beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

サフラン: 自然な精神神経疾患対策

5月 9 2019

ジェームズ・レイク医学博士著

この記事の項目:

現在利用可能な主流の治療法に限界があることから、根拠に基づく補完代替(CAM)療法が脚光を浴びています。

向精神剤の多くが持つ限られた有効性、安全性への懸念、高コストといった問題を踏まえ、より安全で効果的かつ手頃な価格の精神疾患治療が急がれます。数十年にわたる研究と莫大な産業資金調達を経ても、大うつ病性障害、双極性障害、統合失調症などの精神障害に広く用いられる薬理学的治療を支持する証拠には説得力がありません。これらの問題をきっかけに、精神的健康問題を抱える多数の個人が、中医師、自然療法医、薬草医、カイロプラクター、ホメオパシー医といった補完代替療法(CAM)専門家の治療を求めるようになりました。統合的メンタルヘルスケアへの関心の高まりを背景に、さまざまな精神神経疾患に対する有望な方法としてサフランが注目されています。

サフランと多数の精神神経疾患治療

サフラン(学名Crocus sativus)は、その媚薬、去痰、鎮痙、防腐、認知力向上効果により、ペルシャや中国医学において古くから用いられてきました。長年にわたる数々のヒト研究の結果によると、サフランは抑うつ気分、アルツハイマー病、注意欠陥多動性障害(ADHD)に有益な効果が示されています。また、動物研究の結果は、サフランが不安障害、統合失調症、強迫性障害(OCD)と診断された個人にも効能がある可能性を示唆しています。サフランの生物活性成分は、ドーパミンとノルエピネフリンの再取り込み阻害を増強したり、N-メチルD-アスパラギン酸(NMDA)受容体アンタゴニストおよびGABAアゴニストとして機能すると考えられます。この短い記事の後半では、抑うつ気分、アルツハイマー病(AD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)におけるサフランに関する研究結果の簡潔な評価がまとめられています。

サフランと抑うつ気分

サフランの抗うつ効果は、そのセロトニン作動性、抗酸化作用、抗炎症作用、神経内分泌作用、神経保護作用など複数のメカニズムによるものと考えられます。軽〜中等度の抑うつ気分におけるサフランに関する6件のプラセボ対照研究のシステマティックレビューでは、サフランと抗うつ薬には同等の有効性があるという結論に達しました。軽〜中等度の抑うつ気分のある個人を対象としたサフランに関する11件のプラセボ対照研究(計N> 500)を含む2019年のメタアナリシスでは、統計的にサフランはプラセボより有意に優れ、SSRI抗うつ薬(フルオキセチン、シタロプラム)と同等の有効性が示されました。高用量のサフランが使用された研究(1日最大1.5 mg)でも、サフラン対プラセボに反応した副作用の発生率に差はありませんでした。なお、同メタアナリシスに含まれた研究はすべて、抑うつ気分をはじめ、さまざまな疾患の治療に古くからサフランが使用されてきたイランで実施されました。さらに、患者の多くに併存疾患があり、 いずれの要因も偏った結果を生んだ可能性があります。これらの結果を裏付け、最適用量と治療期間を決定するには、独立研究グループによる大規模なプラセボ対照試験が必要です。新たな研究結果は、クルクミンターメリックの成分)が単独療法としても抗うつ薬の補助薬としても抗うつ効果を有することを示唆しています。クルクミンとサフランを組み合わせることで、相乗的な抗うつ効果が得られる可能性があることが示されています。12週間の二重盲検プラセボ対照研究では、大うつ病性障害と診断された個人に、低用量のクルクミンエキス(250 mg BID)、高用量のクルクミンエキス(500 mg BID)、低用量のクルクミンとサフランの併用(15 mg BID)のいずれかを無作為に投与したところ、プラセボと比較して、同等かつ有意な気分改善が見られました。これらのハーブ製品の投与量が異なる場合に、抗うつ反応に変化が見られるのかを判断するにはさらなる研究が待たれます。

サフラン(C. Sativus)の栽培と収穫は労働集約型で、長時間にわたる無数の花の柱頭の手摘み作業を必要とします。そのため、良質なサフランは世界市場において高価かつ入手困難となります。サフランの収量を増やし、できるだけ安価な供給源を見つけるべく、研究者らはサフランの球茎から複数の活性成分を抽出し、マウスで抑うつ気分の行動モデルへの効果を調べ、柱頭由来のサフランと同等の抗うつ効果を持つと考えられる2つの生物活性画分を特定しました。うつ病のヒトでこの結果を確定するには、プラセボ対照臨床試験が必要です。

サフランとADHD

ADHD治療に広く用いられるメチルフェニデートのような興奮剤は、不眠症、食欲減退、腹痛といった副作用を引き起こします。成人期ADHDには、興奮剤などの薬物治療では、子供の場合の半分の効果しか得られないことがあります。これらの問題に対する懸念が広がることで、有望な天然製品の他、補完代替療法(CAM)に関する研究につながってきました。

サフランの生物活性成分は、ドーパミンとノルエピネフリンの再取り込み阻害を増強したり、N-メチルD-アスパラギン酸(NMDA)受容体アンタゴニストおよびGABA-Aアゴニストとして機能する可能性があります。これら2つのメカニズムが、注意力散漫の症状に対する効能を後押しすると考えられています。ADHDと診断された小児および青年を対象とした6週間の無作為二重盲検試験の結果は、保護者や教師の症状評価尺度においてサフラン(1日20〜30mg)とメチルフェニデート(1日20〜30mg)が同等の有効性を示しました。これは、大規模な長期プラセボ対照試験による確定を保留する予備的結果と見なされるべきものです。

サフランとアルツハイマー病

新たな研究結果は、サフランが健常者の認知機能を改善し、アルツハイマー病(AD)の認知障害の症状を軽減する可能性があるという伝統医学の長年の主張を立証しています。サフランの認知力向上効果は、抗酸化および抗アミロイド形成活性に媒介されると考えられています。 ADにおけるサフランに関するプラセボ対照試験の結果では、一貫した認知効果が報告されています。55人の軽〜中等度のAD患者を対象に行われた22週間のプラセボ対照試験では、サフラン(15mgを1日2回)に対し、広く処方されているコリンエステラーゼ阻害薬であるドネペジル(5mを1日2回)を無作為に投与したところ、標準化症状評価尺度に基づく行動・認知機能で同等の改善が見られました。ADにおける抑うつ気分の併発率が高いことから、この母集団にとってサフランは合理的な選択といえます。

サフラン、不安、統合失調症、強迫性障害

抑うつ気分、アルツハイマー病、ADHDへの効能に加え、動物研究から得られた新たな結果によると、サフランが不安、精神病、強迫性障害(OCD)の症状に有益な効果をもたらすことが示唆されています。ただし現在まで、これらの障害のいずれに対してもヒト臨床試験でサフランの有効性が調査されていません。サフランの生物活性成分が抗不安作用、抗精神病作用、抗強迫作用を媒介するメカニズムは解明されていないものの、GABA-AとNMDA神経伝達物質系の調節を伴う可能性があります。

サフラン、抗酸化物質、神経保護作用特性

精神衛生問題に適用できる従来の治療法に限界があることから、一連の補完代替療法(CAM)に関する研究に拍車がかかっています。非薬理学的療法の中でも、神経精神障害の治療薬としてのサフランへの関心が近年高まっています。サフランが有意な抗酸化作用と神経保護作用を有し、軽〜中等度の抑うつ気分やアルツハイマー病の安全かつ効果的な治療法であることが研究で裏付けられています。最近の研究では、ADHD治療においてサフランが興奮剤投薬に匹敵する有効性を有することが示されています。前臨床動物試験から得られた予備的結果では、サフランに有意な抗不安作用、抗精神病作用、抗強迫作用がある可能性が示唆されています。上記の研究結果を確定した上で、最適な投与策を決定し、他の天然製品や向精神剤と併用してサフランの安全かつ適切な使用法を調査するには、大規模な長期プラセボ対照試験が必要です。

参考文献:

  1. Akhondzadeh Basti A, Moshiri E, Noorbala A-A, Jamshidi A-H, Abbasi SH, Akhondzadeh S: Comparison of petal of Crocus sativus L. and fluoxetine in the treatment of depressed outpatients: A pilot double-blind randomized trial. Prog Neuropsychopharmacol Biol Psychiatry 31:439–442, 2007.
  2. Akhondzadeh S, Shafiee Sabet M, Harirchian MH, Togha M, Cheraghmakani H, Razeghi S, Hejazi SS, Yousefi MH, Alimardani R, Jamshidi AH, Zare F, Moradi A (2009) Saffron in the treatment of patients with mild to moderate Alzheimer’s disease: a 16-week, randomized and placebo controlled trial. J Clin Pharm Ther
  3. Akhondzadeh, S. et al, A22-week, multicenter, randomized, double-blind controlled trial of Crocus sativus in the treatment of mild-to-moderate Alzheimer’s disease, Psychopharmacology (2010) 207:637–643
  4. Barnes PM, Bloom B, Nahin RL. Complementary and alternative medicine use among adults and children: United States, 2007. Natl Health Stat Report 2008 Dec 10;(12):1-23.
  5. Baziar, S., Aqamolaei, A., Khadem, E., Mortazavi, S., Naderi, S. et al (2019) Crocus sativus L. Versus Methylphenidate in Treatment of Children with Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder: A Randomized, Double-Blind Pilot Study. J Child Adolesc Psychopharmacol. 29:3; 1-8.
  6. Berman SM, et al. Potential adverse effects of amphetamine treatment on brain and behavior: a review. Mol Psychiatry. 2009;14(2):123–42.
  7. Denys, D., de Haan, L., (2008) [25 years antipsychotics: back to the future?] [Article in Dutch] Tijdschr Psychiatr. 2008;50 Spec no.:105-9.
  8. Fernandez JA (2004) Biology, biotechnology and biomedicine of saffron. Recent Res Dev Plant Sci 2:127–159.
  9. Fournier JC, DeRubeis RJ, Hollon SD, et al. Antidepressant drug effects and depression severity: A patient-level meta-analysis. JAMA 2010 Jan 6;303(1):47-53.
  10. Georgiadou G, Tarantilis PA, Pitsikas N. Effects of the active constituents of Crocus Sativus L., crocins, in an animal model of obsessive-compulsive disorder. Neurosci Lett. 2012 Oct 18;528(1):27-30.
  11. Hartling L, Abu-Setta AM, Dursun S, Mousavi SS, Pasichnyk D, Newton AS. Antipsychotics in adults with schizophrenia: Comparative effectiveness of first-generation versus second-generation medications: A systematic review and meta-analysis. Ann Intern Med 2012 Oct 2;157(7):498-511.
  12. Herrmann N, Chau SA, Kircanski I, Lanctôt KL. (2011) Current and emerging drug treatment options for Alzheimer’s disease: A systematic review. Drugs 22;71(15):2031- 65.
  13. Kanchanatawan B, Tangwongchai S, Sughondhabhirom A, Suppapitiporn S, Hemrunrojn S, Carvalho AF, Maes M. Add-on Treatment with Curcumin Has Antidepressive Effects in Thai Patients with Major Depression: Results of a Randomized Double-Blind Placebo-Controlled Study. Neurotox Res. 2018 Apr;33(3):621-633.
  14. Kelley J. (2 March 2010) Antidepressants: Do they “work” or don’t they? [Internet]. New York, NY: Scientific American; 2010 Mar 2
  15. Kirsch I, Deacon BJ, Huedo-Medina TB, Scoboria A, Moore TJ, Johnson BT. (2008) Initial severity and antidepressant benefits: A meta-analysis of data submitted to the Food and Drug Administration. PLoS Med 5(2):e45.
  16. Lopresti AL, Drummond PD. Efficacy of curcumin, and a saffron/curcumin combination for the treatment of major depression: A randomised, double-blind, placebo-controlled study. J Affect Disord. 2017 Jan 1;207:188-196.
  17. Lopresti AL, Drummond PD. Saffron (Crocus sativus) for depression: a systematic review of clinical studies and examination of underlying antidepressant mechanisms of action. Hum Psychopharmacol. 2014 Nov;29(6):517-27.
  18. Lopresti AL, Maes M, Maker GL, Hood SD, Drummond PD. Curcumin for the treatment of major depression: a randomised, double-blind, placebo-controlled study. J Affect Disord. 2014;167:368-75.
  19. Negbi M (1999) Saffron cultivation: past, present and future prospects. In: Negbi M (ed) Saffron Crocus sativus L. Harwood, Amsterdam, pp 1–17.
  20. Newcorn JH, et al. The complexity of ADHD: diagnosis and treatment of the adult patient with comorbidities. CNS Spectr. 2007;12(8 Suppl 12):1–14.
  21. Papandreou MA, Kanakis CD, Polissiou MG, Efthimiopoulos S, Cordopatis P, Margarity M, Lamari FN (2006) Inhibitory activity on amyloid-beta aggregation and antioxidant properties of Crocus sativus stigmas extract and its crocin constituents. J Agric Food Chem 15:8762–8768
  22. Pitsikas N, Boultadakis A, Georgiadou G, Tarantilis PA, Sakellaridis N: Effects of the active constituents of Crocus sativus L., crocins, in an animal model of anxiety. Phytomedicine 15:1135–1139, 2008.
  23. Pitsikas N, Sakellaridis N: Crocus sativus L. extracts antagonize memory impairments in different behavioural tasks in the rat. Behav Brain Res 173:112–115, 2006.
  24. Pitsikas, N., Constituents of Saffron (Crocus sativus L.) as Potential Candidates for the Treatment of Anxiety Disorders and Schizophrenia Molecules. 2016 Mar; 21(3): 303.
  25. Rı´os JL, Recio MC, Giner RM, Ma´n˜ez S: An update review of saffron and its active constituents. Phytother Res 10:189–193, 1996.
  26. Schachter HM, et al. How efficacious and safe is short-acting methylphenidate for the treatment of attention-deficit disorder in children and adolescents? A meta-analysis. 2001;165(11):1475–88.
  27. Schmidt M, Betti G, Hensel A (2007) Saffron in phytotherapy: pharmacology and clinical uses. Wien Med Wochenschr 157:315–319
  28. Srivastava R, Ahmed H, Dixit RK, Dharamveer, Saraf SA: Crocus sativus L.: A comprehensive review. Pharmacogn Rev 4:200–208, 2010.
  29. Stafford MR, Mayo-Wilson E, Loucas CE, et al. 2015 Efficacy and safety of pharmacological and psychological interventions for the treatment of psychosis and schizophrenia in children, adolescents and young adults: A systematic review and meta-analysis. PloS One Feb 11;10(2):e0117166.
  30. Thase ME. STEP-BD and bipolar depression: What have we learned? Curr Psychiatry Rep 2007 Dec;9(6):497-503.
  31. Tóth B, Hegyi P, Lantos T, Szakács Z, Kerémi B, Varga G, Tenk J, Pétervári E, Balaskó M, Rumbus Z, Rakonczay Z, Bálint ER, Kiss T, Csupor D. The Efficacy of Saffron in the Treatment of Mild to Moderate Depression: A Meta-analysis. Planta Med. 2019 Jan;85(1):24-31.
  32. Velligan DI, Weiden PJ, Sajatovic M, et al; Expert Consensus Panel on Adherence Problems in Serious and Persistent Mental Illness. The expert consensus guideline series: Adherence problems in patients with serious and persistent mental illness. J Clin Psychiatry 2009;70 Suppl 4:1-46.
  33. Wang et al (2010) Antidepressant properties of bioactive fractions from the extract of Crocus sativus L. J Nat Med (2010) 64:24–30.
  34. Wang Y, Han T, Zhu Y, Zheng CJ, Ming QL, Rahman K, Qin LP: Antidepressant properties of bioactive fractions from the extract of Crocus sativus L. J Nat Med 64:24–30, 2010.
  35. Xuabin N (1992) Research progresses on the saffron crocus (Crocus sativus). Zhongcaoyao 23:100–107.
健康

L-セリン :ALS(筋萎縮性側索硬化症)、パーキンソン病、アルツハイマー病対策への急進的な新アプローチ

健康

ミトコンドリアをパワーアップして健康に

健康

L-テアニン、健康上の利点と認知機能