checkoutarrow
JP
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

15の自然な方法で尿路感染症を寄せ付けない

2月 19 2018

エリック・マドリッド医学博士執筆

尿路感染症(UTI)は、一般的に男性よりも女性によく見られます。米国では、尿路感染の合併症のため毎年約50万人が入院しています。最も一般的な合併症は、血液の細菌感染です。 米国では、過去12ヶ月間に女性のほぼ11%が尿路感染症に罹患したと報告されています。さらに、2人に1人の女性が一生で少なくとも1つの尿路感染症を発症すると推定されています。毎年、世界中で何千万もの女性が尿路感染症を発症しています。

ほぼ毎日、少なくとも1、2人の患者が尿路感染に関連する症状から私の下を訪れます。彼らの症状には、排尿中の焼け付くような痛み、頻尿、逼迫尿意、背中の痛み、時には失禁が含まれます。特に細菌が血流に入ると、65歳以上の人では尿路感染症が混乱や時には幻覚を引き起こすことがあります。

感染のリスクが高いのは?

尿路感染の発症には多くのリスク要因があります。

  • 女性は男性に比べリスクが非常に高い
  • 50歳以上の女性(閉経後)
  • 糖尿病予備軍の人  
  • 糖尿病 − 細菌は糖分を餌にしている。糖分が消費され排泄されればされるほど、細菌が食べて増えるための餌が増える
  • 免疫力低下 − 感染と戦うためには強い免疫システムが必要
  • 腎臓結石    
  • 性交 − 頻繁に感染する女性であれば、性交後の排尿が予防に役立つ
  • 特定の避妊具 − 特にペッサリーは尿路感染症を引き起こしやすい
  • 尿カテーテルの使用
  • 泌尿器関連の処置や手術

カルシウムサプリメントは尿路感染症のリスクを高める?

Urological Research の研究では、カルシウム摂取量の増加が尿路感染症のリスクを高める可能性を示唆する証拠があります。Nutritional Medicine第2版でAlan Gaby博士は、1日に1,500mgのカルシウムを摂取する人に対し、2〜3回に分けて投与することを推奨しています。Gaby博士は、カルシウムとともにマグネシウムを摂取することが有用である可能性があるとアドバイスしています。推奨用量:カルシウム500 mg 1日1回または2回

尿路感染症を引き起こす細菌

大腸菌は尿路感染症の80〜90%を占めています。 ほとんどの大腸菌(E.coli)は、腸内にいるときには完全に無害です。しかし、その細菌が尿道に侵入すると、尿路感染症を発症する可能性があります。

尿路感染症を引き起こす他の細菌には、クレブシエラ属、エンテロバクター属、エンテロコッカス属、プロテウス属、シュードモナス属、ブドウ球菌属、ストレプトコッカス属、セラチア属およびカンジダ属酵母が含まれます。

急性感染症状に使用される一般的な薬剤

  • セファロスポリン類 − 特にセファレキシン(Keflex)
  • トリメトプリム - スルファメトキサゾール(Septra、Bactrim)
  • ニトロフラントイン(Macrobid)
  • キノロン類(シプロフロキサシン、レボフロキサシン)

以下の6つの方法が有効的です

  1. コットンの下着を着用する
  2. 毎日たくさんの水を飲む
  3. 毎日クランベリージュースを飲むことは、尿路感染症の再発を減らす可能性がある
  4. 長時間排尿を我慢しない
  5. 肛門付近の細菌が尿道に付着するのを防ぐため、排泄後は前から後ろに向かって拭く
  6. リスクを軽減するため、女性は性交後に排尿する必要がある

尿路感染症のための処方薬

  • 馬尿酸メテナミン − 1996年の研究では、メテナミンが感染の予防に役立つ可能性があることが明らかになりました。2014年の研究でも同様の所見が示されました。
  • 性交渉後にUTIのリスクがある女性については、抗生物質の一回分の投与があり、これは急性尿路感染症の予防における抗生物質の1日用量と同程度に有効と見られます。
  • ホルモンの代用 - 経口代用エストロゲンまたは膣エストロゲンの適用は、閉経後の女性に有益な可能性があります。あなたの医療機関の担当者ととのリスク対利益について話し合いましょう。

一軍サプリメント

尿路感染症の予防に役立てるため最も一般的に使用されるサプリメントは、クランベリーD-マンノースビタミンCです。それらでは十分でない場合、多くの人が以下に述べる副次的なサプリメントをいくつか追加します。

クランベリー

2014年のClinical Infectious Disease の研究によると、 クランベリーサプリメント尿路感染症の予防にも役立つ可能性があり、費用効果が高いとされています。Nutrition Research の2013年の研究では、リスクのある人における再発性尿路感染症の予防におけるクランベリーサプリメントの有効性が確認されました。Journal of the American Geriatric Societyの2014年の調査では、老人ホームなどの長期ケア施設に居住していた高リスクの高齢者がクランベリーサプリメントを摂取した場合、尿路感染を起こす可能性が26%低くなったことが明らかにされました。クランベリー果実の内部の分子は、具体的には、大腸菌が膀胱壁に粘着するのを防ぐのに役立ちます。推奨用量:ラベルに記載の通り。

D-マンノース

D-マンノースクランベリーおよびプロバイオティック乳酸菌の組み合わせを用いた2014年の研究では、尿路感染症を予防する利点が明らかになりました。In Vivo誌の2017年の研究では、NACD-マンノース、およびモリンダ(NDM)を組み合わせた場合、尿路感染症の予防に役立つことが証明されました。The World Journal of Urologyの2014年の他の研究では、D-マンノースが再発性尿路感染症のリスクを有意に低下させると結論付けました。推奨用量:1日当たり1-3回1,500 mg。

ビタミンC

泌尿器科での1997年の研究は、経口ビタミンCが尿中の細菌を殺すのに役立つ可能性を明らかにしました。2007年の調査によると、ビタミンCを1日に少なくとも100mg摂取した妊婦は、ビタミンCを服用していない女性と比較して尿路感染症が起こりにくいことが示されました。推奨用量:1日1回または2回500-1,000mg

副次的なサプリメント

メラトニン

太陽が沈んだ後松果腺から分泌されるメラトニンは、眠気を起こさせるホルモンです。 メラトニンサプリメントを摂取することでその効果を経験する人もいます。また通常は質の高い睡眠を取るのに役立ちますが、2015年の調査によると、尿路感染の予防にも役立つとされています。推奨用量:毎晩3-10mg。

ビタミンD

各種研究は、ビタミンDが抗菌性を有することを証明しています。血中濃度が十分であれば、体はAMP(抗菌ペプチド)と呼ばれるタンパク質を作ります。Frontiers in Microbiology の2017年のある研究によると、AMPは細菌感染を防止し、おそらく尿路感染症に対して有効であろうとしています。推奨用量:毎日2,000IUから5,000IU。

L-アルギニン

L-アルギニンは、一酸化窒素(NO)の前駆体である重要なアミノ酸です。一酸化窒素は抗菌性を有することが示されており、したがって、尿路感染症の予防に有用である可能性があります。推奨用量:1日1回または2回500-1,000 mg。

プロバイオティクス

何種類かの研究は、定期的に経口でプロバイオティクスを摂取する人々は、再発性尿路感染症のリスクを低下させることができることを提示しています。 膣プロバイオティックサプリメントを使用している女性の2011年調査では、尿路感染症の予防に有益であることが示されました。2013年の研究では、乳酸菌が尿路感染症を予防する可能性が示唆されました。しかし、こうした知見を支持しない他の研究もあります。2015年のある研究では、プロバイオティクスの有効性の証拠は十分ではないと述べています。 推奨用量:50億-1000億ユニット、1日2回まで。 

しかし、予防のために毎日抗生物質を服用している人や、急性感染症のために抗生物質を服用している人には、プロバイオティックのサプリメント摂取をお勧めします。少なくとも、これは抗生物質による下痢や酵母感染を予防し、健康な腸を促進するのに役立ちます。

ハーブ

ハーブは何千年にも渡って様々な病気に使われてきました。科学者たちは毎日新しい利点を発見しています。

ヤエヤマアオキ

この薬用植物は伝統的な漢方薬(TCM)の専門家によって何千年も使われてきました。このハーブには100種類以上の有効成分が含まれていると推定されています。2017年のある研究は、D-マンノースNAC、およびモリンダの組み合わせが、女性における尿路感染症の予防および治療に有用であることを明らかにしました。

ベルベリン

微生物学研究の2016年の研究によると、ベルベリンもまた、尿路感染症を引き起こす一般的な細菌(腸球菌)を殺すのに有益であることを明らかにしています。推奨用量:ラベルの指示どおりに服用してください。

ガーリック

野菜であるニンニクは、抗菌性を有することが知られています。再発性尿路感染症の患者では、多くの場合ニンニクの日常的な摂取が考慮されます。その抗菌性を担うニンニクの有効成分は、1988年の研究によればアリシンであるとされています。推奨用量:ラベルに記載されています。

ウワウルシ

クマコケモモとしても知られているこのハーブは、ドイツ連邦薬局方により尿路感染症の治療薬として承認されており、ドイツでは処方箋で入手可能です。他の研究でも利点が明らかになっています。 推奨用量:ラベルの記載通り

尿路感染症の予防および治療に有益だという科学的根拠を有する他のハーブには、、ゴールデンシールブルーベリー緑茶クルクミンイワベンケイおよびセンシンレンなどがあります。 

尿路感染症にかからないようにするために

尿路感染症(UTI)は、女性がその生涯で経験する最も一般的な感染症の1つです。その大多数は大腸菌(E.coli)によって引き起こされます。通常は抗生物質が急性感染症を治療するために使用されますが、感染症を予防するためにできることが複数あります。多数の人が、この感染症の発症を防ぐために議論から導かれた対策を利用しています。水分を十分に摂り、健康的な食生活を送り、楽観的になることは、強い免疫システムにとって重要です。健康的な食生活、健康的な思考で、健康になりましょう。

参考:

  1. Ann Epidemiol. 2000 Nov;10(8):509-15
  2. Urol Res. 1991;19(3):177-80.
  3. Tidsskr Nor Laegeforen. 1996 Mar 10;116(7):841-3.
  4. Tze Shien Lo, Kimberly DP Hammer, Milagros Zegarra & William CS Cho Expert Review of Anti-infective Therapy Vol. 12 , Iss. 5,2014 Methenamine: a forgotten drug for preventing recurrent urinary tract infection in a multidrug resistance era
  5. Cochrane Database Syst Rev. 2004;(3):CD001209.
  6. Eells S. J., Bharadwa K., McKinnell J. A., Miller L. G. Recurrent urinary tract infections among women: comparative effectiveness of 5 prevention and management strategies using a markov chain monte carlo model. Clinical Infectious Diseases. 2014;58(2):147–160. doi: 10.1093/cid/cit646
  7. Vasileiou I, Katsargyris A, Theocharis S, Giaginis C. Current clinical status on the preventive effects of cranberry consumption against urinary tract infections. Nutr Res 2013;33:595–607.
  8. Caljouw MA, van den Hout WB, Putter H, Achterberg WP, Cools HJ, Gussekloo J. Effectiveness of cranberry capsules to prevent urinary tract infections in vulnerable older persons: a double-blind randomized placebo-controlled trial in long-term care facilities. J Am Geriatr Soc 2014;62:103–10
  9. Tao Y, Pinzón-Arango PA, Howell AB, Camesano TA. Oral Consumption of Cranberry Juice Cocktail Inhibits Molecular-Scale Adhesion of Clinical Uropathogenic Escherichia coli. Journal of Medicinal Food. 2011;14(7-8):739- 745. doi:10.1089/jmf.2010.0154.
  10. J Clin Gastroenterol. 2014 Nov-Dec;48 Suppl 1:S96-101. doi: 10.1097/MCG.0000000000000224.
  11. MARCHIORI D, PAOLO ZANELLO P. Efficacy of N-acetylcysteine, D-mannose and Morinda citrifolia to Treat Recurrent Cystitis in Breast Cancer Survivals. In Vivo. 2017;31(5):931-936. doi:10.21873/invivo.11149.
  12. Kranjčec B, Papeš D, Altarac S. D-mannose powder for prophylaxis of recurrent urinary tract infections in women: a randomized clinical trial. World J Urol 2014;32:79. 10.1007/s00345-013- 1091-6 Urology. 1997 Aug;50(2):189-91.
  13. OCHOA-BRUST, G. J., FERNÁNDEZ, A. R., VILLANUEVA-RUIZ, G. J., VELASCO, R., TRUJILLO-HERNÁNDEZ, B. and VÁSQUEZ, C. (2007), Daily intake of 100 mg ascorbic acid as urinary tract infection prophylactic agent during pregnancy. Acta Obstetricia et Gynecologica Scandinavica, 86: 783–787. doi:10.1080/00016340701273189
  14. Fathollahi A, Daneshgari F, Hanna-Mitchell AT. Melatonin and Its Role in Lower Urinary Tract Function: An Article Review. Current Urology. 2015;8(3):113-118. doi:10.1159/000365701.
  15. Terlizzi ME, Gribaudo G, Maffei ME. UroPathogenic Escherichia coli (UPEC) Infections: Virulence Factors, Bladder Responses, Antibiotic, and Non-antibiotic Antimicrobial Strategies. Frontiers in Microbiology. 2017;8:1566. doi:10.3389/fmicb.2017.01566.
  16. Foxman B, Buxton M. Alternative Approaches to Conventional Treatment of Acute Uncomplicated Urinary Tract Infection in Women. Current infectious disease reports. 2013;15(2):124-129. doi:10.1007/s11908-013- 0317-5.
  17. Evid Based Med. 2013 Aug;18(4):141-2. doi: 10.1136/eb-2012- 100961. Epub 2012 Nov 2.
  18. Cochrane Database Syst Rev. 2015 Dec 23;(12):CD008772. doi: 10.1002/14651858.CD008772.pub2.
  19. MARCHIORI D, PAOLO ZANELLO P. Efficacy of N-acetylcysteine, D-mannose and Morinda citrifolia to Treat Recurrent Cystitis in Breast Cancer Survivals. In Vivo. 2017;31(5):931-936. doi:10.21873/invivo.11149.
  20. Microbiol Res. 2016 May-Jun;186- 187:44-51. doi: 10.1016/j.micres.2016.03.003. Epub 2016 Mar 9.
  21. Feldberg RS, Chang SC, Kotik AN, et al. In vitro mechanism of inhibition of bacterial cell growth by allicin. Antimicrobial Agents and Chemotherapy. 1988;32(12):1763-1768.
  22. Altern Med Rev. 2008 Sep;13(3):227-44. (Discusses other studies which show the benefit of Uva-Ursi for urine infections)
症状

天然ハーブと血管性認知症

症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法