header_search header_signed-out header_signed-in header_cart sharefilled circlex circleexclamation iherbleaf
checkoutarrow
JP
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:
24/7 サポート
beauty2 heart-circle sports-fitness food-nutrition herbs-supplements
症状

炎症回復の14の方法

11月 29 2017

執筆者:エリック・マドリード医学博士

この記事について:

「炎症は医学の最新の話題です。ほぼすべての既知の慢性疾患と関連しているようです」 - マーク・ハイマン博士 

私たちが食べる食物は、体の炎症を予防するか、または炎症を引き起こすのに大きな役割を果たします。私は、体内の炎症が痛みを増加させ、病気を促進させることを患者に頻繁に説明します。炎症の原因となる砂糖、飽和脂肪、単純な炭水化物を多く消費すれば痛みや病気が増え、炎症を防ぐ食べ物を多く食べると、逆の効果があります。

炎症に起因する医学的診断は「itis」で終わります。itisは炎症のラテン語です。以下は体の急性炎症の例です。

  • 虫垂炎–虫垂の炎症
  • 蜂巣炎–(感染による)皮膚の炎症
  • 大腸炎–結腸の炎症、急性または慢性があります
  • 膀胱炎–バクテリアや食物アレルギーによる膀胱の炎症
  • 歯肉炎–歯茎の炎症、急性または慢性があります
  • 心膜炎–心臓を囲む嚢の炎症
  • 乳腺炎–乳房の炎症 

さらに、研究者らは現在、炎症がいくつかの慢性疾患において役割を果たすと考えています。 

  • 心臓血管疾患–心臓発作や脳卒中
  • 自己免疫疾患–狼瘡、甲状腺機能低下症、関節リウマチなど
  • アルツハイマー病–脳の炎症が一般的な原因です
  • 関節炎–関節や筋肉の炎症(線維筋痛)
  • 胃炎–胃の炎症は、潰瘍につながる可能性があります
  • アレルギー–アレルギー性鼻炎としても知られています

炎症とは何か?

炎症は、体が不安定な時に生じます。ある意味、体は内部で「発火」しています。ストレスがかかっている時、体は過剰量のコルチゾールと呼ばれるステロイドホルモンを産生します。コルチゾールが上昇すると、体は炎症を起こしてプロスタグランジンE2と呼ばれる化学物質を発します。慢性的にコルチゾールレベルが高いと、炎症タンパク質(TNFα、NF-κB、IL-1、IL-6、COX-1およびCOX-2として知られている)を作る炎症を引き起こす遺伝子を刺激します。COX-1およびCOX-2酵素は、イブプロフェン、ナプロキセン、セレコキシブ(セレブレックス)などの抗炎症性鎮痛薬によって減少します。

ストレスと炎症

日常生活では、体にストレスを与える多くの出来事が起こります。コントロールできるものもあれば、ほとんどできないものもあります。多くの人は、リラックスする十分な時間を作ることができません。慢性的なストレスは体に大きな影響を与え、不安定または疾患を引き起こすことがあります。また、細胞の酸化的損傷を引き起こし、その結果、炎症が発症します。慢性炎症は、心臓血管およびの損傷を引き起こし、最終的には早期老化の原因となります。

炎症の原因となる食品

一般的に消費されている、炎症の原因となる食べ物はたくさんあります。

  • トランス脂肪–食品ラベルには「部分水素化」と表示されます。焼き菓子や、乳成分を含まないクリームによく見られます。また、マーガリンの成分でもあります。
  • フライドポテトその他の揚げ物
  • ファストフード
  • 炭酸飲料などの砂糖入り飲料
  • 焼き菓子、ペイストリー類

炎症の他の原因

食物だけが炎症の原因ではありません。特定のライフスタイルも影響を及ぼします。

  • タバコ(喫煙と噛みタバコ)
  • 運動不足
  • 睡眠不全や、睡眠時無呼吸症候群等の睡眠に関する障害
  • リーキーガット症候群
  • 情動ストレスや追い詰められた状態
  • 身体的ストレス
  • 環境有害物質
  • 肥満 

現在研究者らは、炎症も心臓発作や脳卒中の主な原因であると考えています。一般的な考えとは対照的に、心臓発作または脳卒中を有する人々の半分以上は、正常な血圧および正常なコレステロール値です。これらは重要なリスク因子ですが、他にも原因があるにちがいありません。それが炎症です。

心血管疾患は、心臓病や脳卒中を含む用語で、世界中で年間1,700万人以上が死亡しています。これらのほとんどは予防することができます。米国疾病対策センター(CDC)は、米国では毎年、心臓病で61万人以上が死亡していると報告しています。International Journal of Cardiologyによると、東ヨーロッパと中央アジアが、世界で最も高い心臓病罹患率を示しています。炎症は、これらすべての領域において主要原因になっています。

炎症の測定

炎症を測定できる様々な血液検査があります:

  • C反応性蛋白(CRP)肝臓で作られるC反応性タンパク質は、組織損傷、炎症または感染があると上昇します。最適なレベルは1mg / L未満、正常レベルは1〜3mg / L、高レベルは3mg / Lより高い値です。

2017年のJournal of the American College of Nutritionの研究によると、上昇したCRPレベルは癌および心臓病のリスクを増加させます。2008年のJupiterの研究は、コレステロールを低下させるスタチン系薬剤が炎症を軽減できることを示しました。

  • 赤血球沈降速度–体内の炎症を測定するために医師が使用する、古くからある一般的な血液検査です。この検査は、赤血球が試験管の底に沈着する速度を算出します。
  • フェリチン–体内の鉄分量を測定するために医師が指示する検査。病気の時には、フェリチンの値が上がることがあります。
  • TNFα–体内の炎症に反応して特定の白血球によって作られるタンパク質。TNFαは、慢性関節リウマチ乾癬および炎症性腸疾患の患者で上昇します。エタネルセプト(エンブレル)やインフリキシマブ(レミケード)など、この化学物質を標的とした薬がいくつか販売されています。
  • インターロイキン-6(IL-6)–この酵素は、体内の炎症に反応して作られます。医師は頻繁に測定することはありません。

従来の治療

  • NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)–有用性があります。しかし、副作用に、腎臓病、心臓発作、脳卒中、胃潰瘍などがあります。
  • アセトアミノフェン(パラセタモール、タイレノール)–大量に摂取すると、肝臓に余分なストレスがかかります。

食物:炎症を減らすための第一経路

適切な食物の消費を選択することは、炎症を予防し、軽減する最も重要な方法の1つです。果物、野菜、豆が豊富な食事は重要ですが、さまざまな食物が役立ちます。

  • ナッツ類–無塩のブラジルナッツ、松の実、アーモンド、カシューナッツ、クルミなど。ナッツは、ユニークで健康的な抗炎症性のオメガ6脂肪酸であるリノール酸が豊富です
  • シーズ–無塩カボチャ、チアやひまわりの種子
  • フルーツ–天然のフレッシュフルーツ
  • 食物リグナン–亜麻仁、緑茶、イチゴに含まれます
  • 葉菜類–コラードグリーン、ホウレンソウ、ケールなど
  • 大豆製品–有機豆腐、枝豆、味噌、テンペ
  • 魚–天然の(養殖されていない)魚を食べましょう。しかし、水銀汚染の可能性があるため、週に1回にします(低水銀魚には、マス、白身魚、サーモン、アンチョビなどがあります)。
  • 赤肉–牧草のみで飼育されホルモンを含まない肉にしましょう
  • オリーブオイル–ピュアバージンオイルは、オレイン酸、オメガ9脂肪酸が豊富です。低温と中温でオリーブオイルのみで調理します
  • ココナッツオイル–高温での調理に最適、キャノーラオイルよりも健康的です
  • ライトごま油–高温での調理に適し、様々な健康上の効果があります

次のような食事の改善も有効です。

  • 牛乳、クリーム、チーズ等乳製品を減らす
  • 砂糖の消費を制限する
  • パン、ペイストリー、デザートなどの精製穀物を極力食べない
  • 水をたくさん飲む–使い捨てのプラスチックボトルの代わりにBPAフリーの再利用可能なボトルを使用する

炎症を軽減するサプリメントとハーブ

炎症の減少の変化を得るために、以下のサプリメントをすべて摂取する必要はありません。しかし、食事や生活習慣の変化に加えて、3つから5つを選んでみましょう。

クルクミン/ウコン–ウコンの有効成分であるクルクミンも強力な抗炎症ハーブです。食事のスパイスや、サプリメントとして摂取することができます。Disease誌の2016年の報告によると、クルクミンは、酸化と炎症の予防に役立ちます。クルクミンは、IL-6、TNF-αおよびNFKbを低下させます。注意:NSAID抗炎症薬(イブプロフェン、ナプロキセン)を使用する場合は、出血の危険性が高まる可能性があります。推奨用量:ウコンまたはクルクミン、毎日500mg1日3回まで。

ブラッククミン(ブラッククミンシードオイル)–関節リウマチおよび変形性関節症の炎症を軽減することが示されたハーブです。IL-1、IL-6および核因子KBと呼ばれる炎症性化学物質を阻害し炎症を抑えます。推奨用量:ブラッククミンシードオイル、1日200mg。

ボスウェリアアーユルヴェーダのハーブサプリメントは、リウマチの痛みやCRPのような炎症マーカーを軽減し、変形性関節症の痛みを抑えます。この樹脂は、エッセンシャルオイルフランキンセンスを作るために使用されます。推奨用量:ボスウェリア1日当たり最低50mg。

オメガ3フィッシュオイル(EPA/DHA)–必須脂肪酸が痛みを改善し、NSAIDの使用を減らすのに役立つことが研究によって示されています。魚油を毎日摂取すると、関節硬直と血圧が低下するという研究もあります。推奨用量:オメガ3フィッシュオイル、1日500 mg~2,000 mg。

ショウガ-ショウガは、変形性関節症の炎症マーカーや痛みを軽減するのに役立ちます。ショウガには、天然のCOX阻害剤であるケンペロールという化学物質が含まれており、イブプロフェンやナプロキセンと同様の働きをして痛みや炎症を軽減します。食べ物にそれを加えることや、サプリメントを取ることを検討してみましょう。推奨用量:ショウガ、最低1日25 mg。

上記の5つのサプリメントは、別々に摂取することも、栄養補助食品と組み合わせて摂取することもできます。

オキアミオイル  - 炎症蛋白質は心臓病や脳卒中のリスクを高めます。2007年のJournal of the American  College of Nutritionの研究によれば、オキアミオイル消費はCRPレベルまたは炎症を約20%低下させました。さらに、2016年のArchives of Medical Scienceの研究では、500mg1日2回の低用量でCRPを低下させるオキアミオイルの効果を確認しました。推奨用量: 1日あたり500〜2,000 mg。

レスベラトロール –レスベラトロールは多くの機能を有することが示されており、TNF-αおよびCRPレベルを低下させることが示されています。レスベラトロールは、赤ワイン、ブドウ、ベリー、ナッツに含まれる自然に存在する植物系抗酸化化合物の植物栄養素です。レスベラトロールは老化を遅らせる働きと関連している可能性があります(詳細はこちら)。推奨用量:レスベラトロール、1日100~200 mg

ビタミンD –ビタミンDには、多くの健康効果があります。ビタミンDのレベルが高い人は、炎症が少なく、CRPレベルが低いことが研究によって明らかになっています。推奨用量:ビタミンD、1日1,000~5,000IU

プロバイオティクス –リーキーガット、つまり腸内細菌の多様性の崩壊は、全身性炎症を増加させることが研究によって示されています。乱れた食事に加えて、抗生物質または胃酸抑制薬の使用が腸内細菌に悪影響を及ぼし、その結果CRPが増加します。推奨用量:プロバイオティクス1日50億〜600億ユニット

フラックスシード–亜麻仁と関連する食品は、心臓に関連する健康上の良い効果があります。2016年のNutrientsの研究は、亜麻仁は非肥満者と比較して、肥満として分類された人でCRPを低下させることを示しました。別の2016年の研究では、1日6gまでの消費が血中CRPレベルおよび炎症を有意に低下させることを示しました。推奨用量: フラックスシード1日1000~2,000 mg。食品としても消費することができます。

ピクノジェノール–強力な抗酸化物質です。2008年の研究では、サプリメントとして摂取した時、CRPの血中濃度が低下することが示されました。推奨用量:ピクノジェノール、50mg 1日3回まで。

葛根 –この根はアジア原産で、その名は日本語に由来し、は「植物」を意味します。研究では、CRPの低下を含む葛根の抗炎症作用が明らかになっています。推奨用量:葛根750 mgを1日2回

緑茶 –緑茶は、世界で水とコーヒーに次いで、成人が最も消費する飲料の1つです。研究によって、抗炎症効果とCRPの低下に加えて、多くの心臓と脳への健康的な効果が明らかになっています。お茶や緑茶サプリメントとして摂取しましょう。

エッセンシャルオイルティーツリーオイルカモミールフランキンセンスオレガノショウガのオイルを含む特定のオイルは、局所的に塗布すると炎症を軽減します。

炎症と戦うことができます

炎症は、疾患のリスクを増大させる深刻な状態です。不健康な食事と運動をしない生活習慣は、人々が過度の炎症を発症する大きな原因です。生活習慣の変化や健康的な食事は、数多くの症状を予防する上で大きな効果があります。関節炎線維筋痛、慢性アレルギーリーキーガット、胃炎やその他の慢性炎症症状に苦しむ人々は、食事療法と生活習慣の変化が十分でない場合は、サプリメントもぜひ検討しましょう。

参考文献:

  1. Toussaint LL, Shields GS, Slavich GM. Forgiveness, Stress, and Health: a 5-Week Dynamic Parallel Process Study. Annals of behavioral medicine : a publication of the Society of Behavioral Medicine. 2016;50(5):727-735. doi:10.1007/s12160-016-9796-6. Accessed October 16, 2017
  2. https://www.weforum.org/agenda/2015/10/which-countries-have-the-most-deaths-from-heartdisease/, Accessed October 16, 2017 -  https://www.cdc.gov/heartdisease/facts.htm
  3. Finegold JA, Asaria P, Francis DP. Mortality from ischaemic heart disease by country, region, and age: Statistics from World Health Organisation and United Nations. International Journal of Cardiology. 2013;168(2):934-945. doi:10.1016/j.ijcard.2012.10.046.
  4. Paul M Ridker, M.D., Eleanor Danielson, M.I.A., Francisco A.H. Fonseca, M.D.,et. Al * Rosuvastatin to Prevent Vascular Events in Men and Women with Elevated C-Reactive Protein N Engl J Med  2008; 359:2195-2207 November 20, 2008DOI: 10.1056/NEJMoa0807646
  5. Journal of The American College of Nutrition 2017, Vol 36. Mp 6. 434-441  Association between Urinary Phytoestrogens and CRP in the Continuous National Health and Nutrition Examination Survey
  6. Griffiths K, Aggarwal BB, Singh RB, Buttar HS, Wilson D, De Meester F. Food Antioxidants and Their Anti-Inflammatory Properties: A Potential Role in Cardiovascular Diseases and Cancer Prevention. Battino M, ed. Diseases. 2016;4(3):28. doi:10.3390/diseases4030028.
  7. Avicenna J Phytomed. 2016 Jan-Feb;6(1):34-43.
  8. Inflammation. 2015 Dec;38(6):2235-41. doi: 10.1007/s10753-015-0206-1.
  9. Ahmad A, Husain A, Mujeeb M, et al. A review on therapeutic potential of Nigella sativa: A miracle herb. Asian Pacific Journal of Tropical Biomedicine. 2013;3(5):337-352. doi:10.1016/S2221-1691(13)60075-1.
  10. Lee YH, Bae SC, Song GG. Arch Med Res. 2012 Jul;43(5):356-62. doi: 10.1016/j.arcmed.2012.06.011. Epub 2012 Jul 24. Omega-3 polyunsaturated fatty acids and the treatment of rheumatoid arthritis: a meta-analysis.
  11. J Am Coll Nutr. 2007 Feb;26(1):39-48.
  12. Cicero AFG, Rosticci M, Morbini M, et al. Lipid-lowering and anti-inflammatory effects of omega 3 ethyl esters and krill oil: a randomized, cross-over, clinical trial. Archives of Medical Science : AMS. 2016;12(3):507-512. doi:10.5114/aoms.2016.59923.
  13. James W. Daily, , Mini Yang, , Da Sol Kim, , Sunmin Park, Efficacy of ginger for treating Type 2 diabetes: A systematic review and meta-analysis of randomized clinical trials  Journal of Ethnic Foods, Volume 2, Issue 1, March 2015, Pages 36–43
  14. Osteoarthritis Cartilage. 2015 Jan;23(1):13-21. doi: 10.1016/j.joca.2014.09.024. Epub 2014 Oct 7.
  15. Resveratrol improves treatment outcome and laboratory parameters in patients with Takayasu arteritis: A randomized double-blind and placebo-controlled trial  Volume 222, Issue 2, February 2017, Pages 164-168
  16. Yılmaz S, Akdağ Cırık D, Demirtaş C, et al. Do vitamin D and high-sensitivity-C reactive protein levels differ in patients with hyperemesis gravidarum? A preliminary study. Turkish Journal of Obstetrics and Gynecology. 2016;13(3):123-126. doi:10.4274/tjod.76753.
  17. Tamadon MR, Soleimani A, et. Al Clinical Trial on the Effects of Vitamin D Supplementation on Metabolic Profiles in Diabetic Hemodialysis. Horm Metab Res. 2017 Sep 28. doi: 10.1055/s-0043-119221. [Epub ahead of print]
  18. Ren G-Y, Chen C-Y, Chen G-C, et al. Effect of Flaxseed Intervention on Inflammatory Marker C-Reactive Protein: A Systematic Review and Meta-Analysis of Randomized Controlled Trials. Nutrients. 2016;8(3):136. doi:10.3390/nu8030136.
  19. Int Urol Nephrol. 2016 Aug;48(8):1335-41. doi: 10.1007/s11255-016-1300-5. Epub 2016 Apr 26.
  20. Variations in C-reactive protein, plasma free radicals and fibrinogen values in patients with osteoarthritis treated with Pycnogenol® G. Belcaro, M.R. Cesarone, et. al Redox Report Vol. 13 , Iss. 6,2008
  21. Anilkumar K, Reddy GV, Azad R, et al. Evaluation of Anti-Inflammatory Properties of Isoorientin Isolated from Tubers of Pueraria tuberosa. Oxidative Medicine and Cellular Longevity. 2017;2017:5498054. doi:10.1155/2017/5498054.
  22. Chacko SM, Thambi PT, Kuttan R, Nishigaki I. Beneficial effects of green tea: A literature review. Chinese Medicine. 2010;5:13. doi:10.1186/1749-8546-5-13.
症状

便秘を自然に解消する方法

症状

関節痛を和らげる自然療法

症状

アルファリポ酸と多発性硬化症