header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

健康な心臓のための16の自然療法

2月 23 2018

エリック・マドリッド医学博士執筆

心臓病は、米国、欧州、アジアにおける主要な死因です。残念ながら、より多くの国が昔ながらの食事の代わりに欧米の生活様式を採用するにつれて、心臓病は進行し続けるでしょう。心臓や血管疾患により、米国だけでも毎年約100万人が命を落としています。高血圧は心臓病の主要なリスク要因の1つです。世界の76億人のうち10億人が高血圧を抱えています。

胸の痛みは、人が緊急治療室を訪れる主要な理由です。医学部を卒業した後、初期治療、家庭医学の道に進んだのはなぜか、とよく訊かれたものです。主な理由は予防医学に対する関心でした。私はいつも、「すでに起こった後に心臓発作を治療するよりも、心臓発作の予防を助けたい」と言っていました。私は正しい道を歩んでいると確信しています。

心臓の健康を守る食生活、喫煙しないこと、定期的な運動は、心臓病の予防にとって最も重要な3つの習慣です。これらの3つの習慣は、医師が処方する薬剤よりも重要です。

心臓病のリスク要因

  • 高血圧 – 心臓にその設計以上の働きを強いる
  • 喫煙 − 心血管の損傷や動脈血栓を引き起こす
  • 糖尿病 − 血管の酸化損傷を引き起こす
  • 肥満 − 心臓に通常以上の負担をかける
  • ホモシステイン値上昇 − 血管の酸化損傷を引き起こす
  • 炎症マーカーであるC反応性蛋白値上昇(炎症についての詳細)
  • 心臓病の家族歴 − 健康的な生活がこのリスクを軽減する可能性がある
  • 高コレステロール − 動脈血栓の要因となる
  • LDL(悪玉コレステロール)値上昇 − 動脈血栓の要因となる
  • 中性脂肪値上昇 − 動脈血栓の要因となる
  • Lp(a)値上昇 − 遺伝的なリスク要因
  • 果物や野菜の少ない食生活 − 防御機能に必要な抗酸化物質を欠いている人
  • 動物性食品が多い食生活 - 動物性食品中のホルモンや化学物質がリスクを高める
  • 睡眠時無呼吸症/睡眠不足 − 心臓に負担をかける
  • 慢性的なストレス − コルチゾール値を上昇させることで、心臓病と動脈硬化の危険性を高める
  • うつ/不安感− コルチゾール値を上昇させることで、心臓病の危険性を高める
  • 未解決の揉め事 − コルチゾール値を上昇させることで、心臓病の危険性を高める
  • 罪悪感 − コルチゾール値を上昇させることで、心臓病の危険性を高める
  • フランク徴候 − 遺伝的なリスク要因
  • 男性型脱毛症 − 遺伝的なリスク要因

リスク要因が多いほどリスクは高くなります。少数のリスク要因の存在は、心臓発作または脳卒中を確実に起こすことを意味するものではありません。したがって、心臓病、心臓発作、脳卒中、そして最終的に死亡のリスクを減らすためには、できるだけ多くのリスク要因を削減することが非常に重要です。

服薬はリスク要因の削減に役立つことがあります

現代医学では「医者の道具箱」にいくつかの道具があり、リスク要因の削減に役立つこともあります。リスクにさらされている人においては、特に食生活、ライフスタイル、サプリメントでは十分でない場合、服薬は非常に重要な役割を果たします。残念なことに、毎日の服薬は、多くの人が身を委ねる唯一の手段です。しかし、これは危険な戦略です。医師は血圧降下剤やコレステロール低下薬を使用してリスクを軽減しようとしますが、より健康的な生活を送ることもこの方程式の一部であるべきです。

健康的な心臓のための食事

正しい食品を選択して摂取することは、動脈および心臓における心疾患および炎症を防止する最も重要な方法の1つです。地中海式食事法が心臓の健康にもたらす利点は、複数の研究によって証明されています。例えば、New England Journal of Medicineの2013年の研究では、「心血管リスクが高い人のうち、エクストラ・バージン・オリーブオイルまたはナッツを補給した地中海式食事法は、主要な心血管関連症状の発生率を低下させた」と結論付けました。  

果物、野菜、豆類の豊富な食事は重要ですが、他のさまざまな食べ物も役立ちます。

  • ナッツ − 塩不使用のブラジルナッツ、松の実、アーモンド、カシューナッツ、クルミ。ナッツは、唯一の健康的で抗炎症性のオメガ6脂肪酸であるリノール酸が豊富です
  •  − 塩不使用のカボチャの種、チアシード、ヒマワリの種
  • 果物 − オーガニックのフレッシュな果物。最低1日4サービング。
  • 食事中のリグナン − 亜麻仁緑茶、イチゴに含まれる
  • 葉物 − コラードグリーン、ホウレンソウ、ケールなど。 6サービング/日
  • 大豆製品 − オーガニックの豆腐、枝豆、味噌、テンペ
  • 魚 − 天然(養殖魚ではない)の魚を食べるべきだが、水銀汚染の可能性があるため、1週間に1回しか食べない(低水銀魚の選択肢は、マス、白身魚、サーモン、カタクチイワシ、その他にも多数ある)。
  • 赤肉と家禽 - 牧草で育ったホルモンを含まない肉と放し飼いの家禽のみを食べる
  • エクストラリッチオリーブオイル − オレイン酸、オメガ9脂肪酸を多く含む。オリーブオイルは低温と中温でのみ調理する
  • ココナッツオイル − 高温での調理に適しており、キャノーラ油よりも健康的
  • ライトなごま油 - 高温での調理に適しており、様々な健康上の利点がある
  • 緑茶 − 心臓に良い。
  • ろ過水 − 糖分の入った飲み物を避ける

心臓の健康のためのサプリメント

サプリメントの摂取は、心臓血管の健康を改善するために多くの人々が従う療法の一部です。 

ビタミンC

ビタミンC、またはアスコルビン酸は重要なビタミンであり、動脈の主成分であるコラーゲンにおいて重要な役割を果たします。米国市民を研究したThe American Journal of Clinical Nutritionの2009年の調査によると、血液検査の結果、6歳以上の人々の7%以上にビタミンCが不足していました。調査対象となった半数以上の人が、食事で最適以下の量を摂取していました。ビタミンCのレベルはまた、タバコを吸う人では低い傾向があります。研究によると、ビタミンCを含む食品を多く採り入れた食事は、心臓に良いことが示されています。Journal of Nutritional Biochemistryの2017年の研究では、ビタミンCが豊富なローズヒップが心臓病の前駆症状であるアテローム性動脈硬化症を予防するのに役立つことが示されました。

ビタミンD

2013年の栄養素研究によると、ビタミンD欠乏は心疾患のリスク要因です。ハーバード大学の研究によると、血液中のビタミンD濃度が高い人は、最低レベルの人と比較して心臓発作のリスクが80%低くなっています。ドイツの研究によれば、ビタミンDの血中濃度が低い人は、ビタミンDの血中濃度が高い人に比べて心臓関連の突然死により死亡する確率が5倍高いことが示されました。   

さらに、2017年の研究では、「ビタミンDのレベルは、特にアメリカとアジアでは心臓発作の患者においてかなり低く、十分な血中ビタミンD濃度が心臓発作の発症を防ぐかもしれない」と結論付けられました。一生を通して、毎日2,000-5,000IU。

オメガ3魚油

オメガ3必須脂肪酸は、主にエイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)から形成されています。Nutrition Journal の2014年の研究によれば、大部分のアメリカ人はオメガ3の精油を十分に消費していませんでした。それらは、魚(サバ、タラ、サケが一番豊富なもの)、クルミシアシード亜麻の種大麻の種子納豆を含む様々な食品源に見られます。

Future Scienceの2017年の研究は、オメガ3油が心臓病につながる炎症を軽減できることと明らかにしました。Atherosclerosis の2017年の研究では、血液中のオメガ3濃度が高い場合、心臓病による死亡を30%減少させることができることが分かりました。

製薬企業は、トリグリセリドレベルを50%低下させると見られる医薬品等級の魚油を製造し販売しています。しかし、非医薬品処方は、費用のほんの一部で同じ効果があります。推奨用量:オメガ3魚油を1日1,200 mgまたは1日3,600 mg。

オキアミ油

多くの人が、オキアミ油をオメガ3魚油の代替品として使用しています。オキアミ油は心臓病のリスク要因の軽減に役立ちます。オキアミ油は血中を循環する脂肪の一種であるトリグリセリド値を低下させることができます。

オキアミ油はまた、心疾患の主要なリスク要因であるLDL(悪玉)コレステロール値を低下させます。Nutrition Reviews の662人の患者に対する2017年のある研究では、オキアミ油を摂取した人でLDLが減少する可能性があることが示されました。他の研究でも一貫性のある調査結果が出ています。推奨用量:毎日500 mg-2,000 mgのオキアミ油(魚油の代替品) 

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10(CoQ10)は、細胞の強壮剤であるミトコンドリアの健康に重要な役割を果たします。心臓はすべての器官の中で最も活発なので、その代謝要求を満たすために最も多くのCoQ10が生産され、必要とされます。しかし、心臓病の患者では、より高い値のCoQ10が必要とされます。

他の14の研究を再検証した2017のある研究は、CoQ10の重要な利点を明らかにしました。その結果は、CoQ10を服用した人が、うっ血性心不全の合併症で死亡する可能性が31%低いことを証明しました。  

Medical Scientific Monitorの2014年の研究では、1日2回服用した場合、50mgのコエンザイムQ10が処方箋スタチン薬由来の筋肉痛の軽減に有益であることが分かりました。それに矛盾する他の研究結果もあります。コエンザイムQ10はまた、悪玉(LDL)コレステロール、トリグリセリド、およびLP(a)血中濃度を低下させる可能性があります。 推奨用量:CoQ10 –100 mgを1日3回、または300 mgを1日1回。

紅色酵母米(RYR)

2008年の研究では、RYRをライフスタイルの変更やオメガ3魚油サプリメントと組み合わせると、アトルバスタチン(リピトール)のような薬剤と同様、LDLコレステロールを42%を上限として低下させる可能性があることが示されました。

Journal of Cardiologyに掲載された2008年の中国の研究には、ほぼ5年間Red Yeast Riceを摂取した5,000人近くの人が含まれていました。研究者グループは、紅色酵母米による長期療法は、心臓発作の再発を有意に減少させ、新たな心臓発作を予防し、死亡リスクを33%低下させると結論付けました。研究者グループは、RYRは安全で耐容性が高いと述べています。

2015年のある研究は同様の結果を示し、研究者たちは「RYRは高脂血症(高コレステロール)とスタチン不耐性患者の心血管リスクの減少に対して安全かつ効果的な治療選択肢であろう」と結論付けました。言い換えれば、彼らは、コレステロールを低下させるスタチン系薬剤に耐性のない患者において、RYRが良い選択肢であると結論付けました。

スピルリナ

強力な抗酸化物質であるスピルリナは、コレステロールを低下させる武器庫にもうひとつの武器を提供します。 メキシコ国民に関する2008年の調査では、スピルリナが被験者のコレステロール値と血圧を低下させる可能性があることが明らかになりました。

より最近の2014年のある研究によれば、毎日1グラムのスピルリナを12週間摂取した際に、全コレステロールを16%低下させることができました。それはまた、トリグリセリドおよびLDL(悪玉)コレステロールを低下させました。2015年のある研究は、スピルリナのコレステロール低下効果を追認しました。処方薬を減らす場合、スピルリナを飲むことも選択肢のひとつです。

スピルリナはサプリメントとして使用することができ、多くのメーカーが錠剤またはパウダーの形状で販売しています。粉末製剤は、食品への添加に最も適しています。スピルリナパウダーを使用する場合は、スムージーに追加することをお勧めします。

その他の心臓の健康のためのサプリメント

  • マグネシウムキレート − 心臓と動脈をリラックスさせるのを助ける
  • L-カルニチン − うっ血性心疾患患者において重要なミトコンドリア機能の最適化に役立つ
  • L-アルギニン − 狭心症およびうっ血性心臓に有用なアミノ酸
  • 葉酸やメチル葉酸 − 心臓病のリスクであるホモシステインの低下を助ける
  • D-リボース − 理論的には心不全の患者に役立つとされる
  • ナイアシン − 善玉コレステロール(HDL)を増やすのに役立つ。顔面紅潮はよくある副作用
  • ビタミン B12またはメチルコバラミン − 心臓病のリスク要因であるホモシステインの低下に役立つ
  • エッセンシャルオイル − カモミール、ウィンターグリーン、ペパーミント、ラベンダーなど。空気中に拡散することも、服用することもできる。心臓に悪影響を与える可能性のあるストレスの軽減に役立つ。

心臓にとって健康的なライフスタイルを実践しよう

心臓病は世界中の人々の大きな死因となっています。禁煙、果物や野菜の豊富な健康的な食事、日常的な運動といったより健康的なライフスタイルを選択することで、心臓病による早すぎる死を防ぐことができます。1日に少なくとも1万歩歩くことは、ほとんどの人にとってちょうど良い目標です。質の高い睡眠も、心臓病の予防に重要な役割を果たします。多くの場合、特に食事や生活習慣の変更では十分でないときに、リスク要因をさらにコントロールし、結果を改善するのに役立つビタミンとサプリメントが選択されています。

参考:

  1. Primary Prevention of Cardiovascular Disease with a Mediterranean Diet Ramón Estruch, M.D., Ph.D., Emilio Ros, M.D., Ph.D., et. Al N Engl J Med 2013; 368:1279-1290April 4, 2013DOI: 10.1056/NEJMoa1200303
  2. Journal of The American College of Nutrition 2017, Vol 36. Mp 6. 434-441  Association between Urinary Phytoestrogens and CRP in the Continuous National Health and Nutrition Examination Survey
  3. Am J Clin Nutr. 2009 Nov;90(5):1252-63. doi: 10.3945/ajcn.2008.27016. Epub 2009 Aug 12.
  4. Heart Advis. 2015 Oct;18(10):10.
  5. J Nutr Biochem. 2017 Jun;44:52-59. doi: 10.1016/j.jnutbio.2017.02.017. Epub 2017 Mar 21.
  6. Kienreich K, Tomaschitz A, Verheyen N, et al. Vitamin D and Cardiovascular Disease. Nutrients. 2013;5(8):3005-3021. doi:10.3390/nu5083005.
  7. Papanikolaou Y, Brooks J, Reider C, Fulgoni VL. U.S. adults are not meeting recommended levels for fish and omega-3 fatty acid intake: results of an analysis using observational data from NHANES 2003–2008. Nutrition Journal. 2014;13:31. doi:10.1186/1475-2891-13-31.
  8. Bäck M. Omega-3 fatty acids in atherosclerosis and coronary artery disease. Future Science OA. 2017;3(4):FSO236. doi:10.4155/fsoa-2017-0067.
  9. Atherosclerosis. 2017 Jul;262:51-54. doi: 10.1016/j.atherosclerosis.2017.05.007. Epub 2017 May 6.
  10. Sorin Ursoniu, Amirhossein Sahebkar, et. al.  for the Lipid and Blood Pressure Meta-analysis Collaboration Group; Lipid-modifying effects of krill oil in humans: systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials, Nutrition Reviews, Volume 75, Issue 5, 1 May 2017, Pages 361–373, https://doi.org/10.1093/nutrit/nuw063
  11. Lei L, Liu Y. Efficacy of coenzyme Q10 in patients with cardiac failure: a meta-analysis of clinical trials. BMC Cardiovascular Disorders. 2017;17:196. doi:10.1186/s12872-017-0628-9.
  12. Skarlovnik A, Janić M, Lunder M, Turk M, Šabovič M. Coenzyme Q10 Supplementation Decreases Statin-Related Mild-to-Moderate Muscle Symptoms: A Randomized Clinical Study. Medical Science Monitor : International Medical Journal of Experimental and Clinical Research. 2014;20:2183-2188. doi:10.12659/MSM.890777.
  13. Suksomboon, N., Poolsup, N. and Juanak, N. (2015), Effects of coenzyme Q supplementation on metabolic profile in diabetes: a systematic review and meta-analysis. J Clin Pharm Ther, 40: 413–418. doi:10.1111/jcpt.12280
  14. Amirhossein Sahebkar, Luis E. Simental-Mendía, Claudia Stefanutti, Matteo Pirro, Supplementation with coenzyme Q10 reduces plasma lipoprotein(a) concentrations but not other lipid indices: A systematic review and meta-analysis, Pharmacological Research, 2016, 105, 198
  15. Simvastatin vs Therapeutic Lifestyle Changes and Supplements: Randomized Primary Prevention Trial Becker, David J. et al.  Mayo Clinic Proceedings , Volume 83 , Issue 7 , 758 - 764
  16. Lipids Health Dis. 2007 Nov 26;6:33.
  17. Sci Food Agric. 2014 Feb;94(3):432-7. doi: 10.1002/jsfa.6261. Epub 2013 Jul 10.
  18. Biomed Res Int. 2015;2015:486120. doi: 10.1155/2015/486120. Epub 2015 Jan 22.
症状

アルファリポ酸と多発性硬化症

症状

糖尿病の管理に役立つハーブ、スパイス、ナッツ

症状

糖尿病で旅行する際に健康を維持する15の方法