checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

処方鎮痛剤の安全な代用アイテム15選

2月 12 2018

執筆者:エリック・マドリード医学博士

急性痛や慢性は太古の昔から人間の悩みの種です。昔は治療師やシャーマンが、今では医者、自然療法士、カイロプラクター、鍼師などが、様々方法で痛みの治療に取り組んでいます。特定の箇所の痛みが6週間以上続いた場合、慢性痛であると診断されます。原因のほとんどが炎症で、炎症で体の機能のバランスが崩れてしまいます。

次のような病気の症状に慢性的な痛みが伴い、この痛みが原因で患者は日々の生活を楽しめなくなります。

  • 骨関節炎 や変形性の関節の病気
  • 関節リウマチ
  • 腰痛や変形性の椎間板の病気
  • 線維筋痛症
  • 末梢神経障害
  • 複合性局所疼痛症候群 (CRPS)
  • 片頭痛
  • 帯状疱疹に関連がある慢性  (ヘルペス後神経)

製薬会社は、このような病気に伴う痛みを緩和させる薬を開発して、生活の質の向上に貢献してきました。しかし、医薬品は副作用がつきもので、中には命にかかわる副作用もあります。効果が抜群であるという理由で私はこのような薬を頻繁に処方しますが、最後の手段として使うべきだと考えています。痛みの長期的な管理を考えると、炎症痛みの根本的な原因の治療に専念するほうが賢明だと思います。

体の痛みが酷くなる原因であると研究で示されたものを以下にリストアップしました

  • 全身性炎症
  • 睡眠不足
  • 生体力学の変更(歩行や動きなどがしづらくなった状態)
  • 座りがちの生活
  • 肥満
  • インスリン抵抗性(太り気味または肥満が原因のもの)
  • 動物性食品が多い食生活
  • ファーストフードや加工食品が多い食生活
  • うまくいかない人間関係Journal of Painに掲載された2014年の研究や、European Journal of Neuroscience掲載の2017年の研究によると、他人(例:配偶者、友人)から受けたネガティブな発言が原因で体の痛みが悪化するそうです
  • 罪悪感
  • 他人に対する怒りの気持ち

まず行うべきことは、慢性の原因となっている根本的な問題への対処ですが、特に生活の質や栄養状態が十分なレベルに達していない場合は、薬を使用する必要があるかもしれません。かかりつけの医師との相談なしで服薬を中止するようなことは、行わないでください。

以下は、慢性的な痛みの症状の軽減に役立つもののリストです

  • 耐えられる程度の定期的な運動
  • 良い睡眠を促す習慣
  • ストレス の軽減
  • 糖尿病患者の血糖値管理の改善
  • 植物性食品を主とする食生活
  • ナッツ・シード類オメガ3脂肪酸が豊富な食生活
  • 自分や他人へのいたわりの心
  • 自分や他人を許せる心
  • 良い社会的なサポート
  • 特定の医薬品やサプリ

処方鎮痛剤の長所と短所

慢性痛によく使われる薬として、アセトアミノフェン(タイレノール、パラセタモール)、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDS)、麻薬がベースの薬が挙げられます。このような種類の薬は、痛みを和らげて一日一日を乗り切るために、何百万人もの患者が使用しています。しかし、服薬に伴うリスクがあるので、以下で詳細を説明します。

パラセタモール/アセトアミノフェン

パラセタモールはアメリカではアセトアミノフェンと呼ばれていて、タイレノール、カルポール、パナドールなどの商品名でよく知られています。1877年に発見された薬で、処方箋なしで購入できます。多くの人が使える薬ですが、肝臓に酸化ストレスを与えることもあります。大量の服薬や長期間の使用で、肝臓に障害が引き起こされたり、皮膚に命にかかわる重度の水ぶくれができることもあります。パラセタモールやアセトアミノフェンを何回も服用する期間は、飲酒は避けてください。

激減する栄養素:

推奨サプリ:  

非ステロイド性抗炎症薬 (NSAIDS)

非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs) 、通常処方箋なしで買えますが、効き目が強いものは医師の処方箋が必要になります。この種類の薬は、頭痛、腰痛、首の痛み、関節炎の痛みによく使われます。   

適切だと判断した時だけですが、私はこの薬をよく処方します。数日から数週間の服用であれば比較的安全な薬ですが、慢性痛に長期間使用すると、副作用の危険が避けられなくなり、胃潰瘍腎臓疾患、脳卒中、心臓発作などのリスクが高まることがあります。

1999年にアメリカ連邦医薬局が、骨関節炎の痛み止めとしてロフェコキシブ(Vioxx、CeoxxCeeoxx)の使用を承認しましたが、心臓発作の原因になることを理由に、それから5年後に発売中止になりました。

この薬の副作用が原因で、多くて60,000が死亡したと専門家は推定してます。幸いなことに、現在発売されているこの種の薬は比較的安全なようですが、栄養不足をはじめとする副作用のリスクがあります。

この種の薬の一例: イブプロフェン(アドビル、モトリン、ブルフェン、ニューロフェン、イブなど)、ナプロキセン(ナプロシン、アリーブ)、ジクロフェナク、インドメタシン、メロキシカム(モービック)

激減する栄養素

  • 葉酸心臓や脳の健康に重要
  • ビタミンC – この薬を長期間使用すると、あざができやすくなる可能性があります
  • ビタミンE – 心臓の健康に重要
  • メラトニン不眠の症状が現れるかもしれません

推奨サプリ

麻薬:

麻薬(オピオイド)は慢性疾患によく使われます。ケシから生成される薬ですが、痛みの根本的な原因を治したり、炎症を抑えたりするものではありません。患者は、強い高揚感や良い気分を味わうだけです。アメリカ、ヨーロッパ、ロシア、アジアの国々で、麻薬の乱用や使い過ぎが問題になっています。短期間の使用なら役に立つ薬と言えますが、長期間の使用で患者の痛みの度合いが増し、呼吸ができなくなるリスクが高まります。アメリカ疾病管理予防センター(CDC)によると、2015年にアメリカではオピオイドの多量服用で33,000以上が亡くなりました。そのうちの半数は、処方されたオピオイドの使用が原因です。この種の薬を使用する人の約1割に中毒のリスクがあると考えられています。

この種の薬の一例: コデイン、トラマドール、ヒドロコドン、オキシコドン、モルヒネ硫酸塩、フェンタニル(麻薬、アセトアミノフェン、APAPを組み合わせて服用している場合は、パラセタモール・アセトアミノフェンを参照)。

タバコを吸うと身体が麻薬を多量に除去するので、麻薬の効果が薄れます。アルコールやその他の規制薬と組み合わせると、死に至る場合があります。心拍数が低くなり呼吸が停止する可能性があるからです。

激減する栄養素

  • ビタミンC
  • メラトニン

推奨サプリ

鎮痛剤の安全な代用品として使える栄養補助食品や抗炎作用がある天然サプリ

栄養学の知識を利用した慢性痛対策

  • 関節の慢性的な炎症痛みには、植物性食品を主とした食生活が一番効果的です。
  • 地中海地域の食生活が関節炎の痛みを軽減するのに役立つ可能性があると、学術研究で示されています。野菜、果物、魚、鶏肉、オリーブオイルを多く使うのが特徴です。
  • Lancet に掲載された研究によると、ビーガングルテンフリーの食生活を3か月から6か月続けた患者が、乳製品も摂取するベジタリアン(ラクトベジタリアン)の食生活に切り替えた後、最長1年間関節の痛みが激減したそうです。
  • 乳製品、チーズ、牛肉、鶏肉などの動物性食品の摂取を少なめにすると、慢性痛が軽減される可能性があります。動物性食品を食べるのであれば、牧草で育てられたホルモン・抗生物質投与なしの牛や鶏の肉がおすすめです。
  • 砂糖、単純糖質の炭水化物、トランス脂肪(水素化油)は控えてください。炎症が悪化して痛みがひどくなります。
  • ケフィールコンブチャ味噌 汁、ザウアークラウトなど、発酵食品を食生活に取り入れてください。
  • 体重が健康的な値になるよう努力してください。ほとんどの人の場合、体格指数(BMI25以下が目安です。体重オーバーの場合(特に腹部が太っている場合)、腰や関節に負担がかかります。また、体重が重すぎると血中の炎症性タンパク質が増加するので、痛みが増します。
  • オーガニックの野菜や果物には植物性栄養素が含まれているので、炎症を抑える働きがあり、全体的な痛みの軽減に役立ちます。日に5皿~9皿を目標にしてください。Environmental Working Groupが作成したClean 15Dirty Dozenのリストを参考にしてください。
  • 身体が食品に敏感に反応する人は、乳製品、穀物(グルテン過敏症)、ナス科の野菜(タバコ、トマト、ジャガイモ、ピーマンなど)を食べると関節の痛みが強くなることがあります。
  • 関節痛との関連があるかもしれないと思われる食品がある場合、2週間ほど控えて様子をみてください。

代替医療

  • 鍼治療や気功が膝の関節炎の痛みに効果があるかもしれません。
  • マインドフルネスや瞑想は、骨関節炎や関節リウマチの痛みを最小限に抑えるのに役立ちます。
  • 太極拳は、特に膝の痛みの緩和に役立つことが示されています。
  • ヨガで、関節リウマチや骨関節炎の痛みを軽減できることが示されています。

まず初めに使うべき慢性的な炎症や痛み向けの栄養補助サプリ

  • クルクミン/ターメリック - 学術研究によると、このハーブは関節リウマチと骨関節炎の両方の痛みを軽減するのに役立つそうです。また、腰痛や神経関連の痛みにも効果があるとされています。また、NF-KBのシグナル伝達を変更させ、COX-2や5-LOXといった炎症を起こす化学物質の量を減少させることもできるので、複数のブロックバスター処方薬と似たような作用があることが、研究で分かっています。推奨服用量:1回500mg、1日最多3回。
  • オメガ3フィッシュオイル (EPA/DHA) -  必須脂肪酸は痛みの症状を改善させ、NSAIDの使用を減らすのに役立つということが研究で示されています。また、毎日のフィッシュオイルの摂取で、関節の硬直を和らげる効果もあることが分かっています。オメガ3は慢性的な腰痛にも良いとされています。推奨服用量:1日500 mg4,000 mg
  • ニゲラ・サティヴァ(黒クミンシードオイル) -この医療ハーブは関節リウマチと骨関節炎両方の痛みを緩和できることが分かっています。インターロイキン16と呼ばれる炎症物質や核因子KBを阻害するからです。推奨服用量:ラベルの指示に従ってください。
  • ボスウェリア - アユルヴェーダ医学で使用されるこのハーブサプリは、関節リウマチの痛みや血中の炎症マーカーCRPの削減に役立ちます。また、骨関節炎の痛みを和らげることができます。研究によると、ボスウェリアは、末梢神経障害の痛みに効果が期待できるそうです。推奨服用量: 150mg、または医師の指示に従ってください。
  • ショウガ- ショウガは、炎症マーカーの減少に役立つので、関節炎の痛みが和らぐと考えられています。また、ショウガは、COX阻害剤でもあるので、イブプロフェンやナプロキセンと同じような働きがあり、痛みや炎症を抑える作用があります。危険な副作用がないのが良い点です。推奨服用量:1日25mg、または医師の指示に従ってください。

上記のサプリは個別に服用できますが、総合的な栄養補助サプリを利用して一度に摂取することもできます。

  • ビタミンDビタミンDを多く摂取できている人は、関節リウマチにかかりにくいということが研究で示されています。また、定期的にビタミンDを摂取すると、慢性痛が軽くなる可能性があります。推奨服用量:1日2,000IU5,000 IU
  • プロバイオティクス 腸の健康をベスト状態にすると、リーキーガットを治すのにも役立つので、慢性痛を軽減させる効果が期待できます。乳酸菌ビフィズス菌の両方の摂取をおすすめします。推奨服用量:50億~300億単位を1日に12回。
  • マグネシウム 筋肉をリラックスさせる働きがあるので、線維筋痛症患者の役に立つと研究で示されています。Rheumatology International で出版された2013年の研究によると、クエン酸マグネシウムの経口摂取が線維筋痛症の痛みを軽減できたそうです。また、Journal of Integrative Medicineに掲載された2015年の研究では、塩化マグネシウムを皮膚に塗ると痛みが和らいだという結果が出されています。さらに、マグネシウムとリンゴ酸の組み合わせが良いと主張している研究もいくつかあります。マグネシウムのサプリは、カプセル、スプレー、ローションなど様々な形で市販されています。推奨経口服用量:125mg500mg、またはラベルの指示に従ってください。

慢性痛向けのその他の栄養補助サプリ

  • グルタミン-コンドロイチン硫酸塩が膝の痛みを和らげることが、大規模なレビュー論文に書かれています。この論文では、サプリを摂取した4,900の患者とプラシーボ(偽薬)を摂取した4,100が比較されています。
  • SAM-eも、慢性的な関節炎や神経障害の痛みを和らげるのに効果的です。 推奨服用量:1回400mg、1日2~3回
  • ブロメラインはパイナップルから抽出される酵素です。炎症が原因の関節の慢性痛を緩和するのに役立ちます。また、糖尿病による末梢神経障害の痛みにも良いと言われています。推奨服用量:1回500mg、1日2~3回
  • 西洋シロヤナギの樹皮は、何世紀もの間アメリカの先住民が発熱や痛みの治療に使っているもので、サリシンというアスピリンの原料となる化学物質が含まれています。アスピリンや抗凝血剤、NSAIDの服薬中に、このサプリは使用しないでください。推奨服用量:ラベルの指示に従ってください

注記: 抗凝血剤やその他の処方薬を服薬中の方は、急性痛や慢性痛向けのサプリを使用する前に医療の専門家にご相談ください。

まとめ

慢性は生活の楽しみを奪う主な原因です。処方薬は役に立ちますが、副作用が避けられないので多くの人々が不安を抱いています。長所と短所のバランスをよく考えることが大切です。野菜や果物をたくさん食べたり、可能な限り運動量を増やしたりして健康的な生活を送ろうと努力すれば、気分が良くなり、慢性的な炎症を抑えることができます。慢性痛に役立つたくさんの種類のサプリが販売されていて、多くの人は最初にビタミンDオメガ3フィッシュオイルプロバイオティクスなどを試しています。その後に、マグネシウムターメリックショウガなど、上記で述べたサプリを追加する人もいます。ウェルネスや幸せのために積極的に取り組んでみてください。健康的に食べ、健康的に考え、健康になりましょう。

参考文献:

  1. The Journal of Pain : Official Journal of the American Pain Society. 15(9):934-44, SEP 2014
  2. Fauchon, C., Faillenot, I., Perrin, A. M., Borg, C., Pichot, V., Chouchou, F., Garcia-Larrea, L. and Peyron, R. (2017), Does an observer's empathy influence my pain? Effect of perceived empathetic or unempathetic support on a pain test. Eur J Neurosci, 46: 2629–2637. doi:10.1111/ejn.13701
  3. Vioxx deaths estimated to be 60,000 . Accessed on July 22, 2017 https://www.forbes.com/2005/08/19/merck-vioxx-graham_cx_mh_0819graham.html
  4. These books discuss the nutrients depleted by certain drugs. Supplement Your Prescription Copyright 2007  by Hyla Class, MD  and Drug Muggers by Suzy Cohen, RPh.  Copyright 2011, Rodale Publishing.  
  5. Opiate deaths according to the CDC.  Accessed December 9, 2017 https://www.cdc.gov/drugoverdose/index.html
  6. Gonzalez Cernadas L, Rodríguez-Romero B, Carballo-Costa L. Importance of nutritional treatment in the inflammatory process of rheumatoid arthritis patients; a review. Nutr Hosp. 2014;29:237–45.
  7. Kjeldsen-Kragh J, Haugen M, Borchgrevink CF, Laerum E, Eek M, Mowinkel P,  et al. Controlled trial of fasting and one-year vegetarian diet in rheumatoid  arthritis. Lancet. 1991;338:899–902.
  8. Traditional Chinese medicine in patients with osteoarthritis of the knee Journal of Traditional and Complementary Medicine 5 (2015) 182e196
  9. Wang C, Schmid CH, Hibberd PL, et al. Tai Chi is Effective in Treating Knee Osteoarthritis: A Randomized Controlled Trial. Arthritis and rheumatism. 2009;61(11):1545-1553. doi:10.1002/art.24832.
  10. Wang C, Schmid CH, Iversen MD, Harvey WF, Fielding RA, Driban JB, et al. Comparative Effectiveness of Tai Chi Versus Physical Therapy for Knee Osteoarthritis: A Randomized Trial. Ann Intern Med. 2016;165:77-86. doi:10.7326/M15-2143
  11. Jackson, J.K., Higo, T., Hunter, W.L. et al. Inflamm. res. (2006) 55: 168. doi:10.1007/s00011-006-0067-z
  12. J Med Food. 2016 Aug 1; 19(8): 717–729.
  13. Arch Med Res. 2012 Jul;43(5):356-62. doi: 10.1016/j.arcmed.2012.06.011. Epub 2012 Jul 24.
  14. Avicenna J Phytomed. 2016 Jan-Feb;6(1):34-43.
  15. Inflammation. 2015 Dec;38(6):2235-41. doi: 10.1007/s10753-015-0206-1.
  16. Ahmad A, Husain A, Mujeeb M, et al. A review on therapeutic potential of Nigella sativa: A miracle herb. Asian Pacific Journal of Tropical Biomedicine. 2013;3(5):337-352. doi:10.1016/S2221-1691(13)60075-1.
  17. Phytomedicine. 2010 Sep;17(11):862-7. doi: 10.1016/j.phymed.2010.03.003. Epub 2010 Aug 8.
  18. Med Oncol. 2017 Mar;34(3):46. doi: 10.1007/s12032-017-0907-4. Epub 2017 Feb 15.
  19. James W. Daily, , Mini Yang, , Da Sol Kim, , Sunmin Park, Efficacy of ginger for treating Type 2 diabetes: A systematic review and meta-analysis of randomized clinical trials  Journal of Ethnic Foods, Volume 2, Issue 1, March 2015, Pages 36–43
  20. Osteoarthritis Cartilage. 2015 Jan;23(1):13-21. doi: 10.1016/j.joca.2014.09.024. Epub 2014 Oct 7.
  21. Rheumatol Int. 2013 Jan;33(1):167-72. doi: 10.1007/s00296-011-2334-8. Epub 2012 Jan 22.
  22. J Integr Med. 2015 Sep;13(5):306-13. doi: 10.1016/S2095-4964(15)60195-9.
  23. Cochrane Database Syst Rev. 2015 Jan 28;1:CD005614. doi: 10.1002/14651858.CD005614.pub2.
症状

天然ハーブと血管性認知症

症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法