかふかのペットも私への愛情を示してくれ、いつも完璧なタイミングで穏やかな気分にさせてくれます。私はベッドから起き上がる前に心を静めて瞑想します。ほんの数分なのですが、1日に向けて心を整えるために時間を取っているのです。頭をすっきりさせるもう1つの方法として、朝とたまには夜にもジャーナリング(書く瞑想)しています。 

朝シャンを浴びるまでには頭がすっきりしており、昨日までの出来事にストレスを感じることはありません。すでに前向きになっているからです。鏡に向かって美容のルーティンをしている間には、 ジェードローラー を使って不安を解消したり、マントラのようにアファーメーション(自分自身へのポジティブな宣言)を繰り返し言います。「あなたは愛されている。あなたは十分。あなたには価値がある。」以前は不安を感じることが多かったのですが、今は朝のセルフケアのリチュアルをすることで成功に満ちた人生を送ることができると確信しています。 

1日中のセルフケアのルーティン

私が家の外に出る前に、すでに他の人にどのように接してもらいたいかが決まっているのです。セルフケアをすることによって、仕事での会議でしっかり自分の意見が言えるようになります。セルフケアをすることによって、仕事をしながらランチを食べることがなくなり、脳に必要な休憩を与えられるようになります。また、日中はもっと外に出て散歩に行くようにしました。自然の中にいると心から癒され、幸せな気分になります。 

毎晩のセルフケアのルーティン

昔から「怒ったまま眠りにつくな」と言われてきました。これはもともとカップル向けのアドバイスだと思うのですが、私は自分自身と1日を生きるためのアドバイスだと考えています。ずっと気にかかっていることや、頭から離れないことなどは夜寝る前に解消するようにしています。夜にお風呂に入るときは、キャンドルを灯してストレスを解消するときもあります。ジャーナリングをしたり、クンダリーニヨガをやったりしてネガティブ思考をストップさせるときもあります。寝る前には ラベンダーオイル を首にぬって心をもっと落ち着かせるようにします。目を閉じる直前に感じる気持ちは、恵みと感謝のみです。  

週末のセルフケア

しっかりセルフケアをするために必ず守りたいことをあらかじめ決めておきました。週末は休息して遊ぶためだけの時間にしています。他の人に対する境界線を引くように、自分に対する境界線も引かなくてはなりません。私は、週末には絶対に仕事をしないと何年か前に決めました。メールをチェックしない。月曜日の仕事に向けて準備しない。そのかわりに、インナーチャイルド(子供になったような無邪気な気分)を労わることをしています。今の私はインナーチャイルドの私と一緒に色ぬりをしたり、アニメを見たり、庭で遊んだり、ダンスパーティーをすることもあります。来週の心配をするかわりに、クンダリーニヨガをする、好きな本を読む、長い時間 お風呂に入る、フェースマスクをするなど、自分の魂を労わるようなことをします。こうすると至福の気分になります。 

今すぐ自分を見つめる時間を取りましょう。緊張している部分はありませんか?それはどこから生じているのでしょう?自分に恵みを与えてください。今の自分の感情を受け止めながら、視点を変えてみましょう。ネガティブからポジティブな思考に変えるのです。自分の気分を良くするために、今できることとはなんでしょう?なにをするにも、まずセルフケアを通じて自分自身への愛情をしっかり感じるようにすると、日常的な不安やネガティブな感情を取り除くことができます。こうすることで自分の精神が自由になり、幸せがもたらされるのです。 

セルフケア

How to Practice Self-Care During the Holiday Season

セルフケア

5 Self-Care Tips To Avoid Work From Home Burnout

セルフケア

How This Esthetician Takes Care of Her Skin as Self-Care