beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements

免疫力を高めたい時におすすめの抹茶を使ったレシピ5種

この記事の内容:


抹茶 は緑茶の一種で、細かく挽かれているので香りが強く、栄養素をたくさん摂取できます。 これまでに分かっている健康に関する抹茶の特性は、 抗酸化作用、抗炎症作用、 強壮効果 などです。


抹茶には栄養、ミネラル、ビタミン、抗酸化物質などが豊富に含まれているので、スーパーフードと見なされています。 健康増進を期待できるその他の特性として、免疫系の強化に大いに役立つとも指摘されています。この記事では、抹茶が免疫系を支援する仕組みや抹茶を使ったレシピを5項目に分けてご紹介します。


1.抹茶と感染防御

抗酸化物質の一つに、体内のT細胞の生成量を増やす 没食子酸エピガロカテキン(EGCG) というものがあります。T細胞は身体を病気回復のために病原体と戦う白血球で、EGCGは 抹茶に含まれている物質です。


T細胞がたくさんあれば、免疫系は感染からの回復を比較的楽に行えるようになります。 風邪を退治したい時に、この抹茶ドリンクのレシピをお試しください。


抹茶とショウガの免疫強化ドリンクのレシピ

材料:


作り方:

  1. 6カップ(1.5リットル)の水に抹茶以外の材料を入れて沸騰させます。

  2. 蓋をした状態で15分ほど煎じます。

  3. 火からおろして漉します。

  4. 抹茶パウダーを大さじ1杯のお湯に溶かします。ダマができないようにするためです。

  5. 溶かした抹茶を3の液に加え、しっかりと混ぜます。

  6. 温かいうちに召し上がってください!残りは冷蔵庫で保存できます。冷たいままでも温め直しても飲めます。


2.抹茶とデトックス

素晴らしい 抹茶 の特徴として、鮮やかな緑色が挙げられます。緑がとても鮮やかな理由は、抹茶には高レベルの クロロフィルが含まれているからです。クロロフィルには、合成化学薬品や産業副産物が人体に及ぼす負荷の減少をはじめとする、数多くの健康効果があります。


また、このような化学物質を除去したり、細胞の健康状態を徐々に改善したりする働きもあると研究で示されています。つまり、リンパ腺の掃除や老廃物の除去に役立つ物質なので、免疫系が最適な状態で機能できるようになることが期待できます。


アーモンドパウダーと抹茶のマフィンのレシピ

材料:


作り方:

  1. オーブンを375ºF(190℃)に予熱します。マフィン型にペーパーカップを敷くか、オイルをスプレーします。

  2. 中型のボウルに粉の材料をすべて入れて混ぜます(グルテンフリー粉、アーモンドパウダー、抹茶パウダー、ベーキングパウダー、重曹、塩)。

  3. 大きなボウルに液状の材料と砂糖を入れ、泡立て器で混ぜます。まずオイルと卵を混ぜてから、砂糖、ミルク、アーモンドエクストラクトを加えてください。 

  4. 粉の材料を液体の材料が入っているボウルに入れます。ムラが無くなるまで混ぜます。

  5. 準備がされたマフィン型に生地を均等に入れます。入れる量は、型の容量の2/3までにしてください。クッキースクープを使えば簡単に生地を均等に分けられます。お好みでアーモンドスライスをトッピングしてください。

  6. オーブンで15分~20分、またはマフィンの上部が割れるまで焼きます。楊枝を刺して抜いた時に楊枝に生地が付いていなければ焼き上がりです。焼き過ぎを防ぐために、焼き上がり時間の少し前に焼き加減をチェックしてください。

  7. 型に入れたまま5分間冷ましてから取り出します。3日以内にお召し上がりください。冷蔵庫に入れておけば最長1週間保存できます!


3.抹茶で殺菌

世界中で人気があることが理由で、 抹茶 の健康メリットについての研究が何年も行われてきました。調査されたメリットの一つが抗菌作用です。抹茶が研究対象になったのは特定のポリフェノールが含まれているからです。ポリフェノールは様々なバクテリアに対する抗菌性があることが指摘されいる物質で、口腔内にバクテリアがとどまるのを防ぐ働きがあるとも考えられています。


抹茶とショウガのエネルギースナック

 材料: 


作り方:

  1. ココナッツオイルを電子レンジで30秒加熱して溶かします。

  2. ココナッツオイルと水以外の材料をすべてフードプロセッサーに入れて混ぜ合わせます。完全になめらかになるまで混ぜてください。

  3. ココナッツオイルを入れてさらに混ぜます。

  4. しっかり混ざったら、すべてが一塊になるまで水を徐々に加えます。しっかりまとまったら水を加えるのをやめてください。水は大さじ2杯からカップ1/4杯(60ml)必要になると思います。

  5. 小さなボール状に丸め、ベーキングシートを敷いたオーブントレーに並べます。

  6. 固まるまで冷蔵庫に1時間ほど入れておきます。冷蔵庫の中で2週間保存できます。


4.抹茶で炎症を抑制

体内のT細胞とポリフェノールのレベルを上昇させる効果が 抹茶 にはありますが、炎症に対する著しい効果も研究で示されています。抹茶を摂取すると抗炎症性物質サイトカインの生成量が増加するからです。その他の細胞に影響を及ぼす免疫細胞によって作られる特殊な物質です。


このような効果が期待できるため、抹茶は抗炎症反応を抑える働きがあると考えられています。他の種類の緑茶と比べて細かく挽かれているので、抹茶は有効成分の消化・吸収がしやくなっています。免疫系の支援をさらに行いたい方にぜひおすすめしたい種類の緑茶です。


抹茶とバナナのスムージーのレシピ

材料:

  • カップ1杯(250ml) スライスされた冷凍バナナ

  • 小さじ1杯 抹茶パウダー

  • カップ1杯(250ml) 生のホウレンソウ(カップにしっかりと詰め込んだ量)

  • 小さじ2杯 フラックスシード

  • 小さじ1杯 バニラエクストラクト

  • カップ3/4杯(180ml) 甘味料無添加のアーモンドミルク(必要であれば増量)


作り方:

  1. 材料をすべてミキサーに入れます。

  2. なめらかになるまでミキサーで混ぜます。

  3. フラッシュなうちにすぐにお召し上がりください!

5.抹茶で心臓の健康を増進

体内に酸素を適度に送り込んだり老廃物を排泄したりするには、血管やリンパ系の流れに支障があってはなりません。身体に十分な量の血液が送り込まれない部分があると、その部分に免疫系が届かなくなり、治癒反応が抑制されてしまいます。


研究では、アテローム性動脈硬化症の原因となる血管に付着する脂肪の量が、 抹茶 の摂取によって減少することが指摘されています。また、抹茶によってLDLとHDLの比率が心臓血管の全般的な健康に良いとされている値に近づくとも考えられています。


乳成分なしの抹茶ラテ

材料: 


作り方:

  1. 抹茶パウダー、お湯、はちみつをマグに入れます。

  2. 竹製または金属製の泡立て器を使ってダマができないようしっかりと混ぜます。泡立て器がない場合はミキサーを使ってください。

  3. 抹茶パウダーが完全に混ざったら、ココナッツミルクとアーモンドミルクを温めます。泡立て器やブレンダーを使ってミルクを泡立てることもできます。

  4. 温まったミルクをマグに注ぎます。お好みで甘味料を足してお召し上がりください。


その他の抹茶の効能

抹茶 には免疫反応や全般的な健康の改善が期待できる健康メリットが数多くあります。また、カフェインを摂取することにもなるので、急激な覚醒効果ではありませんが、徐々に気分が良くなる効果も期待でき、 コーヒー や 紅茶の代用になります。抹茶のカフェインの効果は徐々に感じられるものなので、良い効果を得た後で急激にエネルギーが無くなってしまう恐れはあれません。


抹茶で穏やかな覚醒効果を得られる理由は、リラックス効果がある アミノ酸 である テアニンが含まれているからです。このような素晴らしいメリットは抹茶の健康メリットに付け加えるべき素晴らしいメリットです。


購入する際には、抹茶には2つの種類があることをよく覚えておいてください。飲食用と茶道用があります。茶道用の抹茶は高級品で飲み物に適していると見なされています。


飲食用は比較的安くて調理向けです。味の違いは、茶道用の抹茶のほうが苦みが少し弱いことだけです。この違いが気にならなければ、どちらの抹茶も同じように使えます。美味しくて栄養価の高い抹茶ラテをお楽しみください。また、免疫系の強化の手段として抹茶をぜひレシピに取り入れてみてください。

栄養

添加糖類の見分け方および健康に良い代用甘味料4種

栄養

健康のためには、ノンフライヤーを使った方が良いのでしょうか?管理栄養士がアドバイス

栄養

栄養士が承認する、肉を使わないグリル料理レシピ3点