checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

ビタミングミのための簡易ガイド

7月 26 2018

グミベースのサプリメントは、爆発的に健康市場全体に広まってきています。しかし、この便利なサプリメントの形態はいいものなのでしょうか?答えはイエスでノーです。 グミが高品質であれば、栄養素や機能性成分の優れた摂取方法になるため、イエスです。グミに砂糖、食品添加物が含まれていて、品質と栄養素の量が少ない場合はノーです。

一番大切なのは必須栄養素

ビタミングミについてまず知っておくべきなのは、グミに含まれる栄養成分量が限られているという事実です。言い換えれば、グミは、カプセル、錠剤、液体、およびその他のサプリメントの形状と同レベルの栄養成分を提供することは決してできません。それに加え、多くの栄養素は非常に嫌な味がするので、グミでの摂取に適していません。グミは少量のビタミンや他の低用量の栄養素を提供する上では問題ありませんが、重要なミネラルや他の多くの栄養化合物を有意義なレベルで提供することはできません。 

ゼラチン、それともペクチン?

グミの最も一般的なベースはゼラチンで、2番人気はペクチンです。この2つに良し悪しはあるのでしょうか? 大きな違いは、1つは動物由来であり、もう1つは果物由来であるということです。

ゼラチンは、ブタ、ウシから加工されたタンパク質で、また量は遥かに少ないものの魚由来のゼラチンもあります。それは主に肉産業の副産物です。豚ゼラチンは、商用ゼラチンの最も一般的な供給源である。これは豚のどの部分の摂取も禁じるハラルとコーシャの規律に従う人には問題となります。 

ゼラチンは無味透明で、「口内で溶ける」性質のために、グミのベースとして大活躍しています。しかし、口内で溶けるのはゼラチンが熱に敏感であるという意味なので、欠点でもあります。口の中の熱がゼラチンを溶かしてより強い、速やかな風味が広げてくれる一方、熱は夏季にゼラチンベースのグミを輸送する際に問題にもなり得ます。

ペクチンはフルーツベースのゲル化剤です。シトラスピールは最も広く使用されているペクチン源で、それにリンゴが続きます。これはもちろん、ビーガンベジタリアンコーシャ、ハラールの規律に従う人々にとって魅力的です。ペクチンは、他の理由でも、ゼラチンに優る素晴らしい選択肢です。ゼラチンよりも耐熱性があり、融解の心配なく一年中出荷することができます。欠点は、ゼラチンのような感触を引き渡すことができますが、ゼラチンとは異なる食感を持っていることです。ペクチンは柔らかく、ゼラチンに比べ噛み応えや弾力が劣ります。しかし、多くの人々が実はこの理由からペクチンベースのグミを好みます。

原材料をチェックしましょう

多くのグミサプリメントの砂糖含有量以上の他の問題は、しばしば人工防腐剤、着色料、香料などの望ましくない成分を含んでいることです。私の推奨は、製品ラベルを慎重に読んで、こうした添加物を含むグミを避けることです。 

ビタミングミの長所と短所

どのような形状であれサプリメントを摂取する習慣がない人には、ビタミングミは栄養の欠如を補う便利な方法になるかもしれません。天然着色剤を使用し、砂糖を最小限に抑えたブランドを選択してください。ビタミングミを室温で保管し、ラベルをチェックして冷蔵が推奨されているか確認してください。最後に、すべてのビタミングミが同様に製造されているわけではないと知っておきましょう。ビタミングミで栄養補給をしようと決めた場合、選んだブランドと原材料について慎重な決定を下しましょう。

健康

2019年のエッセンシャルオイル・トップ9はこちら

健康

代表的なオメガ3のビーガン供給源

健康

初乳 - このスーパーフードは赤ちゃん専用ではありません