header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

消化機能を改善する20の方法

3月 5 2018

エリック・マドリード 医学博士

誰もがジスペプシアの症状を経験したことがあるはずです。これは時々起こる胃に違和感を覚える症状です。ジスペプシアは消化不良や胸焼け、胃酸の逆流または胃食道逆流症(GERD)と関連しているかもしれないと考えられています。胃食道逆流症は喉や胃が酸で溶かされているような感覚を与える症状です。ジスペプシアは胃の炎症である胃炎によってひき起こされる可能性もあります。バクテリアであるヘリコバクターピロリ菌は胃潰瘍や胃がんを発症させる主なリスクファクターと考えられていますが、胃炎に苦しむ人からもこの菌がよく見つかります。

ジスペプシアの症状

  • 痛、もしくは胃が満たされた感覚がする
  • 胃が張る
  • 喉に酸の感覚を覚える
  • の腫れ
  • 胸の痛み
  • 急性、もしくは慢性的な
  • 胃酸が肺に流れ込むことによるぜんそく症状

なぜこのような症状が現れるのか

信じられないかもしれませんが、これについては意見が分かれています。ある人はが胃酸を過剰に生産しているのだといい、またある人は胃酸の生産が不足しているのだと主張しています。過剰な胃酸説が使われることが一番多い傾向にあり、医師が胃の問題を抱える患者に一番よく処方するのも抗酸薬です。

一方で、胃酸の不足が原因であると考える人もいます。これは胃酸の不足が食道と胃を分ける筋肉である下部食道括約筋(LES)を弛緩させてしまうからです。LESが緩むと、胃酸の量が少なくてもそれが食道に逆流してしまうため、胃酸が溢れたという感覚がするというのです。胃酸が足りない場合、LESは食道を緊張させて胃酸の逆流から守ることに失敗してしまうと考える人もいます。

たばこ、脂肪、チョコレート、砂糖、そして特定の医療薬もこの筋肉を弱めてしまう場合があります。過食でも食べ物が胃から食道、そして喉に押し上がっていく形になってしまう可能性があります。

消化の問題を悪化させてしまう食べ物

  • 加工食品
  • たくさん砂糖が入った食品
  • 単純な炭水化物
  • チョコレート
  • アルコール
  • トマトベースの食べ物
  • コーヒー
  • 自分の体が敏感に反応してしまう食べ物。一般的には乳製品や穀物など

胃酸の逆流を増やしてしまう一般的な医療薬

以下の医療薬はLESを弱め、胃酸の逆流を増やしてしまいます。

  • アルブテロール(サルブタモール):ぜんそくの薬
  • NSAID(非ステロイド性抗炎症薬): イブプロフェン(モートリン、アドビル)、 ナプロキセン(アリーブ、ナプロシン)、ジクロフェナク、インドメタシン、セレコキシブ(セレブレックス)。これらの医療薬は短期的には痛みの抑制に役立ちますが、胃潰瘍の発症リスクを高め、胃酸が逆流しやすしてしまう可能性があります
  • ニトログリセリン: 心臓疾患や狭心症に使われます
  • βブロッカー薬(アテノロール、メトプロロール、カルベジロール)やカルシウム拮抗剤(ジルチアゼム、アムロジピン、ニフェジピン)などの血圧用医療薬

*医師の指示がない限り、現在使用している医療薬の使用をやめないでください

胃酸の逆流症状を改善するライフスタイル

  • 胃酸の逆流症状を悪化させてしまう食べ物を避ける(対象となる食べ物は個人によって違います)
  • 喫煙する方は禁煙しましょう!
  • 体の左側を下にして寝ましょう。体の右側を下にして寝ると、症状が悪化することがあります
  • ベッドの頭側を68インチ(1520cm)高くする
  • アルコールの過剰摂取を避ける。男性は最大1日2杯まで、女性は最大1杯までに抑える
  • 本当に必要な場合以外はイブプロフェン(モートリン、アドビル)、 ナプロキセン(アリーブ、ナプロシン)の使用を避ける、または制限する。これらの薬を使用するときは食事と一緒に飲む。アセトアミノフェン(タイレノール)は胃にやさしく、胃潰瘍のリスクを上げないため、必要な場合はアセトアミノフェンの使用を選択肢に入れること。ω-3魚油ターメリックなどの天然の抗炎症剤 が役立つ場合も多いので、これらも考慮に入れること

胃酸の逆流のために使用される一般的な医療薬

プロトンポンプ阻害薬PPI: オメプラゾール(プリロセック、もしくはプリロセックOTC)、エソメプラゾール(ネキシウム)、ラベプラゾール(アジフェックス)ランソプラゾール(プリバシッド)、デクスランソプラゾール(デクスラント)

プロトンポンプ阻害薬(PPI)は胃酸の逆流を抑制するためによく使われます。ほとんどの人にとっては短期的にのみ使用するのが良いとされています。

胃酸抑制剤を使う理由:

  • 胃酸逆流症状は食事内容の変更で解決できるものではありません。特別な指示がない場合、48週間使用してください。
  • 潰瘍612週間治療して、回復させてください。胃潰瘍で血が出る場合は命にかかわるので、他のリスクを考えるより薬を使う効用の方が高くなります。
  • 食道がバレット食道と言われる前がん状態にある方もPPIを定期的に使用するべきです。この状態にある人の14%は食道がんの危険性が高くなると考えられています。PPIはがんになるのを防ぐ助けとなる場合があります。
  • 胃酸が過剰に分泌されてしまうゾリンジャー=エリソン症候群などの珍しい病気だと診断された場合は、胃酸抑制剤をずっと使っていく必要があります。

胃酸抑制剤の副作用

プロトンポンプ阻害薬を定期的に摂取していると、体の食物性タンパク質を分解する力が低下してしまいます。タンパク質は胃酸の中でアミノ酸に変換され、新しいタンパク質やドーパミンやセロトニンなどの内化学物質を作るために体の中で再使用されます。

またこの種の医療薬はビタミンB12ビタミン C、そして葉酸などのビタミンの吸収率を低下させてしまいます。さらにPPIカルシウムマグネシウムなどの吸収率も下げてしまいます。

この種の薬を摂取する人は体内のマグネシウムが危険なほど少なくなってしまう可能性があると2011年にFDA(アメリカ食品医薬品局)が警告を出しています。マグネシウムが不足すると、痙攣や動機が起こってしまう可能性があります。体にはマグネシウムが必要であり、マグネシウムは酵素が起こす350以上の化学反応に利用されます。カルシウムマグネシウムの吸収率が下がると、骨粗鬆症のリスクが高まります。さらに2016年の研究によると、この種の医療薬を使用している人は急性肝臓疾患になりやすくなってしまうとされており、一方でその他の研究では認知症が進行する危険性が高まるとされています。

胃酸抑制剤を使用している方、特にPPIを使用している方は急に使用をやめると胃酸の逆流を悪化させることになる可能性があるので、少しずつやめて行った方がいいかもしれません。少しずつやめたい場合、症状が治まるまで24週間かけて2日ごとに薬を飲んでいくのが一般的です。薬の使用をやめる前には医師に相談してください。

消化を改善する主なサプリメント

塩酸ベタイン

消化の問題の原因が胃酸の不足であると考えられる場合、塩酸ベタイン13まで食前に取ることで効果がでることがあります。Molecular Pharmaceutics誌に掲載された論文によると、胃酸の生産が不足しているためにタンパク質を分解する力が低下している人には塩酸ベタインが効果的だとされています。2014年の研究でも同様のことが指摘されています。胃潰瘍 やバレット食道を抱えている方は塩酸ベタインを摂取しないでください。サプリメントを使用して違和感を覚えた人は使用を中止してください。

2017年の研究では胃酸の逆流症状を抱える患者に塩酸ベタインとペプシンを含むサプリメントを与えました。その結果、患者の胃酸逆流症状が改善されました。Digestive Diseases誌に投稿された2017年の研究でもこの戦略が有効である可能性があるとされています。

消化酵素

消化酵素: パンクレアチンブロメラインパパインも消化プロセスを助けてくれます。これらは食前のサプリメントとして摂取することができます。

推奨服用量:商品のラベルに従って服用してください。

消化を改善させる役に立つ副次的サプリメント

DGL(脱グリチルリチンリコリス)

DGLの効果は長年にわたり研究で認められています。1968年の研究ではこの天然の薬が胃潰瘍や腸潰瘍の治療に役立つとされています。British Medical Journal誌に投稿された1978年の論文でもDGLが胃潰瘍の予防に効果があるという可能性が指摘されています。

ビタミンC

胃潰瘍患者は胃内のビタミンC,などの酸化防止物質が少ないことが研究で明らかにされています。胃内のビタミンCが少ないことは胃がんのリスクファクターにもなります。サプリメントの摂取が消化器官を助けることにつながるかもしれません。

推奨服用量: 1日5002000mg

ターメリック

Curcuma longa という学名、もしくはウコンとして知られるターメリックはショウガの仲間で根が付いた植物です。この植物には抗炎症作用、抗酸化作用、消化器官の健康促進作用があり、多くの人がそれを目当てに使用しています。ターメリックに含まれるクルクミンという物質は多くの健康効果をもたらしてくれると考えられています。4000年以上にわたって、多くの人がターメリックを料理の味付けのためのスパイスとして使ってきました。しかし、それと同時に天然の薬としても重要な役割を果たしてきました。

2001年の研究ではターメリックを4間以上使用することが、胃腸の潰瘍の治癒に役立つ可能性があるとされています。2005年の研究ではターメリックがH2受容体を阻害することで、過剰な胃酸の生産を減少させることが分かっています。この作用は医療用の胃酸抑制剤であるファモチジンやラニチジンがもつ作用と同様のものです。最後に、2016年の研究ではウコンが胃酸の逆流症状を抑えるのに役立つ可能性があることが実証されています。

推奨服用量:113500 mg

カイエン

活性成分のカプサイシンを含む赤唐辛子です。皮肉にも、カイエンは消化器官にいい影響を与えることが研究で明らかになっています。2002年の研究では偽薬と比べると、赤唐辛子が胃もたれの症状をより低下させる可能性があることが分かっています。

推奨服用量:ラベルに従ってご使用下さい。

プロバイオティクス

プロバイオティクスとは善玉菌が含まれているサプリメントです。最もよく使われているのは乳酸菌とビフィズス菌です。消化器官のバクテリアのバランスを調整することはとても重要です。2016年の研究ではディスペプシアを抱える人の腸内バクテリアのバランスが崩れていることが分かっています。2017年にBritish Medical Journal誌に投稿された論文ではプロバイオティクスを使って胃と腸に善玉菌の補給することで、ディスペプシア関連の症状が収まる可能性があるとされています。バクテリアの健全な成長を促すプレバイオディックサプリメントを使うのもいいかもしれません。

推奨服用量: 1日500億から1000億単位。

必須脂肪酸カモミールティーアップルサイダービネガー、レモン汁なども消化プロセスに効果があることが知られています。

消化を助けるハーブ

ジョナサン・ライト博士の2002年の著書である「Why Stomach Acid Is Good for You(胃酸が体にいい理由)」では、健康な消化機能に必要な胃酸を刺激してくれ、消化に役立つ薬草の一覧が載せられています。これらのハーブ は食事が変わり、上述のサプリメントだけでは不十分になったときの選択肢になります。

健康を保つには元気な消化器官がとても重要

食べ物の消化は口で始まり、を通して小腸などで栄養が吸収されていきます。食事と腸内バクテリアのマイクロバイオームは消化の効率に大きく影響します。食事とライフスタイルの変更だけでは消化の助けとして不十分なため、医療薬がよく使われ、実際にそれらはとても役に立つ場合があります。さらに、サプリメントとハーブは消化器官の失われたバランスを取り戻す助けとなる可能性があり、これらを使うことで最も健康な健康な状態を保つことができるかもしれません。健康的な食事をとり、健康について考え、健康になりましょう!

参考文献:

  1. Yago MAR, Frymoyer AR, Smelick GS, et al. Gastric Re-acidification with Betaine HCl in Healthy Volunteers with Rabeprazole-Induced Hypochlorhydria. Molecular pharmaceutics. 2013;10(11):4032-4037. doi:10.1021/mp4003738.
  2. Yago MR, Frymoyer A, Benet LZ, et al. The Use of Betaine HCl to Enhance Dasatinib Absorption in Healthy Volunteers with Rabeprazole-Induced Hypochlorhydria. The AAPS Journal. 2014;16(6):1358-1365. doi:10.1208/s12248-014-9673-9.
  3. Forssmann K, Meier L, Uehleke B, Breuer C, Stange R. A non-interventional, observational study of a fixed combination of pepsin and amino acid hydrochloride in patients with functional dyspepsia. BMC Gastroenterology. 2017;17:123. doi:10.1186/s12876-017-0675-9.
  4. Digestive Disease. 2017 Oct 5. doi: 10.1159/000481399. [Epub ahead of print]
  5. Tewari SN, Trembalowicz FC. Some experience with deglycyrrhizinated liquorice in the treatment of gastric and duodenal ulcers with special reference to its spasmolytic effect. Gut. 1968;9(1):48-51.
  6. Hollanders D, Green G, Woolf IL, et al. Prophylaxis with deglycyrrhizinised liquorice in patients with healed gastric ulcer. British Medical Journal. 1978;1(6106):148.
  7. J Clin Gastroenterol. 2000 Jun;30(4):381-5.
  8. Southeast Asian J Trop Med Public Health. 2001 Mar;32(1):208-15.
  9. Biol Pharm Bull. 2005 Dec;28(12):2220-4.
  10. Drug Res (Stuttg). 2016 Aug;66(8):444-8. doi: 10.1055/s-0042-109394. Epub 2016 Jun 28.
  11. Aliment Pharmacol Ther. 2002 Jun;16(6):1075-82.
  12. Nakae H, Tsuda A, Matsuoka T, Mine T, Koga Y. Gastric microbiota in the functional dyspepsia patients treated with probiotic yogurt. BMJ Open Gastroenterology. 2016;3(1):e000109. doi:10.1136/bmjgast-2016-000109.
  13. Igarashi M, Nakae H, Matsuoka T, et al. Alteration in the gastric microbiota and its restoration by probiotics in patients with functional dyspepsia. BMJ Open Gastroenterology. 2017;4(1):e000144. doi:10.1136/bmjgast-2017-000144.
症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症