checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

イチョウのシンプルなガイド

イチョウの葉から作られたエキスは、世界で最も人気のあるハーブ製品の1つです。ほとんどのイチョウエキス(GBE)は、24%のフラボノイド配糖体および6%のテルペンネノイドを含むように標準化されています。研究によりこの構成比が最も効果的であるとされているためです。

イチョウエキスは脳への血流を改善する

GBEは、脳への血液供給を改善し、酸素供給が減少しても脳内のエネルギー産生を高めます。こうした効果は、脳血管機能不全の大幅な改善につながる可能性があります。この状態は、アテローム性動脈硬化症の高い罹患率(動脈の硬化)のために、高齢者の間では極めて一般的です。適切に計画された研究では、GBEは統計的に、脳血管機能不全の主な症状および精神的能力低下を大幅に緩和することが分かっています。これらの症状には、短期記憶喪失、めまい、頭痛、耳鳴り、警戒不足、うつ病などが含まれます。脳血管機能不全のGBEに関する研究の結果は、FDA(食品医薬品局)が承認した薬品に匹敵します。

末梢血管機能不全(間欠性跛行、レイノー病など):
末梢動脈疾患(PVD)は、脳血管機能不全を引き起こすのと同じコレステロール含有プラークによって引き起こされます。GBEは、十数件の二重盲検試験において、末梢動脈疾患における血流の改善に対する有効なアプローチであることが分かっています。断続的跛行(歩行時の子牛のような痛みを特徴とする末梢血管疾患)の治療において、疼痛のない歩行距離(75-110%)および最大歩行距離(52.6-119%)の測定値が劇的に伸びただけでなく、 超音波測定では、患肢を通る血流が増加することが示されました。

イチョウエキスと勃起不全

勃起不全の原因が勃起組織への血流の障害である場合、二重盲検試験の結果に基づくと、GBEは救援策になる可能性があります。こうした研究のうちの1つでは、勃起不全であると実証された60人の患者に、GBEを60mg /日の比較的低用量で12〜18ヶ月間投与しました。陰茎を通る血流は、4週間毎に超音波によって再評価されました。血液供給改善の最初の徴候は、6〜8週間後に見られました。6ヶ月の治療後、患者の45%が効力を回復し、50%が効力および血流の大幅な改善を示しました。イチョウの効果は長期間の治療においてより顕著であり、本研究で用いた1日あたり60mgの投与量ではなく、240mgでより良好な結果が得られることに留意すべきでしょう。

イチョウエキスと認知症

イチョウエキスは、アルツハイマー病を含む認知症(老化型)の多くの場合において、精神機能に良い効果をもたらすことが分かっています。GBEは、多数の被験者において脳の機能的能力を強化することが示されました。しかし、GBEは症状が確立したアルツハイマー病の人々にはほとんど価値がないようです。認知症が血流低下またはうつ病によるものである場合、GBEは通常ある程度の改善をもたらす効果があります。

イチョウエキスとうつ病

GBEはまず、脳血管機能不全の患者の二重盲検試験において気分を改善することを示しました。追加の二重盲検試験により、GBEの抗うつ効果が確認された。ある二重盲検試験では、うつ病と診断され、標準抗うつ薬が完全な効果を見せなかった40人(年齢は51〜78歳)の被験者に、GBE80mgを1日3回またはプラセボを投与しました。ハミルトンうつ病尺度の平均合計スコアは、8週間の研究の終盤までにGBE群で14から4.5に低下しました。比較すると、プラセボ群は14から13に低下しました。

イチョウエキスと内耳機能不全(めまい、耳鳴りなど)

GBEは、脳血管機能不全に起因するめまいを改善することが分かっています。耳鳴りにおいては、二重盲検試験におけるGBEの結果は矛盾しています。こうした異なる結果は、少なくとも3年間耳鳴りを経験した人と比べて、最近耳鳴りを発症した人の方が、GBEに反応する可能性が高いという事実により説明されます。

イチョウエキスの他の用途

エネルギー生成を改善し、抗酸化物質として作用し、血流を改善するGBEの一般的な効果により、有用な可能性がある他の数多くの症状(注意欠陥障害など)があります。例えば、老化防止、糖尿病、肝臓と解毒のサポート、ストレスと不安、日光ダメージからの皮膚の保護などがこれに当たります。

イチョウエキス: 通常の用量

イチョウフラボングリコシド24%を含むGBE標準化エキスの典型的な用量は、1日当たり80mgを3回とされています。乾燥した葉、また粗エキス中では活性化合物含量が極端に変動するため、GBE以外の形態のイチョウを使用して投与スケジュールを組むのは困難です。

イチョウエキス: 滞在的な副作用

イチョウエキスは非常に安全で副作用はまれです。妊娠中および授乳中のGBEの効果は十分に審査されていないため、こうした期間中は使用しないでください。

イチョウエキス: 薬品との相互作用

非常にまれではあるものの、GBEはCoumadin®(ワルファリン)のような血液希釈薬の効果を強化し、アスピリンやPlavix®(クロピドグレル)などの抗血小板効果を高める可能性があります。

健康

ストレスを緩和し、免疫の抑制を回避するための6つの方法

健康

疲労を感じる方に、自然な形でエネルギー増強を促進する5種類のサプリメント

健康

5-HTPは脳内セロトニン濃度の上昇に最適かつ自然な解決策です