header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

前立腺の健康のための天然サプリ7つ

8月 17 2018

執筆者: エリック・マドリッド医学博士

この記事中には以下が含まれます:

前立腺は男性の健康にとって重要です。その言葉自体はギリシャ語で、「前に立つ者」または「後援者」という意味です。膀胱と結腸の間に位置する前立腺の主な機能は、射精時に精液を運ぶ役割を果たす透明なアルカリ性の液体を分泌することです。このアルカリ性は、膣の酸性度を中和し、精子を保護し、受精のチャンスを高めるのに役立ちます。

前立腺に感染が起きると、前立腺炎と呼ばれる病気になります。前立腺が肥大すると、BPH(良性前立腺肥大症)と診断されます。前立腺内でガン細胞が検出されると、前立腺ガンと診断されます。

前立腺炎

細菌が前立腺に侵入すると、多くの場合尿路感染症に似た症状の感染症を引き起こす可能性があります。感染した男性は、急性の排尿困難を覚え、排尿の際に灼熱感を経験し、膀胱を空にするのに困難を覚えます。治療には通常、重症度に応じて2〜8週間の抗生物質の服用が伴います。  

良性前立腺肥大症(BPH)  

多くの男性において、加齢による前立腺肥大が徐々に進行します。罹患者は排尿困難を覚えることがあり、またBPHに罹患している多くの男性は、多ければ毎晩5回ほど尿意により目を覚まします。症状には、排尿の開始が困難であることと、排尿終了時の尿切れが悪いことが挙げられます。夜間に複数回起き出す必要があることから、もちろん睡眠の質が下がっていまいます。幸い、男性が前立腺の肥大を最小限に抑えるためにできることが複数あります。

ライフスタイルの観点から言うと、全粒粉やオーガニックの果物や野菜などの健康食品を食べることはメリットがあります。カフェインやアルコールを避けるか、少なくとも最低限に抑えることが推奨され、また一部の人にとっては良好な結果をもたらすかもしれません。処方薬と市販薬の服用もまた一般的です。薬には5HTレダクターゼ阻害薬(フィナステリド、デュサステライド)、アルファブロッカー(テラゾシン、ドキサゾシン、タムスロシン)などがあります。これらの医薬品は、服用者の大半にとって非常に上手く作用します。すべての薬と同様、一部の人は副作用によって使用を中止する可能性があります。

いろいろな戦略を試しているにもかかわらず、依然として困難を抱えている人にとっては、外科的な介入が選択肢のひとつかもしれません。しかし手術の副作用は、尿失禁、恒久的なインポテンツ、および勃起障害をもたらすことがあります。
BPHは非常によくある病気ですが、良いニュースは、それが見られるからといって前立腺ガンを発症する危険性が高いという証拠はない、という点です。また投薬は必ずしも必須ではありません。前立腺の縮小に役立つサプリメントもあります。

前立腺ガン

前立腺ガンは6人に1人に発生し、すべてのガンによる死亡数の10パーセントを占めています。世界中で160万人の男性が前立腺ガンと診断され、366,000人が毎年前立腺ガンで死亡しています。それは非常によくある病気で、90歳以上の男性の推定90%に、微小な前立腺ガンの確証が認められるほどです。しかし、この年齢層の男性にとっては、前立腺ガンで死亡する以前に心臓病や自然死に至る可能性が高いため、死因となる可能性は低くなっています。

50歳以上の男性の大部分に、前立腺の検査がどのように行われたかを質問してみると、不安気だったり、恐怖だったり、またはにやにや顔で答えてくれることでしょう。前立腺特異抗原(PSA)の血液検査を注文することもできますが、手袋をした医師の人差し指で、前立腺ガンのリスクのある人を識別するのが最良の方法です。結節または異常が感じられる場合、医師は、前立腺超音波および生検を勧めて、ガン性細胞の可能性を排除することができます。
この検査は不快かもしれませんが、リスクのある人や症状がある人にとっては重要な身体検査となります。

避けるべき食品

牛乳を含む乳製品は、前立腺ガンの危険因子であると考えられています。American Journal of Clinical Nutritionの2018年の研究では、進行性前立腺ガンのリスク増加と全乳摂取量に関連があると結論付けました。2018年の別の研究では、「前立腺ガンの診断後の全乳の消費は、特に体重超過または肥満の男性間において、再発リスクの増加と関連していた。牛乳の摂取を選択した前立腺ガンの男性は、無脂肪または低脂肪のオプションを選択すべきだ。」と結論しています。個人的にに、アーモンドミルクやライスミルクなどの非乳製品の選択肢をお勧めします。

2017年の研究では、最も飽和度の高い脂肪を消費する人々も前立腺ガンのリスクが高いことが示されています。飽和脂肪は、バター、クリーム、全乳、チーズ、ラード、ソーセージやサラミといった加工肉などの食品に含まれています。

リコピン

リコピンは、前立腺の健康に有益な食物栄養素です。リコピンの食物源には、トマト、スイカ、ピンクグレープフルーツが含まれます。栄養素に関する2018年の研究では、トマトとリコピン摂取量の多いベトナム人男性において前立腺ガンが少なく見られたとの結論に達しました。2017年の69万2,000人を対象としたメタアナリシス研究では、リコペンが高レベルの人は前立腺ガンを発症しにくく、2018年のある研究はトマトの摂取量が最も多いグループは、最も少ないグループに比べて前立腺ガンを発症する確率が19%低かったと明らかにしました。推奨用量:ラベルに記載の通り。

オメガ3脂肪酸(フィッシュオイル)

オメガ3必須脂肪酸は、主に、特に、エイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)からなります。栄養学ジャーナルの2014年の研究では、アメリカ人の大多数が食事から必要な脂肪酸を十分に摂取していないことが示されています。これらの重要な栄養素は、魚類(サバ、タラ、サーモンが一番豊富)、クルミチアシード亜麻仁ヘンプシード、アボカド、納豆などのさまざまな食品源に見られます。

Oncology Letterで報告された2017年の研究では、オメガ3脂肪酸の摂取量増加と前立腺ガンリスクの低下には相関関係があると述べられています。

2017年の別の研究では、前立腺肥大症またはBPHを持ち、処方前立腺薬(フィナステライドおよびタムスロシン)とオメガ3脂肪酸を併用した男性は、薬のみを服用した男性と比較して、尿の勢いが改善されたことが分かりました。

かぼちゃの種

冬の瓜とも呼ばれるカボチャは、夏の瓜に関連し、クッカビタ・ペポ(Cucurbita pepo)として知られる食品科目に属します。何世紀にもわたり、カボチャの栽培は7,000年以上前、現在のメキシコ南部に始まり、膀胱、腎臓、および前立腺の健康に有益であると信じられてきました。現在では、この植物の前立腺の健康へのメリットは科学的に証明されています。

2016年の研究によると、カボチャの種エキスは、前立腺肥大の関連症状を改善するのに役立つことが示されました。前立腺肥大の人を対象とした2015年の研究では、カボチャ種エキスを服用した人は、プラセボを服用した人に比べて泌尿器系の改善がみられました。カボチャの種は、健康的なスナックとみなすことができます。サプリメントを摂取する場合は、ラベルの指示どおりに服用してください。

ノコギリヤシ

男性は年を取るにつれて、前立腺肥大に関連した、医師がBPHまたは良性前立腺肥大症と診断する症状を経験する人が多くなります。症状としては、膀胱を空にすることに困難を覚えたり、尿もれ、尿の勢いの減少、排尿頻度の減少などが挙げられます。症状を軽減するための処方薬がありますが、多くの人がより自然なアプローチをとることを好みます。ノコギリヤシ(Serenoa repens)は、研究により役立つ可能性が示唆されている漢方薬です。

Cochrane Databaseによる2002年の研究は、ノコギリヤシは尿症状の改善と尿の勢いの改善に軽度から中等度の効果をもたらしたと結論付けました。これに反して、2009年の研究では、ノコギリヤシのみではプラセボを上回る効果はないという結果でした。

しかし、12ヶ月間に及ぶ2017年の研究では、ノコギリヤシを服用した男性の尿の勢いにおいて、治療を受けていない男性と比較して効果が見られました。セレンリコピンを併用すると、ノコギリヤシ単独よりも効果的であると示す研究もあります。このハーブを勧めた私の患者の約半数に、前立腺症状の改善が認められたというのが個人的な感触です。また、処方薬フィナステリドに加えてノコギリヤシを摂取する人々にはさらなる利点があるという科学的根拠もあります。
推奨用量:ラベルに記載されている通り

ビタミンE

ビタミンEを含む食品は、脳および心臓だけでなく前立腺にもメリットをもたらします。ビタミンEを含む食品には、アーモンドカボチャの種ヒマワリの種、ホウレンソウ、ケール、およびアボカドなどがあります。2015年のある調査では、ビタミンEを含む食品の消費量が多い人は、進行性前立腺ガンのリスクが低いという結果になりました。

ビタミンD

ビタミンDの血中濃度が低い人は、前立腺ガンや他のガンのリスクが高いことが各種研究によって示唆されています。さらに、Urology Annalsの2017年の研究では、ビタミンDの血中濃度が低い男性は、良性前立腺肥大症と前立腺ガン両方のリスクが高いことが示唆されています。

腕と脚を20〜30分日光に晒すことで、多くの人は十分なビタミンDを自己生産できます。しかし、季節や地域によってはそれでは十分ではないかもしれません。ほとんどの場合、ビタミンDサプリメントが推奨されます。推奨用量:毎日1,000〜5,000IU

亜鉛

Journal of Nutritionによれば、アメリカ人の約45%が食事から十分な亜鉛を摂取できていません。世界中で15%以上の人々が亜鉛欠乏症を抱えています。亜鉛は前立腺の健康全般において重要な役割を果たしているとされ、前立腺が健康な人たちは、前立腺の状態の人々と比べて亜鉛のレベルが高くなっています。

2011年のIndian Journal of Urologyのある研究では、血中亜鉛濃度が低い男性は、良性前立腺肥大症(BPH)と前立腺ガンのリスクが高かったと結論付けられました。2016年の研究では、他に加えて、最適な前立腺健康を維持する上で亜鉛が果たす役割の重要性が確認されました。高品質のマルチビタミンは亜鉛を含みますが、別個の亜鉛サプリメントを摂取する人もいます。推奨される1日量は亜鉛25〜50mgです。亜鉛の健康上のメリットについての詳細をご覧ください。

参照:

  1. Cold Spring Harb Perspect Med. 2018 Jan 8. pii: a030361. doi: 10.1101/cshperspect.a030361.
  2. Am J Clin Nutr. 2018 May 1;107(5):799-807. doi: 10.1093/ajcn/nqy037.
  3. Prostate Cancer Prostatic Dis. 2017 Mar;20(1):48-54. doi: 10.1038/pcan.2016.39. Epub 2016 Sep 6.
  4. Van Hoang D, Pham NM, Lee AH, Tran DN, Binns CW. Dietary Carotenoid Intakes and Prostate Cancer Risk: A Case-Control Study from Vietnam. Nutrients. 2018;10(1):70. doi:10.3390/nu10010070.
  5. Prostate Cancer Prostatic Dis. 2017 Dec;20(4):361-377. doi: 10.1038/pcan.2017.25. Epub 2017 Apr 25.
  6. Papanikolaou Y, Brooks J, Reider C, Fulgoni VL. U.S. adults are not meeting recommended levels for fish and omega-3 fatty acid intake: results of an analysis using observational data from NHANES 2003–2008. Nutrition Journal. 2014;13:31. doi:10.1186/1475-2891-13-31.
  7. Oncology Letter. 2017 May;13(5):3717-3721. doi: 10.3892/ol.2017.5880. Epub 2017 Mar 21.
  8. Inflammopharmacology. 2017 Aug;25(4):451-458. doi: 10.1007/s10787-017-0343-2. Epub 2017 Apr 8.
  9. Arch Ital Urol Androl. 2016 Jul 4;88(2):136-43. doi: 10.4081/aiua.2016.2.136.
  10. Vahlensieck W, Theurer C, Pfitzer E, Patz B, Banik N, Engelmann U, Effects of Pumpkin Seed in Men with Lower Urinary Tract Symptoms due to Benign Prostatic Hyperplasia in the One-Year, Randomized, Placebo-Controlled GRANU Study. Urology International 2015;94:286-295
  11. Cochrane Database of Systemic Reviews. 2002;(3):CD001423.
  12. Cochrane Database of Systemic Reviews. 2009 Apr 15;(2):CD001423. doi: 10.1002/14651858.CD001423.pub2.
  13. Pril (Makedon Akad Nauk Umet Odd Med Nauki). 2017 Sep 1;38(2):123-129. doi: 10.1515/prilozi-2017-0030.
  14. Current Medicinal Chemistry. 2013;20(10):1306-12.
  15. Journal of  Urology. 2011 Oct;186(4):1524-9. doi: 10.1016/j.juro.2011.05.049. Epub 2011 Aug 19.
  16. Urology International. 2015;94(2):187-93. doi: 10.1159/000366521. Epub 2015 Jan 23.
  17. Antwi S, Steck SE, Su LJ, et al. Dietary, Supplement, and Adipose Tissue Tocopherols Levels in Relation to Prostate Cancer Aggressiveness Among African and European Americans: The North Carolina-Louisiana Prostate Cancer Project (PCaP). The Prostate. 2015;75(13):1419-1435. doi:10.1002/pros.23025.
  18. Elshazly MA, Sultan MF, Aboutaleb HA, et al. Vitamin D deficiency and lower urinary tract symptoms in males above 50 years of age. Urology Annals. 2017;9(2):170-173. doi:10.4103/0974-7796.204192.
  19. Ciubotariu D, Ghiciuc CM, Lupușoru CE. Zinc involvement in opioid addiction and analgesia – should zinc supplementation be recommended for opioid-treated persons? Substance Abuse Treatment, Prevention, and Policy. 2015;10:29. doi:10.1186/s13011-015-0025-2.
  20. Gómez Y, Arocha F, Espinoza F, Fernández D, Vásquez A, Granadillo V. Zinc levels in prostatic fluid of patients with prostate pathologies. Invest Clin. 2007;48:287–94.
  21. Christudoss P, Selvakumar R, Fleming JJ, Gopalakrishnan G. Zinc status of patients with benign prostatic hyperplasia and prostate carcinoma. Indian Journal of Urology : IJU : Journal of the Urological Society of India. 2011;27(1):14-18. doi:10.4103/0970-1591.78405.
症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症