header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

鉄分へのクイックガイド

8月 29 2018

鉄分は人間の生活にとって不可欠です。これは、赤血球(RBC)のヘモグロビン分子において中心的な役割を果たし、ここでは肺から体の組織へ酸素を輸送し、組織から肺への二酸化炭素の輸送を機能させます。また、鉄分はDNA合成を含むエネルギー産生と代謝におけるいくつかの重要な酵素の中でも機能します。

鉄分不足

鉄分不足は米国で最も一般的な栄養素の欠乏症です。鉄分不足のリスクが最も高いグループは、2歳未満の乳児、10代の女児、妊娠中の女性、および高齢者となっています。研究では、これらのグループの30〜50%もの人々が鉄分不足であるという証拠が見つかりました。

鉄分不足は、必要とされる鉄分の量の増加、食事からの摂取量の減少、鉄分の吸収率または利用率の低下、失血、または複数の要因の組み合わせによるものである場合があります。鉄分の必要量は、幼児期・青年期の成長加速現象の最中、および妊娠期や授乳期に増加します。現在、大部分の妊婦は妊娠期に鉄分補給を定期的に受けています。これは、妊娠期には鉄分の必要量が劇的に増加するので、通常は食事だけでは達成できないためです。

鉄分不足は貧血(赤血球の欠乏)の最も一般的な原因ですが、貧血は鉄分不足の最終段階であることは特記に値します。エネルギー生産および代謝に関与する鉄依存性酵素は、低い鉄分濃度に最初に影響を受けます。血清フェリチンは、体内の鉄貯蔵量を決定するには最良のラボテストです。

わずかな鉄分不足でさえ免疫機能を著しく損なわせる場合があります。鉄分不足は免疫系の感染を阻止する能力を大幅に低下させます。鉄分不足の人に共通して見出されることは、感染率の増加、リンパ組織の収縮、白血球濃度の変化、および白血球機能の欠陥が挙げられます。 免疫機能の障害、慢性的な感染、頻繁な風邪を患う人々の多くにおいて、鉄分不足が原因である可能性があります。

また、鉄分不足は注意力の著しい低下、複雑なことに対する集中力や目的を持った集中力の低下、注意持続時間の減少、諦めやすくなることや自発的な活動の減少にも関連しています。幸いなことに、鉄分補給で正常な精神機能を取り戻すことができます。

エネルギーレベルに関して言えば、若干の鉄分不足でも身体的な活動能力と生産性の低下を招くことが何人かの研究者によって明らかに実証されています。

米国で行われた栄養に関する調査によれば、鉄分不足は健康と仕事の能力に甚大な悪影響を与えるので、人々と国に経済的な損失をもたらすことが示されています。鉄補給を行うことによって、鉄分不足の人々における作業能力を急速に改善することが示されています。鉄分不足による身体的能力の低下は、必ずしも貧血が原因ではありません。エネルギー産生と代謝に関与する鉄依存性酵素は、貧血が起こるかなり前から衰弱するのです。

月経中の女性に重要な鉄分

女性は通常、1回の月経あたり40〜80mlの血液を失います。ほとんどの場合、より重い月経は負の鉄分バランスと必ず関連しています。負の鉄分バランスとは、食事から吸収されるよりも多くの血液が失われることを意味します。

月経血の損失は、妊娠可能な女性の鉄欠乏性貧血の主因として認識されることが多いのです。しかし、慢性的な鉄分不足が月経血量の多量の損失の原因であり、月経過多として知られている状態であることはよく知られていません。鉄分不足が月経過多をもたらすことはいくつかの観察の結果に基づき示唆されています。その中で最も重要な結果は、鉄分不足が月経での血液損失量を劇的に減らすというものです。1つの二重盲検プラセボ対照研究では、鉄補給群の75%が月経過多の減少を示し、プラセボ群では32.5%に過ぎませんでした。

慢性の鉄分不足が月経過多を促進し、鉄分含有酵素は子宮内の赤血球数またはヘモグロビンの変化が観察される前に枯渇されているようなので、1日100mgの鉄補給は予防療法として何人かの研究者によって推奨されています。

妊娠期に重要な鉄分

妊娠期には、胎児、胎盤、臍帯への鉄分の寄与、そして母体の赤血球量も増加するので、鉄分の必要量が劇的に増加します。尿、汗および糞便中の鉄分損失も増加します。そのため、鉄分不足による貧血は妊娠期の女性に頻繁に起こります。 これらの理由から、妊娠中の鉄分の1日推奨摂取量は60mgとなっています。これは一般的に食事から十分得られる量ではないので、鉄補給が必要となります。

産後にも鉄補給は必要です。一般的に、母親は出血や失血によって約150〜300mgの鉄分を失います。さらに、泌乳によって鉄貯蔵はさらに減少します。これらの理由から、妊娠期間や授乳期間を通じて鉄分サプリメントを服用し続けることは女性にとって重要なのです。

適切な免疫機能のために必要な鉄分

わずかな鉄分不足でさえ免疫機能を著しく損なわせる場合があります。鉄分不足は免疫系の感染を阻止する能力を大幅に低下させます。鉄分不足の人に共通して見出されることは、感染率の増加、リンパ組織の収縮、白血球濃度の変化、および白血球機能の欠陥が挙げられます。免疫機能の障害、慢性的な感染、頻繁な風邪を患う人々の多くにおいて、鉄分不足が原因である可能性があります。

鉄分レベルが低いとエネルギーレベルも低く

何人かの研究者は、わずかな鉄分不足でさえ身体的な作業能力と生産性の低下につながることを明確に示しています。米国で行われた栄養に関する調査によれば、鉄分不足は健康と仕事の能力に甚大な悪影響を与えるので、人々と国に経済的な損失をもたらすことが示されています。鉄補給によって、鉄分不足の人の作業能力が急速に改善されることが示されています。鉄分不足による身体的能力の低下は、必ずしも貧血が原因ではありません。エネルギー産生と代謝に関与する鉄依存性酵素は、貧血が起こるかなり前から衰弱するのです。

脳機能に不可欠な鉄分

栄養欠乏症はほぼすべて、特に小児における脳機能の障害を引き起こす可能性があります。鉄分不足はアメリカの子供の中では最も一般的な栄養不足であるため、学習障害に最も重要な栄養面での影響を及ぼしています。また、鉄分不足は注意力の著しい低下、複雑なことに対する集中力や目的を持った集中力の低下、注意持続時間の減少、諦めやすくなることや自発的な活動の減少にも関連しています。幸いなことに、鉄補給で正常な精神機能を取り戻すことができます。

鉄補給で不穏脚症候群を改善

脚を動かす衝動を特徴とする、いわゆる「不穏脚症候群(RLS)」の患者の血清鉄またはフェリチンの濃度は低いことが判明しています。RLSおよび血清フェリチンの濃度が低い患者では、鉄補給はRLSを有意に改善することが示されています。

通常の投与量

最も一般的な鉄サプリメントは、硫酸第一鉄とフマル酸第一鉄です。しかし、最良の形態はピロリン酸第二鉄とビスグリシリン第一鉄と言われています。両方とも、特に空腹時に摂取された場合には高くなる相対的バイオアベイラビリティを持つ胃腸の副作用がありません。

鉄分不足の場合、30mgの鉄分を1日2回食間に摂取することが推奨されています。この推奨用量で腹部に不快感がもたらされる場合は、30mgを1日3回食事の際に摂取します。

副作用

最も一般的な副作用は、軽度の胃腸炎、便秘または下痢、および悪心です。これらは、硫酸第一鉄かフマル酸塩で最もよく見られます。ピロリン酸第二鉄とビスグリシン酸第一鉄による副作用はこれより少ないです。

最近の研究では、鉄分濃度の上昇、および心臓発作のリスクにおける可能な役割が示唆されています。血液中の鉄分濃度が上昇すると、血液中のフリーラジカルの影響、およびコレステロールや動脈壁が直接に損傷することによって、心臓病のリスクが高まることがあります。これらの理由から、多くの専門家は鉄分不足の場合、月経中の女性、妊娠期および授乳期には鉄補給を行うことが最善であると考えています。

薬物相互作用

アスピリンやイブプロフェンなどの抗炎症薬は、消化管出血による鉄分の損失に寄与する場合があります。

健康

ストレスを和らげる最良のハーブ

健康

睡眠以外にも効果的なメラトニン

健康

コラーゲンを自然に増やす5つの伝統的なハーブ