header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

夏の太陽から肌を守るサプリメント8つ

7月 23 2018

執筆者: エリック・マドリード医学博士

この記事には以下が含まれます:

多様性は世界を美しくするものです! 膨大な遺伝子、文化、習慣、言語、地域の風景の違いが人間にユニークさをもたらします。ユニークな特徴の中で最も目立つのは、非常に暗いものから非常に薄いものまで、そしてそのすべての中間の、この惑星上に存在する無数の肌の色合いです。

皮膚の色は、小じわやしわから日光ダメージ、さらにはガンのリスクまで、全体的な健康状態や外見に影響を与える可能性があります。白人の間では皮膚ガンは悪性腫瘍の主要な種類であり、メラニン含有量に基づく皮膚色素沈着が多く見られる人たちは、過度の日光関連ダメージを防ぐのに役立つ、紫外線への「天然バリア」を持っています。  

日焼け止めは、日焼けを防ぐために頻繁に使用され、皮膚科医を含む多くの人が皮膚ガンを予防すると想定していますが、最近の研究はそうではないことを示唆しています。2018年、European Journal of Dermatologyは、313,000人を対象とした29件の研究を調べ、「定期的な日焼け止めの使用は皮膚ガンを予防しない」と結論づけたメタアナリシスを報告しました。しかし重要なのは、日焼け止めは日焼けによる痛みを防いでくれるという点です。さらに、抗酸化物質を豊富に含む食事は、皮膚ガンを含むあらゆるタイプのガンの予防に有用です。

皮膚科医は、フィッツパトリック測定基準を使用して肌の色調(タイプ1〜6) を分類します。以下がその説明です。

  • タイプI - 常に火傷状態になり、日焼けはしない(淡い白、金髪または赤毛、青い目、そばかす)
  • タイプII - 通常は火傷状態になり、日焼けは最小限(白、明るい肌色、ブロンドまたは赤毛、青、緑、またはヘーゼルの目)
  • タイプIII - 時々軽度の火傷状態になり、むらなく日焼けする(クリーム・ホワイト、明るい肌色で、髪や目の色は様々)
  • タイプIV - 火傷状態は最小限で、常によく日焼けする(中程度の茶色)
  • タイプV - 火傷状態は非常にまれで、非常に簡単に日焼けする(濃い茶色)
  • タイプVI - 火傷状態になることはなく、決して日焼けしない(深く自然な濃い茶色〜濃い茶色)

太陽の下で過ごす時間の増加が、非メラノーマ皮膚ガンのリスクを高めるという根拠があります。日光ダメージを受けた人は日光による皮膚変異を起こすことがあり、そのうちのいくつかは光線性角化症と呼ばれ、基底細胞および扁平上皮細胞のガンに進行する可能性のあるガンの前駆状態です。日焼け止めを使用する人は、「保護されている」という誤った感覚をもたない人よりも、実際により多くの時間を太陽の下で過ごすという理論があります。これは日焼け止めの使用が皮膚ガンを予防できない理由を説明している可能性があります。

抗酸化物質とカロテノイドの豊富な食生活が有用である可能性

2017年、私と妻はメキシコのコスメル島に旅行しました。そこで自分自身を実験材料にしました。私はそこに滞在する間、私のオリーブ色の肌(フィッツパトリック4)に日焼け止めを塗らないことにしました。そして朝食にスイカ、メロン、キウイ、イチゴ、バナナ、マンゴー、ヨーグルト、グリーンジュースのみを食べました。その週に少なくとも3回新鮮な魚を食べました。驚いたことに、日焼け止めを塗らずに、スノーケリング、スキューバダイビング、プールでのスイミングなどに多くの時間を費やしたにも関わらず、日焼けこそしたもの、火傷状態にはなりませんでした。これは、通常軽度の日焼けを経験する他の旅行とは異なっていました。これは私が食べた物と私の皮膚の色合いによって起こったことかもしれません。より明るい肌の色調を持つ人には当てはまらないかもしれません。

皮膚を保護するのに役立つ食品

  • ベリー類(高い抗酸化物質値)
  • メロン(ビタミンCが豊富)
  • ニンジン(カロテノイドが豊富)
  • 緑の野菜のジュース(高い抗酸化物質値)
  • ケール(カロテノイドが豊富)
  • キウイ(ビタミンCが豊富)
  • マンゴー(ビタミンCが豊富)
  • オレンジ(ビタミンCが豊富)
  • ピーマン(カロテノイドが豊富)
  • カボチャ(カロテノイドが豊富)
  • ホウレンソウ(カロテノイドが豊富)
  • トマト(カロテノイドが豊富)
  • Watermelon (high antioxidant level)スイカ(高い抗酸化物質値)

また、多くの人が摂取している、皮膚の健康に有益な効果があることが研究によって証明されているサプリメントもあります。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは、主にサケ、エビ、オキアミ、甲殻類、酵母および特定の藻類などの海産物に含まれる赤みがかったオレンジ色のカロチノイドです。サーモン、カニ、ロブスターの赤みはこの物質によるものです。2011年の研究では、アスタキサンチンの皮膚保護効果が議論されていましたが、2013年の研究では、この抗酸化物質を定期的摂取すると、皮膚ガンの予防に有用であると証明されました。推奨用量:ラベルに記載の通り。

L-カルニチン   

L-カルニチンは、体がミトコンドリアに脂肪酸を運ぶのを補助するアミノ酸です。L-カルニチンは、心臓病を患っている人、および線維筋痛を有する人によって頻繁に採取され、筋肉の健康を改善するのに役立ちます。研究によると、UV-A日光ダメージから皮膚を保護することも動物実験で示されています。

コラーゲン

研究によると、コラーゲン補給は皮膚に多くのメリットをもたらし、経口でのコラーゲン補給はセルライトとしわを最小限に目立たなくするのに役立ちます。また、髪や爪の成長を促進してくれることもあります。30代半ばから、毎年体内のコラーゲンの約1%が失われ始めると推定されています。

セルライトを減らす

セルライトは人々が何十年も戦ってきた厄介な状態です。2015年の二重盲検プラセボ対照試験では、「経口投与されたBCP(生物活性化コラーゲンペプチド)による長期療法は、セルライトの改善につながり、皮膚の健康に良い影響を与える」と結論付けています。この研究では、女性被験者グループは少なくとも6ヶ月間コラーゲンを服用しました。3ヶ月という短期間で改善が見られました。

顔のしわを減らす

Clinical Intervention in Aging の2014年のある研究によると、コラーゲンの交換は皮膚のしわを減らすのに役立ちます。さらに、2014年の二重盲検プラセボ対照試験では、プラセボを服用した患者と比較して、毎日2500mgのコラーゲンを8週間服用した被験者の皮膚弾力性の改善が示されました。2012年の別の研究では、1000mgのコラーゲンを12週間服用した際にしわおよび乾燥の改善が示されました。

Journal of Science and Food and Agricultureの2016年のある研究は、経口コラーゲンの使用が「顔の皮膚の水分、弾力、しわおよび粗さなどの顔の皮膚状態の改善をもたらした」と結論付けています。

コラーゲンは皮膚の老化を防ぐことができるのでしょうか? 2008年の研究では、「コラーゲンペプチドは、UV-Bにより誘発される皮膚ダメージおよび光老化を抑制する栄養補助食品として有益である」と結論付けました。Journal of Cosmetic Dermatologyの2015年の研究では、経口コラーゲン補給による同様の結果が報告されています。研究者グループは、コラーゲンが皮膚の老化の緩和を補助すると結論づけました。言い換えれば、コラーゲンを毎日のサプリメントに加えると、若々しい外見を保つのに役立ちます。推奨用量:ラベルで推奨されている通り。

オメガ-3魚油

研究によればオメガ3魚油には心臓へのメリットがあるだけでなく、抗皮膚ガン作用もあると考えられています。オメガ3必須脂肪酸は、主に特にエイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)から成ります。栄養学ジャーナルの2014年の研究によれば、大部分のアメリカ人はオメガ3エッセンシャルオイルを十分に消費していませんでした。オメガ3の豊富な食品がほとんど食べられない場合は特に、ヨーロッパ、ロシア、アジアの人々にもリスクがあります。これらの食物源には、魚(サバ、タラ、サケに最も豊富)、クルミシアシードフラックスシードヘンプシード納豆が含まれます。

Journal of Clinical Medicine の2016年の研究は、オメガ3脂肪酸の補給が基底細胞および扁平上皮細胞のガンを軽減できるという、注目に値する証拠があったと結論付けています(メラノーマ皮膚ガンに対する効果はなし)。2006年の研究でも同様のメリットが示されました。推奨用量:1,000 mgを1日2回まで。

松樹皮エキスは皮膚を保護する

松樹皮抽出物またはピクノジェノールは、身体が組織を再構築するのを助けると共に、皮膚を保護するのに役立ちます。その強力な抗酸化力は、経口服用時や顔面に局所的に塗布した場合、日光の紫外線ダメージから保護してくれます。抗酸化特性は、皮膚老化の主な原因である酸化ダメージからコラーゲンと弾性組織を保護するのに役立ちます。 推奨用量:経口サプリメントはラベルに記載の通り。局所用ピクノジェノールは、ラベルに記載の通りに皮膚に直接塗布。

ビタミンB3(ニコチンアミド)

ニコチンアミドは皮膚ダメージを修復するのに重要な役割を果たします。2017年の研究では、定期的にビタミンB3を摂取すると、皮膚ガンの前駆状態である光線性角化症の発症リスクが低下することが示されました。2010年の研究もまた、皮膚保護におけるビタミンB3のメリットを支持しています。
推奨用量:ラベルに記載の通り。 (注:皮膚紅潮が起こる場合があります)

ビタミンC

ビタミンC、別名アスコルビン酸は、最も研究の進んでいるビタミンの一つです。ビタミンCは水溶性でm体内の過剰なビタミンは尿中に排泄されます。ビタミンCは、以下を含む多くの新鮮な果物や野菜に見られる強力な抗酸化物質です:

  • グアバ
  • パパイヤ
  • ピーマン
  • キウイ
  • オレンジ
  • イチゴ
  • パイナップル
  • ブロッコリー
  • キャベツ

ビタミンCが豊富な食事を摂ることは、この重要な抗酸化物質を最適化する優れた方法です。経口ビタミンCには皮膚へのメリットが多数あります。コラーゲンタンパク質とともにビタミンCを経口摂取した2018年の研究では、わずか12週間で皮膚の健康状態が大幅に改善しました。さらに研究によれば、顔や体の他の部分に直接局所ビタミンCを塗布すると、日光ダメージから皮膚を保護するのに役立ちます。推奨される経口投与量:1日2回1,000mg。局所ビタミンCはラベルに記載されている通り。

ビタミンE

1996年の研究では、ビタミンCを1000 IUのビタミンEと組み合わせて使用すると、日焼け防止に役立つことが示されました。また、多くの人が肌の健康を保つために局所的ビタミンEを使用しています。

アスピリン   

厳密に言うと医薬品に当たるアスピリンは植物由来です。この非処方箋薬は、心臓発作や脳卒中の予防に役立つリスクのある人々によって、1日あたり81-162mgの用量で頻繁に服用されます。アスピリンは最も古い医薬品の1つで、その歴史は、それが柳の樹皮から抽出されていた2000年以上前に遡ります。The Journal of Investigative Dermatologyの2015年のメタアナリシス研究(これは9つの他の研究のデータを参照)は、アスピリンを定期的に使用していた患者は、アスピリンを使用していなかった患者と比較して、扁平上皮細胞癌を発症する確率が18%低かったと明らかにしました。ある2016年の研究は、アスピリンが基底細胞癌を予防するのに役立つ可能性を示しています。毎日のアスピリンがご自身に適切かどうか、医師に相談してください。毎日使用する人は、胃潰瘍を発症するおそれがあるかもしれません。50歳以上の人は50歳未満の人よりもこのメリットを受ける傾向があります。

参照:

  1. European  Journal of  Dermatology. 2018 Apr 1;28(2):186-201. doi: 10.1684/ejd.2018.3251.
  2. Accessed  May 27, 2018 https://www.healthline.com/health/beauty-skin-care/fitzpatrick-skin-types#skin-types
  3. Yuan J.P., Peng J., Yin K., Wang J.H. Potential health-promoting effects of astaxanthin: A high-value carotenoid mostly from microalgae. Mol. Nutr. Food Res. 2011;55:150–165. doi: 10.1002/mnfr.201000414.
  4. Rao A.R., Sindhuja H.N., Dharmesh S.M., Sankar K.U., Sarada R., Ravishankar G.A. Effective inhibition of skin cancer, tyrosinase, and antioxidative properties by astaxanthin and astaxanthin esters from the green alga Haematococcus pluvialis. J. Agric. Food Chem. 2013;61:3842–3851. doi: 10.1021/jf304609j
  5. Chem Biol Interact. 2018 Apr 1;285:40-47. doi: 10.1016/j.cbi.2018.02.034. Epub 2018 Feb 27.
  6. Schunck M, Zague V, Oesser S, Proksch E. Dietary Supplementation with Specific Collagen Peptides Has a Body Mass Index-Dependent Beneficial Effect on Cellulite Morphology. Journal of Medicinal Food. 2015;18(12):1340-1348. doi:10.1089/jmf.2015.0022.
  7. Borumand M, Sibilla S. Daily consumption of the collagen supplement Pure Gold Collagen® reduces visible signs of aging. Clinical Interventions in Aging. 2014;9:1747-1758. doi:10.2147/CIA.S65939.
  8. Skin Pharmacol Physiol. 2014;27(1):47-55. doi: 10.1159/000351376. Epub 2013 Aug 14.
  9. Schwartz SR, Park J. Ingestion of BioCell Collagen®, a novel hydrolyzed chicken sternal cartilage extract; enhanced blood microcirculation and reduced facial aging signs. Clinical Interventions in Aging. 2012;7:267-273. doi:10.2147/CIA.S32836.
  10. Inoue, N., Sugihara, F. and Wang, X. (2016), Ingestion of bioactive collagen hydrolysates enhance facial skin moisture and elasticity and reduce facial ageing signs in a randomised double-blind placebo-controlled clinical study. J. Sci. Food Agric., 96: 4077–4081. doi:10.1002/jsfa.7606
  11. Midori TANAKA, Yoh-ichi KOYAMA & Yoshihiro NOMURA (2009) Effects of Collagen Peptide Ingestion on UV-B-Induced Skin Damage, Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry, 73:4, 930-932, DOI: 10.1271/bbb.80649
  12. Asserin, J., Lati, E., Shioya, T. and Prawitt, J. (2015), The effect of oral collagen peptide supplementation on skin moisture and the dermal collagen network: evidence from an ex vivo model and randomized, placebo-controlled clinical trials. J Cosmet Dermatol, 14: 291–301. doi:10.1111/jocd.12174
  13. Papanikolaou Y, Brooks J, Reider C, Fulgoni VL. U.S. adults are not meeting recommended levels for fish and omega-3 fatty acid intake: results of an analysis using observational data from NHANES 2003–
  14. 2008. Nutrition Journal. 2014;13:31. doi:10.1186/1475-2891-13-31.
  15. Black HS, Rhodes LE. Potential Benefits of Omega-3 Fatty Acids in Non-Melanoma Skin Cancer. Brown L, Rauch B, Poudyal H, eds. Journal of Clinical Medicine. 2016;5(2):23. doi:10.3390/jcm5020023.
  16. Cancer Detect Prev. 2006;30(3):224-32. Epub 2006 Jul 26.
  17. Hautarzt. 2017 May;68(5):354-358. doi: 10.1007/s00105-017-3980-x.
  18. Photochem Photobiol Sci. 2010 Apr;9(4):578-85. doi: 10.1039/b9pp00146h.
  19. Clin Cosmet Investig Dermatol. 2018 Apr 30;11:195-201. doi: 10.2147/CCID.S150269. eCollection 2018.
  20. Al-Niaimi F, Chiang NYZ. Topical Vitamin C and the Skin: Mechanisms of Action and Clinical Applications. The Journal of Clinical and Aesthetic Dermatology. 2017;10(7):14-17.
  21. J Am Acad Dermatol. 1998 Jan;38(1):45-8.
  22. Journal of  Investigative Dermatology. 2015 Apr;135(4):975-983. doi: 10.1038/jid.2014.531. Epub 2014 Dec 18.
  23. J Am Acad Dermatol. 2016 Jan;74(1):108-119.e1. doi: 10.1016/j.jaad.2015.08.034. Epub 2015 Oct 1.
健康

愛が込もったエッセンシャルオイルのブレンド

健康

イワベンケイ - エネルギーや脳機能などに役立つアンチエイジングアダプトゲン

健康

天然のペットフードやペット用品がもたらすメリット