header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

心を強くする 9 つの自然の方法

6月 15 2018

Eric Madrid MD

この記事の内容:

向知性薬は「スマートドラッグ」や「スマートサプリメント」とも呼ばれ、、認知機能を向上させる効果があります。Evidence Based Complementary and Alternative Medicine の 2016 年の研究によると、向知性薬は記憶力、注意力、創造力、集中力を向上させる可能性があることが判明しています。  向知性処方薬もある中、多くの人々には脳の能力を向上させるのにより効果的で安全なサプリメントが好まれています。また、今日の競争の激しい世界では、多くの人々が脳を強く保ち、アルツハイマー病や痴呆症、その他高齢化に伴う進行性の病気を防ぐ方法を求めています。

向知性医薬品  

記憶力や注意力の向上には、注意欠陥障害の治療に使われているアンフェタミンなどの医薬品がよく用いられています。睡眠時無呼吸、睡眠発作、交代勤務睡眠障害の治療薬であるモダフィニルもその例です。これらの薬品には副作用が伴い、神経過敏、動悸、血圧の上昇などの原因となる可能性があります。これらは医師による処方が必要です。

脳の健康に効果的な天然物質

副作用の心配と高価な医薬品のコストから、多くの人々が脳機能の向上に自然のアプローチを選んでいます。約 20 種類の向知性効果がある物質が把握されていますが、ここでは最も人気の 9 つの物質をご紹介します。

アーティチョークエキス

アーティチョーク (チョウセンアザミ

) は抗酸化物質が豊富で、様々な健康へのメリットがあります。  ヒナギクやヒマワリに近いこの植物の世界最大の産地はイタリアで、その次がエジプト、スペイン、アルゼンチンです。  

研究によると、アーティチョークには抗がん性があり、肝臓を毒素から守る効果もあると判明しています。  本来地中海諸国で栽培されているもので、そのルーツは千年前のギリシャやローマに遡ります。アーティチョークエキスは カフェオイルキナ酸、フラボノイド、ルテオリンが豊富で、これらはすべて脳を強化する性質があります。2018 年に行われた Neurochemical Research の研究では、ルテオリンが脳の炎症を抑え、記憶力と脳機能の維持に効果的な可能性があることが判明しています。

推奨摂取量: ラベルに記載された量

オトメアゼナ 

記憶力向上効果のためアーユルヴェーダ医学で古来より使用されてきたオトメアゼナは、その効果を証明する研究により、ここ十年間でインド国外でもよく使われるようになりました。  

2012 年の Evidence Based Complementary and Alternative Medicine の研究では、「…オトメアゼナは集中力、認知プロセス、作業記憶力を向上させる効果がある…」という結論に達しました。 

また、2014 年のメタアナリシス研究 (いくつかの研究結果を総合的に評価する研究) では、「オトメアゼナには認知力、特に注意速度を向上させる可能性がある」という結論が出されました。同様に、2016 年の研究でも、「オトメアゼナを使用した認知機能に関連した実験で、統計的に重要な向上が見られた」という結論が出されています。  

推奨摂取量:  ラベルに記載された量

フォルスコリン

フォルスコリンはアーユルヴェーダ医学で使用されているハーブです。元々タイ、ネパール、インドで栽培されているこのハーブのエキスは、ミント科のコリウスという植物から得られます。フォルスコリンは、科学者達の間でサイクリック AMP (cAMP) と呼ばれている、細胞がコミュニケーションをとりお互いにメッセージを送るのを助ける重要な化学物質の体内のレベルを上げます。

2013 年の研究で、フォルスコリンには脳細胞の再生を促進し、脳内の特定のたんぱく質を増やし、記憶力を向上させる効果があることが判明しています。2017 年の Neural Regeneration Research の研究では、フォルスコリンが神経変性と毒素からのダメージから脳を守る可能性があると判明しています。また、別の 2017 年のマウスを使った研究では、フォルスコリンが記憶喪失を防止する可能性があると判明しています。

推奨摂取量: ラベルに記載された量

イチョウ 

この木の葉は最も多くの研究対象となっているハーブの 1 つで、脳をブーストする効果があると考えられています。2008 年以降、1,700 人以上の科学者達が研究を行ってきました。イチョウは「生きた化石」と言われ、2 万 7 千年前に遡る岩の層でも発見されています。  元々中国に生息していたイチョウは、アルツハイマー病を含む記憶力障害を持った人々により、頭脳の明晰さを向上させるために使用されています。

2014 年の Phytomedicine の研究では、イチョウが従来のアルツハイマーの治療を受けている人々の記憶力の向上を助ける可能性があるという結論が出されています。さらに、2017 年の研究では、行動的及び心理的痴呆症患者がイチョウを摂取することで、その症状が改善しています。最後に、2018 年の研究ではイチョウに、脳の短期・長期の両方の記憶形成に関係した海馬という部分を酸化によるダメージから守る効果があることが判明しています。  

初めのうちはイチョウが出血のリスクを高めるという懸念もありましたが、2011 年の Pharmacotherapy の研究で 1,900 人以上の大人を対象とした 18 件の研究が評価され、イチョウの摂取による出血のリスクの増加はないと判明しました。イチョウは一般的に安全とされています。

推奨摂取量: ラベルに記載された量

ツボクサ

ツボクサは、アジア中で一般的に使用されている緑葉ハーブです。ニンジン、パセリ、セロリに近いこのハーブは、抗酸化物質ビタミン Cビタミン B が豊富です。伝統医学で傷の治療や乳の分泌を助けるために使用されています。「悟りのハーブ」と呼ばれていて、アーユルヴェーダと道教の医学書にその用途が記されています。

2014 年のJournal of Alzheimer’s Disease の研究によると、ツボクサの主成分であるカフェオイルキナ酸には、アルツハイマー病の原因とされているアミロイドの沈着から脳を守る効果があることが判明しています。また、2017 年の Neuroscience Letter の研究でも、ツボクサの有効成分が脳神経の状態を改善し、記憶力の維持に貢献することが判明しています。

推奨摂取量: ラベルに記載された量

L テアニン

L テアニンは、一般的に緑茶に含まれているアミノ酸です。  栄養サプリメントとしても販売されています。

2009 年の研究によると、「...L テアニンはアルツハイマー病の予防と治療に有効な可能性がある」とされ、2014 年の International Journal of Neuroscience の研究では、L テアニンが脳を神経細胞へのダメージから保護する可能性があることが判明しています。2017 年の Nutrients の研究では、95 人が実験に参加しました。参加者の半分にはビタミンミネラルに加え、少量のカフェイン (コーヒー 1 杯分と同量) とL テアニン が配合されたプロテインバーが提供されました。残りの半分にはこれらの栄養素が配合されていないものが提供されました。その結果、カフェインと L テアニンの組み合わせを摂取することで、注意力と認知機能が向上する可能性があることが判明しました。

推奨摂取量: ラベルに記載された量

ウコン

ウコンは、ショウガ科の根菜類の植物で、抗炎症性、抗酸化性、消化にいいといった特徴のためよく食されています。ウコンに含まれているクルクミンという主要化学物質が、多くの健康効果をもたらすと考えられています。ウコンは 4,000 年以上にわたり香辛料として使われてきましたが、医学的にも重要な役割を果たします。今日も引き続き、ウコンは多くの一般的な病気や怪我、慢性病の代替療法として研究の対象となっています。

脳の健康に関して、2017 年に出版された The End of Alzheimer’s の著者である UCLA の Dale Bredersen 博士は、ウコンが痴呆症やアルツハイマーの症状を改善させる上で重要な役割を果たすと考えており、多くの研究でその有効性が証明されています。ある研究によると、ウコンは脳のアミロイド斑の蓄積を軽減させる可能性があることが判明しています。脳内物質の蓄積はアルツハイマー病の原因です。

2017 年の Journal of Alzheimer’s Disease の研究では、ウコンが記憶喪失の防止にも重要な役割を果たす可能性があるという結論が出されました。ウコンのアルツハイマー病へと繋がる軽度の認知障害の防止効果の可能性には、大きな期待が集まっています。記憶力と脳の能力を向上させたい人には必須のサプリメントです。注意: ウコンは、血液希釈剤を使用中の方の場合出血のリスクを高めます。摂取前に医師にご相談ください。

推奨摂取量: 1 日 1 回 500 mg ずつ、または 1 日 4 回まで。

オタネニンジン 

オタネニンジンは数多くの病気の治療に使われています。オタネニンジンは朝鮮に由来するもので、2,000 年以上にわたり使われてきました。中国とシベリアにも生息しています。チョウセンニンジンには他の種類もありますが、オタネニンジンは特殊なため、アメリカニンジンやシベリアニンジンといった他の種類と間違えないようにしましょう。

人々が長生きするようになり、痴呆症患者が増えてきています。ニンジンは脳の健康を維持するための有効な手段となる可能性があります。

Journal of Ginseng Research で発表された研究によると、片方のグループはニンジンを、もう片方のグループは砂糖 (プラシーボ) を摂取する実験が行われました。2 週間後、ニンジンを摂取したグループには認知力と脳の機能に大きな改善が見られました。2015 年の Journal of Ginseng Research の研究でも、ニンジンは脳の劣化を防ぐ可能性があるという結論が出されました。 脳の機能と注意力を向上させるには、ニンジンを摂取すると効果があるかもしれません。

推奨摂取量: ラベルに記載された量

キサンチン

これは聞きなれない言葉かもしれませんが、多くの人々が恐らく毎日キサンチンを摂取しているか、少なくとも摂取したことがあるでしょう。コーヒー紅茶、コーラ、ダークチョコレートなどに含まれているカフェインが、キサンチンの例です。科学者達はカフェインをアデノシン受容体遮断薬と呼んでおり、集中力、エネルギー、注意力を向上させる効果があります。2010 年の Journal of Alzheimer’s Disease の研究で、カフェインはパーキンソン病のリスクを下げることが判明し、同ジャーナルの 2012 年の研究では、痴呆症のリスクの軽減が見られました。カフェインは仕事や勉強で集中力を上げるのによく使用されています。コーヒーの由来と他の健康上のメリットの詳細をご覧ください

まとめ:

向知性薬は「スマートサプリメント」とも呼ばれ、注意力、記憶力、認知機能の向上に有効な手段です。色の濃い果物や野菜が豊富な食生活と運動の習慣も、脳の健康には欠かせません。また、環境有害物質やネガティブな思考パターンの繰り返しを避けることも、心のバランスを保つには重要です。健康な食事と健康な心で、健康な生活を送りましょう!    

参考文献:

  1. Suliman NA, Mat Taib CN, Mohd Moklas MA, Adenan MI, Hidayat Baharuldin MT, Basir R. Establishing Natural Nootropics: Recent Molecular Enhancement Influenced by Natural Nootropic.Evidence-based Complementary and Alternative Medicine : eCAM.2016
  2. Gray, N. E., Morré, J., Kelley, J., Maier, C. S., Stevens, J. F., Quinn, J. F., & Soumyanath, A. (2014).Caffeoylquinic acids in Centella asiatica protect against β-amyloid toxicity.Journal of Alzheimer’s Disease : JAD, 40(2), 359–373. http://doi.org/10.3233/JAD-131913
  3. Neurochemical Research.2018 Feb 1. doi: 10.1007/s11064-018-2482-2.[Epub ahead of print]
  4. Peth-Nui T, Wattanathorn J, Muchimapura S, et al.Effects of 12-Week Bacopa monnieri Consumption on Attention, Cognitive Processing, Working Memory, and Functions of Both Cholinergic and Monoaminergic Systems in Healthy Elderly Volunteers.Evidence-based Complementary and Alternative Medicine : eCAM.2012;2012:606424.
  5. Journal of  Ethnopharmacol.2014;151(1):528-35. doi: 10.1016/j.jep.2013.11.008.Epub 2013 Nov 16.
  6. Kumar N, Abichandani LG, Thawani V, Gharpure KJ, Naidu MUR, Venkat Ramana G. Efficacy of Standardized Extract of Bacopa monnieri (Bacognize®) on Cognitive Functions of Medical Students: A Six-Week, Randomized Placebo-Controlled Trial.Evidence-based Complementary and Alternative Medicine : eCAM.2016;2016:4103423.
  7. Biochem Biophys Research Commun.2013 Feb 22;431(4):796-801. doi: 10.1016/j.bbrc.2012.12.122.Epub 2013 Jan 9.
  8. Mehan S, Parveen S, Kalra S. Adenyl cyclase activator forskolin protects against Huntington’s disease-like neurodegenerative disorders.Neural Regeneration Research.2017;12(2):290-300. doi:10.4103/1673-5374.200812.
  9. Behav Pharmacol.2017 Apr;28(2 and 3-Spec Issue):187-198.
  10. Int Psychogeriatr.2017 Sep 21:1-9. doi: 10.1017/S1041610217001892.[Epub ahead of print]
  11. Inflammopharmacology.2018 Feb;26(1):87-104. doi: 10.1007/s10787-017-0396-2.Epub 2017 Sep 16.
  12. Pharmacotherapy.2011 May;31(5):490-502. doi: 10.1592/phco.31.5.490.
  13. Herb of Elightenment , accessed March 31, 2018 http://herbscoop.com/herbs-for-health/amazing-benefits-gotu-kola-enlightenment-herb/
  14. Gray, N. E., Morré, J., Kelley, J., Maier, C. S., Stevens, J. F., Quinn, J. F., & Soumyanath, A. (2014).Caffeoylquinic acids in Centella asiatica protect against β-amyloid toxicity.Journal of Alzheimer’s Disease : JAD, 40(2), 359–373. http://doi.org/10.3233/JAD-131913
  15. Neuroscience Letter.2017 Apr 12;646:24-29. doi: 10.1016/j.neulet.2017.02.072.Epub 2017 Mar 6.
  16. International Journal Neuroscience.2014 Sep;124(9):673-84. doi: 10.3109/00207454.2013.872642.Epub 2014 Jan 23.
  17. Kennedy DO, Wightman EL, Forster J, Khan J, Haskell-Ramsay CF, Jackson PA.Cognitive and Mood Effects of a Nutrient Enriched Breakfast Bar in Healthy Adults: A Randomised, Double-Blind, Placebo-Controlled, Parallel Groups Study.Nutrients.2017;9(12):1332. doi:10.3390/nu9121332.
  18. Journal of Alzheimer's Disease, vol. 55, no. 2, pp. 797-811, 2017
  19. Journal of Alzheimer’s Disease.2017;60(2):451-460. doi: 10.3233/JAD-170354.
  20. Yeo H-B, Yoon H-K, Lee H-J, Kang S-G, Jung K-Y, Kim L. Effects of Korean Red Ginseng on Cognitive and Motor Function: A Double-blind, Randomized, Placebo-controlled Trial.Journal of Ginseng Research.2012;36(2):190-197. doi:10.5142/jgr.2012.36.2.190.
  21. Lee Y, Oh S. Administration of red ginseng ameliorates memory decline in aged mice.Journal of Ginseng Research.2015;39(3):250-256. doi:10.1016/j.jgr.2015.01.003.
  22. Costa J., Lunet N., Santos C., Santos J., Vaz-Carneiro A. Caffeine exposure and the risk of Parkinson’s disease: A systematic review and meta-analysis of observational studies.J. Alzheimer’s Dis.2010;20:S221–S238
  23. Cao C, Loewenstein DA, Lin X, et al.High Blood Caffeine Levels in MCI Linked to Lack of Progression to Dementia.Journal of Alzheimer’s disease : JAD.2012;30(3):559-572. doi:10.3233/JAD-2012-111781.
健康

消化器を健康にする4つの方法

健康

ストレスを和らげる最良のハーブ

健康

睡眠以外にも効果的なメラトニン