手軽に健康をサポートしたいと願うのはどなたも同じではないでしょうか。それを実現してくれるものがあるとすれば、このグリーンパウダーかもしれません。グリーンパウダーは栄養価が高く、水をはじめ、スムージー、ヨーグルト、アップルソースなど、何にでも混ぜやすい栄養補助食品です。

グリーンパウダーの原材料はメーカーによって異なりますが、乾燥させた葉野菜、海藻藻類ハーブ、果物、野菜などをミックスしたものが大半です。

高濃度の栄養が詰まった食品をお探しなら、このグリーンパウダーをお勧めします。栄養抜群で使いやすく、応用がきいて便利なグリーンパウダーは、健康的な食生活にぜひ取り入れたい一品です。

この記事では、まだ摂取したことがない方にグリーンパウダーをお勧めしたい5つの理由と、製品を選ぶポイントとなる栄養成分についてご説明したいと思います。Hand reaching for green juice with broccoli and kiwi

1. 輝く素肌を引き出すグリーンパウダー

夏を間近に控えた今、透き通るようなツヤ肌を目指している方は多いのではないでしょうか。それには、グリーンパウダーが一役買うかもしれません。多くのグリーンパウダーには、スピルリナという成分が含まれています。

スピルリナ

スピルリナは、淡水・海水ともに生息する青緑色の微細藻類です。

研究によると、スピルリナを摂取することで、免疫機能や健康全般の向上など、さまざまな健康効果が期待できそうです。また、スピルリナの摂取により、肌質や髪質が改善されるという研究結果もあります。

さらに、抗酸化物質が豊富なこれらの藻類を栄養補助食品として摂取すると、紫外線のダメージから皮膚を守るという研究もいくつかあります。無防備に日光を浴びると紫外線のダメージを受けます。

紫外線ダメージはシミやシワの原因になるだけでなく、皮膚の早期老化や皮膚がんを引き起こすおそれがあります。多くのグリーンパウダーにスピルリナが含まれている理由は、上記のような傑出した健康効果です。

ツヤのある肌、健やかな髪、丈夫な爪に最適なサプリメント:詳しくはこちら

2. 免疫力の向上に役立つグリーンパウダー

健康的な食生活は免疫力の向上につながりますが、野菜が苦手な人も少なくありません。もっと健康的な食事を心がけるべきだとわかっていても、どうしても野菜が口に合わないという方には、グリーンパウダーがぴったりかもしれません。グリーンパウダーには多くの栄養素がたっぷり詰まっています。

グリーンパウダーの色と名前は、このパウダーに含まれる濃緑色の葉野菜などの緑色野菜に由来します。中でも、ホウレンソウ、ケール、コラードグリーン、ブロッコリーといった緑色野菜には、免疫機能の向上を促進するビタミンCKAが含まれています。

‌‌‌‌ビタミンC

ビタミンCは、強力な抗酸化物質として、フリーラジカルによるダメージから体を保護すると同時に、NK(ナチュラルキラー)細胞と呼ばれる特殊な免疫細胞をサポートして、体内に侵入する異物を除去する働きがあります。

ビタミンK

ビタミンK、特にビタミンK2には免疫調整作用があることが研究で示されています。つまり、異物の侵入に備え、必要に応じて免疫活動の強弱を調整できるということです。この他、ビタミンKは骨の健康にも不可欠です。

ビタミンA

ビタミンAも免疫の健康に欠かせないビタミンの一つであり、体内に侵入した異物に対抗する白血球の数と種類を増やすのに役立ちます。ビタミンAの濃度が低いと、免疫力が落ちやすいだけでなく、肌のトラブルも増えがちです。皮膚のコラーゲン生成を促すビタミンAは、肌を若々しく滑らかに保つ上でも重要です。

免疫系を最高の状態に保つための天然サプリメント10選:詳しくはこちら

3. エネルギー向上に役立つグリーンパウダー

現代では、やるべきことが多すぎて、1日24時間では足りないと感じることがあるものです。ようやく一日の仕事が終わると、家族や友人と過ごしたり、自分だけの時間を楽しむ気力がほとんど残っていなかったりします。そんな状況も、グリーンパウダーが変えてくれるかもしれません。グリーンパウダーには、マルチビタミンのようにすべてのビタミンやミネラルが含まれているわけではありませんが、セレンやヨウ素などの栄養素が豊富です。

セレンとヨウ素

この2種類の栄養素は甲状腺の健康維持に欠かせません。ヨウ素は、成長、発達、代謝をコントロールする甲状腺ホルモンの生成に必要であり、セレンは強力な抗酸化物質として作用し、フリーラジカルによるダメージから甲状腺の健康を守ります。これらの重要な栄養素はほとんどのグリーンパウダーに含まれています。

この2つの栄養素が十分に摂取できていないと甲状腺機能が低下しやすくなり、その結果、体のむくみ、体重増加、倦怠感の他、場合によってはうつ病など、さまざまな健康問題につながります。

グリーンパウダーを摂取して、体が必要とするセレンとヨウ素を補給することで甲状腺機能の改善が図ることができます。甲状腺が健康であれば気力が湧いて、何事にも積極的に取り組めるようになるかもしれません。このようにグリーンパウダーが与えてくれるエネルギーはまさに理想的とも言えるでしょう。

エネルギーアップに最適なサプリメント10選:詳しくはこちら

4. アレルギー症状の軽減が期待できるグリーンパウダー

小鳥がさえずり、花が咲き乱れると、花粉が飛び散る季節でもあります。せっかくのうららかな時季も、季節性アレルギーのせいで憂鬱な方には、グリーンパウダーが頼れる味方となるかもしれません。

藻類

グリーンパウダーには、通常、微細藻類のスピルリナが配合されています。この藻類がアレルギー性鼻炎の症状改善に役立つことが研究で示されています。アレルギー性鼻炎は、季節性アレルギーに伴うものが多く(すなわち季節性アレルギー性鼻炎)、鼻水、鼻のかゆみ、鼻づまり、嗅覚の低下といった症状が特徴です。

研究によると、スピルリナはアレルギー性鼻炎の症状を改善するだけでなく、炎症を抑えることにより、睡眠、仕事、社会的相互作用の質を向上させます。

また、グリーンパウダーは、腸内細菌の多様性を向上させる働きもあります。腸内マイクロバイオーム(腸内微生物叢)の多様性を高めることは、腸の健康改善につながります。腸内環境が良くなると、季節性アレルギーやアレルギー性鼻炎が減少したという研究結果もあります。

くしゃみや鼻水による鼻のむずむず感を和らげるのに役立つ抗ヒスタミンサプリメント4選:詳しくはこちら

5. 規則正しいお通じを促すグリーンパウダー

よくある日常の健康問題のうち、便秘は最も不快でつらい症状ですね。便秘とは、排便困難や不完全排便をはじめ、排便痛を伴うものや、排便回数が週3回未満の場合を指し、痔、裂肛(れっこう。切れ痔)、宿便など、さまざまな問題を引き起こします。

便秘は、不健康な腸内マイクロバイオームや腸内細菌のバランスの乱れを原因とします。便秘の治療といえば下剤が一般的ですが、長期間使用すると効果がなくなることがあり、そこまで長い間下剤を使用することに抵抗を感じる人も多いでしょう。そんな時、便秘の改善に役立つと考えられるのがグリーンパウダーです。

食物繊維

グリーンパウダーには、体が消化できない炭水化物の一種である食物繊維が豊富に含まれています。食事で摂取され、体内に取り込まれた食物繊維により、消化管の動きが活発になります。また、食物繊維には、便を柔らかくしてスムーズな便通を促す効果もあります。

グリーンパウダーを食事に加えるだけで食物繊維の摂取量を手軽に増やせる上、便の質と便通の改善が期待できます。グリーンパウダーには、食物繊維だけでなくマグネシウムも含まれています。

マグネシウムは300種類以上ある生体内機能に欠かせないミネラルであり、周辺組織から腸内に水分を取り込んで便秘の緩和に役立ちます。その作用により、便が柔らかくなり、排出されやすくなります。このように、グリーンパウダーを摂取すると、便秘を緩和することで、お通じと腸機能の改善が図れます。

便秘を自然に解消する方法:詳しくはこちら

このように、グリーンパウダーを摂るべき5つの理由について解説しました。まだグリーンパウダーを摂取したことがないという方は、この機会にぜひお試しください。きっと、想像以上に毎日の健康をサポートしてくれるかもしれません。

Greens powder, wheatgrass powder, kale powder supplements 

参考文献:

  1. Rzymski P, Jaśkiewicz M. Microalgal food supplements from the perspective of Polish consumers: patterns of use, adverse events, and beneficial effects. J Appl Phycol. 2017;29(4):1841-1850. doi:10.1007/s10811-017-1079-5
  2. Yogianti F, Kunisada M, Nakano E, et al. Inhibitory effects of dietary Spirulina platensis on UVB-induced skin inflammatory responses and carcinogenesis. J Invest Dermatol. 2014;134(10):2610-2619. doi:10.1038/jid.2014.188
  3. Holmannová D, Koláčková M, Krejsek J. Fyziologická úloha vitaminu C ve vztahu ke složkám imunitního systému [Vitamin C and its physiological role with respect to the components of the immune system]. Vnitr Lek. 2012;58(10):743-749.
  4. Myneni VD, Mezey E. Immunomodulatory effect of vitamin K2: Implications for bone health. Oral Dis. 2018;24(1-2):67-71. doi:10.1111/odi.12759
  5. Mora JR, Iwata M, von Andrian UH. Vitamin effects on the immune system: vitamins A and D take centre stage. Nat Rev Immunol. 2008;8(9):685-698. doi:10.1038/nri2378
  6. Varani J, Warner RL, Gharaee-Kermani M, et al. Vitamin A antagonizes decreased cell growth and elevated collagen-degrading matrix metalloproteinases and stimulates collagen accumulation in naturally aged human skin. J Invest Dermatol. 2000;114(3):480-486. doi:10.1046/j.1523-1747.2000.00902.x
  7. Williams MD, Harris R, Dayan CM, Evans J, Gallacher J, Ben-Shlomo Y. Thyroid function and the natural history of depression: findings from the Caerphilly Prospective Study (CaPS) and a meta-analysis. Clin Endocrinol (Oxf). 2009;70(3):484-492. doi:10.1111/j.1365-2265.2008.03352.x
  8. Nourollahian M, Rasoulian B, Gafari A, Anoushiravani M, Jabari F, Bakhshaee M. Clinical comparison of the efficacy of spirulina platensis and cetirizine for treatment of allergic rhinitis. Acta Otorhinolaryngol Ital. 2020;40(3):224-229. doi:10.14639/0392-100X-N0139
  9. Hua X, Goedert JJ, Pu A, Yu G, Shi J. Allergy associations with the adult fecal microbiota: Analysis of the American Gut Project. EBioMedicine. 2015;3:172-179. Published 2015 Nov 27. doi:10.1016/j.ebiom.2015.11.038
  10. Eswaran S, Muir J, Chey WD. Fiber and functional gastrointestinal disorders. Am J Gastroenterol. 2013;108(5):718-727. doi:10.1038/ajg.2013.63
  11. Guerrera MP, Volpe SL, Mao JJ. Therapeutic uses of magnesium. Am Fam Physician. 2009;80(2):157-162.