header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

小児科からのビタミンのアドバイス

3月 25 2019

チェリリン・チェッキーニ

私は小児科医専門医なので、赤ちゃんや幼児の健康維持にはどのサプリメントやマルチビタミンを推奨するかをよく尋ねられます。ここでは、私がいつもお勧めする必須ビタミンと、赤ちゃんやお子様の健康的な食事を補完できる最高のサプリメントもいくつかご紹介します。

ビタミンD

体内でビタミンDを産生するのに必要な量の紫外線を浴びると皮膚ガンのリスクも増えるかもしれず、食事から得られるビタミンDも限られているので、乳児やお子様、10代の若者にとってビタミンDの補給は欠かせません。これは、完全または一部母乳哺育されている赤ちゃんには特に重要です。現在のアメリカ小児科学会は、すべての乳児と子供は生後間もなく1日当たり400IU(国際単位)のビタミンDを摂取すべきであると推奨しています。

米国で販売されている粉ミルクには少なくともこの推奨量と同等のビタミンDが含まれているので、赤ちゃんが少なくとも1日1リットルのミルクを飲んでいる場合、サプリメントは不要です(国内メーカーのビタミンD含有量は要確認)。乳児以外のお子様には、非遺伝子組換え、グルテンフリー、大豆不使用、すべて天然のヤシ油で作られているCalifornia Gold NutritionのベビービタミンD3ドロップをお勧めします。これらのドロップには不要な防腐剤が含まれず、安全で効果的です。ビタミンD3ドロップをお子様に与えると、くる病が予防できます。これは、ビタミンD欠乏と十分な紫外線を浴びていないことが原因で発症し、骨が軟化して衰弱するのが特徴です。

ビタミンC

アスコルビン酸としても知られているビタミンCは、免疫の健康、創傷や骨の治癒において重要な役割を果たしています。抗酸化物質であり、鉄の吸収を助けます。バランスのとれた食事を摂っている子供たちがビタミンC欠乏症になる可能性はあまりないですが、タバコの煙とニコチンへの曝露によってビタミンCの必要量が最大40%まで増える可能性があります。推奨されるビタミンCの1日当たりの摂取量は年齢によって異なりますが、14歳になると増加します。ビタミンC欠乏症はまれですが、壊血病として知られている病状が発症し、創傷の治癒能力が弱まり、関節痛や時には歯肉の出血が起こることもあります。お子様がビタミンC欠乏症の危険にさらされているかもしれないとママと小児科医が判断した場合は、California Gold Nutritionの子供用ビタミンCを使うことをお勧めします。天然のオレンジの風味はお子様が好む味で、これは大切な要素です。また、グルテンフリーで非遺伝子組み換えでの原料を使っています。小児科医と適切な用量について話し合い、推奨される毎日の摂取量以上を与えないようにしましょう。

DHA

DHA、またはドコサヘキサエン酸は、正常な脳機能に不可欠な長鎖オメガ3脂肪酸です。研究はまだ限られていますが、研究者はDHA補給によって被験者の認知力と行動が改善されたと示しています。小児科医と相談した結果、お子様にはDHAの補給が有益であるかもしれないと判断した場合は、California Gold Nutritionの子供用DHAチュアブルビタミンをお試しください。California Gold Nutritionには、赤ちゃん用のビタミンD3とDHAの組み合わせたサプリメントもあります。お子様がビタミンDのサプリメントを必要としていて、DHAの摂取を始めたい時には特に便利です。

マルチビタミン

お子様が大きくなったら、マルチビタミの補給をし始めると引き続き十分な栄養素を摂取していることを確実にできます。バランスの取れた食事を食べるほとんどの子供はビタミン補給を必要としませんが、好き嫌いが激しいお子様や牛乳を好まないお子様にとってマルチビタミンはとても良いものです。California Gold Nutritionの子供用ミックスベリーマルチビタミンにはゼラチンやグルテンが含まれていないため、私がよくお勧めする製品です。ビタミンを安全な場所に保管し、お子様にはお菓子ではなく薬であることを伝えるように私は保護者の方にいつも注意を促しています。ビタミンを摂取しすぎると有毒になる場合もあるので、お子様がマルチビタミンを摂取する際にはしっかり監視することが重要なのです。

参考文献:

  1. http://pediatrics.aappublications.org/content/122/5/1142
  2. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3738999
健康

消化器を健康にする4つの方法

健康

ストレスを和らげる最良のハーブ

健康

睡眠以外にも効果的なメラトニン