JA
JPY
カートは空っぽです
お気に入りの商品をカートに入れてください。
ショッピングを続ける
カートに追加されました
合計:
割引:
一緒の購入で
数量:
カートの合計:
ご購入手続き
お客様の次のような商品も購入しています:

iHerb ブログ

バーンアウト
バーンアウト

消化不良への合理的な取り組み

消化不良とは、胸焼け、腹部で食後にガスや膨満感を感じる、または腹痛、満腹感を表す用語として知られています。医療用語では機能性消化不良(FD)、胃食道逆流症(GERD、神経性胃炎(NUD)として表されます。

これらは北米に住む人々の間でよく見かけられる症状にも関わらず、多くの評論では「現存の薬の効果には限りがある」と結論付けられています。そのような薬のなかでは、体で一番重要な消化作用とされ、胃からの塩酸(HCl)の分泌を抑えるアシッドブロッカーが最もよく使われています。

分泌をブロック

消化作用において、胃酸はたんぱく質の消化だけでなく、体内への吸収を促進するためにミネラルやその他の栄養素をイオン化させます。胃の中で十分な塩酸が分泌されないと、脾臓が消化酵素を分泌させるための作用が生じません。とは言え、胃酸の生成と分泌は消化の促進以外にも、異物による体内侵入を防ぐ重要な作用があります。胃酸の分泌は、胃腸感染症を引き起こさないように細菌、ウイルス、菌類を無力化させます。このことから、アシッドブロッカーによる潜在的な有害性がお分かりいただけます。

自然的な取り組み

慢性的な消化不良への合理的な取り組みは、制酸薬で消化作用を抑制させるのではなく、逆に促進させる点に重点を置くことです。消化不良は胃酸分泌の増加・低下など、多くの要因によって引き起こされます。実際、健康を促進する大半の医師は、胃酸分泌の増加ではなく低下を病気の主な原因としています。

胃食道逆流症や神経性胃炎を防ぐ最初のステップとしては食べ過ぎない、肥満防止、コーヒー、トマト、かんきつ類、揚げ物、炭酸飲料を摂らない、タバコを吸わない、アルコールを摂らないようにします。ほとんどの場合においてこれらの刺激物を摂らない、または減らすだけで、胃食道逆流症や神経性胃炎を緩和させます。他にも食事量を減らす、食べ物をよく噛んでから飲み込む、慌てずにゆっくり食べる、寝る2時間以内は食べないなども効果があります。

塩酸サプリメントは多くの人で効果が見られています。一般的に胸焼けや、腹部の膨満感・不快感・ガスは、塩酸が減少する食後15~30分以内に感じられます。これらの症状が食後から45分経ってから見られた場合は、膵酵素の欠乏とされています。膵酵素の分泌は、胃の中の塩酸によって引き起こされます。よって、塩酸サプリメントは膵酵素の分泌を促進させる場合があります。

消化酵素は膵機能不全の治療に最も効果がある要素です。私の研究では、幅広い作用を持ち、植物に含まれている複合酵素で最良の結果が得られています。服用量はラベルの指示に従ってください。

胸焼けや胃酸の逆流を防ぐその他の自然的な取り組み

胸焼けには、あまり知られてはいないものの効果が高い、自然的な取り組みがあります。以下は治療に役立つかもしれない製品例です。

  • 亜鉛L-カルノシンが含まれる製品:この2つが組み合わさった製品は胃粘膜を保護し、症状を和らげる効果が示されています。
  • DGLウエハース:ハーブの特定の形とされるリコリスは、胃酸の逆流や胸焼けだけでなく、潰瘍においても高い効果が示されています。
  • アロエベラジュース:アロエ植物から作られた飲み物には、消化管への治療効果があります。
  • 食後のカモミールティー:食道への刺激を緩和する効果が示されています。
  • 食後の「口直し」としてチュアブルのパパイヤ酵素:パパイヤに含まれる酵素は、消化不良を自然に和らげます。

グルテンが含まれない食べ物:グルテンを摂らなくなったことで、胸焼けや胃酸の逆流がなくなった方々がいます。

更に読む »

脳の活性化
脳の活性化

驚きの効果をもたらすサプリメントのPQQは、あらゆる世代の人々の脳をフルに活性化させるかもしれません

ビタミンと同じような作用を持つ化合物としてつかったピロロキノリンキノン(PQQ)は、必ず精神能力や記憶力を向上させることが示されています。

この自然に生成される化合物は、細胞の機能において本質的な作用を施す補酵素で、これまでに分析されたすべての植物で見つかっています。特に豊富とされるパセリ、ピーマン、キウイ、パパイヤ、豆腐では100gの中に2~3mcgが見つかっています。また4オンスの緑茶にも、同じ量の成分が含まれています。

PQQの作用とは?

PQQは研究で細胞機能の主要制御因子とされ、ビタミンCなどの抗酸化物質よりもフリーラジカルをより良く中和させる効果が示されています。

PQQが含まれない食べ物による動物実験では、成長障害、免疫不全症、生殖機能異常が見られています。1日の標準摂取量は葉酸と同じで400mcgです。その他の重要な栄養素と同じように、免疫システムはPQQが低いと敏感に反応します

エネルギーの生成と老化を防ぐPQQ

PQQの主な作用には、細胞内でエネルギーを生成する要素のミトコンドリアが関与します。PQQは強力な抗酸化作用をもたらす以外にも、老化した細胞内で新しいミトコンドリアの生成を促進します。これはミトコンドリア生合成として知られています。このような効果が見られているPQQは、今後のアンチエイジング分野における研究の適齢期が到来していると言えます。

PQQがもたらす脳へのメリット

現在のPQQ研究では、年を重ねた動物や人間において記憶力や認識力を低下させない機能に焦点が置かれています。以下は、動物実験でPQQに関わる効果の一部です。

  • 脳細胞に大きなダメージを与える様々な化合物の形成を抑制します。
  • パーキンソン病の初期段階とされるDJ-1遺伝子の自己酸化を防ぎます。
  • 脳細胞への酸化的損傷を防ぎます。
  • 動物モデルでは、慢性的な酸化ストレスが原因の認識機能障害から回復させ、記憶力テストでは成果の向上が示されています。
  • グルタミン酸、水銀、オキシドーパミン(動物実験でパーキンソン病を誘発するために科学者が使用する強力な神経毒)などの脳に毒をもたらす物質や、その他の強力な毒素から脳を保護します。
  • パーキンソン病と関連するたんぱく質の生成を抑制します。
  • 神経細胞をアルツハイマー病と関わるβアミロイドタンパク質から保護します。

記憶力を向上させる3つのヒント

  1. 魚油を摂取良質の魚油サプリメントは脳機能を改善、およびアルツハイマー病を防ぐ場合があります。1日に1,000mgのEPA・DHAを摂るようにします。
  2. ブルーベリーを摂取ブルーベリーやその他のベリー類はアントシアニジンとして知られている植物色素が豊富で、数多くの臨床試験で精神機能の改善が見られています。
  3. 血糖値を調節脳には絶えず安定した血糖(グルコース)の供給が必要です。血糖値の変動が激しい方は、集中力を保つことがとても難しくなります。PGXは、血糖値の調節を手伝うサプリメントの一つです。
更に読む »

若々しい肌を作るための秘訣
若々しい肌を作るための秘訣

赤い絨毯が敷かれるアカデミー賞の授賞式では、「ドレスは誰のデザイン?」という質問と共に、セレブたちへの肌や髪に視線が集まります。

ここに集まる女性はとてもきれいで艶があり、生き生きとした肌をしています。これは健康の証です。セレブは、肌をきれいに見せるため外からのお手入れに多くの時間をかけますが、若々しい肌を作る大切なポイントは、適切な栄養を摂り、健康的な習慣を身に付けることにあります。

健康的な食事や運動以外にも、少し話題になったサプリメントを摂ることで、年老いた肌に見られるシワや乾燥肌を防ぐ場合があります。そのサプリメントとはヒアルロン酸(HAサプリです。ヒアルロン酸は、結合組織の細胞内でつなぎ役または結び役として作用するウグリコサミノグリカンです。結合組織には、その言葉からも示されている通り、組織同士を支えて結ぶ働きがあります。疎性結合組織は肌や内臓器官を適切な位置へと支える一方で、線維性結合組織には腱、靭帯、軟骨が含まれています。実質的にヒアルロン酸は、結合組織の枠組みを作り上げるだけでなく、体を一つにまとめる「結び役」なのです。

ヒアルロン酸を体内組織に保つことは、老化を防ぐための重要な予防対策です。私たちの肌で線やシワができる理由の一つとして、ヒアルロン酸の減少があります。ほとんどの人々の体内のヒアルロン酸量は、70歳に達すると40歳の時よりも80%失われます。肌の中のヒアルロン酸量は、およそ45歳を迎えた時点で急激に落ち始めます。 

ヒアルロン酸を局所に適用させることがシワの予防になることは、数多くの証拠によって示されています。最近になって研究者は、ヒアルロン酸を経口投与することでも肌の水分を取り戻し、柔軟性を高めることを見つけました。乾燥肌・肌荒れを持つ患者にヒアルロン酸を経口投与した最近の臨床試験で、精製され生物学的に利用可能なヒアルロン酸サプリを与えられた患者は、肌の水分量の基準値が大幅に増加(46%)したことが示されています。

ヒアルロン酸は体内に見られる健康に欠かせない成分ですが、肌を美しく見せるための大切な要素であることも分かったのです。

更に読む »

コエンザイムQ10:体の点火プラグ
コエンザイムQ10:体の点火プラグ

コエンザイムQ10(CoQ10)は人体の点火プラグです。車がはじめにエンジンを点火させないと動かないように、人間の体はCoQ10なしでは動きません。これは細胞が分裂、移動、収縮、その他の作用を行うための力を生成させるミトコンドリアには欠かせない物質です。またCoQ10は、すべての生体プロセスを活性化させるエネルギーのアデノシン三リン酸(ATP)生成に重要な枠割を果たします。さらにCoQ10は、細胞へのダメージを防ぐとても大切な抗酸化物質です。

CoQ10は体内で生成されますが、その量は十分ではありません。体の中で最も活発的な組織はおよび心臓ですが、CoQ10が不足するとこれらの器官に最も影響を及ぼし、深刻な問題を引き起こす場合があります。CoQ10不足は、一例として偏った食事、遺伝子異常、後天性異常、または組織が必要とするものが増加など、数多くの問題によって引き起こされます。コレステロールが高い、血圧の上昇などの心臓疾患・血管疾患には、CoQ10の組織内濃度を高める必要があります。さらにCoQ10レベルは年齢と共に低下するため、50歳以上の方はさらに必要となります。数多くの研究によってCoQ10レベルの低下は、数種類の医薬品(特にスタチン系薬剤のような脂質異常症治療薬)が原因であることが示されています。 

CoQ10がミトコンドリアの作用や細胞の保護に中心的な役割を担う点を踏まえると、数多くの健康問題に役立つことが分かります。CoQ10は様々な健康状態にメリットをもたらすため、必須栄養素として捉えられたとしてもおかしくはありません。CoQ10は一般的な抗酸化物質として捉えられる以外にも、次の症状の改善に役立つ場合があります。

  • 心血管疾患:高血圧、鬱血性心不全、心筋症、心臓手術時の保護、特にスタチン系の薬剤治療が原因の高いコレステロール
  • がん(免疫機能の向上や化学療法による副作用を抑制)
  • 男性不妊症
  • パーキンソン病(予防および治療) 
  • 歯周病 

科学研究

CoQ10は、動物および人間を対象とした研究で上記のすべての症状、特に心血管疾患でとても効果があることが確認されています。実際に研究では、各種心血管疾患を患う方の50~75%で、心臓組織内のCoQ10が不足していることが示されています。このような心臓疾患を持つ患者のCoQ10不足を解消することで、劇的な結果をもたらす場合があります。例えば、CoQ10不足は高血圧患者の39%で見られています。この数値からも分かるように、CoQ10サプリの必要性を促しています。その一方でCoQ10は、心臓血管内で不足しているものを補足する以外のメリットをもたらすと考えられています。

2009年のPharmacology & Therapeuticsで特集された研究でCoQ10が血圧に与える効果は、通常、治療が行われてから4~12週間は現れることがなく、高血圧患者における最大血圧・最小血圧の標準的な低下は、10%以内の小幅な数字となっていることが示されています。

Crestor、Lipitor、Zocorなどのスタチン系薬剤は、肝臓がコレステロールの生成に必要な酵素を抑制することで作用します。その一方で、CoQ10などの体の作用に必要なその他の物質の生成を抑制します。これは特に疲れを感じたり、筋肉痛を引き起こすなど、薬の一般的な副作用から表されています。2005年にInternational Journal of Cardiologyで公開されたとある大規模なENDOTACT研究においてスタチン療法は、CoQ10の血漿中濃度を大幅に低下させたことが示されています。ただしこの低下は、150mgのCoQ10を補充することで完全に抑制できた可能性があります。その上CoQ10サプリは、アテローム性動脈硬化症の治療および予防で一番の目標とされている、血管内膜の作用を大幅に改善させました。

二重盲検試験で、CoQ10サプリは、一部のパーキンソン病患者にとても役立つことが示されています。これらの研究に参加したすべての患者は過去5年以内にパーキンソン病と診断され、この病気で特有とされる3つの症状(振戦、固縮、無動)を患っていました。

また、Archives of Neurologyで特集された2005年の研究でCoQ10を摂取したパーキンソン病患者は、機能低下の速度が遅くなることも示されています。この研究で一次検診と基本的な血液検査を終えた患者は、4つのグループにランダムに振り分けられました。そのなかで3つのグループには、16ヵ月間の間に異なる量のCoQ10(1日に300mg、600mg...

更に読む »

骨に関するアドバイス
骨に関するアドバイス

骨にはカルシウムよりもコラーゲンが大切な理由

骨は健康を維持するため、ミネラルだけでなくカルシウムなど、幅広い栄養素を必要とするダイナミックな生体組織によって構成されています。

骨の健康に関わる成分であればミネラルに注目が集まりますが、コラーゲン量の低下は骨粗しょう症や低骨密度を引き起こす重要な要因です。

コラーゲンと骨の関係は、まさにツーバイフォー工法が家の枠組みであるのと似ています。これは、無機化が生じた際に枠組みを作る化合物です。年を取ることでコラーゲン量は低下しますが、これは問題視されています。なぜならば体内に十分なコラーゲンがなければ、どれほどカルシウムを摂ったとしてもミネラルは骨の中に取り込まれないからです。

この点を踏まえると、骨の健康を維持するには、従来のミネラルサプリメントを服用すると共に、コラーゲン基質の改善をプランに組み込む必要があります。

薬のマイナス点

骨粗しょう症の治療・予防にはビスホスホネート製剤(例:Boniva、Fosamax、Actonel)が使用されますが、この製剤の問題点は、骨質の改善にはならないことです。むろん骨密度を増加させることはありますが、オーガニックのコラーゲン基質における問題を特定しないため、実際は骨をもろくする場合があります。

良質の骨とは、竹のように頑丈で弾力性があります。その一方でビスホスホネートによって作り上げられた骨は、密度は濃いものの崩れやすいチョークのようなものになります。ビスホスホネート製剤を服用する方は、この製剤が引き起こす問題を修正するため、コラーゲン基質の改善に重点を置く必要があります。コラーゲン量を増やすことで骨が強くなり、弾力性が増し、それゆえに骨折しにくくなります。

とても有益なサプリメント

コラーゲン基質の改善および骨の健康の促進には、1日800~1,000mgのカルシウムと共に以下の重要な栄養素を摂ることをおすすめします。

  • 吸収しやすい形状をしたシリカ(BioSilに含まれる成分のch-OSAまたはコリン安定化オルトケイ酸)は、臨床試験で骨の健康を促進およびミネラル密度を向上させるという、驚くべき結果が示されています。骨の密度が低い閉経後の女性を対象とした二重盲検試験では、BioSilを摂り続けることで1年以内に骨のコラーゲン量が22%、および骨密度が2%上昇しました。1日の推奨摂取量は6~10mgです。
  • ビタミンK1およびK2は、骨の中でカルシウム分子を支えるたんぱく質のオステオカルシンに効果があります。ビタミンKは動きがないオステオカルシンを活性化させます。つまりこの成分が不足すると、たとえ多くのカルシウムを摂ったとしても骨粗しょう症を引き起こす最大の要因となります。ビタミンKはほうれん草、フダンソウ、ケール、芽キャベツ、アスパラガス、サヤマメなどに多く含まれています。1日の標準摂取量は100mcgです。
  • ビタミンB6B12、および葉酸は、アミノ酸の一種であるメチオニンをシステインに変換させる成分です。これらの成分が一つでも不足していると、骨粗しょう症などの様々な症状でも見られるように、ホモシステイン濃度が上昇する場合があります。ビタミンBをお求めの場合は、体内に吸収しやすいよう、ビタミンB12とされメチルコバラミンが含まれる製品をお探しください。
  • ビタミンD3が含まれるサプリメントは骨密度の増加に関わります。ビタミンDにカルシウムを組み合わせた研究では、この成分のみを使用した場合よりもはるかに良い結果が得られています。大半の専門家が推奨するビタミンD3の摂取量は、1日に最低2,000 IUです。
  • 骨粗しょう症を患う女性の研究では、この病気を持たない女性よりも骨のマグネシウム量、およびマグネシウム不足のその他の指標が低いことが示されています。1日の一般的な推奨摂取量は250~500mgです。

 

更に読む »

商品 1 - 5 の合計 49

« 前の | 1 2 3 4 5 | 次のページ »