header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

口内炎に効く8種類の家庭療法

10月 10 2018

口内炎は、不快で痛みを伴うことの多い一般的な症状です。市販の治療薬は簡単に手に入りますが、治癒過程を早める自然な方法がいくつもあります。

1年に最大4回もの口内炎が生じる人も少なくありません。この潰瘍は、唇または頬の内側に発生します。口内炎は通常、黄色または白色で、周囲が炎症で赤みを帯びます。この症状は1〜3週間続くことがあります。ただし場合によっては、最大6週間も痛みが続くことがあります。さらに重篤な症状においては、発熱、リンパ腺の腫れ、全身倦怠感を伴うこともあります。 

口内炎は伝染病ではありません。ただし、厳密な発症原因は依然として不明です。要因には、ストレス、損傷、疾患などが含まれます。免疫力が低下している小児や成人は、口内炎が生じやすくなります。セリアック病やクローン病の患者もリスクが高くなります。この症状は、ビタミンB群、鉄分亜鉛の不足に続発することが考えられます。

口内炎対策にすべきこと、してはいけないこと

酸性の果物や野菜を食べると、口内炎発生の原因となることがあります。食物が症状を刺激したり、悪化させることもあります。グレープフルーツ、レモン、オレンジ、パイナップル、トマトの他、発酵食品もクエン酸濃度が高く、徐々に軟部組織を蝕む場合があります。これらの要素が口内炎を悪化させ、さらなる炎症の発生を引き起こすこともあります。コーヒーの酸分も、炭酸飲料同様に原因となります。塩気の多い食物で不快感が増します。ナッツやチップスなどの刺激の強いスナック食品は健康な組織を傷つける上に、既存の口内炎の治癒過程を乱すことがあります。歯、歯列矯正器、正しく装着されていない義歯といった鋭利な部分は、いずれも軟部組織の損傷を引き起こし、口内炎の原因となる可能性があります。

ヘルペスの治癒を早めるためお勧めの食品は、ビタミンB群、鉄分亜鉛を豊富に含んでいることが重要です。より健康的な食事には、赤身の肉、鶏肉、魚、濃緑色野菜、葉菜などがあります。豆類、チーズ、牛乳、貝類も栄養価の高い選択肢です。

口内炎とヘルペスの違い

口内炎とヘルペスは同じものではありません。風邪を引くと、単純ヘルペス1型ウイルスに続発してヘルペスまたは単純疱疹が発生することがあります。ウイルスが発生すると、痛みを伴う疱疹が口の外側や唇の上下、鼻の周囲、顎の下などに現れます。口内炎が伝染病でない一方、ヘルペスは伝染病です。

口内炎向け自家製自然療法

口内炎の治療薬は市販されていますが、多くの症状には自然療法が望ましいと思われます。こういったタイプの調合は、刺激の強い化学物質や治療法を必要とせずに、症状を緩和したり解消する可能性があります。ほとんどは、どの家庭にもよくある材料で簡単に調合できます。

口内炎対策にアロエベラで口腔洗浄

その洗浄作用と治癒特性により、アロエベラは古代より世界中で親しまれてきました。近年では、アロエベラの健康効果の秘密がいくつか科学的に解明されています。そのゲルには、ビタミンAB群CEの他、特に必要とされる組織の栄養を供給することで治癒を促進する9種類のミネラルと植物栄養素が含まれています。さらにアロエベラは、新しい細胞増殖を促しながら腫れや炎症を軽減することが知られている8種類の酵素も含んでいます。また、ゲルは損傷や老化の原因となるフリーラジカルから細胞を保護します。

材料:

作り方と使い方:

  1. ゲルと水を混ぜます。
  2. この調合液で1日3回口をゆすぐことで不快感を和らげ、治癒を促進します。

カモミールティーバッグ療法

カモミールは、代替医療として異なる文化により過去何千年もの間使用されてきました。カモミールの花は、その心地よい香りと共に、鎮痛、抗炎症、抗菌作用に優れています。

材料:

作り方と使い方:

  1. チーズクロス1枚に花を置き、紐を使って閉じます。
  2. の花を3〜4分間水に浸します。
  3. のティーバッグを患部に当て、5〜10分間置きます。
  4. 上記を1日2回行います。

クローブオイル(丁子油)療法

中国では何千年もの間、この香り高いスパイスが料理や代替医療の一環として愛用されてきました。クローブオイルは、その麻酔、抗炎症、抗菌、抗酸化作用により広く親しまれてきました。

材料:

作り方と使い方:

  1. 塩入りまたは塩なしの水で口をゆすいで洗浄します。
  2. クローブオイルとオリーブオイルを混ぜます。
  3. コットンボールに2.の調合オイルを軽くつけます。
  4. コットンボールについたオイルを口内炎に塗布します。

ココナッツオイル療法

ココナッツオイルは、抗菌作用や抗炎症作用など、皮膚に多くの効果を発揮します。

材料:

作り方と使い方:

  1. ココナッツオイルを綿棒にたっぷりつけます。
  2. 口内炎に直接オイルを塗布します。

口内炎に自家製カイエンクリーム

その鎮痛作用により、南米やアメリカ先住民の文化では、9000年以上にわたってカイエンペッパーが珍重されてきました。このスパイスに含まれるカプサイシン化合物は、単に「P」と呼ばれ、痛みのメッセージを脳に伝達する役割を担う物質を妨害します。

材料:

作り方と使い方:

  1. カイエンに適量の水を混ぜてペースト状にします。
  2. 綿棒を1.の調合液に軽くつけ、口内炎に塗布します。
  3. この治療を1日2〜3回繰り返します。

麻痺スプレー療法

ユーカリオイルやペパーミントオイルの冷却特性は、炎症を和らげ、口内炎に通常伴う不快感を緩和するのに役立ちます。また、これらのオイルは抗菌作用も発揮します。

材料:

作り方と使い方:

  1. 材料をすべてボトルに注ぎます。
  2. 蓋をして、よく振って混ぜます。毎回振ってからお使いください。
  3. 調合液を必要に応じて口内炎に吹きかけます。

生ハチミツ療法

甘い生ハチミツは、その抗炎症作用と抗菌作用により、皮膚創傷の治療のため何千年もの長きにわたって使用されてきました。ハチミツに含まれる乳酸は、微生物にとって有害なものです。湿った創傷の場合、その水分がハチミツ内の化合物と結合して過酸化水素に変換することから、抗菌効果ももたらします。抗酸化物質は、フリーラジカルによる損傷を防ぎ、細胞治癒を促進します。

材料:

作り方と使い方:

  1. 温水で口をゆすいで洗浄します。
  2. 少量の生ハチミツを口内炎に塗ります。
  3. 1日2〜3回、少なくとも就寝直前に1回、患部に塗布します。

口内炎にセージで口腔洗浄

この一般的なスパイスはシソ科に属し、抗炎症作用に優れています。セージに含まれる化学化合物は抗酸化物質として作用し、フリーラジカルによる細胞損傷を予防します。

材料:

作り方と使い方:

  1. セージを水に加え、10分以上沸騰させます。
  2. 調合液を冷まします。
  3. 上記の溶液の約大さじ1を口に入れ、1分間以上ゆすぎます。
  4. セージ水を吐き出し、水で口をすすぎます。

別の方法:

  1. セージと温水を混ぜてペースト状にします。
  2. ペーストを患部に塗り、約5分置きます。
  3. ペーストを取り除き、水で口をすすぎます。
健康

テックネックを自然に治す方法

健康

コーシャビューティーとは?

健康

アレルギーを自然に緩和する方法