header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
美容

美容製品で避けたい3つの成分

3月 19 2019

この記事内:

毎日使う石けんローション化粧品は使う人に大きな影響を与えます。これらの製品はお肌に直につけるものなので、思っているほど健康に大きな影響を及ぼすことがあります。

化粧品によっては使う人を危険な化学物質にさらしたり、お肌に悪影響を与えたりすることがあります。適切に調べることなく製品が安全かどうかを判断するのは容易ではないことがあります。ナチュラルで健康的に見える製品でも、有害な化学物質でできているかもしれないのです。美容製品を買うときは、製品にこのような問題のある成分が含まれていないことを必ず確認しましょう。

安全ではない毒素

おそらく、美容製品を使用する上で最も心配な要素は、危険な毒素にさらされる可能性があるということです。欧州連合が何千もの危険な化学物質を禁止している中、米国食品医薬品局が禁止している化学物質を11種類だけです。このように緩い規制なので、米国の消費者はさまざまな不健康な物質や毒素にさらされています。

例えば、一般的な美容製品に含まれる一部の化学物質には発ガン性があります。ホルムアルデヒドなどの成分は製品の中でバクテリアが増殖するのを防ぐので、一般的な美容製品のほとんどに使用されています。しかし、ホルムアルデヒドは数種の慢性疾患と関連しています。美容製品製造業者は、製品中の発がん物質は極めて少量で安全なレベルにあると言って消費者を安心させようとしています。一つの製品には人がすぐに病気になるほどの発がん物質が含まれていないかもしれませんが、生涯を通じて繰り返し発がん物質を体に取り込むと悪影響が及んでしまいます。

美容製品が懸念されるもう一つの大きな原因は、ホルモンを破壊する化学物質の存在です。美容製品に使用される合成化学物質の多くは、体内で使用されるホルモンと非常によく似ています。このため、体が混乱したり妨害されたりするのです。ホルモンを破壊する化学物質を含む美容製品を定期的にぬると、体内の化学物質のバランスが変化する可能性があります。

多くの美容製品に見られる主な毒素の一つはパラベンです。この種の防腐剤は皮膚からとても簡単に吸収されるので、問題になることがあります。パラベンは、体内に入ると天然のエストロゲンの真似をします。これにより、人の典型的な生殖周期が変わることがあります。

美容製品に含まれる無数の危険な化学物質により、このような化学物質を含まない製品を見つけるのはかなり難しく思えるかもしれません。食品と同様に、化粧品の危険な毒素を避ける最も簡単な方法の一つはラベルを読むことです。可能な限り、すでに知っている天然成分のみが入っており、パラベン不使用の製品を選びましょう。認識できない化学物質の名前は自分で調べて、有害かどうかを確認してください。自社製品にホルムアルデヒドやパラベンが含まれていないことを前面に出す美容製品メーカーは多いですが、成分をより詳しく調べてみると、その製品にはフェノキシエタノール、ブロノポールや同様の毒性効果がある他の成分を含まれることに気付く場合もあるのです。

クルエルティフリーの原料

美容製品の大手メーカーのほとんどは、動物を使って実験された原料で製造しています。そのため、動物実験がされていない製品を見つけるのは驚くほど困難です。ラベルに"クルエルティフリー"と書いてあっても、動物実験を用いた原料が入っている場合もあります。米国では動物実験を実際に禁止する連邦法はないので、製品が動物実験されているかどうかを知ることは困難です。

クルエルティフリーという表示の多くは、単にその製品自体に動物実験が使用されなかったことを意味するものです。ただし、米国外の市場で販売されている同一の製品に動物実験を使用したり、製品の個々の成分に動物実験を使用したりする会社もあります。メーカーは、ほとんどの人が動物実験に賛成していないことを知っているので、自社製品が動物実験を使用したかどうかを隠すために欺瞞的な慣行を用いることがあるのです。一部の美容製品メーカーの意見にかかわらず、動物実験を使っていない優れた製品はたくさんあるのです。人間にとって安全で、動物虐待を必要としない製品を見つけることは可能です。しかし、これらの製品のテストはコスト高になることが多く、利益をカットしたいメーカーなど多くありません。その代わりに、動物試験済みであることを隠しながら製品を販売する方法を見つけるのです。

動物実験されていない製品のみを使うことを決めたとしても、それに合った製品を見つけるのは難しい場合があります。最善の策は、動物実験をしないことで知られている倫理的なメーカーを見つけ、その製品を買うことです。製品に動物試験済みの成分が含まれているかどうかを調べたい消費者は、Leaping Bunnyなどのウェブサイトで確認することができます。

体に悪影響を与える物質と成分

美容製品には、必ずしも有毒または危険ではない成分がたくさんあります。しかし、非毒性製品の中にはスキンケアに理想的ではないものもあります。お肌の自然なバランスを崩すものなら、乾燥肌、にきび、感染症の原因となることがあります。従来のスキンケア製品は、皮脂やお肌の汚れをきつい成分が入った石けんではがし取って脂っこいローションを塗って保湿する、というものでした。スキンケアの専門家は、より穏やかなアプローチの方がもっと効果的であることを認識し始めています。

製品をチェックする上でのもう一つの重要な詳細は、pHレベルです。自然な状態の皮膚はわずかに酸性であり、pH4〜5です。このレベルはバクテリアの成長を抑制し、お肌を健康に保ちます。一般的な石けんは過度にアルカリ性である傾向があり、通常のファンデーション、ローションなどの製品の多くも若干アルカリ性なのです。このアルカリ度はお肌のpHのバランスを崩し、あらゆる種類のニキビや他の感染症が発生する環境にしてしまうのです。

過酷な成分がもたらす問題は、お肌のpHを変えるだけではありません。お肌の水分を取り除くこともよくあります。これは極度な油性肌の人にとってもよくありません。アルコールなどのお肌を乾燥させる成分を含む製品を使うと、お肌はより多くの皮脂を産生することで乾燥に対処しようとします。これによりお肌はもっとニキビができやすくなり脂性になります。お肌を乾燥させる製品を使う代わりに、保湿成分でお肌をやさしくいたわることをお勧めします。問題の原因となる主な乾燥成分はアルコールなので、アルコールフリーの製品を探しましょう。

成分に関係なく、実際にお肌に害を与える美容製品を避けることも良い考えです。角質除去剤を使うと顔が柔らかくなってすべすべに感じるかもしれませんが、スクラブ成分が皮膚の層を洗い流してしまうのです。最終的には、細胞レベルで顔にダメージを与えます。実際に有害なもう一つの製品は脱毛に使用されるワックスです。毛穴から毛を引き抜く製品は、毛穴の周りのお肌にもダメージを与えることがあります。実際にお肌を損傷する製品は感染症の原因となるのでよくありません。

体にきつすぎる物質の代わりに、お肌に栄養を与えて強くする天然成分が入った美容製品を見つけるようにしてください。ビタミンC などの栄養素はコラーゲン生成を促進し、緑茶エキスはお肌を落ち着かせて紫外線によるダメージを防ぎます。アルガンオイルウィッチヘーゼルヒアルロン酸はお肌に優しいながらも効果的な製品です。

美容

ヘアケアなどに不可欠なビオチン

美容

レチノールセラムでお肌を喜ばせる

美容

石けんとボディソープ:石けんの方がベターとされる理由