beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

タンパク質分解酵素のクイックガイド

3月 4 2019

タンパク質分解酵素(またはプロテアーゼ)の製品は、重要な健康上の利点を提供する栄養補助食品の中でも間違いなく最も多用途の栄養補助食品の一つです。次のような健康上の課題がある人々のサポートにおいて効果的で、幅広いメリットがあることが臨床研究で文書化されています。

  • 喘息
  • アテローム性動脈硬化
  • 自己免疫疾患
  • 気管支炎
  • がん
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 消化サポート
  • 線維嚢胞性乳腺疾患
  • 食物アレルギー
  • C型肝炎
  • 帯状疱疹
  • スポーツ傷害と外傷
  • 膵機能不全
  • 多発性硬化症
  • 変形性関節症
  • 関節リウマチ
  • 副鼻腔炎

科学的に文書化されているこれらの条件やその他のメリットにもかかわらず、タンパク質分解酵素はそれほど利用されていません。

タンパク質分解酵素とは?

タンパク質分解酵素は、基本的には水を加えるか、タンパク質の構成要素である特定のアミノ酸間の結合を加水分解することによってタンパク質を分解します。タンパク質分解酵素の種類によってさまざまなアミノ酸結合を分解する能力が異なります。それぞれの種類のプロテアーゼは特定の種類のアミノ酸結合を破壊します。タンパク質分解酵素の例としては、真菌プロテアーゼ、 セラペプターゼナットウキナーゼなどの細菌性プロテアーゼ、ブロメラインパパインなどの植物プロテアーゼ、そしてブタの胃(ペプシン)や膵臓(トリプシンおよびキモトリプシン)由来のプロテアーゼが挙げられます。

タンパク質分解酵素が経口投与で空腹時に摂取された場合(特に胃酸耐性カプセルで摂取された場合)、そのままの状態で吸収されます。食事と一緒に摂取すると、タンパク質分解酵素は主に食事タンパク質の消化に利用されます。タンパク質分解酵素が吸収されると、血液や体液には酵素をブロックする特別な因子があるため、体のタンパク質が消化されることはありません。

抗炎症作用を発揮するタンパク質分解酵素

タンパク質分解酵素の最も一般的な用途はおそらく天然の抗炎症剤と言えます。この用途は、スポーツ傷害、外傷、捻挫、筋違い、外科手術、変形性関節症による疼痛や炎症の軽減に有効であることを示す多数の二重盲検試験を含む医学文献によく文書化されています。しかしながら、これらの分野におけるプロテアーゼ製品の有効性は、臨床用途として限度があることを無意識ながらも私は信じるようになりました。これらの製品は、イブプロフェンやアスピリンなどの薬よりもはるかに多様で臨床的に意義のある効果を発揮するため、天然の代替薬以上の役目をするのです。

例えば、一部の炎症状態におけるタンパク質分解酵素のメリットは、白血球によって産生される抗体とそれらが結合する化合物(抗原)との間で形成される体の分解複合体を助けることに関連しているように思われます。これらの免疫複合体の血中濃度が高い状態はしばしば「自己免疫疾患」と呼ばれ、慢性関節リウマチ、狼瘡、強皮症、多発性硬化症などの疾患が含まれます。より高濃度の循環免疫複合体は、潰瘍性大腸炎、クローン病、AIDSでも見られます。

気道をきれいに保つのに役立つタンパク質分解酵素

タンパク質分解酵素は気道閉塞粘液を分解することができます。ムチンのタンパク質に作用することで、粘性(粘着性とゲルのような性質)を減らすのに役立つのです。これにより、特に副鼻腔炎、気管支炎、喘息、慢性閉塞性肺疾患(COPD)の場合には、タンパク質分解酵素が気道をきれいに保つサポートととして非常に役立ちます。セラペプターゼは、このサポートに特に役立つように思われます。

他の健康状態におけるタンパク質分解酵素

タンパク質分解酵素の補給が効果的であるとされる症状は多くなりつつあります。 例えば、可能性のある用途の一つとして、C型肝炎や単純ヘルペス感染症を含むウイルス性疾患の治療が挙げられます。帯状疱疹(帯状疱疹)の治療に関するある研究では、経口投与されたタンパク質分解酵素は標準的な薬物療法(アシクロビル)よりも効果的でした。C型肝炎患者を対象とした研究では、タンパク質分解酵素は、検査値と症状の改善においてα-インターフェロンよりも若干優れていることが示されました。また、タンパク質分解酵素は急性および慢性副鼻腔炎、気管支炎、慢性閉塞性肺疾患、喘息においても非常に有用であると思われます。

用量

ナットウキナーゼセラペプターゼ などの個々の酵素を含む製品はありますが、ほとんどのタンパク質分解酵素の製品には、最大限の範囲の活性とメリットをもたらすために複数の種類の酵素が含まれています。重要なのは、十分に高いレベルのタンパク質分解活性を提供することです。酵素の強さや活性は単に重量に基づくだけではなく、酵素活性の実験室解析に基づいています。各タイプのプロテアーゼに特有の異なる測定単位は、食品用公定化学品集に基づいて使用されています。この資料は、酵素の長所を表現する標準的な方法として食品医薬品局(FDA)が使用しています。例えば、ブロメラインの強度は、実験室評価においてゼラチンをブロメラインに曝露した後のゼラチン消化単位(GDU)に基づくものです。

タンパク質分解酵素の製品の強度を測定するために使用する個々のプロテアーゼに対する推奨用量をここでご紹介します。複雑な混合物を使用する場合、それぞれのプロテアーゼの濃度はより低くなります。消化機能の改善以外の用途では、タンパク質分解酵素は食事の合間の空腹時に摂取する必要があります。

安全性

タンパク質分解酵素は一般的に耐容性に優れ、重大な副作用とも関連していません。正常な膵臓機能があるように見える被験者がタンパク質分解酵素を摂取しても有害な副作用は生じず、体内における膵臓酵素の産生能力も低下しませんでした。

タンパク質分解酵素のいずれにも重大な副作用は見られませんでしたが、ほとんどの食品と同様に軽微なアレルギー反応が起こることはあります。

タンパク質分解酵素は出血のリスクを高める可能性があるため、手術の少なくとも2日前後での摂取は推奨されません。

健康

再利用可能な自家製蜜蝋(ミツロウ、ビーズワックス)食品ラップ

健康

L-セリン :ALS(筋萎縮性側索硬化症)、パーキンソン病、アルツハイマー病対策への急進的な新アプローチ

健康

ミトコンドリアをパワーアップして健康に