checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
健康

朝鮮ニンジンがもたらす8つの健康効果

6月 4 2018

エリック・マドリッド医学博士

この記事の内容:

朝鮮ニンジン(オタネニンジン)は様々な症状に使われます。朝鮮半島が原産で、薬草としての歴史は2,000年以上あります。中国やシベリア地方でも栽培されていますが、アメリカニンジンやシベリアニンジンなどのその他の朝鮮ニンジンとは異なる独特なものです。学名はPanax ginsengで、一般的には高麗ニンジン、中国ニンジン、アジアニンジンなどと呼ばれることもあります。

朝鮮ニンジンは錠剤、液体、粉末などの形で販売されていますが、用途によって服用量は異なります。服用期間も様々な理由で異なります。多種多様な効果が期待できますが、今回は数多くの研究結果で裏付けられている朝鮮ニンジンの効能をいくつかご紹介します。

朝鮮ニンジンの有効成分はジンセノサイドと呼ばれ、ジンセノサイドの種類は40以上あることが学術研究で分かっています。

免疫系のパワーアップ

朝鮮ニンジンの服用で免疫系が改善されることが大規模な研究で示されています。学術誌Journal of Ginseng Researchで発表された2012年の研究論文では、朝鮮ニンジンの葉、根、茎は生体恒常性に役立ち、病気に対する抵抗力を作り上げることができると記されています。多くの人(特に免疫系が弱い人)は病気にかかったり合併症が引き起こされるたりすることに不安を抱えていますが、朝鮮ニンジンを毎日服用すれば病気にかかる確率を大幅に減らせます。

抗がん的性質

その他の研究では、朝鮮ニンジンに抗ガン効果が期待できることが発見されました。がんを治せるという結果が出たわけではありませんが、この学術研究では、朝鮮ニンジンには腫瘍の成長を阻止する力がある可能性が示されています。2018年の研究では朝鮮ニンジンの抗ガン的な効果が述べられているほか、Biomed Pharmacotherapy に掲載された別の2018年の研究では、「朝鮮ニンジンの抗ガン的作用は、乳がん、肺がん、肝がん、大腸がん、皮膚がんを含む様々な種類のがんで証明された」という記述があります。しかし、今現在、朝鮮ニンジンをがん治療に使用するのは未だに実験的な段階なので、医師が提案するがん治療の代用と見なすべきではありません。

心臓血管の健康

うっ血性心不全や末梢血管疾患などをはじめとする心臓血管の病気の患者は、世界中で4億人以上います。高コレステロールや高血圧がこのような病気の危険因子として挙げられます。血管系が健康でなければ人体が正常に働くことができません。人体に悪影響を及ぼす心臓血管の病気の治療や管理のために、毎年膨大な数の薬が処方されています。

全般的な心臓の健康と朝鮮ニンジンの服用効果に関する学術研究は数多くあります。Journal of Ginsengで発表された2016年の研究では、朝鮮ニンジンが高血圧のラットの血圧低下に効果がある可能性が示されています。また、2016年の別の研究では、62人の高血圧の人間が被験者となり、半数に朝鮮ニンジンを、残りの半数にプラシーボ(偽薬)を12週間飲んでもらいました。その結果、プラシーボの被験者と比較して、朝鮮ニンジンを服用した被験者は血圧が6ポイント(mmHG)下がったという結果が出ています。

Frontiers in Cellular Neuroscienceで発表された2012年の研究では、朝鮮ニンジンは脳卒中が原因の炎症やダメージから脳を守るのに役立つ可能性があることが示されています(高血圧は脳卒中の危険因子です)。動脈が硬くなる原因は血管内でのカルシウムの蓄積で、アテローム性動脈硬化と呼ばれています。2014年の研究では、朝鮮ニンジンはこの蓄積のプロセスから動脈を守るのに役立つ可能性があると述べられています。

脳機能の改善

平均寿命が延びるにつれ、認知症が一般的な病気と見なされるようになってきました。一般的に高齢者が発症する脳疾患であるアルツハイマー病は、消耗性疾患である認知症の典型例です。西洋医学では認知症の治療が成功するケースはごくわずかなので、多くの人が自然療法に目を向けていますが、朝鮮ニンジンが役に立つのではないかと期待されています。

脳が健康で活発である状態を維持するのが、健康維持の重要ポイントです。それゆえに、食生活と運動は非常に大事です。また、脳の健康に良いビタミンサプリを服用することも大事です。全般的な脳の健康に朝鮮ニンジンが良い効果をもたらすことを示唆している学術研究があります。

Journal of Ginseng Researchで発表された研究では、被験者の半数に朝鮮ニンジンを、残りに砂糖の錠剤(偽薬)を2週間飲んでもらった結果、朝鮮ニンジンを服用したグループに脳の認知機能に著しい改善が見られました。Journal of Ginseng Researchで発表された2015年の研究では、朝鮮ニンジンは脳の衰えを抑制するのに役立つ可能性があるという結論が出されています。物覚えが悪い人や、記憶力に問題があると心配している人は、朝鮮ニンジンで良い効果が期待できるかもしれません。

減量に役立つ

現在、世界で肥満が大流行してます。体格指数(BMI)の統計によると、数多くの人が肥満、または重度な肥満であるとみなされています。食品の製造・加工方法の発展に伴い、世界中の人々の体重が増え続けています。2018年の研究では、朝鮮ニンジンは肥満予防や肥満の典型的な原因であるインスリン耐性の改善に役立つ可能性があると述べられています。

体重管理では、腸の健康も重要ポイントです。とある研究では、中年の女性被験者10人に朝鮮ニンジンを服用してもらい、8週間にわたって腸内細菌(微生物叢)に関する調査を行いました。朝鮮ニンジンは減量に役立ち、腸内の微生物叢にポジティブな変化が見られたという結果が報告されています。朝鮮ニンジンで体重減少の効果が期待できますが、健康的な体重を維持するには、栄養豊かで植物性食品をベースとした食生活や定期的な運動も欠かせないことをよく覚えておいてください。

血糖値の安定化

糖尿病は非常に一般的な病気で、北アメリカ、南アメリカ、ヨーロッパの人達がよくかかりますが、栄養が偏った食生活や活動強度が低い生活が原因で発症することもあります。栄養価が低い食品を摂ると血糖値の調節が難しくなります。朝鮮ニンジンの服用が血糖値の調節に役立つと言われています。朝鮮ニンジンは血糖値を正常な値に調節するのに有用で、糖尿病患者やさらには前糖尿病患者にも良い効果を及ぼすことが学術研究で示されています。また、この研究では、朝鮮ニンジンの根はインスリンの産生と作用を改善させる働きがあるとも述べられています。2014年の研究では、「朝鮮ニンジンは、糖尿病の有無にかかわらず、空腹時血糖値をある程度大幅に改善させることができた…」という結論が出されています。2018年の研究でも朝鮮ニンジンの血糖を値を下げる効果が示されています。

このような結果は朝鮮ニンジンの将来性を期待させるものですが、既に糖尿病の治療を受けている場合は、現在医者が処方している薬の服用は中止すべきではありません。どのような場合でも治療法に関してはかかりつけの医師と話し合うべきです。朝鮮ニンジンはご自身の健康対策に良いものなのかどうか、医師に尋ねてみてください。

不安障害とうつ

世界中で大勢の人がうつの症状に悩まされています。多くの人にとってこの病気は人生を一変させるものです。カウンセラーや心理学者との話し合いで症状が改善する場合がありますが、それだけではダメな場合もあります。うつでは薬が頻繁に処方されますが、副作用が心配な人や、自然療法での治療を望む人もいます。

持続性のストレスはうつや不安障害の症状をもたらす主な要因です。ストレスの原因を明らかにして、できる限りストレスを軽減できるよう努力することが大事ですが、朝鮮ニンジンは神経系全体を程するために使われている点にも注目してみてください。神経系の働きが十分であれば日常のストレスに対処しやすくなるので、うつや不安障害の症状を軽減することができるかもしれません。

朝鮮ニンジンとストレスに関する研究が行われていますが、ストレス感を緩和させるために使われています。ストレスは、治療やケアなしでは人体に重病をもたらす原因にもなりえるものです。Journal of Ginseng Researchで発表された2018年の研究では、朝鮮ニンジンは定期的に服用すると抗うつ作用があるという結論が出されています。また、同年のその他の研究でも同様の抗うつ作用が述べられています。

疲労

体力の低下(疲労や慢性疲労症候群の症状)が理由で医師の診察を受ける人は少なくありません。継続的な体のだるさの原因はすぐに見つかることもありますが、医師も患者も原因が分からない場合もあります。疲労の医学的な原因は数多くあり、まず初めに医師の診察で深刻な病気が原因でないことを確認するのは非常に重要なことです(疲労に関してはここをクリックしてお読みください)。朝鮮ニンジンは疲労解消に役立つ可能性があります。

2015年の研究では、朝鮮ニンジンは治療中のがん患者の疲労軽減に役立つ可能性があることが示されました。Biomed Pharmacotherapyで発表されたがん患者に関する2018年の研究でもそのようなことが述べられています。伝統中国医学(TCM)では、朝鮮ニンジンは活力のレベルアップに役立つ薬草として知られていて、一般的に朝鮮ニンジンのサプリやお茶が使われています。2013年の研究では、朝鮮ニンジンは慢性疲労の症状がある人の活力レベルを改善させるのに役立つ可能性があることが示されています。また、Journal of Ginseng Researchに掲載された2011年の研究では、朝鮮ニンジンは心理的な疲労の症状の改善にも役立つ可能性があると述べられています。疲労と朝鮮ニンジンに関する研究は数多く行われています。

安全性

Medicinesで発表された2015年の研究によると、朝鮮ニンジンのサプリは安全性に優れていることが昔からよく知られています。ビタミン摂取の日課に朝鮮ニンジンをプラスしても大丈夫ですが、健康に問題があって治療を受けている方は、サプリを始める前にかかりつけの医師にご相談ください。

推奨服用量: ラベルの指示に従ってください。

参考資料:

この記事の執筆のためのリサーチにご協力いただきましたシェルビー・キャンベルさんに感謝します。

  1. Christensen L.P. Ginsenosides chemistry, biosynthesis, analysis, and potential health effects. Adv. Food Nutr. Res. 2009;55:1–99.
  2. Kang S, Min H. Ginseng, the “Immunity Boost”: The Effects of Panax ginseng on Immune System. Journal of Ginseng Research. 2012;36(4):354-368. doi:10.5142/jgr.2012.36.4.354.
  3. Altern Med Rev. 2004 Sep;9(3):259-74.
  4. Int J Mol Sci. 2018 Feb 23;19(2). pii: E627. doi: 10.3390/ijms19020627.
  5. Lee KH, Bae IY, Park SI, Park J-D, Lee HG. Antihypertensive effect of Korean Red Ginseng by enrichment of ginsenoside Rg3 and arginine–fructose. Journal of Ginseng Research. 2016;40(3):237-244. doi:10.1016/j.jgr.2015.08.002.
  6. Rastogi V, Santiago-Moreno J, Doré S. Ginseng: a promising neuroprotective strategy in stroke. Frontiers in Cellular Neuroscience. 2014;8:457. doi:10.3389/fncel.2014.00457.
  7. Lee J, Cho J-Y, Kim W-K. Anti-inflammation effect of Exercise and Korean red ginseng in aging model rats with diet-induced atherosclerosis. Nutrition Research and Practice. 2014;8(3):284-291. doi:10.4162/nrp.2014.8.3.284.
  8. Yeo H-B, Yoon H-K, Lee H-J, Kang S-G, Jung K-Y, Kim L. Effects of Korean Red Ginseng on Cognitive and Motor Function: A Double-blind, Randomized, Placebo-controlled Trial. Journal of Ginseng Research. 2012;36(2):190-197. doi:10.5142/jgr.2012.36.2.190.
  9. Lee Y, Oh S. Administration of red ginseng ameliorates memory decline in aged mice. Journal of Ginseng Research. 2015;39(3):250-256. doi:10.1016/j.jgr.2015.01.003.
  10. Braz J Med Biol Res. 2018 Mar 1;51(4):e7139. doi: 10.1590/1414-431X20177139.
  11. Song M-Y, Kim B-S, Kim H. Influence of Panax ginseng on obesity and gut microbiota in obese middle-aged Korean women. Journal of Ginseng Research. 2014;38(2):106-115. doi:10.1016/j.jgr.2013.12.004.
  12. Luo JZ, Luo L. Ginseng on Hyperglycemia: Effects and Mechanisms. Evidence-based Complementary and Alternative Medicine : eCAM. 2009;6(4):423-427. doi:10.1093/ecam/nem178.
  13. Shishtar E, Sievenpiper JL, Djedovic V, et al. The Effect of Ginseng (The Genus Panax) on Glycemic Control: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Clinical Trials. Hartling L, ed. PLoS ONE. 2014;9(9):e107391. doi:10.1371/journal.pone.0107391.
  14. Choi HS, Kim S, Kim MJ, et al. Efficacy and safety of Panax ginseng berry extract on glycemic control: A 12-wk randomized, double-blind, and placebo-controlled clinical trial. Journal of Ginseng Research. 2018;42(1):90-97. doi:10.1016/j.jgr.2017.01.003.
  15. Choi JH, Lee MJ, Jang M, et al. Panax ginseng exerts antidepressant-like effects by suppressing neuroinflammatory response and upregulating nuclear factor erythroid 2 related factor 2 signaling in the amygdala. Journal of Ginseng Research. 2018;42(1):107-115. doi:10.1016/j.jgr.2017.04.012.
  16. J Agric Food Chem. 2018 Jan 10;66(1):265-271. doi: 10.1021/acs.jafc.7b04835. Epub 2017 Dec 21.
  17. Integr Cancer Ther. 2015 Sep;14(5):419-27. doi: 10.1177/1534735415580676. Epub 2015 Apr 14.
  18. Biomed Pharmacotherapy. 2018 Feb 5;100:52-63. doi: 10.1016/j.biopha.2018.01.155. [Epub ahead of print]
  19. Kim H-G, Cho J-H, Yoo S-R, et al. Antifatigue Effects of Panax ginseng C.A. Meyer: A Randomised, Double-Blind, Placebo-Controlled Trial. Mendelson JE, ed. PLoS ONE. 2013;8(4):e61271. doi:10.1371/journal.pone.0061271.
  20. Kim Y-S, Woo J-Y, Han C-K, Chang I-M. Safety Analysis of Panax Ginseng in Randomized Clinical Trials: A Systematic Review. Adams JD, ed. Medicines. 2015;2(2):106-126. doi:10.3390/medicines2020106.
健康

ショウガの健康上のメリット8つ

健康

眼の健康に効果的なヒント

健康

あなたにぴったりなのは魚油(フィッシュオイル)それともオキアミ油(クリルオイル)?